新着記事

年収が高い都道府県ランキング|1位は東京都で平均474万円

年収が高い都道府県ランキング|1位は東京都で平均474万円

国税庁が毎年実施する「民間給与実態統計調査」によると、平成29年分の日本の平均年収は432万…

五木寛之さんの60年にわたる作詞活動の集大成!『歌いながら歩いてきた』CD&DVD5枚組セット

サライ本誌でも連載中の作家・五木寛之さんは、多くの歌謡曲や童謡、CMソングなどを手がけた作詞…

【管理栄養士が教える減塩レシピ】フライパンで作る! おうちで燻製レシピ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】フライパンで スモークチーズが作れる!カンタン「燻製」入門

写真・文/矢崎海里雨模様も多かったGWが終わり、梅雨入り前までがバーベキューのチャンスで…

【ビジネスの極意】「モチベーション」と「やる気」は違います

【ビジネスの極意】「モチベーション」と「やる気」は違います

仕事をするに際し、「モチベーション」が重要というのはよく言われることだ。「モチベーション」はよく…

日常生活に必須の「7つの力」を無理なく向上させるエクササイズ|『カラダのおくすり体操』

加齢で衰えた「転ばない力」を回復させるエクササイズ|『カラダのおくすり体操』

文/鈴木拓也「何もないところでつまずく」、「網棚に荷物を上げられない」、「瓶のふたが…

この一体化した金属を外せ!脳活パズル『はずる』にハマる人続出

今回ご紹介するコレ、一見アクセサリーにも見えるかもしれませんが、実はがっしりと組み合わさった…

ザルツブルクの町

門をくぐれば巡礼の道。モーツァルト生誕の地「ザルツブルク」の知られざる絶景ポイントを歩く(オーストリア)

文・写真/御影実(オーストリア在住ライター/海外書き人クラブ)モーツァルトの生まれ故郷であり、サ…

お子さんが自立したこともあり、ロードスターを購入してからは奥様と2人で出かける機会が増えたそう。

【私のクルマ遍歴】事故でフロントが破損した『NCロードスター』。奥様の理解と後押しでより魅力的なフォルムに生まれ変わる(後編)

取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオートバ…

茂幸さんの愛車は、ブラックのボディカラーが希少なオープンカー。その出会いと物語は【後編】にて語ります。

【私のクルマ遍歴】仕事や家庭に翻弄され、『カリーナ』『チェイサー』『ミラージュ』『ギャラン』と、何台も乗り換えた青春時代(前編)

取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオー…

横瀬浦公園(長崎県西海市)にあるルイス・フロイス像。

なぜイエズス会は長崎で多くの信者を獲得できたのか?【半島をゆく 歴史解説編 西彼杵・島原半島3】

『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行国内旅行

  1.  

    お狐さまのお告げにドキッ!新宿『花園神社』の「きつねみくじ」【MARIKOのおみくじ探訪 第5回】

         

    文・写真/MARIKO(モデル、神社検定1級)暦の上では大暑。夏の暑さが最も極まるこの時期、皆さんはどんな風に過ごしていますか?神社は緑が多く、一休みするのにもぴったり。ちょっとした涼を求めに参拝するのもおすすめです…

  2.  

    日本三景・宮島の「弥山」山頂で息を呑む絶景に出会う

         

    取材・文/末原美裕日本三景の一つ、安芸の宮島と言えば、「海に浮かぶ赤い鳥居と嚴島神社」がぱっ…

  3.  

    実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅:6日目《只見駅~鶴岡駅》

         

    「青春18きっぷ」だけを使って行ける日本縦断の大旅行を企てた、58歳の鉄道カメラマン川井聡さん。南九…

  4.  

    実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅:5日目《戸狩野沢温泉駅~只見駅》

         

    「青春18きっぷ」だけを使って行ける日本縦断の大旅行を企てた、58歳の鉄道カメラマン川井聡さん。南九…

  5.  

    実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅:4日目《名古屋駅~戸狩野沢温泉駅》

         

    「青春18きっぷ」だけを使って行ける日本縦断の大旅行を企てた、58歳の鉄道カメラマン川井聡さん。南九…

  6.  

    実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅:3日目《宮島口駅~名古屋駅》

         

    「青春18きっぷ」だけを使って行ける日本縦断の大旅行を企てた、58歳の鉄道カメラマン川井聡さん。南九…

  7.  

    紅白のだるま型おみくじにドキドキ!『愛宕神社』の「だるまみくじ」【MARIKOのおみくじ探訪 第4回】

         

    文・写真/MARIKO(モデル、神社検定1級)いよいよ日本各地で梅雨入りしましたね。…

  8.  

    実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅:2日目《熊本駅~宮島口駅》

         

    1日あたり2,370円で日本全国のJR線の普通・快速列車の自由席が乗り放題になる「青春18きっぷ」。…

  9.  

    実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅:1日目《枕崎駅~熊本駅》

         

    1日あたり2,370円で日本全国のJR線の普通・快速列車の自由席が乗り放題になる「青春18きっぷ」。…

  10.  

    包みを開くワクワク感がすごい!『芝大神宮』の「三角みくじ」【MARIKOのおみくじ探訪 第3回】

         

    文・写真/MARIKO(モデル、神社検定1級)今日も神社との素敵な出会いを求めて、て…

  11.  

    ありえないほど可愛いおみくじ!千駄ヶ谷『鳩森八幡神社』の「鳩みくじ」【MARIKOのおみくじ探訪 第2回】

         

    文・写真/MARIKOあっという間に春も盛りとなり、出掛けるのが楽しい季節となりました。…

  12.  

    「波瀾」の二文字に思わずドキッ!『東京大神宮』の「縁結びみくじ」【MARIKOのおみくじ探訪 第1回】

         

    文・写真/MARIKO『サライ.jp』をご覧の皆様はじめまして。モデルのMARIKO…

  13.  

    気分は弥次さん喜多さん!「東海道五十三次」歩き旅の名物スポット4つ

         

    そもそもは江戸初期に、徳川家康が江戸から地方への道路網として整備した「五街道」。その五街道を歩いて旅…

  14.  

    【トークイベント】 「本能寺の変」の真相を語り尽す!安部龍太郎さん(歴史作家)×織田信孝さん(織田家現当主)

         

    織田信長の子孫は、今も健在だ。信長の次男・織田信雄の流れが信長の血脈を伝え、江戸時代に出羽天…

  15.  

    落城間近の大阪城から救出!知多半島に残る「ある屏風」に隠された驚くべきメッセージ

         

    慶長20年(1615)の「大坂夏の陣」では、真田信繁(さなだ・のぶしげ)ら豊臣方の武将たちの…

  16.  

    ユネスコ無形文化遺産「山・鉾・屋台行事」月別リスト全33祭

         

    山、鉾、笠、屋台、だんじりなど、全国各地で様々な名前で呼ばれている「山車」(だし)。絢爛豪華…

  17.  

    星のや竹富島で味わう優雅な島時間!東シナ海に浮かぶ「夢の島」沖縄・竹富島紀行

         

    東京から南西に2000キロという遙けき彼方、沖縄本島からもさらに400キロ離れた波濤の先に、…

  18.  

    訪ねてみたい!日本各地の「冬の民俗芸能」4選

         

    民俗芸能や、あるいは歴史を感じさせる古い町並みなど、日本各地にはさまざまな文化的景観が残されている。…

  19.  

    富士山のすそ野を歩いて散策!人気のツアー「富士山すそ野ぐるり一周ウォーク」

         

    国内外から多くの登山客が訪れる富士山は、いうまでもなく日本を代表する名峰。そのなだらかで雄大…

  20.  

    無慈悲な執行に一揆勃発!豊臣秀吉「奥州仕置」衝撃の真相【謎解き歴史紀行「半島をゆく」歴史解説編】牡鹿半島

         

    歴史作家・安部龍太郎氏による『サライ』本誌の好評連載「半島をゆく」。Webサイトでは本誌と連動した歴…

  21.  

    細川ガラシャ悲劇の序曲!本能寺の変後に丹後で何がおきたのか?【謎解き歴史紀行「半島をゆく」歴史解説編】丹後半島

         

    歴史作家・安部龍太郎氏による『サライ』本誌の好評連載「謎解き歴史紀行~半島をゆく」。「サライ…

  22.  

    なぜ丹後半島には巨大古墳が多いのか?失われた古代「丹後王国」の謎を追う【謎解き歴史紀行「半島をゆく」歴史解説編】

         

    歴史作家・安部龍太郎氏による『サライ』本誌の好評連載「謎解き歴史紀行~半島をゆく」。「サライ…

  23.  

    80歳を過ぎた雪舟が自ら丹後まで出向いて国宝『天橋立図』を描いた本当の理由とは?【謎解き歴史紀行「半島をゆく」歴史解説編】

         

    歴史作家・安部龍太郎氏による『サライ』本誌の好評連載「謎解き歴史紀行~半島をゆく」。「サライ.jp」…

  24.  

    弘前藩を支えた「石田三成の末裔」はいかなる人物だったのか?【謎解き歴史紀行「半島をゆく」歴史解説編】

         

    ■石田三成の末裔 津軽海峡を渡る慶応4年(明治元年)8月、榎本武揚(えのもと・たけあ…

  25.  

    石田三成の遺児を匿った弘前藩を徳川家康はなぜ黙認したのか?【謎解き歴史紀行「半島をゆく」歴史解説編】

         

    北方の小藩、弘前藩・津軽家の謎のひとつが、関ヶ原の合戦で敵方の武将だった石田三成の次男・重成…

  26.  

    北方の小藩・弘前藩が日本有数の大城郭・弘前城を造営できた理由【謎解き歴史紀行「半島をゆく」歴史解説編】

         

    ■街に点在する建築の優品本州最北の城下町である青森の弘前は、じつは文化財建造物の宝庫である。国の重要…

  27.  

    弘前城になぜ豊臣と徳川が共に祀られたのか?【謎解き歴史紀行「半島をゆく」歴史解説編】

         

    歴史作家・安部龍太郎氏による『サライ』本誌の好評連載「謎解き歴史紀行~半島をゆく」。「サライ.jp」…

  28.  

    弘前城内で祀られていた豊臣秀吉木像の謎【謎解き歴史紀行「半島をゆく」歴史解説編】

         

    歴史作家・安部龍太郎氏による『サライ』本誌の好評連載「謎解き歴史紀行~半島をゆく」。「サライ.jp」…

  29.  

    石田三成の孫を家老に迎えた弘前藩の思惑とは【謎解き歴史紀行「半島をゆく」歴史解説編】

         

    歴史作家・安部龍太郎氏による『サライ』本誌の好評連載「謎解き歴史紀行~半島をゆく」。「サライ.jp」…

  30.  

    津軽独立を果たした稀代の戦略家「津軽為信」の軌跡【謎解き歴史紀行「半島をゆく」歴史解説編】

         

    歴史作家・安部龍太郎氏による『サライ』本誌の好評連載「謎解き歴史紀行~半島をゆく」。「サライ.jp」…

PAGE TOP