新着記事

もみじ盆栽|漆器の鉢植えのもみじで四季の移ろいを楽しむ

国宝 海磯鏡 唐または奈良時代・8世紀 東京国立博物館(法隆寺献納宝物)(通期展示)

正倉院宝物と法隆寺献納宝物が一堂に【御即位記念特別展 正倉院の世界―皇室がまもり伝えた美―】

イマドキ60代独身は「気楽」「自由」を背景に約半数が老後も「1人で過ごしたい」

結婚しない60代は「気楽」「自由」に、老後も1人で過ごしたい

【娘のきもち】母親の口癖は「早く自立して」。親子の絆の呪縛から解放されたきっかけは“保証人”~その2~

【娘のきもち】母親の口癖は「早く自立して」。親子の絆の呪縛から解放されたきっかけは“保証人”~その1~

楊洲周延著 千代田の大奥神田祭礼上覧 狆のくるひ(国立国会図書館アーカイブズ)

狆と呼んだ娘と結婚した日露戦争の英雄・秋山好古

腰痛・坐骨神経痛の改善はストレッチから!痛む部位別にわかる簡単ストレッチ【川口陽海の腰痛改善教室 第28回】

腰痛・坐骨神経痛の改善はストレッチから! 痛む部位別にわかる簡単ストレッチ【川口陽海の腰痛改善教室 第28回】

IMABARI コットンスヌード|無造作に巻いても形が決まる、暖かなコットン襟巻き

【最後の恋】10年前にリストラをした、20歳年下の女性部下とのロマンス……定年退職の日の特別な出来事~その2~

【最後の恋】10年前にリストラをした、20歳年下の女性部下とのロマンス……定年退職の日の特別な出来事~その1~

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

オーディオ小僧が街のレコード店よりネットショップを利用しちゃう4つの理由【オーディオ小僧のアナログ日誌 第2回】

文・絵/牧野良幸

オーディオ小僧はレコードをほとんどネットショップで買う。街のレコード店ももちろん愛好しているが、ネットショップは輸入盤などの価格を比較できるから便利なのだ。

しかし、それ以上に数々の誘惑が待ち構えているのがネットショップである。

■1:レコードに特化した情報提示にウズく

たとえばショップのページを開くや、アルバムタイトルの近くに「LPレコード」とか「Analog」と出ていたとする。まだCDに比べて珍しいから、なんと輝いて見えることよ。この文字列を見ただけでオーディオ小僧は襟を捕まえられたも同然である。買いたい気持ちがウズウズとしてくる。

■2:「予約ボタン」が購買意欲をソソる

“予約する”ボタンを見つけたら、もう勝負は着いたようなようなものである。

“購入する”よりも“予約する”のほうが3倍は購買意欲をかき立てる。そして嬉しさも3倍ある。なぜなら現物が届くまでウキウキした気分でいられるからだ。

■3:カスタマーレビューに心動かされる

ネットショップではカスタマーレビューという投稿も無視できない。実際の街のレコード店ではあんなに喋るお客はいない。中には演説に近い人さえいる。もし本当にいたら店の中はうるさくってしょうがない。

しかしネットショップなら別だ。レビューを熟読してしまうのである。時には高名な音楽評論家の批評よりも心を動かされてしまうことさえある。

■4:ドギマギせずにすむ

このようにネットショップは現物を見てもいないのに、文字と写真だけで買い物をしてしまう。いつもは「アナログレコードはジャケットが味わい深いんだよ」とうそぶくオーディオ小僧であるが、それもあやしいものである。

むしろ街のレコード店で本物のレコードを見るとドギマギしてしまうのがオーディオ小僧だ。たとえば喫茶店で芸能人が目の前にいたら緊張して何も話しかけられないだろう。それと同じである。

*  *  *

以上、オーディオ小僧がついネットショップを使ってしまう理由を並べてみた。もちろん街のレコード店にも抗しがたい魅力がある。それは何より(上記4の逆張りだが)「本物」を扱っているという点にある。

芸能人の場合は見て見ぬふりをするのがエチケットであるが、レコードは別である。レコード店であればすぐに手に取れる。それが3枚組のLPボックスならズシリとした感触を味わうだろう。

その重さは、決して安くない価格に見合ったものにすぎない。しかしオーディオ小僧はいつもネットショップのジャケット画像だけで買ってしまう体質になっているから、現実の重さに感激してしまうのだ。

レジに持っていきながら「やっぱりレコードはジャケットを手に取って買うものだネ」と微笑むオーディオ小僧。しかしこれも実はネットショップとのギャップが買わせたこと、と言えなくもない。

もはや現実のレコード店とネットショプとの境がなくなってきたとも感じている、オーディオ小僧である。

文・絵/牧野良幸
1958年 愛知県岡崎市生まれ。イラストレーター、版画家。音楽や映画のイラストエッセイも手がける。著書に『僕の音盤青春記』『オーディオ小僧のいい音おかわり』(音楽出版社)などがある。ホームページ http://mackie.jp

『オーディオ小僧のいい音おかわり』
(牧野良幸著、本体1,852円 + 税、音楽出版社)
https://www.cdjournal.com/Company/products/mook.php?mno=20160929

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ブームの行方は?2020年のアナログ予想【オーディオ小僧のアナロ…
  2. 一生聞かないレコードを「箱買い」してしまう病【オーディオ小僧のア…
  3. 今や限定盤が当たり前!アナログレコードは迷わず買っておくべし【オ…
  4. アナログ盤カッティングの職人技に大興奮!の巻【オーディオ小僧のア…
  5. ソニー・ミュージックの自社生産LPレコードが復活!【オーディオ小…
PAGE TOP