Search results for - オーディオ小僧のアナログ日誌

  1. ブームの行方は?2020年のアナログ予想【オーディオ小僧のアナログ日誌 最終回】

    文・絵/牧野良幸今回でこの連載も最終回となった。そこで最後は将来のオーディオ小僧のアナログ生活について予想をしてみることにした。とはいっても遠い未来の非現実的なものを予想しても面白くない。ここは東京オリンピックが開か…

  2. 一生聞かないレコードを「箱買い」してしまう病【オーディオ小僧のアナログ日誌 第20回】

    文・絵/牧野良幸ずっと「箱買い」が止まらない。「箱買い」とは箱入りのアナログ…

  3. 今や限定盤が当たり前!アナログレコードは迷わず買っておくべし【オーディオ小僧のアナログ日誌 第19回】

    文・絵/牧野良幸ポール・マッカートニーの2005年の作品に『ケイオス・アンド・クリエイシ…

  4. アナログ盤カッティングの職人技に大興奮!の巻【オーディオ小僧のアナログ日誌 第18回】

    文・絵/牧野良幸前回ソニー・ミュージックがアナログ・レコードの自社生産を再開した話を…

  5. ソニー・ミュージックの自社生産LPレコードが復活!【オーディオ小僧のアナログ日誌 第17回】

    文・絵/牧野良幸最近話題になったのでご存知の方も多いと思うが、ソニー・ミュージックがおよ…

  6. かつてない新感覚のLPジャケットを考案してみた【オーディオ小僧のアナログ日誌 第16回】

  7. レコードの内袋とは「下着」みたいなものである【オーディオ小僧のアナログ日誌 第15回】

  8. 貧乏性なオーディオ小僧の「カートリッジ交換」始末記【オーディオ小僧のアナログ日誌 第14回】

  9. またしても…名曲鑑賞中にやってくる或る魔物について【オーディオ小僧のアナログ日誌 第13回】

  10. 買ったレコードへの愛着が増す「疑似中学生買い」のススメ【オーディオ小僧のアナログ日誌 第12回】

  11. 中古レコード店でこれだけは守りたい4つのマナー【オーディオ小僧のアナログ日誌 第11回】

  12. ダマされたと思って「壁コンセント」を替えてみたら…【オーディオ小僧のアナログ日誌 第10回】

  13. オーディオ好きの極楽空間「防音室」の意外な落とし穴【オーディオ小僧のアナログ日誌 第9回】

  14. 来たれアナログ・プレーヤーのブームよ!【オーディオ小僧のアナログ日誌 第8回】

  15. ラヴェルのボレロには「内周から聴くレコード」が適している【オーディオ小僧のアナログ日誌 第7回】

  16. これぞ究極のレコード!ベルリン・フィルのダイレクトカッティング・レコード【オーディオ小僧のアナログ日誌 第6回】

  17. このズシリ感が気持ちいい!「重量盤レコード」は指の腹で味わう【オーディオ小僧のアナログ日誌 第5回】

  18. かつての苦行はどこへ!? レコードクリーニングの昔と今【オーディオ小僧のアナログ日誌 第4回】

  19. 近頃はレコード聴くのに「フォノイコライザー」が必要になるワケ【オーディオ小僧のアナログ日誌 第3回】

  20. オーディオ小僧が街のレコード店よりネットショップを利用しちゃう4つの理由【オーディオ小僧のアナログ日誌 第2回】

  21. いよいよ今度こそホントか!? 繰り返される「アナログレコードの復活」【オーディオ小僧のアナログ日誌 第1回】

新着記事

国宝 銅剣・銅鐸・銅矛(部分) 島根県出雲市 荒神谷遺跡出土 弥生時代・前2~前1世紀 文化庁蔵(島根県立古代出雲歴史博物館保管)

出雲と大和の名品を一堂に集めた展覧会【日本書紀成立1300年 特別展 出雲と大和】

取材・文/池田充枝令和2年(2020)は、わが国最古の正史『日本書紀』が編纂された養老4年(…

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その2~

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その2~

取材・文/大津恭子定年退職を間近に控えた世代、リタイア後の新生活を始めた世代の夫婦が…

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その1~

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その1~

取材・文/大津恭子定年退職を間近に控えた世代、リタイア後の新生活を始めた世代の夫婦が…

明智光秀謀反の陰に病あり??

明智光秀謀反の陰に病あり??|現役医師が「光秀のカルテ」を作る!

文/倉田大輔2020年NHK大河ドラマ『麒麟がくる』の主人公である明智光秀。…

腰痛・坐骨神経痛を解消!腰やお尻の痛みを治す“殿筋ストレッチ”!

腰痛・坐骨神経痛を解消!腰やお尻の痛みを治す“殿筋ストレッチ”!【川口陽海の腰痛改善教室 第33回】

文/川口陽海■腰からお尻あたりにかけていつもなんとなく痛い、重い■ずっと座っていると…

『麒麟がくる』では、日本の特殊メイクの第一人者が参加している。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】布からラテックスに 4K大河『麒麟がくる』かつらの進化が止まらない

戦国物の大河ドラマで初の4K放送となる『麒麟がくる』。単純にハイビジョン放送の4倍の画素数という高画…

ポータブル蓄電池|自然災害による停電に備える 電気を備蓄する大容量蓄電池

毎年のように、台風や豪雨で大きな被害が発生するようになった。電気や水道などの社会インフラが機…

葛飾応為「吉原格子先之図」太田記念美術館蔵

この世に一枚の肉筆浮世絵の名品が勢ぞろい【肉筆浮世絵名品展 ―歌麿・北斎・応為】

取材・文/池田充枝浮世絵の大部分を占めるのは、絵師が版下絵を描き、彫師、摺師の手を経…

圧巻のコショウコーナー。何とも言えない爽やかな香りがショップ内に立ち込めて居心地がいい。皆ここでしばし足をとめて、真剣な面持ちでボックス内をのぞき込む。

料理好きがふらり集う、ドイツグルメ王監修のスパイスショップ「シューベック」(ミュンヘン)

文・写真/キュンメル斉藤めぐみ(海外書き人クラブ/ドイツ在住ライター)世界的に著名な政治家や実業…

【義家族との間】8歳上の嫁は「出産タイムリミット」数年扱い。悪意のない過度な期待が一番辛い~その2~

取材・文/ふじのあやこ離婚、再婚などで複雑化する家族関係。血縁のない家族(義家族)との関係で生じ…

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

PAGE TOP