新着記事

紅葵花蒔絵硯箱 尾形光琳作 江戸時代 畠山記念館蔵 展示期間:2月16日~3月17日 美の演出家 光悦と光琳【光悦と光琳―琳派の美】 「スポーツの祭典は、文化の祭典!」をテーマにした「Culture NIPPON シンポジウム2018 東北大会」が行なわれました 文化庁主催「Culture NIPPON シンポジウム2018」東北大会が行なわれました プラモデルの歴史を振り返ると、昭和の記憶が蘇る『日本プラモデル六〇年史』 プラモデルの歴史を振り返ると、昭和の記憶が蘇る『日本プラモデル六〇年史』 『君たちはどう生きるのか』に学ぶ同調圧力に負けないリーダーの決断 【ビジネスの極意】『君たちはどう生きるか』に学ぶ同調圧力に負けないリーダーの決断 誰でもできる簡単ヒップリフトエクササイズ 1日10回で腰痛・坐骨神経痛を改善!|誰でもできる簡単ヒップリフトエクササイズ【川口陽海の腰痛改善教室 第10回】 「スポーツの祭典は、文化の祭典!」をテーマにした「Culture NIPPON シンポジウム2018」が行なわれました 文化庁主催「Culture NIPPON シンポジウム2018」京都大会が行なわれました 自宅で「小鯵の南蛮漬け」を上手に作るコツ【プロ直伝の技とコツ】 アゴの問題が姿勢に影響⁉|歩くための筋肉とアゴの意外な関係 アゴの問題が姿勢に影響⁉|歩くための筋肉とアゴの意外な関係 春風亭昇太さんの定番・朝めし自慢 落語家・春風亭昇太さんの朝めし自慢「週2〜3回は自分で調える純和風の献立です」 サライ読者に聞いた「好きな美術展のジャンル」ランキング

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 松本零士 不滅のアレグレット〈完全版〉

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

ラテン・ジャズ界のスーパー・トランぺッター、アルトゥーロ・サンドヴァルの熱いライブを堪能する

文/堀けいこ

(C)2018 Lonnie Timmons III/JazzPhoto.com

音楽に限らず、様々な芸術分野で活躍する優れたアーティストを語るときに使われる言葉がいくつかある。天才、鬼才、名手……。キューバ生まれのアルトゥーロ・サンドヴァルを呼ぶとすれば、ラテン・ジャズ・トランぺッターの“重鎮”ということになるだろう。グラミー賞に輝くこと10回。まさしくスーパー・トランぺッターである彼のステージを、9月11日から3夜連続、東京・青山のブルーノート東京で観ることができる。

ジャズを代表する楽器と言ってもいいトランペット。ジャズの歴史には、ルイ・アームストロング、マイルス・デイビス、クリフォード・ブラウンなど、不世出のトランペッターたちが名を残す。それぞれに個性を持つ彼らの演奏は、今もジャズ・ファンの心を捉えて離さない。そんな中にあって、アルトゥーロ・サンドヴァルは、太く深く響く重低音から脳天を直撃するような超ハイノートまで、信じがたいほど広い音域の演奏を聴かせてくれる超絶技巧のトランぺッターとして広く知られている。

キューバ出身の彼は、伝説のキューバン・ジャズ・バンド、イラケレのトランぺッターとして世に出たが、モダン・ジャズの開祖のひとりディジー・ガレスピーにその才能を認められ、ソロ・アーティストとして人気を博すようになる。1999年にはアメリカに帰化。2013年にはアメリカ政府から自由勲章を授与されている。

アルトゥーロは、トランペッターであると同時に、ピアノ・アルバムを出すほどの優れたピアニストでもある。昨年のブルーノート東京のライブでは、入魂のバラード・プレイをピアノで聴かせている。また、ヴォーカリストとしての技量もかなりのもので、渋い歌声で観客をうっとりさせた場面を記憶しているファンも多いはず。

2013年ライブ写真 撮影 : 佐藤 拓央

この夏、アルバム『アルティメット・デュエット』をリリースしたばかりのアルトゥーロ。ラテン音楽シーンのみならず、今旬なファレル・ウィリアムスやアリアナ・グランデ、スティービー・ワンダーや世界的テノール歌手のプラシド・ドミンゴなど、豪華アーティストたちと繰り広げる“デュエット”が注目を集めている。目前に迫った9月11日からのステージでは、ニューヨーク出身のトップ・ジャズ・シンガー、ジェーン・モンハイトが同行して、同アルバムのナンバーを聴かせてくれるはず。

2013年ライブ写真 撮影 : 佐藤 拓央

「実力とキャリアもさることながら、今こんなに豪華なアルバムを完成させられるジャズ・ミュージシャンは、片手で数えられるくらいしかいないでしょう。そんな天才トランペッターが人気ジャズ・シンガーを迎えるゴージャスなステージを、どうぞお楽しみください」とは、ブルーノート東京の広報担当の原澤美穂さん。

2013年ライブ写真 撮影 : 佐藤 拓央

ブリリアント(才気あふれる)なトランペットと、包み込むような歌声の競演に、心から酔いしれたい。

※本公演は、「敬老の日」ご招待プラン。70歳以上の方はミュージックチャージが無料になります。

【スケジュール】
2018年9月11日(火)、12日(水)、13日(木)

時間、料金、「敬老の日ご招待プラン」などの詳細は
http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/arturo-sandoval/

【会場】
ブルーノート東京 東京都港区南青山6-3-16
ご予約/お問合せ 電話:03-5485-0088

文/堀けいこ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. マーカス・ミラー マイルス・デイヴィスなどのトップ・アーティストに愛されてきたスー…
  2. 【第82回人形町らくだ亭】1月29日開催/志ん生に捧ぐ孫弟子3人…
  3. 新国立劇場「カルメン」2017年公演より 撮影:寺司正彦 人気のオペラ『カルメン』|メトロポリタン歌劇場やパリ・オペラ座で…
  4. JAZZ界の重鎮・後藤雅洋さんがポール・マッカートニーの東京ドー…
  5. 来日中のポール・マッカートニーに「JAZZ専念アルバム」があった…
PAGE TOP