新着記事

SIWA長財布|障子紙の里から生まれた優しい手触りの軽量財布

【管理栄養士が教える減塩レシピ】今が旬!そらまめとかぶを食べよう

【管理栄養士が教える減塩レシピ】「そらまめと新じゃがのチーズ焼き」「かぶのラタトゥイユ」|今が旬! そらまめとかぶを食べよう

【家族のかたち】母子家庭は貧しくも、2人の兄のおかげで寂しさを感じることはなかった~その1~

【家族のかたち】不妊治療に非協力的な夫との離婚。次に進めなかった気持ちを家族が救ってくれた~その2~

【家族のかたち】不妊から離婚を経験。もう一回拒否されたらと次に進めなかった気持ちを家族が救ってくれた~その2~

【家族のかたち】母子家庭は貧しくも、2人の兄のおかげで寂しさを感じることはなかった~その1~

免許返納。娘は母にどう伝えたらいいのか?【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

免許返納。娘は母にどう伝えたらいいのか?【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

歌川国芳「たとゑ尽の内」個人蔵

猫、猫、猫。江戸時代の「猫ブーム」を垣間見る【特別展 いつだって猫展】

鯉のぼり型染めタペストリー|本格的な型染めで仕上げた室内用鯉のぼり

名手ムターが作曲家ペンデレツキに捧げるドラマティックな演奏の花束【林田直樹の音盤ナビ】

空から眺めるウルルの全容

ブリスベンとゴールドコースト、そしてウルルを巡る旅【ウルル編】

薫香が食欲をそそる。水分が残っているので鯖の旨みが滲み出る。「鯖の燻製はウイスキーとじつに相性がいいんです」(山本さん)

酒がすすむ「塩鯖の燻製」を上手に作るコツ【プロ直伝の技とコツ】

サライ本誌最新号

住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。
  2. アウトサイド・ジャパン展

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

このズシリ感が気持ちいい!「重量盤レコード」は指の腹で味わう【オーディオ小僧のアナログ日誌 第5回】

文・絵/牧野良幸

現在発売されるLPレコードは、ほとんどが“重量盤レコード”である。1枚180グラムが一般的であるが、それ以上に重いレコードもあるように思う。今や重量盤は、アナログレコードのお約束にさえなっている。

昔はレコード盤の重さなど意識することがなかった。オーディオ小僧は音楽が聴けるだけで嬉しかったのだ。しかし一度だけレコード盤の厚さを意識したことがあった。高校生の時のオイルショックのときだ。

原材料が高騰したのだろう。レコード盤が見た事もないほどに薄くなってしまったのだ。小学生の時に使った下敷きのようにペラペラで、手にした時は「こんな姿になってしまって」と痛々しかった。

さしずめ、この時のレコードは“軽量盤”と呼んでもいいだろう。誰も望んでいないレコードだった。

やがてオイルショックも過ぎてレコード盤に厚みが戻ると、内外のレコード会社はレコード盤それ自体でハイファイを目指すようになる。ちょうどCDの普及が一段落して、マニアがふたたびアナログに目を向け出した頃だ。

その頃から、アナログレコードはカッティングなど、アナログ技術の粋を注ぎ込んで制作されるようになった。重量盤というのも、その技術のひとつだ。

レコード盤が重いということが、どれだけ音質の向上に寄与しているかは不明である。意見も人それぞれである。でもオーディオ小僧の聴いた感じでは、音の歪みの少なさ、安定感など、重量盤には大変頼もしいものを感じている。

しかし重量盤レコードは音質以外にも満足感を与えてくれる。その「重さ」がたまらないのだ。

ジャケットからレコードを取り出すとズシリとした重さを感じて、これだけでニンマリしてしまう。昔のレコードでは味わえなかった快感だ。

「重さ」の他にも快感を得られるところがある。「厚み」だ。

レコード盤をターンテーブルにのせる時、両手の指で支えるだろう。重量盤レコードは厚みがあるから、エッヂが大きく丸まっており、それが指の腹に当る。この時の感触が気持ちいいのだ。まるでツボを押さえられたよう。

さらに上のクラスとして、厚みをキチンと“長さ”で感じることができる重量盤さえある。数ミリそこらの長さを、指の腹で感じる。

その心地良さときたら、脳がとろけそうである。レコードをターンテーブルにのせずに、このまま持っていたい、とさえ思う。

このように重量盤レコードでは、音楽を聴く前から陶酔してしまうオーディオ小僧であった。

文・絵/牧野良幸
1958年 愛知県岡崎市生まれ。イラストレーター、版画家。音楽や映画のイラストエッセイも手がける。著書に『僕の音盤青春記』『オーディオ小僧のいい音おかわり』(音楽出版社)などがある。ホームページ http://mackie.jp

『オーディオ小僧のいい音おかわり』
(牧野良幸著、本体1,852円 + 税、音楽出版社)
https://www.cdjournal.com/Company/products/mook.php?mno=20160929

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ブームの行方は?2020年のアナログ予想【オーディオ小僧のアナロ…
  2. 一生聞かないレコードを「箱買い」してしまう病【オーディオ小僧のア…
  3. 今や限定盤が当たり前!アナログレコードは迷わず買っておくべし【オ…
  4. アナログ盤カッティングの職人技に大興奮!の巻【オーディオ小僧のア…
  5. ソニー・ミュージックの自社生産LPレコードが復活!【オーディオ小…
PAGE TOP