新着記事

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その2~

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その1~

“マイクロチップ装着の義務化”には賛否両論…“条件付き賛成”が多数 |ペットと高齢化に関する意識調査

“犬と猫のマイクロチップ装着の義務化”どう思う? |「改正動物愛護法」とペットの健康を考える

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

炭素鋼メッキ爪切り|変形爪もささくれも自在にカット 懐かしきニッパー型爪切り

だんご三兄弟!? 個性派ぞろいのシャトー・メルシャン3ワイナリー長の素顔に迫る

画像では見えませんが、ブレーキにはポルシェ用のブレーキポッドとローターが奢られています

【私のクルマ遍歴】スカイラインとカローラレビンを売却し、ついに出会った、BMW『E36』の高性能チューニングカー『M3』(後編)

程度の悪さのおかげで、遠慮することなく未舗装路も走れたそう

【私のクルマ遍歴】“ダルマセリカ”から始まり、カローラレビンにチェイサー。トヨタエンジンの気持ちよさにこだわった青年期(前編)

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

ラテン・ジャズ界のスーパー・トランぺッター、アルトゥーロ・サンドヴァルの熱いライブを堪能する

文/堀けいこ

(C)2018 Lonnie Timmons III/JazzPhoto.com

音楽に限らず、様々な芸術分野で活躍する優れたアーティストを語るときに使われる言葉がいくつかある。天才、鬼才、名手……。キューバ生まれのアルトゥーロ・サンドヴァルを呼ぶとすれば、ラテン・ジャズ・トランぺッターの“重鎮”ということになるだろう。グラミー賞に輝くこと10回。まさしくスーパー・トランぺッターである彼のステージを、9月11日から3夜連続、東京・青山のブルーノート東京で観ることができる。

ジャズを代表する楽器と言ってもいいトランペット。ジャズの歴史には、ルイ・アームストロング、マイルス・デイビス、クリフォード・ブラウンなど、不世出のトランペッターたちが名を残す。それぞれに個性を持つ彼らの演奏は、今もジャズ・ファンの心を捉えて離さない。そんな中にあって、アルトゥーロ・サンドヴァルは、太く深く響く重低音から脳天を直撃するような超ハイノートまで、信じがたいほど広い音域の演奏を聴かせてくれる超絶技巧のトランぺッターとして広く知られている。

キューバ出身の彼は、伝説のキューバン・ジャズ・バンド、イラケレのトランぺッターとして世に出たが、モダン・ジャズの開祖のひとりディジー・ガレスピーにその才能を認められ、ソロ・アーティストとして人気を博すようになる。1999年にはアメリカに帰化。2013年にはアメリカ政府から自由勲章を授与されている。

アルトゥーロは、トランペッターであると同時に、ピアノ・アルバムを出すほどの優れたピアニストでもある。昨年のブルーノート東京のライブでは、入魂のバラード・プレイをピアノで聴かせている。また、ヴォーカリストとしての技量もかなりのもので、渋い歌声で観客をうっとりさせた場面を記憶しているファンも多いはず。

2013年ライブ写真 撮影 : 佐藤 拓央

この夏、アルバム『アルティメット・デュエット』をリリースしたばかりのアルトゥーロ。ラテン音楽シーンのみならず、今旬なファレル・ウィリアムスやアリアナ・グランデ、スティービー・ワンダーや世界的テノール歌手のプラシド・ドミンゴなど、豪華アーティストたちと繰り広げる“デュエット”が注目を集めている。目前に迫った9月11日からのステージでは、ニューヨーク出身のトップ・ジャズ・シンガー、ジェーン・モンハイトが同行して、同アルバムのナンバーを聴かせてくれるはず。

2013年ライブ写真 撮影 : 佐藤 拓央

「実力とキャリアもさることながら、今こんなに豪華なアルバムを完成させられるジャズ・ミュージシャンは、片手で数えられるくらいしかいないでしょう。そんな天才トランペッターが人気ジャズ・シンガーを迎えるゴージャスなステージを、どうぞお楽しみください」とは、ブルーノート東京の広報担当の原澤美穂さん。

2013年ライブ写真 撮影 : 佐藤 拓央

ブリリアント(才気あふれる)なトランペットと、包み込むような歌声の競演に、心から酔いしれたい。

※本公演は、「敬老の日」ご招待プラン。70歳以上の方はミュージックチャージが無料になります。

【スケジュール】
2018年9月11日(火)、12日(水)、13日(木)

時間、料金、「敬老の日ご招待プラン」などの詳細は
http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/arturo-sandoval/

【会場】
ブルーノート東京 東京都港区南青山6-3-16
ご予約/お問合せ 電話:03-5485-0088

文/堀けいこ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 『サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン』(エマーシー) 演奏:サラ・ヴォーン(ヴォーカル)、クリフォード・ブラウン(トランペット)、ハービー・マン(フルート)、ポール・クイニシェット(テナー・サックス)、ジミー・ジョーンズ(ピアノ)、ジョー・ベンジャミン(ベース)ロイ・ヘインズ(ドラムス)、アーニー・ウィルキンス(指揮) 録音:1954年12月18日 「編集」に隠された真実~なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入…
  2. ビル・エヴァンス『フロム・ザ・70's』 演奏:ビル・エヴァンス(ピアノ、エレクトリック・ピアノ)、エディ・ゴメス(ベース) 録音:1974年10月11月7〜10日(データは『インチュイション』別テイク) エヴァンス死去の翌年(1983年)に発表された、70年代録音の別テイクを集めたアルバム(当時はLP)。2002年にはタイトル、ジャケットはそのままですが、初発表の別テイク5曲が追加収録(と従来収録の3曲を削除)されてCD化されました。古くからのファンの方ほど聴き逃しているかもしれませんね。 ビル・エヴァンスのふたつの「枯葉」~あなたはNGテイクを聴いてい…
  3. 『ジ・アメイジング・バド・パウエル vol.1』 LPは1956年リリース。「ウン・ポコ・ロコ」3テイクは1951年5月1日録音。同名CDに収録。 なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか?~「別テイ…
  4. 『モダン・ジャズ・カルテット&ミルト・ジャクソン・クインテット』 モダン・ジャズのグループにはなぜ名前がないのか?~異端のグループ…
  5. (1)ジョン・マクラフリン・トリオ『Live At The Royal Festival Hall November 27, 1989』(JMT) なぜジャズのレコードには録音年月日が必ず記されているのか?【ジャ…
PAGE TOP