新着記事

定番野菜で簡単減塩おかず2選 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|栄養を逃さない一工夫! 定番野菜の簡単おかず2選 脂肪を制限すると脳卒中になりやすくなる!?【予防医療最前線】 脂肪を制限すると脳卒中になりやすくなる!?【予防医療最前線】 関ケ原 立花宗茂~関ヶ原の敗北から返り咲いた唯一無二の武人【にっぽん歴史夜話12】 娘のきもち22・その2 【娘のきもち】不妊治療でやっと授かった子供の病気は心をえぐられたような痛みだった。その痛みを両親は共有してくれた~その2~ 娘のきもち22・その1 【娘のきもち】3年弱の不妊治療で30歳の時に妊娠。これからの幸せな日々を自分の子供と過ごそうと思っていたのに……~その1~ 街で見かけた、思わず心がときめいた車とオーナー【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】 街で見かけた、思わず心がときめいた車とオーナー【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】 紅葵花蒔絵硯箱 尾形光琳作 江戸時代 畠山記念館蔵 展示期間:2月16日~3月17日 美の演出家 光悦と光琳【光悦と光琳―琳派の美】 「スポーツの祭典は、文化の祭典!」をテーマにした「Culture NIPPON シンポジウム2018 東北大会」が行なわれました 文化庁主催「Culture NIPPON シンポジウム2018」東北大会が行なわれました プラモデルの歴史を振り返ると、昭和の記憶が蘇る『日本プラモデル六〇年史』 プラモデルの歴史を振り返ると、昭和の記憶が蘇る『日本プラモデル六〇年史』 『君たちはどう生きるのか』に学ぶ同調圧力に負けないリーダーの決断 【ビジネスの極意】『君たちはどう生きるか』に学ぶ同調圧力に負けないリーダーの決断

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 松本零士 不滅のアレグレット〈完全版〉

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

いよいよ今度こそホントか!? 繰り返される「アナログレコードの復活」【オーディオ小僧のアナログ日誌 第1回】

文・絵/牧野良幸

今回より始まった【オーディオ小僧のアナログ日誌】。オーディオ小僧とは、好きなくせにマニアックにまでなれない、ユルいオーディオ好きのことである。そんなオーディオ小僧のアナログな日々を綴っていきたい。

*  *  *

“レコードが復活”。ときおりマスコミでこういう見出しを目にする。そのたびに「お、仲間が増えるな」と喜ぶ。

しかしオーディオ小僧のまわりはこれまでと変わらない。高校時代に音楽談義をした同級生と酒を飲んでも「オレ、レコードをまた聴いてるよ」なんて話は出ない。何もなかったかのように月日は過ぎるのである。

するとふたたび“レコードが復活”といった記事を見かける。しかし、またもオーディオ小僧のまわりでアナログプレーヤーを買った人はいない。レコードを聴いているのはあいかわらず昔から聴いている人だけだ。なんだか10年くらい、その繰り返し。

「狼が来たぞ」という童話のように、だんだん見出しを読む目が冷ややかになってきた。レコードはいったい何回復活しているだろうか。ひょっとして“今レコードがブーム”と書くことが、ブームだったりして。

*  *  *

しかしそんなオーディオ小僧も最近は「本当に狼がくるかも」と考えるようになった。

別に旧友からの年賀状に「小生ふたたびレコードを聴き始めました」なんて書いてあったからではない(そんな事は一回もない)。先日手に取った『サライ』がアナログレコード特集を組んでいた、からでもない(それはそれでこのサイトに本連載を始めるきっかけにはなったが)。それよりも単純にレコードの発売数が増えたと思うからである。

名の知れたアーティストのアルバムが、CDと同時にLPレコードも発売されるのが当たり前になったのだ。それも以前はポップスが主だったのに、近年はクラシックでさえ、レコードの同時発売が増えてきた。

これだけ供給があるのは、当然ながら需要があるからだろう。日本で稼働している唯一のレコードプレス工場も活況と聞く。生産が増えたのなら、買う人が増えたということで間違いない。

ひょっとしてオーディオ小僧たちが昔以上に、がむしゃらに買っているから需要があるのか。いや、やはり聴く人じたいが増えてきたと考えたい。

*  *  *

いずれにしても今日の“アナログ・ブーム”は大変結構だ。狼よ来いである。

量的にはかつてのアナログ最盛期には遠く及ばないけれど、今の時代には今の時代のレコードの楽しみ方がある。昔より楽しい場合も少なくない。そんなアナログレコードにまつわるあれこれについて、これからここに書き記していこう。

さて今日もレコードをターンテーブルに乗せますか。

文・絵/牧野良幸
1958年 愛知県岡崎市生まれ。イラストレーター、版画家。音楽や映画のイラストエッセイも手がける。著書に『僕の音盤青春記』『オーディオ小僧のいい音おかわり』(音楽出版社)などがある。ホームページ http://mackie.jp

『オーディオ小僧のいい音おかわり』
(牧野良幸著、本体1,852円 + 税、音楽出版社)
https://www.cdjournal.com/Company/products/mook.php?mno=20160929

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ブームの行方は?2020年のアナログ予想【オーディオ小僧のアナロ…
  2. 一生聞かないレコードを「箱買い」してしまう病【オーディオ小僧のア…
  3. 今や限定盤が当たり前!アナログレコードは迷わず買っておくべし【オ…
  4. アナログ盤カッティングの職人技に大興奮!の巻【オーディオ小僧のア…
  5. ソニー・ミュージックの自社生産LPレコードが復活!【オーディオ小…
PAGE TOP