新着記事

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|『定年ごはん』

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|定年ごはんの作り方

文/印南敦史「定年後にはあれをしよう、これをしよう」と、いろいろ思いをはせるのは楽しい。しか…

【家事に関するアンケート調査】普段行う家事で女性より男性の方が上位なのは「ゴミだし・分別」「風呂掃除」など。

30代から50代の女性の6割以上が日常の家事を負担に感じている

最近では家事を積極的に行う男性も増えているといいます。マイボイスコム株式会社(https…

オーダースーツ

経営者はなぜ「オーダースーツ」を着るのか?

人が視覚から得ることのできる情報は全体の55%といわれており、第一印象の良し悪しに関しては出…

BLACK LAGOONラベル シングルモルト・ウイスキー|9月19日12:00 発売開始!

架空の犯罪都市ロアナプラを舞台に、二挺拳銃の異名をとって大暴れするいい女。『月刊サンデーGX…

マイルス・デイヴィス『クッキン』

「イケメンでなくても好き」という大ヒット・ラブソング【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道24】

文/池上信次第24回ジャズ・スタンダード必聴名曲(14)「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」…

シニアライダーの8割以上がバイクマナーに自信アリ!!|シニアライダーに関する実態調査

シニアライダーは孤独を好む!? 約9割はソロツーリング派

まだまだ残暑が続いていますが、ふとした瞬間に秋の訪れを感じることもある今日このごろ。シニアライダーの…

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

会社組織の一員として「上司とそりが合わない」「上司が無理な指示を出す」といった上司への悩みが…

波佐見焼のおひつ2色セット|冷やご飯が、ふっくら炊き立てによみがえる

小高い山に囲まれた盆地に瓦屋根の静かな町並みが広がる長崎県波佐見町。この地で400年以上にわ…

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|旬のさんまを使った炊き込みご飯と蒲焼きレシピ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】旬のさんまを使った炊き込みご飯と蒲焼きレシピ

写真・文/矢崎海里食欲の秋の代表的な味覚のひとつとして、さんまが挙げられます。8…

スミカマの槌目模様の包丁|欧米で脚光を浴びる老舗が古風な包丁を近代的にアレンジ

刃物の産地として有名な岐阜県関市に、海外からも厚い支持を集める企業がある。従業員は30人ほど…

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行海外旅行

  1. ピアノサロン・クリストフォリのコンサート  

    ベルリンのトルコ人街にあるクラシックライブハウス、「ピアノサロン・クリストフォリ」で一期一会の音楽と出会う

         

    文・写真/宮本薫(海外書き人クラブ/ドイツ・ベルリン在住ライター)クラシックのコンサートは退屈というイメージを持つ人は多い。誰もが知っているメロディが、有名な演奏家によって、録音音源と同じように演奏される。ミスをしない限り、家で…

  2. アロハ オン ザ ガンジェズ ホテル  

    デジタルデトックスができる!世界のリトリートホテル6選

         

    旅先でウェルネスを求めるグローバルトレンドの高まりに伴い、日本でもデトックス…

  3. 2019年夏休み海外旅行おすすめランキング!  

    最大9連休のお盆休みは海外で過ごす!|2019年夏休み海外旅行おすすめランキング

         

    気温が上がり、夏が近づいてきました。今年の夏休みは、お盆休みで9連休という方も多いかもしれません…

  4. 夕暮れ時の平遥古城はひときわ旅情をそそる  

    600年以上前の城壁や町の形がそのまま残っている「城郭都市」|世界遺産「平遥古城」を歩く(中国・山西省)

         

    写真・文/藪内成基2019年6月30日からアゼルバイジャンで開催されるユネスコ世界遺…

  5. 赤い馬鉄の形の入口。アイルランドでは馬鉄は悪魔から見を守り、幸運を呼び込む印とされている。  

    教会の階段に現れる幽霊|時を超えても色褪せない歴史 「ダーキー・ケリー」(ダブリン)

         

    文・写真/織田村恭子(海外書き人クラブ/アイルランド在住ライター)13世紀からの歓楽街に建つダー…

  6. シャンパーニュ通りの建物群  

    ユネスコ世界遺産 シャンパーニュ通りの建築の粋(フランス・エペルネー)

         

    文・写真/羽生のり子(海外書き人クラブ/フランス在住ライター)シャンパーニュ愛飲家の巡礼地は…

  7. スカイポイントからゴールドコーストを一望  

    ブリスベンとゴールドコースト、そしてウルルを巡る旅【ゴールドコースト編】

         

    写真・文/石津祐介エアーズロックを後にし、再びブリスベンへ【前回はこちら】ブリスベン…

  8. 秦始皇兵馬俑博物館に立つ始皇帝像(秦始皇彫像)  

    始皇帝の「キングダム」への想いを偲ぶ|「世界三大墳墓」秦始皇帝陵を囲む城壁跡を歩く(西安)

         

    写真・文/藪内成基2019年5月14日、文化庁より世界遺産登録に関する発表がありまし…

  9. ボスニア・ヘルツェゴヴィナ  

    サラエヴォ市民の命をつないだ「希望のトンネル」|ボスニア・ヘルツェゴヴィナ民族紛争を振り返る

         

    文・写真/晏生莉衣1990年代前半、壮絶な民族紛争が繰り広げられたボスニア・ヘルツェゴヴィナ…

  10. ザルツブルクの町  

    門をくぐれば巡礼の道。モーツァルト生誕の地「ザルツブルク」の知られざる絶景ポイントを歩く(オーストリア)

         

    文・写真/御影実(オーストリア在住ライター/海外書き人クラブ)モーツァルトの生まれ故郷であり、サ…

  11. ヘレン・ケラー  

    ヘレン・ケラーの生家で知る驚きの事実。「奇跡の人・アニー」って誰?

         

    文・写真/大井美紗子(海外書き人クラブ/アメリカ在住ライター)ヘレン・ケラー。見えな…

  12. ビュガラッシュ山全景  

    「地球最後の日」に人々が殺到した南仏の小さな村|謎多きカタリ派の里を訪ねる

         

    文・写真/レリソン田島靖子(海外書き人クラブ/フランス在住ライター)フラ…

  13.  

    南太平洋の楽園タヒチへ!サライ編集長が体感した自然と感動の4泊6日[PR]

         

    取材・文/小坂眞吾(サライ編集長)海外にはめったに行かない私だが、南の島タヒチでひと足早い夏…

  14. 世界の旅トレンドは「サステイナブル・トラベル」!  

    あなたが宿泊する施設には「エコラベル」ありますか?|世界の旅トレンドは「サステイナブル・トラベル」

         

    地球環境を保全しつつ持続が可能な産業や開発を表す、“サステイナブル”。世界の旅行者の72%が…

  15. 台湾といえば小籠包。だが、小籠包以外にも美味しい食べ物がたくさん!  

    「買2送1」って何?|台湾旅行で知っていると便利な豆知識【飲食編】

         

    近年行ってみたい海外の旅行先ランキングで常に上位の人気の国、台湾。東京から約3時間半と、気軽に行けて…

  16. 有名な士林の夜市。食べ物の店は地下にある。  

    スーパー・コンビニに無料の袋はない!?|台湾旅行で知っていると便利な豆知識【街歩き編】

         

    近年行ってみたい海外の旅行先ランキングで常に上位の人気の国、台湾。東京から約3時間半と、気軽に行けて…

  17. 夜の台北駅。  

    台北駅は3つある!?|台湾旅行で知っていると便利な豆知識【移動手段編】

         

    近年行ってみたい海外の旅行先ランキングで常に上位の人気の国、台湾。東京から約3時間半と、気軽に行けて…

  18. トルコで18件目の世界遺産に登録  

    ピラミッドよりも古い!世界最古の神殿「ギョベクリ・テペ」の謎(トルコ)

         

    文・写真/横溝絢子(海外書き人クラブ/トルコ在住ライター)世界最古の神殿トルコの南東部は、文…

  19. 空から眺めるウルルの全容  

    ブリスベンとゴールドコースト、そしてウルルを巡る旅【ウルル編】

         

    写真・文/石津祐介ブリスベンからエアーズロックへ【前回はこちら】ブリスベン6時発のジ…

  20.  

    サライのマカオ紀行記事がマカオ政府観光局主催「メディア・アワーズ2018」を受賞!

         

    文/小坂眞吾(サライ編集長)『サライ』2019年1月号に掲載された特別企画「美食紀行 マカオ…

  21. 日が暮れる頃まで西安城壁には老若男女が集う  

    「長安」城壁散策から見えてくる悠久の歴史|遣隋使・遣唐使の足跡が残る中国・西安を旅する

         

    写真・文/藪内成基シルクロードの起点であり、隋や唐の都として栄えた長安(現在の西安)…

  22. オーストリア国鉄のシティジェット  

    世界で初めて世界遺産に認定された鉄道| センメリング鉄道を満喫するアルプスの旅

         

    文・写真/御影実(オーストリア在住ライター/海外書き人クラブ)アルプスの小国オーストリアの首都ウ…

  23. メープルシロップ  

    カナダの名産品「メープルシロップ」はどうやってできる?| 首都オタワ近くのメープル農家を訪問してみた

         

    文・写真/バレンタ愛(海外書き人クラブ/元オーストリア在住、現カナダ在住ライター)カナダの名産品…

  24. 最終的に色付けをしてできあがり  

    ユネスコの無形文化遺産、スペイン・バレンシアの「火祭り」|火祭りアーティストとはいったい何?

         

    文・写真/田川敬子(海外書き人クラブ/スペイン在住ライター)3月になりバレンシアは色めき立っ…

  25. 見た目のインパクトが大きい子豚の丸焼き・レチョン  

    世界中の美食家がフィリピンに注目!|「マニラガストロノミー」を体感する、今行くべき3つのレストラン

         

    取材・文/関屋淳子今、マニラでは新進気鋭のシェフたちがフィリピンの食材や料理法を使ったガストロノ…

  26. 多くの観光客で賑わうコルコバードの丘のキリスト像  

    新・世界七不思議に選ばれたリオデジャネイロのシンボル|「コルコバードのキリスト像」はどうやって作られた!?

         

    文・写真/マンゲイラ靖子(海外書き人クラブ/ブラジル在住ライター)ブラジル観光の人気スポット…

  27. メスカルのお伴はライムではなくオレンジ。そこにチリパウダーを混ぜた塩と乾燥させたグサノ(イモムシ)があれば完璧だ。  

    アメリカで大人気の「メスカル」、神の酒「プルケ」、メキシコワイン「Madera 5」|テキーラだけじゃない、メキシコの地酒を嗜む

         

    文・写真/長谷川律佳(海外書き人クラブ/メキシコシティ在住ライター)メキシコのお酒と聞くと真…

  28. 「ザ・ガン号」その2  

    豪華寝台列車「ザ・ガン号」で1420㎞の荒野を行くオーストラリア大陸縦断の旅【後編】キャサリン→アリススプリングス [PR]

         

    文・写真/櫻井 寛※豪華寝台列車「ザ・ガン号」で1420㎞の荒野を行くオーストラリア…

  29. 世界第二のビール消費国、オーストリアのビール事情と工場見学  

    世界第二のビール消費国・オーストリア|飲み放題の試飲付き「ビール工場」見学ツアーを体験!

         

    文・写真/御影実(オーストリア在住ライター/海外書き人クラブ)一人当たりのビール消費量が世界第二…

  30. 高所恐怖症の人はクラクラしてしまいそうな天井座敷。  

    ベストな席は天井桟敷?|ベルリン・フィルハーモニーを現地で鑑賞する方法

         

    文・写真/宮本薫(海外書き人クラブ/ドイツ・ベルリン在住ライター)完璧な音楽などというも…

PAGE TOP