新着記事

【夕刊サライ/横山剣】「フォード・コルチナ・ロータスMk1」“クルマは見た目じゃ分からない?!”(横山剣のクルマコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

プリマロフトの軽量ケット|通気性に優れ蒸れにくい夏の快眠肌掛け

寝苦しい熱帯夜にエアコンをつけて眠ると、薄い肌掛け1枚では寒く感じることがある。そんなときは…

「ローマの休日」が田んぼに! 奥深き「田んぼアート」の世界

取材・文/鈴木拓也白や赤の葉の稲や、赤褐色や紫の穂の稲などを組み合わせて水田に植え、高い所か…

大人も楽しめる「字のない絵本」92歳にして現役の絵本作家、安野光雅の世界

取材・文/池田充枝国内外に多くのファンをもつ安野光雅(あんの・み…

【夕刊サライ/川合俊一】川合流「出来高」チェックの投資術に必要なのは根気と早起き(川合俊一の暮らし・家計コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

リネン使いの中折れハット|亜麻の感触が心地よいざっくり編みの涼しい帽子

帽子は、いくつあっても邪魔にならない紳士の必須アイテムだ。服装や季節に合わせ、その日に合った…

シニアの白髪染め|やるorやめる「65歳」が分かれ目?

年齢を重ねると共に、増える白髪。実年齢より老けて見える、苦労しているように見える、などの理由…

日本人なら知っていたい「箸」の常識【食いしん坊の作法 第8回】

文/山本益博日本人が一生のうちで最も使う道具と言えば、「箸」ではないでしょうか?とこ…

長谷寺に伝わる“お経の音楽”「声明」が日本橋三越で聴ける特別なイベント

声明(しょうみょう)とは、お経に節をつけて唱える荘厳な仏教音楽の一種である。中でも、真言宗豊…

【夕刊サライ/神取忍】ケガの絶えないプロレス稼業で、神取は検査マニアになった!?(神取忍の健康・スポーツコラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

近頃はレコード聴くのに「フォノイコライザー」が必要になるワケ【オーディオ小僧のアナログ日誌 第3回】

文・絵/牧野良幸

アナログレコードを聴く時、気をつけねばならないのが、アンプに「フォノ端子」があるかどうかである。アナログプレーヤーを買っても、フォノ端子がなければ繋ぐことができない。

昔はLPを聴くのがステレオの目的だったから、アンプには間違いなくフォノ端子があった。しかし80年代にCDが登場すると、一般にLPは聴かれなくなる。そうなるとアンプを作る側も「フォノ端子は要らないね」となった。

オーディオ小僧も外国製のアンプを買ったらフォノ端子がなかった。しかしアンプにフォノ端子がなくても慌てる必要はない。フォノ端子がないということは、アンプにフォノイコライザーが内蔵されていないということだ。

フォノイコライザーとは、簡単に書けば、レコードにカッティングしやすいように処理された音を、フラットな音に戻す回路のことである。レコードを再生するのになくてはならない回路だ。

アンプにフォノ端子がない場合は、このフォノイコライザーを買ってくればいい。単体で売っている。安いものならば1万円以内で買える。

オーディオ小僧は2万円くらいのフォノイコライザーを選んだ。昔はアンプにもれなく付いていたものに2万円も奮発したのだから、「自分もオーディオマニアになったナア」とほくそえんだものである。

しかし実際は奮発どころか、これでも中堅クラスなのだ。ハイエンドなら50万円くらいのフォノイコライザーがある。ボディも大型アンプなみ。アンプよりも巨大なフォノイコライザーって本末転倒なのではないか。

しかしこのフォノイコライザーを借りうけて聴いたところ、アンプまで取り替えたかのように音が良くなったのである。やっぱり重要な部分なのだ。

ならばベテランはさぞ凄いフォノイコライザーを使っているだろう。オーディオ小僧にはアナログ指南をしてくれる“オーディオ師匠”がいるので訊ねてみた。

「フォノイコライザーは何を使っていますか?」

「フォノイコ? 僕のはそれだけど……」

師匠が指差したのは、ヴィンテージ物とは思うが、フォノ端子がついている昔ながらのアンプだった。

アナログ・レコードひとすじの師匠だから、さも凄い、こだわりのフォノイコライザーを使っていると想像したのに拍子抜けした。しかし師匠は涼しい顔である。これで目指す音が出ているのだろう。

フォノイコライザーはアナログレコードを聴くのに必要であるが、難しく考えることはない。アンプに内蔵しているならそれもよし。単体ならローエンドからハイエンドまで好みで選べばいい。

ちなみにオーディオ小僧は現在、アンプのオプションボードで挿入するタイプのフォノイコライザーを使っている。以前の単体タイプより音はさらに良くなった。アナログレコードを聴くと、こういう所にこだわる楽しみもあるのだ。

文・絵/牧野良幸
1958年 愛知県岡崎市生まれ。イラストレーター、版画家。音楽や映画のイラストエッセイも手がける。著書に『僕の音盤青春記』『オーディオ小僧のいい音おかわり』(音楽出版社)などがある。ホームページ http://mackie.jp

『オーディオ小僧のいい音おかわり』
(牧野良幸著、本体1,852円 + 税、音楽出版社)
https://www.cdjournal.com/Company/products/mook.php?mno=20160929

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 一生聞かないレコードを「箱買い」してしまう病【オーディオ小僧のア…
  2. 今や限定盤が当たり前!アナログレコードは迷わず買っておくべし【オ…
  3. アナログ盤カッティングの職人技に大興奮!の巻【オーディオ小僧のア…
  4. ソニー・ミュージックの自社生産LPレコードが復活!【オーディオ小…
  5. かつてない新感覚のLPジャケットを考案してみた【オーディオ小僧の…
PAGE TOP