近頃はレコード聴くのに「フォノイコライザー」が必要になるワケ【オーディオ小僧のアナログ日誌 第3回】

文・絵/牧野良幸

アナログレコードを聴く時、気をつけねばならないのが、アンプに「フォノ端子」があるかどうかである。アナログプレーヤーを買っても、フォノ端子がなければ繋ぐことができない。

昔はLPを聴くのがステレオの目的だったから、アンプには間違いなくフォノ端子があった。しかし80年代にCDが登場すると、一般にLPは聴かれなくなる。そうなるとアンプを作る側も「フォノ端子は要らないね」となった。

オーディオ小僧も外国製のアンプを買ったらフォノ端子がなかった。しかしアンプにフォノ端子がなくても慌てる必要はない。フォノ端子がないということは、アンプにフォノイコライザーが内蔵されていないということだ。

フォノイコライザーとは、簡単に書けば、レコードにカッティングしやすいように処理された音を、フラットな音に戻す回路のことである。レコードを再生するのになくてはならない回路だ。

アンプにフォノ端子がない場合は、このフォノイコライザーを買ってくればいい。単体で売っている。安いものならば1万円以内で買える。

オーディオ小僧は2万円くらいのフォノイコライザーを選んだ。昔はアンプにもれなく付いていたものに2万円も奮発したのだから、「自分もオーディオマニアになったナア」とほくそえんだものである。

しかし実際は奮発どころか、これでも中堅クラスなのだ。ハイエンドなら50万円くらいのフォノイコライザーがある。ボディも大型アンプなみ。アンプよりも巨大なフォノイコライザーって本末転倒なのではないか。

しかしこのフォノイコライザーを借りうけて聴いたところ、アンプまで取り替えたかのように音が良くなったのである。やっぱり重要な部分なのだ。

ならばベテランはさぞ凄いフォノイコライザーを使っているだろう。オーディオ小僧にはアナログ指南をしてくれる“オーディオ師匠”がいるので訊ねてみた。

「フォノイコライザーは何を使っていますか?」

「フォノイコ? 僕のはそれだけど……」

師匠が指差したのは、ヴィンテージ物とは思うが、フォノ端子がついている昔ながらのアンプだった。

アナログ・レコードひとすじの師匠だから、さも凄い、こだわりのフォノイコライザーを使っていると想像したのに拍子抜けした。しかし師匠は涼しい顔である。これで目指す音が出ているのだろう。

フォノイコライザーはアナログレコードを聴くのに必要であるが、難しく考えることはない。アンプに内蔵しているならそれもよし。単体ならローエンドからハイエンドまで好みで選べばいい。

ちなみにオーディオ小僧は現在、アンプのオプションボードで挿入するタイプのフォノイコライザーを使っている。以前の単体タイプより音はさらに良くなった。アナログレコードを聴くと、こういう所にこだわる楽しみもあるのだ。

文・絵/牧野良幸
1958年 愛知県岡崎市生まれ。イラストレーター、版画家。音楽や映画のイラストエッセイも手がける。著書に『僕の音盤青春記』『オーディオ小僧のいい音おかわり』(音楽出版社)などがある。ホームページ http://mackie.jp

『オーディオ小僧のいい音おかわり』
(牧野良幸著、本体1,852円 + 税、音楽出版社)
https://www.cdjournal.com/Company/products/mook.php?mno=20160929

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で