新着記事

水晶彫りの酒器|水晶のような小窓からのぞく美酒を愛でつつ一献

穴から酒がこぼれてしまう!?と一瞬ひやりとするこの珍貴な酒器を手がけているのは、磁器産地・波…

活用しないともったいない! 自治体独自のサービスや「ふるさと納税」で離れて暮らす親を見守ろう

活用しないともったいない「見守りサービス」! 「自治体独自の活動」や「ふるさと納税」で離れて暮らす親を見守る方法

取材・文/坂口鈴香高齢の親と離れて暮らす家族にとって、親に変わったことがないかは最大…

獣医さんに聞く、なぜ秋にこそペットの健康診断なのか

獣医さんに聞く、なぜ秋にこそペットの健康診断が必要なのか?

取材・文/柿川鮎子 写真/木村圭司夏休みに家族旅行をした時、ホテルサービスをしている…

現代人の3人に1人が孤独死しやすい?

現代人の3人に1人が可能性あり!孤独死しやすい人の共通点とは?

現在、日本では高齢者が増加する一方で、「孤独死」を迎える方も増加。その数は、年間3万人にものぼるとい…

尾戸焼の酒器セット|酒を愛する土佐人たちの宴を盛り上げる伝統の酒器

尾戸焼は約350年前、土佐藩の藩窯に創始した。江戸時代には四国・土佐の国焼きとして広く知れ渡…

アクセサリーソケットを活用

車内でアロマテラピーから炊飯までできる、アクセサリーソケット活用術【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

写真・文/鈴木珠美車内にあるアクセサリーソケットは、車内環境を快適に楽しくするもの。アクセサ…

ダイエット

「食事制限ダイエット」で目標を達成した人が明かす成功の秘訣

高齢化社会を迎えている現在、ダイエット、健康食品・サプリメント、運動など、健康志向は高まるば…

【ビジネスの極意】現代のリーダーに必要な、心の知能指数「EQ」を知っていますか?

【ビジネスの極意】現代のリーダーに必要な、心の知能指数「EQ」を知っていますか?

現代においてリーダーに求められる資質は旧来とは異なってきている。現代のリーダーには「EQ」が…

イニシャル入りロックグラス|いつもの一杯を極上の一杯にするマイグラス

オンザロックの氷がカランカランと心地よく響くクリスタルガラス。その涼やかな音はウイスキーの味…

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|『定年ごはん』

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|定年ごはんの作り方

文/印南敦史「定年後にはあれをしよう、これをしよう」と、いろいろ思いをはせるのは楽しい。しか…

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行国内旅行

  1.  

    手島(香川県)|瀬戸内海を前に広がるひまわり畑【瀬戸内の知られざる島々紀行1】

         

    取材・文/小林希瀬戸内海の塩飽諸島(しわくしょとう、香川県)の一つに、手島という島があります。人口わずか30人弱、ほとんどの島民が70歳以上という、静かな島です。島の地形は蝶蝶が羽を広げたようで、集落は蝶蝶の頭の位置にあ…

  2.  

    実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅:7日目《鶴岡駅~ウェスパ椿山駅》

         

    「青春18きっぷ」だけを使って行ける日本縦断の大旅行を企てた、58歳の鉄道カメラマン川井聡さん。南九…

  3.  

    お狐さまのお告げにドキッ!新宿『花園神社』の「きつねみくじ」【MARIKOのおみくじ探訪 第5回】

         

    文・写真/MARIKO(モデル、神社検定1級)暦の上では大暑。夏の暑さが最も極まるこ…

  4.  

    日本三景・宮島の「弥山」山頂で息を呑む絶景に出会う

         

    取材・文/末原美裕日本三景の一つ、安芸の宮島と言えば、「海に浮かぶ赤い鳥居と嚴島神社」がぱっ…

  5.  

    実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅:6日目《只見駅~鶴岡駅》

         

    「青春18きっぷ」だけを使って行ける日本縦断の大旅行を企てた、58歳の鉄道カメラマン川井聡さん。南九…

  6.  

    実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅:5日目《戸狩野沢温泉駅~只見駅》

         

    「青春18きっぷ」だけを使って行ける日本縦断の大旅行を企てた、58歳の鉄道カメラマン川井聡さん。南九…

  7.  

    実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅:4日目《名古屋駅~戸狩野沢温泉駅》

         

    「青春18きっぷ」だけを使って行ける日本縦断の大旅行を企てた、58歳の鉄道カメラマン川井聡さん。南九…

  8.  

    実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅:3日目《宮島口駅~名古屋駅》

         

    「青春18きっぷ」だけを使って行ける日本縦断の大旅行を企てた、58歳の鉄道カメラマン川井聡さん。南九…

  9.  

    紅白のだるま型おみくじにドキドキ!『愛宕神社』の「だるまみくじ」【MARIKOのおみくじ探訪 第4回】

         

    文・写真/MARIKO(モデル、神社検定1級)いよいよ日本各地で梅雨入りしましたね。…

  10.  

    実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅:2日目《熊本駅~宮島口駅》

         

    1日あたり2,370円で日本全国のJR線の普通・快速列車の自由席が乗り放題になる「青春18きっぷ」。…

  11.  

    実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅:1日目《枕崎駅~熊本駅》

         

    1日あたり2,370円で日本全国のJR線の普通・快速列車の自由席が乗り放題になる「青春18きっぷ」。…

  12.  

    包みを開くワクワク感がすごい!『芝大神宮』の「三角みくじ」【MARIKOのおみくじ探訪 第3回】

         

    文・写真/MARIKO(モデル、神社検定1級)今日も神社との素敵な出会いを求めて、て…

  13.  

    ありえないほど可愛いおみくじ!千駄ヶ谷『鳩森八幡神社』の「鳩みくじ」【MARIKOのおみくじ探訪 第2回】

         

    文・写真/MARIKOあっという間に春も盛りとなり、出掛けるのが楽しい季節となりました。…

  14.  

    「波瀾」の二文字に思わずドキッ!『東京大神宮』の「縁結びみくじ」【MARIKOのおみくじ探訪 第1回】

         

    文・写真/MARIKO『サライ.jp』をご覧の皆様はじめまして。モデルのMARIKO…

  15.  

    気分は弥次さん喜多さん!「東海道五十三次」歩き旅の名物スポット4つ

         

    そもそもは江戸初期に、徳川家康が江戸から地方への道路網として整備した「五街道」。その五街道を歩いて旅…

  16.  

    【トークイベント】 「本能寺の変」の真相を語り尽す!安部龍太郎さん(歴史作家)×織田信孝さん(織田家現当主)

         

    織田信長の子孫は、今も健在だ。信長の次男・織田信雄の流れが信長の血脈を伝え、江戸時代に出羽天…

  17.  

    落城間近の大阪城から救出!知多半島に残る「ある屏風」に隠された驚くべきメッセージ

         

    慶長20年(1615)の「大坂夏の陣」では、真田信繁(さなだ・のぶしげ)ら豊臣方の武将たちの…

  18.  

    ユネスコ無形文化遺産「山・鉾・屋台行事」月別リスト全33祭

         

    山、鉾、笠、屋台、だんじりなど、全国各地で様々な名前で呼ばれている「山車」(だし)。絢爛豪華…

  19.  

    星のや竹富島で味わう優雅な島時間!東シナ海に浮かぶ「夢の島」沖縄・竹富島紀行

         

    東京から南西に2000キロという遙けき彼方、沖縄本島からもさらに400キロ離れた波濤の先に、…

  20.  

    訪ねてみたい!日本各地の「冬の民俗芸能」4選

         

    民俗芸能や、あるいは歴史を感じさせる古い町並みなど、日本各地にはさまざまな文化的景観が残されている。…

  21.  

    富士山のすそ野を歩いて散策!人気のツアー「富士山すそ野ぐるり一周ウォーク」

         

    国内外から多くの登山客が訪れる富士山は、いうまでもなく日本を代表する名峰。そのなだらかで雄大…

  22.  

    無慈悲な執行に一揆勃発!豊臣秀吉「奥州仕置」衝撃の真相【謎解き歴史紀行「半島をゆく」歴史解説編】牡鹿半島

         

    歴史作家・安部龍太郎氏による『サライ』本誌の好評連載「半島をゆく」。Webサイトでは本誌と連動した歴…

  23.  

    細川ガラシャ悲劇の序曲!本能寺の変後に丹後で何がおきたのか?【謎解き歴史紀行「半島をゆく」歴史解説編】丹後半島

         

    歴史作家・安部龍太郎氏による『サライ』本誌の好評連載「謎解き歴史紀行~半島をゆく」。「サライ…

  24.  

    なぜ丹後半島には巨大古墳が多いのか?失われた古代「丹後王国」の謎を追う【謎解き歴史紀行「半島をゆく」歴史解説編】

         

    歴史作家・安部龍太郎氏による『サライ』本誌の好評連載「謎解き歴史紀行~半島をゆく」。「サライ…

  25.  

    80歳を過ぎた雪舟が自ら丹後まで出向いて国宝『天橋立図』を描いた本当の理由とは?【謎解き歴史紀行「半島をゆく」歴史解説編】

         

    歴史作家・安部龍太郎氏による『サライ』本誌の好評連載「謎解き歴史紀行~半島をゆく」。「サライ.jp」…

  26.  

    弘前藩を支えた「石田三成の末裔」はいかなる人物だったのか?【謎解き歴史紀行「半島をゆく」歴史解説編】

         

    ■石田三成の末裔 津軽海峡を渡る慶応4年(明治元年)8月、榎本武揚(えのもと・たけあ…

  27.  

    石田三成の遺児を匿った弘前藩を徳川家康はなぜ黙認したのか?【謎解き歴史紀行「半島をゆく」歴史解説編】

         

    北方の小藩、弘前藩・津軽家の謎のひとつが、関ヶ原の合戦で敵方の武将だった石田三成の次男・重成…

  28.  

    北方の小藩・弘前藩が日本有数の大城郭・弘前城を造営できた理由【謎解き歴史紀行「半島をゆく」歴史解説編】

         

    ■街に点在する建築の優品本州最北の城下町である青森の弘前は、じつは文化財建造物の宝庫である。国の重要…

  29.  

    弘前城になぜ豊臣と徳川が共に祀られたのか?【謎解き歴史紀行「半島をゆく」歴史解説編】

         

    歴史作家・安部龍太郎氏による『サライ』本誌の好評連載「謎解き歴史紀行~半島をゆく」。「サライ.jp」…

  30.  

    弘前城内で祀られていた豊臣秀吉木像の謎【謎解き歴史紀行「半島をゆく」歴史解説編】

         

    歴史作家・安部龍太郎氏による『サライ』本誌の好評連載「謎解き歴史紀行~半島をゆく」。「サライ.jp」…

PAGE TOP