新着記事

ココロとカラダの健康のために! 意識すべき3つの「ホルモン」

ココロとカラダの健康のために! 意識すべき3つの「ホルモン」

文/中村康宏現代病と言われるうつ病や生活習慣病。これらの原因になっているのは、残業な…

越後亀田縞ハンチング|伝統織物で仕立てた小粋な木綿ハンチング帽

新潟県の「亀田郷」(現新潟市)に約300年前から伝わる綿織物が「亀田縞」だ。農民が織りはじめ…

失敗を恐れずに進むことが特効薬|『「感情の老化」を防ぐ本』

40代から始まる「感情の老化」を食い止める方法|『「感情の老化」を防ぐ本』

文/印南敦史「昔にくらべ、なにかに感動しなくなった」とか、嫌なことがあると、ずっと引きず…

春の体調管理の鍵を握るのは免疫力を上げる「たんぱく質」!

春の体調管理の鍵を握るのは免疫力を上げる「たんぱく質」!

取材・文/末原美裕春は気温の寒暖差が激しい季節ですが、満開の桜の横に雪が積もったりと…

「褒められると伸びるタイプなんです」と言う部下への接し方

【ビジネスの極意】「褒められると伸びるタイプなんです」と言う部下への接し方

人は誰でも褒められばうれしいもの。だが、褒めて伸ばす、とモットーとしても、そればかりでいいのだろ…

ペーパーグラス|眼鏡作りの聖地が生んだ驚異の薄型軽量読書眼鏡

今では国産眼鏡フレーム生産の95%以上を担い、“眼鏡の聖地”とも言われる福井県鯖江市。古くか…

仏像曼荼羅イメージ 東寺蔵

空海発案の立体曼荼羅21体のうち、15体が集合【特別展「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」】

取材・文/藤田麻希京都の玄関口として馴染み深い東寺(正式名称は教王護国寺)。五重塔が見えると…

災害時に愛猫がPTSDに陥ったら!|知っておきたい「猫のPTSD」治療法

文/一乗谷かおり 猫にもあるPTSD昨年発生した大阪府北部地震の際、SNSなどをチェック…

竹製のスタンドにヤシの葉のうちわを常備。和室はエアコンを設置せずに、うちわや扇風機で涼をとります。網戸がなく、窓を開けっ放しにしているため、家中のいたるところに置いている蚊取り線香入れは、バリ島でつくられたもの。

春過ぎて夏を待つ日に葉山の家へ【桐島かれん『KAREN’s』】

ブランドの買い付けなどで月に一度は旅をしている桐島かれんさんは、週末、古民家を改修した葉山の家で日本…

50代夫婦1000名に聞いた定年対策 実態調査!|「定年退職後も夫には外で働いてほしい」は9割近く!!

妻の9割は「定年退職後も夫には外で働いてほしい」|50代夫婦1000名に聞いた「定年後のライフスタイル」

つい先日も定年引き上げが話題となったが、定年を迎えてからの人生、まだまだ働ける、と思っている…

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。
  2. アウトサイド・ジャパン展

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行国内旅行

  1.  

    鎌倉・室町・江戸のみにあらず!「幕府」とはそも何なのか?【謎解き歴史紀行「半島をゆく」歴史解説編】

         

    歴史作家・安部龍太郎氏による『サライ』本誌の好評連載「謎解き歴史紀行~半島をゆく」。この連載と連動した歴史解説編を、安部龍太郎さんとともに半島を歩く歴史学者・藤田達生先生(三重大学教授)がお届けしています。伊豆半島編第3弾は、鎌倉幕府2代将…

  2.  

    日本の歴史が凝縮された「伊豆半島」の面白さ【謎解き歴史紀行「半島をゆく」歴史解説編】

         

    文/藤田達生(三重大学教授、歴史学)伊豆半島の付け根にあたる要地に、三嶋大社(静岡県三島市)…

  3.  

    画期は天正8年!信長が本格的な天下統一戦に乗り出した理由とは【謎解き歴史紀行「半島をゆく」歴史解説編】

         

    歴史作家・安部龍太郎氏による『サライ』本誌の好評連載「謎解き歴史紀行〜半島をゆく」とは別に、歴史解説…

  4.  

    毛利と組んで信長に対抗!足利義昭による幻の「鞆幕府」の実態とは【謎解き歴史紀行「半島をゆく」歴史解説編】

         

    鞆の浦の沼隈半島を舞台にお届けする『サライ』本誌の好評連載「謎解き歴史紀行〜半島をゆく」。歴史作家・…

  5.  

    「本能寺の変」の真相と足利義昭の「鞆幕府」【謎解き歴史紀行「半島をゆく」歴史解説編】

         

    教科書では、室町幕府の滅亡は元亀4年(1573)とある。けれど室町幕府の15代将軍の足利義昭は、足利…

  6.  

    奥能登の旧家・時国家に非農業民の世界を訪ねる【謎解き歴史紀行「半島をゆく」歴史解説編】

         

    能登半島に舞台を移した『サライ』の好評連載の「半島をゆく」。本誌では、歴史作家・安部龍太郎さんが「里…

  7.  

    画人・長谷川等伯が過ごした能登の風景を訪ねて【謎解き歴史紀行「半島をゆく」歴史解説編】

         

    『サライ』の好評連載の「半島をゆく」は、1月号から能登半島に舞台を移しました(最新号では、源氏との戦…

  8.  

    戦国時代を代表する山城「能登七尾城」跡をゆく【謎解き歴史紀行「半島をゆく」歴史解説編】

         

    12月10日発売の1月号から第3話「能登半島」に舞台を移した『サライ』連載の「半島をゆく」。今回は、…

  9.  

    秀吉に疎んじられたある公卿の悠々自適な薩摩配流【謎解き歴史紀行「半島をゆく」歴史解説編】

         

    近衛信尹(のぶただ)(信輔)が薩摩坊津に流されたのは、豊臣秀吉に疎んじられたからだ。五摂家筆頭近衛家…

  10.  

    橋牟礼川遺跡|火山噴火の威力を伝える重要な遺跡【謎解き歴史紀行「半島をゆく」歴史解説編】薩摩半島

         

    「指宿の迎賓館」とも称される「指宿 白水館」を出た一行は、同じ指宿市内にある橋牟礼川遺跡へと向かった…

  11.  

    海賊と言えば、なんと言っても村上水軍【謎解き歴史紀行「半島をゆく」歴史解説編】薩摩半島

         

    海賊と言えば、なんと言っても瀬戸内海で活躍した村上水軍だろう。三家に分かれた彼ら海賊衆は、ちょうど現…

  12.  

    指宿で出会った「日本一キュートな」西郷隆盛像【謎解き歴史紀行「半島をゆく」歴史解説編】薩摩半島

         

    今回の「半島をゆく」の舞台は薩摩半島。鹿児島空港へ降り立った一行は、空港から指宿までは約1時間30分…

  13.  

    薩摩半島は「最南端の桃源郷」だった【謎解き歴史紀行「半島をゆく」歴史解説編】薩摩半島

         

    知多半島に続いて訪れたのは、本州最南端の地・薩摩半島だった。空港を降りて最初に向かったのが、古来、薩…

  14.  

    すさまじき男、織田信長が尾張村木城攻めで見せた獅子奮迅ぶり【謎解き歴史紀行「半島をゆく」歴史解説編】知多半島

         

    文/藤田達生戦国の梟雄・斎藤道三をして、「すさまじき男、隣にはいやなる人にて候よ(恐るべき男…

  15.  

    織田信長の三男・織田信孝の悲劇的な最期【謎解き歴史紀行「半島をゆく」歴史解説編】知多半島

         

    昔より 主(あるじ)を討つ身(内海)の 野間なれば 報いを待てや 羽柴筑前(秀吉のこと)天正11…

  16.  

    野間大坊で源義朝の無念の最期に思いをいたす【謎解き歴史紀行「半島をゆく」歴史解説編】知多半島

         

    「半島をゆく」知多半島編2日目は、愛知県美浜町の野間大坊からスタートした。門前の「やまに旅館」に宿泊…

  17.  

    延命寺本「洛中洛外図屏風」の謎【謎解き歴史紀行「半島をゆく」歴史解説編】知多半島

         

    文/藤田達生「半島をゆく」の記念すべき第1回の取材先は、なじみ深い知多半島だった。三…

PAGE TOP