新着記事

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

会社組織の一員として「上司とそりが合わない」「上司が無理な指示を出す」といった上司への悩みが…

波佐見焼のおひつ2色セット|冷やご飯が、ふっくら炊き立てによみがえる

小高い山に囲まれた盆地に瓦屋根の静かな町並みが広がる長崎県波佐見町。この地で400年以上にわ…

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|旬のさんまを使った炊き込みご飯と蒲焼きレシピ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】旬のさんまを使った炊き込みご飯と蒲焼きレシピ

写真・文/矢崎海里食欲の秋の代表的な味覚のひとつとして、さんまが挙げられます。8…

スミカマの槌目模様の包丁|欧米で脚光を浴びる老舗が古風な包丁を近代的にアレンジ

刃物の産地として有名な岐阜県関市に、海外からも厚い支持を集める企業がある。従業員は30人ほど…

個人的に世界遺産にしたい場所ランキング! 伊勢神宮に阿蘇、東京タワーなど……未登録なのには理由があった?

世界遺産にしたい場所ランキング| 伊勢神宮に鎌倉、東京タワー……登録されないのには理由があった!?

世界遺産に認定したい絶景は日本にもまだまだたくさんあると思います。阪急交通社が行った…

健康オイル、何を選ぶ?

健康オイル、何を選ぶ?|体に良い油の選び方

文/中村康宏油は悪いものだと信じられていた時代もありましたが、良質な油や脂肪の摂取が…

朝5時起床。定番スタイルに着替えてから、朝食は6時半頃。「その日のスケジュールを確認しながら、小一時間かけて朝食を摂り、家を出るのは8時半頃です」と服部幸應さん。

【朝めし自慢】服部幸應(服部学園理事長、服部栄養専門学校校長・73歳)「具だくさんの味噌汁と葱入り卵焼き、果物を欠かしません」

取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆“早寝・早起き・朝ごはん運動”を推奨する食育の第一人者。多忙…

ごはんはどうだ! 銅製釜飯セット|銅製羽釜のご飯は旨さ格別 最高の熱伝導で短時間に炊き上がる

人類が初めて利用した金属といわれる銅は、熱伝導や抗菌性に富むだけでなく、100%リサイクルが…

チレス・エン・ノガダ

赤白緑のトリコロールに彩られた甘いトウガラシ料理!?|メキシコ独立記念日の味「チレス・エン・ノガダ」

文・写真/長谷川律佳(海外書き人クラブ/メキシコ在住ライター)国じゅうが国旗カラーに満ちる9…

救ってくれたのは同じ悲しみを経験した犬仲間と今の愛犬

救ってくれたのは同じ悲しみを経験した犬仲間と今の愛犬【愛犬との別れ、ペットロス体験記】

文/鈴木珠美愛犬が天国に旅立ち、辛いペットロスを体験した飼い主さん。それぞれどのようにペ…

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行国内旅行

  1.  

    真田信之ゆかりの地!美しき河岸段丘の街・沼田(群馬県)の見どころ

         

    取材・文/関屋淳子群馬県北部に位置する沼田市は、美しい自然と温泉、四季折々のフルーツに恵まれる街。そして今から400余年前には、真田氏の居城であった五層の天守閣を持つ沼田城が聳えていました。さらにNHKの人気番組「ブラタモリ」で紹介…

  2.  

    これぞおみくじの元祖!?ときわ台天祖神社の「天祖神社歌占」【MARIKOのおみくじ探訪 第11回】

         

    文・写真/MARIKO(モデル、神社検定1級)今回ご紹介するのは、東京都板橋区にある…

  3.  

    約250種もの桜が咲く日本最北の城下町「松前」へ桜を観に行く

         

    文・写真/鈴木拓也江戸時代には、日本最北の藩でありながら皇室との関係を築き、京文化が花開…

  4.  

    京都のユニークでかわいい「面白おみくじ」5選【MARIKOのおみくじ探訪 第10回】

         

    文・写真/MARIKO(モデル、神社検定1級)まだまだ寒いけれど、少し春の空気を感じ…

  5.  

    やんばる(沖縄県)|多様な生命を育む原始の森へ【未来に残したい日本の原風景2】

         

    写真・文/石津祐介南国、沖縄と聞いて、想像するのはビーチリゾートや独特の琉球文化だろ…

  6.  

    しまなみ海道で村上水軍が跋扈した海原を奔る【半島をゆく 歴史解説編 瀬戸内しまなみ海道 2】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  7.  

    戌年だけに犬のおみくじで福招き!赤坂氷川神社の「干支おみくじ」【MARIKOのおみくじ探訪 第9回】

         

    文・写真/MARIKO(モデル、神社検定1級)新年第1回目のおみくじ探訪は、東京・赤坂の赤坂…

  8.  

    1万羽ものツルが羽ばたく圧巻の光景!鹿児島・出水のツル渡来地【未来に残したい日本の原風景】

         

    写真・文/石津祐介着物の文様や家紋にも取り入れられ、歴史的にも人間と関わりの…

  9.  

    備後「瀬戸内しまなみ海道」に村上海賊の史跡を訪ねた【半島をゆく 歴史解説編 瀬戸内しまなみ海道 1】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  10.  

    京都「琵琶湖疏水」の通船が来春復活!127年の歴史薫る夢の水路を行く

         

    取材・文/末原美裕京都の水道から流れる水は、どこから来ているか知っていますか? じつ…

  11.  

    東京のユニークな「面白おみくじ」8選まとめ【MARIKOのおみくじ探訪】

         

    神社検定1級をもつモデルのMARIKOさんが、面白おみくじを全国の神社に訪ね歩く【MARIK…

  12.  

    水に浸けると文字が浮かぶ!榛名神社の「御神水開運おみくじ」【MARIKOのおみくじ探訪 第8回】

         

    文・写真/MARIKO(モデル、神社検定1級)今年もあっという間に残すところ1か月と…

  13.  

    異界の入り口!国東半島「六郷満山」名所ツアー【半島をゆく 歴史解説編 国東半島3】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  14.  

    八幡神社の総本山!国東半島「宇佐神宮」を訪ねた【半島をゆく 歴史解説編 国東半島2】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  15.  

    巳の日限定の特別なおみくじ!『上神明天祖神社』の「巳くじ」【MARIKOのおみくじ探訪 第7回】

         

    文・写真/MARIKO(モデル、神社検定1級)日ごとに秋が深まる今日この頃。そろそろ紅葉シー…

  16.  

    音威子府駅|日本最北の「駅そば」は国鉄時代から続く伝統の味【“青春18きっぷ”で行ける日本縦断列車旅《番外編》】

         

    文・写真/川井聡宗谷本線・音威子府(おといねっぷ)駅。かつて宗谷本線と天北線の分岐駅…

  17.  

    「なまはげ」ゆかりの社!秋田・真山神社の「なまはげおみくじ」【MARIKOのおみくじ探訪 第6回】

         

    文・写真/MARIKO(モデル、神社検定1級)今回のおみくじ探訪は特別編! 私が故郷の秋田に…

  18.  

    宇治島(広島県)|静かな無人島は野生の鹿たちの楽園だった【瀬戸内の知られざる島々紀行2】

         

    取材・文/小林希瀬戸内海には、有人島のほか無人島がいくつもありますが、その中に、野生…

  19.  

    実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅:最終10日目《旭川駅~稚内駅》

         

    「青春18きっぷ」だけを使って行ける日本縦断の大旅行を企てた、58歳の鉄道カメラマン川井聡さん。南九…

  20.  

    JR京都駅直結「ホテルグランヴィア京都」新装された高層階の様子

         

    取材・文/末原美裕京都の宿を決める際、何を基準に決めていますか? 価格、施設の充実度、評判の…

  21.  

    宇佐の地方神「八幡神」が“国家神”となった衝撃的な事件とは【半島をゆく《歴史解説編》国東半島編1】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  22.  

    青蓮院門跡|京都・東山の穴場で過ごす静かなひととき【京の夏の旅】

         

    取材・文/末原美裕京都へ来ると、あれこれたくさんの神社仏閣を訪れたくなりますが、一つのお寺を…

  23.  

    京都『祇をん豆寅』の豆すし|祇園でいただく乙な味【京の夏の旅】

         

    取材・文/末原美裕「おちょぼ口の舞妓さんでも食べられるように」という思いを込めて作ら…

  24.  

    実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅:9日目《函館駅~旭川駅》

         

    「青春18きっぷ」だけを使って行ける日本縦断の大旅行を企てた、58歳の鉄道カメラマン川井聡さん。南九…

  25.  

    実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅:8日目《ウェスパ椿山駅~函館駅》

         

    「青春18きっぷ」だけを使って行ける日本縦断の大旅行を企てた、58歳の鉄道カメラマン川井聡さん。南九…

  26.  

    京都大学 花山天文台|アマチュア天文学の聖地へ【京の夏の旅】

         

    取材・文/末原美裕天体物理学のパイオニアとして研究論文を数多く発表し、太陽コロナの温度が15…

  27.  

    ハート型の窓で名高い京都・正寿院に2000個の風鈴が舞う「風鈴まつり」【京の夏の旅】

         

    取材・文/末原美裕チリン、チリン。暑い夏の日、風に呼応した風鈴の音は涼を運び、暑さで疲れた体…

  28.  

    京都・東福寺の塔頭で「夜坐」体験に参加してみた【京の夏の旅】

         

    取材・文/末原美裕坐禅をすることで心を無にすると、部屋の掃除と同じで、心が整えやすくなり…

  29.  

    特別公開中!京都・大雲院「祇園閣」頂上からの見事な眺望【京の夏の旅】

         

    取材・文/末原美裕京都・祇園に建つ奇想建築『祇園閣』。織田信長・信忠父子の菩提を弔うために創…

  30.  

    文豪たちが愛した宮島の老舗旅館『岩惣』ともみじ谷の四季

         

    取材・文/末原美裕「和が願 やう也く足りて まうで来し いつく島山に 驚啼くも」…

PAGE TOP