新着記事

誰かに話したくなる「作家と猫」の知られざるエピソード3つ

取材・文/わたなべあや古来、猫を愛した作家はたくさんいます。たとえば、夏目漱石宅に迷…

藤井聡太の挑戦状!さあこの詰将棋、解けますか?

文/編集部プロにとってもアマチュアにとっても、将棋の棋力アップに欠かせないのが「詰将棋」です…

【懐かしの母校食堂 第3回】武蔵高等学校中学校×好々亭と砂時計(東京・江古田)

文/鈴木隆祐武蔵生のソウルフード!江古田の洋食2大名店『好々亭』と『砂時計』 …

ウォーキングシューズを選ぶ時に気をつけたい3つのポイント

取材・文/わたなべあや春の日差しが温かく感じられる季節、外に出て体を動かしたくなりま…

前田利家の妻・芳春院まつの知られざる素顔【にっぽん歴史夜話3】

文/砂原浩太朗(小説家)加賀百万石の礎をきずいた武将・前田利家(1537?~1599)。その…

【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」一人前になるために、つくり続けたナムル(コウケンテツの料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

巨大な一枚岩「ウルル」を見上げる2つの絶景遊歩道【オーストラリア・ノーザンテリトリーの魅力】[PR]

文/柳沢有紀夫(オーストラリア在住)世界の中心は、どこにあるのか? もちろん地球はほ…

京都・上賀茂神社でクラシック音楽を聴く「都のかなで」コンサートに2000名を招待[PR]

京都で最古のお社といわれ、世界文化遺産に登録されている「賀茂別雷神社(上賀茂神社)」。この由…

病気予防の大ヒント!病気の発症・増悪をもたらす5大要素とは【予防医療の最前線】

文/中村康宏そもそも、どのようにして病気になるのか考えたことはありますか? 病気になる人の体…

【夕刊サライ/角田光代】スペイン・マドリッド:マラソンは旅するいいわけ【旅ラン3】(角田光代の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

近頃はレコード聴くのに「フォノイコライザー」が必要になるワケ【オーディオ小僧のアナログ日誌 第3回】

文・絵/牧野良幸

アナログレコードを聴く時、気をつけねばならないのが、アンプに「フォノ端子」があるかどうかである。アナログプレーヤーを買っても、フォノ端子がなければ繋ぐことができない。

昔はLPを聴くのがステレオの目的だったから、アンプには間違いなくフォノ端子があった。しかし80年代にCDが登場すると、一般にLPは聴かれなくなる。そうなるとアンプを作る側も「フォノ端子は要らないね」となった。

オーディオ小僧も外国製のアンプを買ったらフォノ端子がなかった。しかしアンプにフォノ端子がなくても慌てる必要はない。フォノ端子がないということは、アンプにフォノイコライザーが内蔵されていないということだ。

フォノイコライザーとは、簡単に書けば、レコードにカッティングしやすいように処理された音を、フラットな音に戻す回路のことである。レコードを再生するのになくてはならない回路だ。

アンプにフォノ端子がない場合は、このフォノイコライザーを買ってくればいい。単体で売っている。安いものならば1万円以内で買える。

オーディオ小僧は2万円くらいのフォノイコライザーを選んだ。昔はアンプにもれなく付いていたものに2万円も奮発したのだから、「自分もオーディオマニアになったナア」とほくそえんだものである。

しかし実際は奮発どころか、これでも中堅クラスなのだ。ハイエンドなら50万円くらいのフォノイコライザーがある。ボディも大型アンプなみ。アンプよりも巨大なフォノイコライザーって本末転倒なのではないか。

しかしこのフォノイコライザーを借りうけて聴いたところ、アンプまで取り替えたかのように音が良くなったのである。やっぱり重要な部分なのだ。

ならばベテランはさぞ凄いフォノイコライザーを使っているだろう。オーディオ小僧にはアナログ指南をしてくれる“オーディオ師匠”がいるので訊ねてみた。

「フォノイコライザーは何を使っていますか?」

「フォノイコ? 僕のはそれだけど……」

師匠が指差したのは、ヴィンテージ物とは思うが、フォノ端子がついている昔ながらのアンプだった。

アナログ・レコードひとすじの師匠だから、さも凄い、こだわりのフォノイコライザーを使っていると想像したのに拍子抜けした。しかし師匠は涼しい顔である。これで目指す音が出ているのだろう。

フォノイコライザーはアナログレコードを聴くのに必要であるが、難しく考えることはない。アンプに内蔵しているならそれもよし。単体ならローエンドからハイエンドまで好みで選べばいい。

ちなみにオーディオ小僧は現在、アンプのオプションボードで挿入するタイプのフォノイコライザーを使っている。以前の単体タイプより音はさらに良くなった。アナログレコードを聴くと、こういう所にこだわる楽しみもあるのだ。

文・絵/牧野良幸
1958年 愛知県岡崎市生まれ。イラストレーター、版画家。音楽や映画のイラストエッセイも手がける。著書に『僕の音盤青春記』『オーディオ小僧のいい音おかわり』(音楽出版社)などがある。ホームページ http://mackie.jp

『オーディオ小僧のいい音おかわり』
(牧野良幸著、本体1,852円 + 税、音楽出版社)
https://www.cdjournal.com/Company/products/mook.php?mno=20160929

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ソニー・ミュージックの自社生産LPレコードが復活!【オーディオ小…
  2. かつてない新感覚のLPジャケットを考案してみた【オーディオ小僧の…
  3. レコードの内袋とは「下着」みたいなものである【オーディオ小僧のア…
  4. 貧乏性なオーディオ小僧の「カートリッジ交換」始末記【オーディオ小…
  5. またしても…名曲鑑賞中にやってくる或る魔物について【オーディオ小…
PAGE TOP