新着記事

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・2|アポロが見せた月生活の夢

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

喜ばれるお持たせは高級デパ地下で!「GINZA SIX」 秋の「手土産スイーツ」10選

実りの秋がやってきた。デパ地下には、旬の食材をふんだんに使ったフードやスイーツが勢ぞろいだ。…

見るものを惹きつけて離さない圧巻の瀧、崖!国際的日本画家・千住博展

取材・文/池田充枝新しい日本画を世界に認知させ、真に国際性をもった芸術にすべく幅広い…

もし「がん」の宣告を受けたら? まず、これだけはしておこう

文/鈴木拓也日本では、2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで死亡する。これは、…

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・1|アポロ、挑戦の軌跡

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

南部鉄器のごはん鍋|蓄熱性と気密性の高い鉄器で新米をおいしく炊き上げる

昭和50年(1975)、国から伝統工芸品第1号の指定を受けたのが、岩手県の南部鉄器だ。17世…

【娘のきもち】娘の離婚にも気丈に振る舞う父。辛い経験を過去のものにできたのは父の言葉だった~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】今まで放任だったのに、専門学校に進みたい私を許さなかった父。父親は会話が成立しない人なんだと認識した学生時代を過ごし~その1~

取材・文/ふじのあやこ 近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中…

ゴルゴ13のすべてが今、明かされる!|連載50周年記念特別展「さいとう・たかを ゴルゴ13」用件を聞こうか…

取材・文/池田充枝孤高の超A級スナイパーとして圧倒的な存在感を放つゴルゴ13。本名、…

5分でわかる!いまさら聞けない「年金制度」基本のキ

文/中村康宏日本の社会保障制度の中核をなす「医療」と「年金」。医療費増加が社会問題になる…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

ラテン・ジャズ界のスーパー・トランぺッター、アルトゥーロ・サンドヴァルの熱いライブを堪能する

文/堀けいこ

(C)2018 Lonnie Timmons III/JazzPhoto.com

音楽に限らず、様々な芸術分野で活躍する優れたアーティストを語るときに使われる言葉がいくつかある。天才、鬼才、名手……。キューバ生まれのアルトゥーロ・サンドヴァルを呼ぶとすれば、ラテン・ジャズ・トランぺッターの“重鎮”ということになるだろう。グラミー賞に輝くこと10回。まさしくスーパー・トランぺッターである彼のステージを、9月11日から3夜連続、東京・青山のブルーノート東京で観ることができる。

ジャズを代表する楽器と言ってもいいトランペット。ジャズの歴史には、ルイ・アームストロング、マイルス・デイビス、クリフォード・ブラウンなど、不世出のトランペッターたちが名を残す。それぞれに個性を持つ彼らの演奏は、今もジャズ・ファンの心を捉えて離さない。そんな中にあって、アルトゥーロ・サンドヴァルは、太く深く響く重低音から脳天を直撃するような超ハイノートまで、信じがたいほど広い音域の演奏を聴かせてくれる超絶技巧のトランぺッターとして広く知られている。

キューバ出身の彼は、伝説のキューバン・ジャズ・バンド、イラケレのトランぺッターとして世に出たが、モダン・ジャズの開祖のひとりディジー・ガレスピーにその才能を認められ、ソロ・アーティストとして人気を博すようになる。1999年にはアメリカに帰化。2013年にはアメリカ政府から自由勲章を授与されている。

アルトゥーロは、トランペッターであると同時に、ピアノ・アルバムを出すほどの優れたピアニストでもある。昨年のブルーノート東京のライブでは、入魂のバラード・プレイをピアノで聴かせている。また、ヴォーカリストとしての技量もかなりのもので、渋い歌声で観客をうっとりさせた場面を記憶しているファンも多いはず。

2013年ライブ写真 撮影 : 佐藤 拓央

この夏、アルバム『アルティメット・デュエット』をリリースしたばかりのアルトゥーロ。ラテン音楽シーンのみならず、今旬なファレル・ウィリアムスやアリアナ・グランデ、スティービー・ワンダーや世界的テノール歌手のプラシド・ドミンゴなど、豪華アーティストたちと繰り広げる“デュエット”が注目を集めている。目前に迫った9月11日からのステージでは、ニューヨーク出身のトップ・ジャズ・シンガー、ジェーン・モンハイトが同行して、同アルバムのナンバーを聴かせてくれるはず。

2013年ライブ写真 撮影 : 佐藤 拓央

「実力とキャリアもさることながら、今こんなに豪華なアルバムを完成させられるジャズ・ミュージシャンは、片手で数えられるくらいしかいないでしょう。そんな天才トランペッターが人気ジャズ・シンガーを迎えるゴージャスなステージを、どうぞお楽しみください」とは、ブルーノート東京の広報担当の原澤美穂さん。

2013年ライブ写真 撮影 : 佐藤 拓央

ブリリアント(才気あふれる)なトランペットと、包み込むような歌声の競演に、心から酔いしれたい。

※本公演は、「敬老の日」ご招待プラン。70歳以上の方はミュージックチャージが無料になります。

【スケジュール】
2018年9月11日(火)、12日(水)、13日(木)

時間、料金、「敬老の日ご招待プラン」などの詳細は
http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/arturo-sandoval/

【会場】
ブルーノート東京 東京都港区南青山6-3-16
ご予約/お問合せ 電話:03-5485-0088

文/堀けいこ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. マイケル・ジャクソン、ビートルズの名曲をジャズで楽しむ! ジャズ…
  2. 【第80回人形町らくだ亭】10月5日開催/『お富与三郎』を馬生門…
  3. 【第79回人形町らくだ亭】8月21日開催!柳家さん喬が『福禄寿』…
  4. 御年86歳、映画音楽の巨匠ミシェル・ルグランの生演奏を聴く@ブル…
  5. 巨匠・小津安二郎の不朽の名作が「4Kデジタル修復」され一挙上映
PAGE TOP