新着記事

今のうちに足元を固め、できることを始めよう|資産を運用する【今からはじめるリタイアメントプランニング】

老後の資金を増やす!|リスクを考えながら資産を運用するポイント【今からはじめるリタイアメントプランニング】

富士山ナイフ ―Fuji Knife―|意匠と機能が見事に融合したジャパニーズナイフの逸品

『サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン』(エマーシー) 演奏:サラ・ヴォーン(ヴォーカル)、クリフォード・ブラウン(トランペット)、ハービー・マン(フルート)、ポール・クイニシェット(テナー・サックス)、ジミー・ジョーンズ(ピアノ)、ジョー・ベンジャミン(ベース)ロイ・ヘインズ(ドラムス)、アーニー・ウィルキンス(指揮) 録音:1954年12月18日

「編集」に隠された真実~なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか?〜「別テイク」の正しい聴き方(3)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道20】

35%の人が旅行先でケガや病気をした経験がある一方で、「病院の場所を事前に確認する」のは13人に1人だけ!現地治療費の最高額は「500万円」!!

現地治療費の最高額は「500万円」!|3人に1人が旅行先でケガや病気をした経験がある

定年後のお金の不安を解消する3つの答え|『「定年後」の‟お金の不安“をなくす 貯金がなくても安心老後をすごす方法』

老後の不安を解消する3つの答え|「定年後」の‟お金の不安“をなくす 貯金がなくても安心老後をすごす方法

村松時計店の銀製時計|新天皇陛下と令和に捧げる、時代を超えた純銀時計

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|これひとつで味が決まる!だしの効いた「煎り酒」で減塩に挑戦

【管理栄養士が教える減塩レシピ】これひとつで味が決まる!だしの効いた「煎り酒」の作り方

中高生が見た大人へのイメージと「10年後の日本」の見通し

息子世代は「今」をどのように捉えているのか?|中高生が考える「カッコいい大人」と「10年後の日本」

【ビジネスの極意】アサヒビールとキリンビールに学ぶリーダシップの教科書

【ビジネスの極意】アサヒビールとキリンビールに学ぶリーダシップの教科書

お魚とうばん 2枚組|魚をおいしく焼き上げるグリル用陶板

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

かつての苦行はどこへ!? レコードクリーニングの昔と今【オーディオ小僧のアナログ日誌 第4回】

文・絵/牧野良幸

“アナログレコード”と聞くと、条件反射でレコード盤のクリーニングを思い出してしまう人も多いだろう。レコードを聴く前にスプレーをシューっとかけて、クリーナーで拭く行為である。昔は誰でもやった。

オーディオ小僧はそれを“儀式”と呼び、「これが音楽を聴く喜びにつながったものだよ」と若い人に自慢げに語る。

しかし本当は——正直に言おう——苦行であった。レコード盤に吸い付いたホコリは、どれだけクリーニングをしても取れなかった。レコード盤の上を移動するだけである。

ドストエフスキーの小説に囚人の話がある。囚人は2つのバケツで水を片方から片方へ移し替える、それだけの作業を一日中やるのだ。それに通じる苦しみが昔のクリーニングにはあった。CDが登場してホッとしたものである。

ならば今、アナログレコードを聴こうと思ったら、またクリーニングの苦しみを受けなければならないのだろうか?

安心してほしい。現在、新しく発売になるアナログレコードはクリーニングの必要がほとんどないのだ。そりゃあ少しはホコリがついている。静電気を帯びていることもある。しかしそっとクリーナーで拭いてやるだけでいい。それでホコリは大方とれてしまう。スプレーは使わない。

たとえホコリが残っていてもかまわずターンテーブルに乗せる。それでもパチパチというノイズはほとんどと言っていいくらいしない。音楽の入っていない部分など、状態がいいLPならCDと聴き間違うほどに無音である。

これが今のアナログレコードだ。材質とか製造工程とか、いったいどこが昔と違うのか分からないが、とにかく品質がいい。1枚や2枚ではなく、たいがいの新品がこうなのだから、現代のアナログ生活は快適である。

もちろんこれは新品のレコードに限られる。中古のレコードは相変わらずホコリに悩まされる場合が多い。これは昔とかわらない。

ただ昔と違って、いろいろなクリーニング・マシーンが発売されているところが21世紀らしい。オーディオ小僧はまだ試していないが、いつか使ってみたいと思っている。なにせ中古レコードには貴重な物が多い。クリーニングの効果があれば一挙にお宝のレコードが増えることになる。まるで錬金術だ。

新品のレコードでホコリに悩まないアナログ生活があれば、中古レコードのクリーニングを最新機械で楽しむアナログ生活もある。いずれにしても昔と違って苦行ではない。いい時代になったものである。

文・絵/牧野良幸
1958年 愛知県岡崎市生まれ。イラストレーター、版画家。音楽や映画のイラストエッセイも手がける。著書に『僕の音盤青春記』『オーディオ小僧のいい音おかわり』(音楽出版社)などがある。ホームページ http://mackie.jp

『オーディオ小僧のいい音おかわり』
(牧野良幸著、本体1,852円 + 税、音楽出版社)
https://www.cdjournal.com/Company/products/mook.php?mno=20160929

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ブームの行方は?2020年のアナログ予想【オーディオ小僧のアナロ…
  2. 一生聞かないレコードを「箱買い」してしまう病【オーディオ小僧のア…
  3. 今や限定盤が当たり前!アナログレコードは迷わず買っておくべし【オ…
  4. アナログ盤カッティングの職人技に大興奮!の巻【オーディオ小僧のア…
  5. ソニー・ミュージックの自社生産LPレコードが復活!【オーディオ小…
PAGE TOP