新着記事

インカ帝国悲劇の舞台!ペルーの古都「カハマルカ」を歴史散歩する

文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)米CNNが「2018年に訪れるべき18の場所」の1つに選…

【日本ワイン生産者の肖像4】近藤良介さん(KONDOヴィンヤード)北海道・空知でジョージアの古式グベヴェヴリ製法に挑む

取材・文/鳥海美奈子そのワインには、スケール感がある。伸びやかで、ダイナミックで、香気が漂う…

【夕刊サライ/川合俊一】株を始めると時事ネタに強くなる、話題がデカくなる!(川合俊一の暮らし・家計コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

唯一無二の音楽集団ピンク・マティーニが5年ぶりに来日公演@ブルーノート東京

20世紀のあらゆる時代や国のポピュラー・ソングを、ハリウッド映画黄金時代のジャズ・バンドを思…

サカナイフ|魚をさばくために生まれた特別なナイフ

魚の一尾ぐらいは手際よくおろせるようになりたい。そう思ってはみても、なかなか実践に踏み出せず…

知っていればちょっと威張れる!プロサッカー面白トリビア5連発

文/鈴木拓也いよいよ開幕した2018 FIFAワールドカップ ロシア大会。日本代表の…

【夕刊サライ/神取忍】毎日の心がけ、目線を上げて体を動かせば気持ちも前向きに!(神取忍の健康・スポーツコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

ボルガ河クルーズ、ロシアの原風景を堪能する魅惑の船旅

文/印南敦史古くからヨーロッパ諸国と肩を並べ、日本の45倍もの国土を持つ「北の大国」として君…

災害時、愛するペットと避難するため用意しておくもの

6月18日の朝、大阪北部を震源とする最大震度6弱の地震が近畿地方一円を襲いました。事態は予断を許さな…

大人のデニムキャップ|経年変化が楽しめる落ち着いたデニムの帽子

デニムのキャップというと子ども用のイメージもあるが、本品は、年齢を重ねた大人にお薦めすべく、…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

かつての苦行はどこへ!? レコードクリーニングの昔と今【オーディオ小僧のアナログ日誌 第4回】

文・絵/牧野良幸

“アナログレコード”と聞くと、条件反射でレコード盤のクリーニングを思い出してしまう人も多いだろう。レコードを聴く前にスプレーをシューっとかけて、クリーナーで拭く行為である。昔は誰でもやった。

オーディオ小僧はそれを“儀式”と呼び、「これが音楽を聴く喜びにつながったものだよ」と若い人に自慢げに語る。

しかし本当は——正直に言おう——苦行であった。レコード盤に吸い付いたホコリは、どれだけクリーニングをしても取れなかった。レコード盤の上を移動するだけである。

ドストエフスキーの小説に囚人の話がある。囚人は2つのバケツで水を片方から片方へ移し替える、それだけの作業を一日中やるのだ。それに通じる苦しみが昔のクリーニングにはあった。CDが登場してホッとしたものである。

ならば今、アナログレコードを聴こうと思ったら、またクリーニングの苦しみを受けなければならないのだろうか?

安心してほしい。現在、新しく発売になるアナログレコードはクリーニングの必要がほとんどないのだ。そりゃあ少しはホコリがついている。静電気を帯びていることもある。しかしそっとクリーナーで拭いてやるだけでいい。それでホコリは大方とれてしまう。スプレーは使わない。

たとえホコリが残っていてもかまわずターンテーブルに乗せる。それでもパチパチというノイズはほとんどと言っていいくらいしない。音楽の入っていない部分など、状態がいいLPならCDと聴き間違うほどに無音である。

これが今のアナログレコードだ。材質とか製造工程とか、いったいどこが昔と違うのか分からないが、とにかく品質がいい。1枚や2枚ではなく、たいがいの新品がこうなのだから、現代のアナログ生活は快適である。

もちろんこれは新品のレコードに限られる。中古のレコードは相変わらずホコリに悩まされる場合が多い。これは昔とかわらない。

ただ昔と違って、いろいろなクリーニング・マシーンが発売されているところが21世紀らしい。オーディオ小僧はまだ試していないが、いつか使ってみたいと思っている。なにせ中古レコードには貴重な物が多い。クリーニングの効果があれば一挙にお宝のレコードが増えることになる。まるで錬金術だ。

新品のレコードでホコリに悩まないアナログ生活があれば、中古レコードのクリーニングを最新機械で楽しむアナログ生活もある。いずれにしても昔と違って苦行ではない。いい時代になったものである。

文・絵/牧野良幸
1958年 愛知県岡崎市生まれ。イラストレーター、版画家。音楽や映画のイラストエッセイも手がける。著書に『僕の音盤青春記』『オーディオ小僧のいい音おかわり』(音楽出版社)などがある。ホームページ http://mackie.jp

『オーディオ小僧のいい音おかわり』
(牧野良幸著、本体1,852円 + 税、音楽出版社)
https://www.cdjournal.com/Company/products/mook.php?mno=20160929

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 今や限定盤が当たり前!アナログレコードは迷わず買っておくべし【オ…
  2. アナログ盤カッティングの職人技に大興奮!の巻【オーディオ小僧のア…
  3. ソニー・ミュージックの自社生産LPレコードが復活!【オーディオ小…
  4. かつてない新感覚のLPジャケットを考案してみた【オーディオ小僧の…
  5. レコードの内袋とは「下着」みたいなものである【オーディオ小僧のア…
PAGE TOP