新着記事

2016年10月29日、「樹木希林の遺言」の演題で静岡市にて開催された講演の模様をDVDで初公開。希林さんが講演を引き受けることは滅多になく、講演自体が貴重な記録だ。講演では、希林さん独特の人生観、死生観が、時折笑いを交えながら、淡々と語られた。

女優・樹木希林が明かした“幸せの極意”|全身がん公表後の講演会がDVDブックで初公開

昨年9月に75歳で亡くなった女優・樹木希林さんの講演会の貴重な記録が、DVDつき書籍『樹木希林 ある…

ジェンダー ニュートラルで進化する英文法(後編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編8】

ジェンダー ニュートラルで進化する英文法(後編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編8】

文/晏生莉衣ラグビーワールドカップ、東京オリンピック・パラリンピックと、世界中から多…

好きな40代女優ランキング|3位 は木村佳乃 、2位は内田有紀 、1位は?

好きな40代女優ランキング|3位 は木村佳乃 、2位は内田有紀 、1位は?

ティーンやアラサーだけではない。最近は40代の魅力的な女性に人気が集まっている。 株式会社CMサ…

【ビジネスの極意】「ガバナンス」と「コンプライアンス」の違い、わかりますか?

【ビジネスの極意】「ガバナンス」と「コンプライアンス」の違い、わかりますか?

仕事でもよく聞く「ガバナンス」と「コンプライアンス」だが、その違い、本当にわかっているだろう…

東京歯科大学口腔健康科学講座スポーツ歯学研究室 武田友孝教授(左)。右は筆者。

【キーパーソンに聞く|東京歯科大学 武田友孝教授】「正しく噛むことが怪我予防につながる」

文/藤原邦康これまでアゴとスポーツの知られざる関係性について述べてきましたが、その締めくくり…

傷だらけの天使

さえない場面でも、ブザマな状況でも全部カッコよかったショーケン『傷だらけの天使』【面白すぎる日本映画 第29回・特別編】

文・絵/牧野良幸ショーケンこと萩原健一さんが3月に亡くなった。ご本人は2011年から…

サライ読者に聞いた「最近始めた趣味/やめた趣味」ランキング

文/編集部春は新しいことに挑戦したくなる季節。健康増進のため、感性や教養を磨くため、…

サライのマカオ紀行記事がマカオ政府観光局主催「メディア・アワーズ2018」を受賞!

文/小坂眞吾(サライ編集長)『サライ』2019年1月号に掲載された特別企画「美食紀行 マカオ…

「イズント・シー・ラヴリー」のオリジナルが収録されたスティーヴィー・ワンダー『キー・オブ・ライフ』(モータウン)。

スティーヴィー・ワンダーの「イズント・シー・ラヴリー」がどうして「ジャズ・スタンダード」となったのか?|【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道2】

ジャズ・スタンダード必聴名曲(1)「イズント・シー・ラヴリー」文/池上信次「イズント・シー・…

史上初のゴールデンウィーク10連休! どこに行く? 今から行ける旅先は?

ゴールデンウィーク10連休、旅行の予定ありますか?| 海外旅行先、人気ナンバー1はやっぱり「ハワイ」!

取材・文/末原美裕間もなく史上初の10連休という長いゴールデンウィーク(以下GW)が…

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。
  2. アウトサイド・ジャパン展

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  催し物についての記事一覧

  1. 元田久治 《 Indication: Shibuya Center Town》 2005年 リトグラフ 作家蔵  

    廃墟ブームは400年前から!?  廃墟にまつわる絵画を集めた展覧会【終わりのむこうへ : 廃墟の美術史】

         

    取材・文/藤田麻希長崎の軍艦島が世界遺産に登録されたことも記憶に新しいですが、昨今、廃墟をテーマにした写真集がヒットしたり、廃墟見学のツアーが組まれたり、廃墟ブームのような状況が起こっています。古い建物が面白いだけでなく、時が止まっ…

  2. 掛袱紗(紅縮緬地竹に鶏文刺繡) 德川記念財団蔵 展示期間:2月5日~3月3日  

    春を寿ぐ行事【企画展「春を寿(ことほ)ぐ―徳川将軍家のみやび―」】

         

    取材・文/池田充枝春といえば、花見や雛祭りなどを連想する人は少なくないでしょう。これらは今で…

  3. 《新聞と自画像2008.10.8 毎日新聞》2008年、個人蔵  

    図像を「写す」ことにこだわった、知られざる画家の東京初の回顧展【吉村芳生 超絶技巧を超えて】

         

    取材・文/藤田麻希こちらの絵を御覧ください。新聞紙の上に男の顔を描いた作品に見えるの…

  4. マーカス・ミラー  

    マイルス・デイヴィスなどのトップ・アーティストに愛されてきたスーパー・ベーシスト、マーカス・ミラーがカウントダウン・ライブに登場!

         

    文/堀けいこその曲を耳にすると、あのときを思い出す‥‥。誰にでも、そんな心に刻まれたミュージシャ…

  5. 竹内栖鳳《夏鹿》(右)  

    近代日本画壇を牽引した巨匠【竹内栖鳳展 コレクションを中心に】

         

    取材・文/池田充枝明治以降の近代美術界は、西洋の美術思想や絵画技法の導入と伝統の継承との狭間…

  6.  

    【第82回人形町らくだ亭】1月29日開催/志ん生に捧ぐ孫弟子3人の競演会です

         

    ベテランの噺家5人をレギュラーに据えた、『サライ』主催の落語会「人形町らくだ亭」。2019年の新年初…

  7. 「春日若宮御祭礼絵巻 上巻」 春日大社蔵  

    奈良の歳末を彩るおん祭【特別陳列 おん祭と春日信仰の美術―特集 大宿所―】

         

    取材・文/池田充枝春日若宮おん祭は、奈良の歳末を飾る祭事として、人々に親しまれています。…

  8. 岡田三郎助《ダイヤモンドの女》1908(明治41)年 福富太郎コレクション資料室蔵  

    新しい美人像を生み出した画家、岡田三郎助【モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい】

         

    取材・文/池田充枝明治から昭和初期にかけて、日本ではファッションや美意識の一大変革が起こりま…

  9. 新国立劇場「カルメン」2017年公演より 撮影:寺司正彦  

    人気のオペラ『カルメン』|メトロポリタン歌劇場やパリ・オペラ座で活躍する美貌の歌手、コスタ=ジャクソン新国立デビュー

         

    文/堀けいこ世界中から熱い視線を浴びる美貌の歌手、コスタ=ジャクソンが歌うカルメンに期待が高まる…

  10. 中之町出土資料 京都市蔵  

    日本陶磁史のターニングポイント、桃山時代のやきものをめぐる展覧会【特別展 新・桃山の茶陶】

         

    取材・文/藤田麻希縄文時代から現代まで10000年以上の歴史を誇る、日本の陶磁。そのなかで最…

  11. 山口蓬春《新宮殿杉戸楓4分の1下絵》  

    山﨑種二と皇室ゆかりの美術【特別展 皇室ゆかりの美術 ―宮殿を彩った日本画家―】

         

    取材・文/池田充枝1968(昭和43)年11月、皇居新宮殿が完成され、竣工式が行われました。…

  12. 重要文化財 「釈迦如来坐像」 行快作 鎌倉時代・13世紀 京都・大報恩寺蔵  

    京都市内に残った貴重な鎌倉彫刻がズラリ【京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ】展

         

    取材・文/藤田麻希京都上京区にある大報恩寺は、鎌倉時代の前期、承久二年(1220)に義空上人…

  13. 国宝「源氏物語絵巻」竹河(二) 絵 〔平安時代 12世紀 徳川美術館蔵〕※展示期間11月20日~12月2日  

    絵画化された源氏物語【源氏物語の世界―王朝の恋物語―】

         

    取材・文/池田充枝紫式部によって著された『源氏物語』は、日本の文学史上もっとも重要な作品とし…

  14.  

    「私の芸術は、自己告白である」【ムンク展―共鳴する魂の叫び】

         

    取材・文/池田充枝世界で最もよく知られる名画「叫び」を描いた巨匠、エドヴァルド・ムン…

  15.  

    現代美術作家・杉本博司の視線で天正少年使節の足跡をたどる展覧会

         

    取材・文/藤田麻希1582年、長崎のキリシタン大名が4人の少年、伊東マンショ、千々石ミゲル、…

  16.  

    醍醐寺の寺宝、選りすぐりの100件【京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-】

         

    取材・文/藤田麻希豊臣秀吉が醍醐の花見を楽しんだことで有名な醍醐寺。京都駅から東南にある笠取…

  17.  

    喪黒福造に「ドーン!!!」される!藤子不二雄(A)展レポート

         

    取材・文/池田充枝漫画家デビューして67年、御年84歳にしていまだ現役の藤子不二雄(…

  18.  

    バロック美術とルーベンス【ルーベンス展―バロックの誕生】

         

    取材・文/池田充枝17世紀ヨーロッパを代表する画家、ぺーテル・パウル・ルーベンス(1…

  19.  

    世界が熱狂するフェルメール【フェルメール展】

         

    取材・文/池田充枝ヨハネス・フェルメールは、1632年、オランダのデルフト生まれ。2…

  20.  

    仏像が、走る・踊る!?仏像の新たな一面を楽しめる展覧会をレポート

         

    取材・文/藤田麻希お寺や展覧会で仏像を間近にしたとき、私たちは「素晴らしい仏像ですね」とか「…

  21.  

    日本画の父・狩野芳崖と、その高弟たちの展覧会【特別展 狩野芳崖と四天王 ―近代日本画、もうひとつの水脈―】

         

    取材・文/藤田麻希「日本画」という言葉が、明治時代以降に誕生したものであることをご存じでしょ…

  22.  

    【第81回人形町らくだ亭】11月26日開催/古今亭志ん輔が『お若伊之助』を口演します

         

    ベテランの噺家5人をレギュラーに据えた、『サライ』主催の落語会「人形町らくだ亭」。今年最後となる11…

  23.  

    旬の日本ワインを飲み比べて楽しむ『日本ワインウイーク』開催します

         

    文/編集部今や日本全国でワイナリーの数は283を数え(2017年3月現在)、10月30日から…

  24.  

    現代美術の父 マルセル・デュシャン【東京国立博物館・フィラデルフィア美術館交流企画特別展 マルセル・デュシャンと日本美術】

         

    取材・文/池田充枝マルセル・デュシャン(1887-1968)は、伝統的な西洋美術の価…

  25.  

    愛の画家 ジョルジュ・ルオー【開館15周年特別展 ジョルジュ・ルオー 聖なる芸術とモデル二テ】

         

    取材・文/池田充枝ジョルジュ・ルオー(1871-1958)は、パリの下町で生まれ、1…

  26.  

    多才がゆえに埋もれてしまった!?奇想絵師「横山華山」の筆技に喫驚

         

    曾我蕭白の強烈な描写や円山応挙の写実性を身につけ、独自の道を歩んだ絵師・横山華山(よこやま・かざん)…

  27.  

    万葉集の名歌絶唱の地を写真で巡る展覧会|牧野貞之『万葉写真展』

         

    取材・文/田中昭三万葉集といえば大和(奈良県)を連想する人が多いに違いないが、北陸の富山県に…

  28.  

    日本美術を愛した謎多き画家、ボナール【オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展】

         

    取材・文/池田充枝1880年代末から90年代にかけて、ゴーギャンの崇拝者であるポール…

  29.  

    「太陽の塔」48年ぶりの内部公開!圧倒的な展示内容を紹介

         

    取材・文/池田充枝大阪吹田の千里丘陵に独り立つ「太陽の塔」。1970年(昭和45年)…

  30.  

    見るものを惹きつけて離さない圧巻の瀧、崖!国際的日本画家・千住博展

         

    取材・文/池田充枝新しい日本画を世界に認知させ、真に国際性をもった芸術にすべく幅広い…

PAGE TOP