新着記事

【夕刊サライ/テリー伊藤】「いまスーパーカーに乗ったらギャグになる?」(テリー伊藤のクルマコラム 第8回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

神秘的かつ優美な中国磁器の真髄を見る《宋磁 神秘のやきもの》展

取材・文/池田充枝悠久の歴史を有する中国陶磁のなかで、宋時代(960-1279)にはその美し…

医療者も驚いた!新たに登場したある海外医療保険の衝撃【予防医療の最前線】

文/中村康宏日本の社会保障制度が直面する大問題日本では、医療や年金・介護などの財源と…

【夕刊サライ/進藤晶子】原田泳幸さん、尋常ではない超人ぶりと年長者の目線(進藤晶子の暮らし・家計コラム 第8回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

南画の大成者・池大雅、85年ぶりの大回顧展《池大雅 天衣無縫の旅の画家》

取材・文/藤田麻希18世紀の京都で活躍した池大雅(いけのたいが/1723~76)は、…

もしも将棋に新しい駒が追加されることになったら?【イシグロ妄想研究所 vol.1】

妄想・イラスト/石黒謙吾(分類王)古代インドがルーツという説が有力な「将棋」というゲ…

【夕刊サライ/山本昌】継続は力なり! 45歳を過ぎたらオフはなし(山本昌の健康・スポーツコラム 第8回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

団塊世代の足元に広がる深刻な問題に備える本『団塊絶壁』【定年本イッキ読み19】

文/印南敦史昭和22年〜24年に生まれた第一次ベビーブーム世代を「団塊世代」と呼ぶが…

なぜか笑いがこみ上げる!? 日本画の巨匠・横山大観のユーモアを堪能《生誕150年 横山大観展》

取材・文/藤田麻希神々しい金地の屏風に、雲海から頂上をのぞかせる富士山が描かれます。シンプル…

誰かに話したくなる「作家と猫」の知られざるエピソード3つ

取材・文/わたなべあや古来、猫を愛した作家はたくさんいます。たとえば、夏目漱石宅に迷…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

これぞ究極のレコード!ベルリン・フィルのダイレクトカッティング・レコード【オーディオ小僧のアナログ日誌 第6回】

文・絵/牧野良幸

クラシック業界は日々様変わりしている。今やオーケストラが自主レーベルを運営する時代になった。その流れは拡大する一方で、人気実力とも世界一のベルリン・フィルハーモニー管弦楽団もベルリン・フィル・レコーディングスを運営しているほどだ。

しかしさすがベルリン・フィルである。昨年末にオーディオ小僧をビックリさせるアナログ・レコードを発売した。LP6枚組の『ブラームス交響曲全集』である。これがなんとダイレクトカッティングによるレコードなのだ。

『ブラームス:交響曲全集』

ダイレクトカッティングとは、マイクを直接カッティングマシンにつなぎ、演奏と同時にラッカー盤に刻んでいく方法である。一発勝負だ。やり直しも修正もできない。ミスをしたらそのままレコード盤に刻み込まれてしまう。ましてライヴとなれば会場のノイズを拾う恐れがある。

通常はリスクを回避するため、テープなりハードディスクに録音し、じっくり編集したものをカッティングするのであるが、ラトルとベルリン・フィルはこの暴挙?に挑戦したのであった。ベルリン・フィルにとっては70年振りのダイレクト・カット録音だという。

ラトルやベルリン・フィルの団員たち、エンジニアの緊張感は並々ならぬものであっただろう。そのおかげでオーディオ・ファイルにとっては、“究極のレコード”ができ上がった。

全世界限定1833セットのうち日本に割当られたのは500セット。LP6枚が税込で9万円台という価格にもかかわらず、すぐに完売したという。予約ではみんな「買えないよ〜」と苦笑いしていたのに、蓋を開けてみたら欲しい人が多かったわけだ。

僭越ながらオーディオ小僧も入手した。レコードは当然重量盤だ。前回のエッセイで「厚みを“長さ”で感じることができる重量盤がある」と書いたが、実はこれがそのレコードだったのである。

聴いてみて驚いたのは弦楽器の迫力である。最新録音では一般的に広がりのあるシルキーサウンドになるところ、このレコードではベルリン・フィルが目の前で弾いているかのよう。往年のDECCA録音のようなゴリゴリ感だ。

一方で管楽器ではホールの深い響きまで感じられ優雅である。ひと組みのステレオマイクだけでダイレクトカッティング録音をしたから、こういったワイルドと優雅さの共存するバランスになったのであろうか。いずれにしても聴き慣れたベルリン・フィルのレコードとは別格の味わいがある。観客の咳も演奏を阻害するほどのものはなく、むしろ少な目だ。

このレコードはオーディオ小僧には身分不相応かもしれない。実際レコードをヒックリ返す時など手が震えてしまうし、再生中は正座して聴きたいくらいだ。このようなとんでもないレコードに出会えるのが、今日のアナログ趣味の面白さと言える。

文・絵/牧野良幸
1958年 愛知県岡崎市生まれ。イラストレーター、版画家。音楽や映画のイラストエッセイも手がける。著書に『僕の音盤青春記』『オーディオ小僧のいい音おかわり』(音楽出版社)などがある。ホームページ http://mackie.jp

『オーディオ小僧のいい音おかわり』
(牧野良幸著、本体1,852円 + 税、音楽出版社)
https://www.cdjournal.com/Company/products/mook.php?mno=20160929

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ソニー・ミュージックの自社生産LPレコードが復活!【オーディオ小…
  2. かつてない新感覚のLPジャケットを考案してみた【オーディオ小僧の…
  3. レコードの内袋とは「下着」みたいなものである【オーディオ小僧のア…
  4. 貧乏性なオーディオ小僧の「カートリッジ交換」始末記【オーディオ小…
  5. またしても…名曲鑑賞中にやってくる或る魔物について【オーディオ小…
PAGE TOP