新着記事

堀文子 太神楽柄ショール|孤高の日本画家、堀文子の代表作を描いたストール

『太平記』以来の大河登板の池端俊策さん。『麒麟がくる』も早くも「伝説の大河」の再来と期待が高まる。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】脚本家・池端俊策氏インタビュー「描きたかったのは、従来のイメージとは異なる光秀と信長」

2020年「開運×絶景スポットランキング」|3位 箱根神社(神奈川県)、2位 高屋神社(香川県)、1位は?

Google カレンダーの超基本的な使い方(2)|予定を削除や変更する方法【スマホ基本のき 第11回】

プロが教える、正月太り解消法|働く女性の8割が正月太りしている!?

【ビジネスの極意】ネガティブに考えることは、それほど悪いことではない

【ビジネスの極意】ネガティブに考えることは、それほど悪いことではない

美容ミネラル「マグネシウム」が大注目

生活習慣病対策に効果がある、現代美容ミネラル「マグネシウム」のスゴイ実力

テッケン(Tekken)網にかかったCRB Photo courtesy of Aubrey Moore, PhD, University of Guamurtesy of Aubrey Moore, PhD, University of Guam

常夏の島のココナッツが絶滅の危機! 最強の害虫・カブトムシ(CRB)の恐怖(グアム)

歴史と文化を知ることで将棋はもっと面白くなる|『教養としての将棋 おとなのための「盤外講座」』

歴史と文化を知ることで将棋はもっと面白くなる|教養としての将棋 おとなのための「盤外講座」

睡眠薬の長期服用リスク「ダウンレギュレーション」とは|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第12回】

睡眠薬の長期服用リスク「ダウンレギュレーション」とは|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第12回】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

いよいよ今度こそホントか!? 繰り返される「アナログレコードの復活」【オーディオ小僧のアナログ日誌 第1回】

文・絵/牧野良幸

今回より始まった【オーディオ小僧のアナログ日誌】。オーディオ小僧とは、好きなくせにマニアックにまでなれない、ユルいオーディオ好きのことである。そんなオーディオ小僧のアナログな日々を綴っていきたい。

*  *  *

“レコードが復活”。ときおりマスコミでこういう見出しを目にする。そのたびに「お、仲間が増えるな」と喜ぶ。

しかしオーディオ小僧のまわりはこれまでと変わらない。高校時代に音楽談義をした同級生と酒を飲んでも「オレ、レコードをまた聴いてるよ」なんて話は出ない。何もなかったかのように月日は過ぎるのである。

するとふたたび“レコードが復活”といった記事を見かける。しかし、またもオーディオ小僧のまわりでアナログプレーヤーを買った人はいない。レコードを聴いているのはあいかわらず昔から聴いている人だけだ。なんだか10年くらい、その繰り返し。

「狼が来たぞ」という童話のように、だんだん見出しを読む目が冷ややかになってきた。レコードはいったい何回復活しているだろうか。ひょっとして“今レコードがブーム”と書くことが、ブームだったりして。

*  *  *

しかしそんなオーディオ小僧も最近は「本当に狼がくるかも」と考えるようになった。

別に旧友からの年賀状に「小生ふたたびレコードを聴き始めました」なんて書いてあったからではない(そんな事は一回もない)。先日手に取った『サライ』がアナログレコード特集を組んでいた、からでもない(それはそれでこのサイトに本連載を始めるきっかけにはなったが)。それよりも単純にレコードの発売数が増えたと思うからである。

名の知れたアーティストのアルバムが、CDと同時にLPレコードも発売されるのが当たり前になったのだ。それも以前はポップスが主だったのに、近年はクラシックでさえ、レコードの同時発売が増えてきた。

これだけ供給があるのは、当然ながら需要があるからだろう。日本で稼働している唯一のレコードプレス工場も活況と聞く。生産が増えたのなら、買う人が増えたということで間違いない。

ひょっとしてオーディオ小僧たちが昔以上に、がむしゃらに買っているから需要があるのか。いや、やはり聴く人じたいが増えてきたと考えたい。

*  *  *

いずれにしても今日の“アナログ・ブーム”は大変結構だ。狼よ来いである。

量的にはかつてのアナログ最盛期には遠く及ばないけれど、今の時代には今の時代のレコードの楽しみ方がある。昔より楽しい場合も少なくない。そんなアナログレコードにまつわるあれこれについて、これからここに書き記していこう。

さて今日もレコードをターンテーブルに乗せますか。

文・絵/牧野良幸
1958年 愛知県岡崎市生まれ。イラストレーター、版画家。音楽や映画のイラストエッセイも手がける。著書に『僕の音盤青春記』『オーディオ小僧のいい音おかわり』(音楽出版社)などがある。ホームページ http://mackie.jp

『オーディオ小僧のいい音おかわり』
(牧野良幸著、本体1,852円 + 税、音楽出版社)
https://www.cdjournal.com/Company/products/mook.php?mno=20160929

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ブームの行方は?2020年のアナログ予想【オーディオ小僧のアナロ…
  2. 一生聞かないレコードを「箱買い」してしまう病【オーディオ小僧のア…
  3. 今や限定盤が当たり前!アナログレコードは迷わず買っておくべし【オ…
  4. アナログ盤カッティングの職人技に大興奮!の巻【オーディオ小僧のア…
  5. ソニー・ミュージックの自社生産LPレコードが復活!【オーディオ小…
PAGE TOP