新着記事

インカ帝国悲劇の舞台!ペルーの古都「カハマルカ」を歴史散歩する

文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)米CNNが「2018年に訪れるべき18の場所」の1つに選…

【日本ワイン生産者の肖像4】近藤良介さん(KONDOヴィンヤード)北海道・空知でジョージアの古式グベヴェヴリ製法に挑む

取材・文/鳥海美奈子そのワインには、スケール感がある。伸びやかで、ダイナミックで、香気が漂う…

【夕刊サライ/川合俊一】株を始めると時事ネタに強くなる、話題がデカくなる!(川合俊一の暮らし・家計コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

唯一無二の音楽集団ピンク・マティーニが5年ぶりに来日公演@ブルーノート東京

20世紀のあらゆる時代や国のポピュラー・ソングを、ハリウッド映画黄金時代のジャズ・バンドを思…

サカナイフ|魚をさばくために生まれた特別なナイフ

魚の一尾ぐらいは手際よくおろせるようになりたい。そう思ってはみても、なかなか実践に踏み出せず…

知っていればちょっと威張れる!プロサッカー面白トリビア5連発

文/鈴木拓也いよいよ開幕した2018 FIFAワールドカップ ロシア大会。日本代表の…

【夕刊サライ/神取忍】毎日の心がけ、目線を上げて体を動かせば気持ちも前向きに!(神取忍の健康・スポーツコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

ボルガ河クルーズ、ロシアの原風景を堪能する魅惑の船旅

文/印南敦史古くからヨーロッパ諸国と肩を並べ、日本の45倍もの国土を持つ「北の大国」として君…

災害時、愛するペットと避難するため用意しておくもの

6月18日の朝、大阪北部を震源とする最大震度6弱の地震が近畿地方一円を襲いました。事態は予断を許さな…

大人のデニムキャップ|経年変化が楽しめる落ち着いたデニムの帽子

デニムのキャップというと子ども用のイメージもあるが、本品は、年齢を重ねた大人にお薦めすべく、…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

このズシリ感が気持ちいい!「重量盤レコード」は指の腹で味わう【オーディオ小僧のアナログ日誌 第5回】

文・絵/牧野良幸

現在発売されるLPレコードは、ほとんどが“重量盤レコード”である。1枚180グラムが一般的であるが、それ以上に重いレコードもあるように思う。今や重量盤は、アナログレコードのお約束にさえなっている。

昔はレコード盤の重さなど意識することがなかった。オーディオ小僧は音楽が聴けるだけで嬉しかったのだ。しかし一度だけレコード盤の厚さを意識したことがあった。高校生の時のオイルショックのときだ。

原材料が高騰したのだろう。レコード盤が見た事もないほどに薄くなってしまったのだ。小学生の時に使った下敷きのようにペラペラで、手にした時は「こんな姿になってしまって」と痛々しかった。

さしずめ、この時のレコードは“軽量盤”と呼んでもいいだろう。誰も望んでいないレコードだった。

やがてオイルショックも過ぎてレコード盤に厚みが戻ると、内外のレコード会社はレコード盤それ自体でハイファイを目指すようになる。ちょうどCDの普及が一段落して、マニアがふたたびアナログに目を向け出した頃だ。

その頃から、アナログレコードはカッティングなど、アナログ技術の粋を注ぎ込んで制作されるようになった。重量盤というのも、その技術のひとつだ。

レコード盤が重いということが、どれだけ音質の向上に寄与しているかは不明である。意見も人それぞれである。でもオーディオ小僧の聴いた感じでは、音の歪みの少なさ、安定感など、重量盤には大変頼もしいものを感じている。

しかし重量盤レコードは音質以外にも満足感を与えてくれる。その「重さ」がたまらないのだ。

ジャケットからレコードを取り出すとズシリとした重さを感じて、これだけでニンマリしてしまう。昔のレコードでは味わえなかった快感だ。

「重さ」の他にも快感を得られるところがある。「厚み」だ。

レコード盤をターンテーブルにのせる時、両手の指で支えるだろう。重量盤レコードは厚みがあるから、エッヂが大きく丸まっており、それが指の腹に当る。この時の感触が気持ちいいのだ。まるでツボを押さえられたよう。

さらに上のクラスとして、厚みをキチンと“長さ”で感じることができる重量盤さえある。数ミリそこらの長さを、指の腹で感じる。

その心地良さときたら、脳がとろけそうである。レコードをターンテーブルにのせずに、このまま持っていたい、とさえ思う。

このように重量盤レコードでは、音楽を聴く前から陶酔してしまうオーディオ小僧であった。

文・絵/牧野良幸
1958年 愛知県岡崎市生まれ。イラストレーター、版画家。音楽や映画のイラストエッセイも手がける。著書に『僕の音盤青春記』『オーディオ小僧のいい音おかわり』(音楽出版社)などがある。ホームページ http://mackie.jp

『オーディオ小僧のいい音おかわり』
(牧野良幸著、本体1,852円 + 税、音楽出版社)
https://www.cdjournal.com/Company/products/mook.php?mno=20160929

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 今や限定盤が当たり前!アナログレコードは迷わず買っておくべし【オ…
  2. アナログ盤カッティングの職人技に大興奮!の巻【オーディオ小僧のア…
  3. ソニー・ミュージックの自社生産LPレコードが復活!【オーディオ小…
  4. かつてない新感覚のLPジャケットを考案してみた【オーディオ小僧の…
  5. レコードの内袋とは「下着」みたいなものである【オーディオ小僧のア…
PAGE TOP