新着記事

新型コロナウイルスによる「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

新型コロナウイルスの「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

ストレスが原因なのか、便秘になることが増えてきた人の処方箋【不摂生でも病気にならない人の習慣】

ペットの名前ランキング2020、犬1位は「ココ」、猫1位は「レオ」、犬種別、猫種別の1位は?

2020年1月26日。東京・丸の内で行なわれた70歳の「バースディ・ライブ」のステージで。『エーゲ海のテーマ~魅せられて』を優雅に熱唱。1979年に200万枚の大ヒットを記録、日本列島を席巻したジュディさんの代表曲だ。真っ白い衣装に透けるシルエットが美しい。

【インタビュー】ジュディ・オング(歌手、女優、木版画家・70歳)「これからは毎日をお正月にしよう」古稀を迎えて、そう決めたんです

アフターコロナ旅行調査、国内旅行は3か月以内、海外旅行は6か月以内に行きたい人が多数!

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

ジョー・パス『カリフォルニア・ブリーズ』

「驚きの顔合わせ」から見えたフュージョン・ギターの源流【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道55】

アスパラの豆乳レモンクリームスパゲティ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】柔らかくて甘い、旬のアスパラガスを使ったレシピ2品

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態調査

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態

樺細工の三段小ダンス|2種の桜の皮を使い豊かな表情。手練の樺細工職人が丹精込めた

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

ラテン・ジャズ界のスーパー・トランぺッター、アルトゥーロ・サンドヴァルの熱いライブを堪能する

文/堀けいこ

(C)2018 Lonnie Timmons III/JazzPhoto.com

音楽に限らず、様々な芸術分野で活躍する優れたアーティストを語るときに使われる言葉がいくつかある。天才、鬼才、名手……。キューバ生まれのアルトゥーロ・サンドヴァルを呼ぶとすれば、ラテン・ジャズ・トランぺッターの“重鎮”ということになるだろう。グラミー賞に輝くこと10回。まさしくスーパー・トランぺッターである彼のステージを、9月11日から3夜連続、東京・青山のブルーノート東京で観ることができる。

ジャズを代表する楽器と言ってもいいトランペット。ジャズの歴史には、ルイ・アームストロング、マイルス・デイビス、クリフォード・ブラウンなど、不世出のトランペッターたちが名を残す。それぞれに個性を持つ彼らの演奏は、今もジャズ・ファンの心を捉えて離さない。そんな中にあって、アルトゥーロ・サンドヴァルは、太く深く響く重低音から脳天を直撃するような超ハイノートまで、信じがたいほど広い音域の演奏を聴かせてくれる超絶技巧のトランぺッターとして広く知られている。

キューバ出身の彼は、伝説のキューバン・ジャズ・バンド、イラケレのトランぺッターとして世に出たが、モダン・ジャズの開祖のひとりディジー・ガレスピーにその才能を認められ、ソロ・アーティストとして人気を博すようになる。1999年にはアメリカに帰化。2013年にはアメリカ政府から自由勲章を授与されている。

アルトゥーロは、トランペッターであると同時に、ピアノ・アルバムを出すほどの優れたピアニストでもある。昨年のブルーノート東京のライブでは、入魂のバラード・プレイをピアノで聴かせている。また、ヴォーカリストとしての技量もかなりのもので、渋い歌声で観客をうっとりさせた場面を記憶しているファンも多いはず。

2013年ライブ写真 撮影 : 佐藤 拓央

この夏、アルバム『アルティメット・デュエット』をリリースしたばかりのアルトゥーロ。ラテン音楽シーンのみならず、今旬なファレル・ウィリアムスやアリアナ・グランデ、スティービー・ワンダーや世界的テノール歌手のプラシド・ドミンゴなど、豪華アーティストたちと繰り広げる“デュエット”が注目を集めている。目前に迫った9月11日からのステージでは、ニューヨーク出身のトップ・ジャズ・シンガー、ジェーン・モンハイトが同行して、同アルバムのナンバーを聴かせてくれるはず。

2013年ライブ写真 撮影 : 佐藤 拓央

「実力とキャリアもさることながら、今こんなに豪華なアルバムを完成させられるジャズ・ミュージシャンは、片手で数えられるくらいしかいないでしょう。そんな天才トランペッターが人気ジャズ・シンガーを迎えるゴージャスなステージを、どうぞお楽しみください」とは、ブルーノート東京の広報担当の原澤美穂さん。

2013年ライブ写真 撮影 : 佐藤 拓央

ブリリアント(才気あふれる)なトランペットと、包み込むような歌声の競演に、心から酔いしれたい。

※本公演は、「敬老の日」ご招待プラン。70歳以上の方はミュージックチャージが無料になります。

【スケジュール】
2018年9月11日(火)、12日(水)、13日(木)

時間、料金、「敬老の日ご招待プラン」などの詳細は
http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/arturo-sandoval/

【会場】
ブルーノート東京 東京都港区南青山6-3-16
ご予約/お問合せ 電話:03-5485-0088

文/堀けいこ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ジョー・パス『カリフォルニア・ブリーズ』 「驚きの顔合わせ」から見えたフュージョン・ギターの源流【ジャズを…
  2. シンガーズ・アンリミテッド『イン・チューン』 ジャズの「リアル」はどこにある?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プ…
  3. じつは「ライヴ」ではなかった あの「ライヴ名盤」(その2)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道53】 じつは「ライヴ」ではなかった あの「ライヴ名盤」(その2)【ジャ…
  4. 新型コロナウイルスに倒れたジャズ・レジェンドたち 新型コロナウイルスに倒れたジャズ・レジェンドたち
  5. サブスク音楽を「聞き流し」専門スタイルからヴァージョン・アップす…
PAGE TOP