Search results for - オーディオ小僧のアナログ日誌

  1. ブームの行方は?2020年のアナログ予想【オーディオ小僧のアナログ日誌 最終回】

    文・絵/牧野良幸今回でこの連載も最終回となった。そこで最後は将来のオーディオ小僧のアナログ生活について予想をしてみることにした。とはいっても遠い未来の非現実的なものを予想しても面白くない。ここは東京オリンピックが開か…

  2. 一生聞かないレコードを「箱買い」してしまう病【オーディオ小僧のアナログ日誌 第20回】

    文・絵/牧野良幸ずっと「箱買い」が止まらない。「箱買い」とは箱入りのアナログ…

  3. 今や限定盤が当たり前!アナログレコードは迷わず買っておくべし【オーディオ小僧のアナログ日誌 第19回】

    文・絵/牧野良幸ポール・マッカートニーの2005年の作品に『ケイオス・アンド・クリエイシ…

  4. アナログ盤カッティングの職人技に大興奮!の巻【オーディオ小僧のアナログ日誌 第18回】

    文・絵/牧野良幸前回ソニー・ミュージックがアナログ・レコードの自社生産を再開した話を…

  5. ソニー・ミュージックの自社生産LPレコードが復活!【オーディオ小僧のアナログ日誌 第17回】

    文・絵/牧野良幸最近話題になったのでご存知の方も多いと思うが、ソニー・ミュージックがおよ…

  6. かつてない新感覚のLPジャケットを考案してみた【オーディオ小僧のアナログ日誌 第16回】

  7. レコードの内袋とは「下着」みたいなものである【オーディオ小僧のアナログ日誌 第15回】

  8. 貧乏性なオーディオ小僧の「カートリッジ交換」始末記【オーディオ小僧のアナログ日誌 第14回】

  9. またしても…名曲鑑賞中にやってくる或る魔物について【オーディオ小僧のアナログ日誌 第13回】

  10. 買ったレコードへの愛着が増す「疑似中学生買い」のススメ【オーディオ小僧のアナログ日誌 第12回】

  11. 中古レコード店でこれだけは守りたい4つのマナー【オーディオ小僧のアナログ日誌 第11回】

  12. ダマされたと思って「壁コンセント」を替えてみたら…【オーディオ小僧のアナログ日誌 第10回】

  13. オーディオ好きの極楽空間「防音室」の意外な落とし穴【オーディオ小僧のアナログ日誌 第9回】

  14. 来たれアナログ・プレーヤーのブームよ!【オーディオ小僧のアナログ日誌 第8回】

  15. ラヴェルのボレロには「内周から聴くレコード」が適している【オーディオ小僧のアナログ日誌 第7回】

  16. これぞ究極のレコード!ベルリン・フィルのダイレクトカッティング・レコード【オーディオ小僧のアナログ日誌 第6回】

  17. このズシリ感が気持ちいい!「重量盤レコード」は指の腹で味わう【オーディオ小僧のアナログ日誌 第5回】

  18. かつての苦行はどこへ!? レコードクリーニングの昔と今【オーディオ小僧のアナログ日誌 第4回】

  19. 近頃はレコード聴くのに「フォノイコライザー」が必要になるワケ【オーディオ小僧のアナログ日誌 第3回】

  20. オーディオ小僧が街のレコード店よりネットショップを利用しちゃう4つの理由【オーディオ小僧のアナログ日誌 第2回】

  21. いよいよ今度こそホントか!? 繰り返される「アナログレコードの復活」【オーディオ小僧のアナログ日誌 第1回】

新着記事

絞り出し・至高急須|茶葉本来の魅力を引き出す、デザインの妙

萬古焼の老舗窯元・藤総製陶所が13年ほど前から急須を作り始めたのは、代表の藤井健司氏の「おい…

難しく考えてしまいがちな独学を身近なものに|『独学のススメ-頑張らない! 「定年後」の学び方10か条』

頑張らない独学のススメ|「定年後」の学び方

文/印南敦史『独学のススメ-頑張らない! 「定年後」の学び方10か条』(若宮正子 著、中…

免疫力を高めるために摂取すべきだと思う野菜とは…?|免疫力向上のために取り組んでいること第1位は「食事・栄養に気を配っている」!

免疫力を高めるために摂取すべきだと思う野菜1位はブロッコリー

健康に長生きするための第一条件は、バランスの良い食生活を心掛けることでしょう。一方で…

【ビジネスの極意】 「チーズはどこへ消えた?」から何を学ぶべきか?

【ビジネスの極意】「チーズはどこへ消えた?」から何を学ぶべきか?

20年ほど前にベストセラーとなった『チーズはどこへ消えた?』。あえて今、リーダーシップとマネ…

姫革細工の長財布|華やかさと気品を添える、和モダン柄の美しい財布

姫路産の白いなめし革は、その軽さとしなやかさ、強靭さから戦国武将の馬具や武具に使われていたが…

コリン・フェルナンド、世話好きの配管工の彼の愛車は、1929年生まれのFORDだ

1929年生まれのFORDが愛車!|ニュージーランドはクラッシックカーを愛す

文・写真/ミッチー田中(海外書き人クラブ/ニュージーランド在住ライター)「ニュージーランドといえ…

緑内障の要介護者、半数は自覚症状が出てから診断

中途失明の原因1位「緑内障」|約5割が「見え方の異常」から眼科受診で判明

緑内障は高齢になるとともに発症率が高くなり、中途失明の原因の1位です※。 また、かなり進行す…

今のうちに足元を固め、できることを始めよう|資産を運用する【今からはじめるリタイアメントプランニング】

老後の資金を増やす!|リスクを考えながら資産を運用するポイント【今からはじめるリタイアメントプランニング】

今のうちに足元を固め、できることを始めよう【アクション編】リタイアまでに不足額をどのようにし…

富士山ナイフ ―Fuji Knife―|意匠と機能が見事に融合したジャパニーズナイフの逸品

実家の表具店で、職人たちの働きを幼いころから見てきたという小林新也氏は、ものづくりを追求する…

『サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン』(エマーシー) 演奏:サラ・ヴォーン(ヴォーカル)、クリフォード・ブラウン(トランペット)、ハービー・マン(フルート)、ポール・クイニシェット(テナー・サックス)、ジミー・ジョーンズ(ピアノ)、ジョー・ベンジャミン(ベース)ロイ・ヘインズ(ドラムス)、アーニー・ウィルキンス(指揮) 録音:1954年12月18日

「編集」に隠された真実~なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか?〜「別テイク」の正しい聴き方(3)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道20】

文/池上信次第20回「編集」に隠された真実~なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか…

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

PAGE TOP