新着記事

エアコンの故障は冷房の使い始めに起きている! 今年の猛暑を快適に過ごすために今すべきこと

新型コロナウイルスの感染拡大によって、例年より自宅で過ごす時間が長くなっています。気象庁の『…

誰でも簡単腰痛改善ストレッチ!ろっ骨ほぐしで腰痛改善【川口陽海の腰痛改善教室 第42回】

誰でも簡単にできるストレッチ「ろっ骨ほぐし」で腰痛改善【川口陽海の腰痛改善教室 第42回】

文/川口陽海・ろっ骨が固いと、腰痛の原因になることがある・デスクワー…

趙雲~「全身これ胆」の名将【中国歴史夜話 12】

趙雲~「全身これ胆」の名将【中国歴史夜話 12】

文/砂原浩太朗(小説家)蜀の武将・趙雲(ちょううん。?~229)は、三国志のなかでも…

クリップオン偏光サングラス|日常使いのメガネがそのまま高機能サングラスに

日頃使うメガネの上からかぶせることで度数をそのままに、高機能な偏光レンズを搭載したサングラス…

南部以外ではなかなかお目にかかれないグリッツ。これはインスタント商品

『ザリガニの鳴くところ』のトウモロコシ粥(グリッツ)ってどんな味?【物語のアメリカ料理】

文・写真/大井美紗子(海外書き人クラブ/アメリカ在住ライター)2020年3月に早川書房から発…

【娘のきもち】「その歳で親離れできていなさ過ぎて怖い」と終わった結婚生活。親を過剰に心配しすぎる娘の成長過程~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親に感…

【娘のきもち】「その歳で親離れできていなさ過ぎて怖い」と終わった結婚生活。親を過剰に心配しすぎる娘の成長過程~その1~

取材・文/ふじのあやこ近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過…

右側は煮溶かしたばかりのため、サラサラで飲みやすい。 左側は、冷めてかたまってからカットしたもの。プリッとしてボリュームがある。

おこもり生活で便秘が気になるなら、水溶性食物繊維たっぷりスープを!「あったか寒天スープ」でウィルス対策!

STAY HOMEで運動不足、閉塞感から自律神経も乱れがち…となると、便秘が悩みという人も増えてきま…

前列左から時計回りに、ご飯、キンカンの甘煮、梅干し、スクランブルエッグ、ウィンナーソーセージ、野菜サラダ(トマト・パセリ・サラダ菜・胡瓜・セロリ)、塩、フレンチドレッシング、煎茶・味噌汁(豆腐・油揚げ・長葱)。キンカンの甘煮は姉の手作りで、箸休めにつまむ。梅干しは塩分3%と低塩。野菜サラダには塩とフレンチドレッシングをかける。

【朝めし自慢】山本龍香(カラー魚拓作家・76歳)「赤、白、緑と彩りのいい野菜が並びます」

取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆後半生の目標は、カラー魚拓で日本の魚食文化を世界に広めること…

現役キャバ嬢1000人に聞いた、お酒の席で好かれる人・嫌われる人

みなさんは、キャバクラに対して、どのようなイメージを抱きますか? キラキラしたイメージもあれ…

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

薬を使わない薬剤師

  1. 市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】  

    市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

         

    長引く外出自粛とテレワークで“座りすぎ”の人が増えています。前回は便秘薬のお話をしましたが、便秘の悪化が痔の原因になることはよく知られるところ。痔は平時でも病院に行くのをためらう人が多い症状ですが、今はなおさらに受診しにくく、市販薬でなんと…

  2. ちょっと待って! 「薬をやめてサプリメントに」の勘違い|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第24回】  

    テレワークで便秘に悩む人が増加中。どんな薬が効くのか?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第25回】

         

    新型コロナ感染で長引くテレワーク、外出自粛。ここで増えてきているのが便秘です。通常、高齢者を除くと便…

  3. ちょっと待って! 「薬をやめてサプリメントに」の勘違い|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第24回】  

    ちょっと待って! 「薬をやめてサプリメントに」の勘違い|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第24回】

         

    最近、どうも眠れない……。立ち上がるときに膝が……。胃もたれがする……。外出機会が減り、テレワークの…

  4. 処方薬より市販薬のほうが“効果的”な場合もあります|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第23回】  

    処方薬より市販薬のほうが“効果的”な場合もあります|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第23回】

         

    病院へ足を運ぶのがためらわれる状況が続いています。第21回、22回で、かぜ薬や胃薬を例に処方薬と市販…

  5. 市販薬「ガスター10」を飲んでいいとき、悪いとき|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第22回】  

    市販薬「ガスター10」を飲んでいいとき、悪いとき|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第22回】

         

    新型コロナウイルスの感染拡大が続いています。この時、感染予防にもっとも重要になるのは自身が「健康であ…

  6. 今こそ知っておくべき。処方薬と市販薬の違い|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第21回】  

    今こそ知っておくべき。処方薬と市販薬の違い|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第21回】

         

    病院への通院に注意を要する今日この頃です。ちょっとした不調なら病院に行かず、市販薬で間に合わせようと…

  7. 新型コロナウイルスのワクチンができるのはいつ?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第20回】  

    新型コロナウイルスのワクチンができるのはいつ?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第20回】

         

    そもそもワクチンとは何か?世界中で新型コロナウイルスが猛威をふるっています。その中で「ワクチンは…

  8. 花粉症は薬を飲みつづけていれば治るのか?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第19回】  

    花粉症は薬を飲みつづけていれば治るのか?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第19回】

         

    抗ヒスタミン薬を飲みつづけても花粉症は治らない前回、抗ヒスタミン薬の効能についてご説明しましたが…

  9. ドラッグストアで買える「抗ヒスタミン薬」の効果は?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第18回】  

    ドラッグストアで買える“花粉症の薬”「抗ヒスタミン薬」の効果は?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第18回】

         

    花粉症の薬の第1世代、第2世代とは?今年も花粉に悩まされている人が多いようです。毎年、抗ヒスタミ…

  10. 「お薬手帳」を有効に使っていますか?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第17回】  

    「お薬手帳」を有効に使っていますか?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第17回】

         

    「お薬手帳」を自分のお薬メモにみなさんも持っていると思います「お薬手帳」。薬局の薬剤師から「お薬…

  11. 高齢者にとってポリファーマシーのリスクは何か?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第16回】  

    高齢者にとってポリファーマシーのリスクは何か?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第16回】

         

    高齢者ほど薬効成分が効きやすい理由ポリファーマシー(多剤服用)という言葉が知られるようになり…

  12. 薬と耐性菌のいたちごっこが生み出す「スーパーバグ」|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第15回】  

    薬と耐性菌のいたちごっこが生み出す「スーパーバグ」|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第15回】

         

    悪夢の耐性菌“スーパーバグ”の誕生「スーパーバグ」をご存知ですか? コンピューターウイルスや…

  13. インフルエンザに「抗生物質をください」のなぞ|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第14回】  

    インフルエンザに「抗生物質をください」のなぞ|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第14回】

         

    かぜやインフルエンザの病原体は「細菌」ではない厚生労働省の報告書によると、「かぜやインフルエ…

  14. インフルエンザ薬「ゾフルーザ」に早くも耐性ウイルス問題|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第13回】  

    インフルエンザ薬「ゾフルーザ」に早くも耐性ウイルス問題|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第13回】

         

    新薬「ゾフルーザ」発売後1シーズンで耐性化毎年このシーズンになるとインフルエンザが話題になり…

  15. 睡眠薬の長期服用リスク「ダウンレギュレーション」とは|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第12回】  

    睡眠薬の長期服用リスク「ダウンレギュレーション」とは|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第12回】

         

    「先生、睡眠薬をいつまで飲んだら治りますか?」先日、よく眠れないという50代の女性からこんな質問…

  16. 新タイプの睡眠薬「オレキシン受容体拮抗薬」の安全性は|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第11回】  

    新タイプの睡眠薬「オレキシン受容体拮抗薬」の効き目と安全性|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第11回】

         

    向精神薬とは別のメカニズムで現在、よく処方されている睡眠導入剤の「ハルシオン」や短時間作用型の「…

  17. 不眠症の4タイプ。自分のタイプに合った薬を処方してもらっていますか?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第10回】  

    不眠症の4タイプ。自分のタイプに合った薬を処方してもらっていますか?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第10回】

         

    自分のタイプを知る-------「不眠症」とはどういう症状か?眠れない。寝てもすぐ目が覚める…

  18. 睡眠薬、知っておきたい市販薬と処方薬の違い|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第9回】  

    睡眠薬、知っておきたい市販薬と処方薬の違い|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第9回】

         

    処方薬「睡眠薬・睡眠導入剤」は中枢神経に作用する眠れない人が増えています。とりあえず市販薬で…

  19. 「とりあえず、眠れる薬出しておきましょうか」から始まる眠剤生活  

    「とりあえず、眠れる薬出しておきましょうか」から始まる眠剤生活|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第8回】

         

    きっかけはかかりつけ医の処方薬最近、寝つきが悪い。寝ても熟睡できない、途中で何度も目が覚める…

  20. 肩こり、腰痛にテープ剤と飲み薬。どちらが効果的なのか?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第7回】  

    肩こり、腰痛にテープ剤と飲み薬。どちらが効果的なのか?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第7回】

         

    効果は飲み薬と大きな差はない?前回、テープ剤の有効成分は、頭痛・生理痛薬、かぜ薬などに使われ…

  21. 肩こり、腰痛に貼るのは湿布? テープ? あなたはNSAIDsについて知っていますか?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第6回】  

    肩こり、腰痛に貼るのは湿布? テープ? あなたはNSAIDsについて知っていますか?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第6回】

         

    有効成分は解熱鎮痛剤と同じ肩こり、首こり、腰痛に悩まされる人が激増しています。それと並行して…

  22. 人体にとって異物である薬を消化するために身体が払うコストについて|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第5回】  

    人体にとって異物である薬を消化するために身体が払うコストについて|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第5回】

         

    薬効は、必要なところだけに効いているのではない薬が体内に入ったあと、どのような道をたどるので…

  23. 脂質異常症薬(コレステロール値を下げる薬)ナンバー1「スタチン」の人気と問題点|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第4回】  

    脂質異常症薬(コレステロール値を下げる薬)ナンバー1「スタチン」の人気と問題点|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第4回】

         

    メタボの一角、脂質異常症。ひとたび薬を処方されると「一生のおつきあい」になりかねません。前回、脂質異…

  24. 血液ドロドロの自覚症状がないゆえに“コレステロール薬“はよく飲まれる|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第3回】  

    血液ドロドロの自覚症状がないゆえに“コレステロール薬”はよく飲まれる|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第3回】

         

    コレステロールと聞くと、あまりよくないイメージを抱く人が多いことと思います。善玉コレステロール、悪玉…

  25. 下がらない血圧……医者から「もうひとつ、お薬出しておきましょうか」と言われたら|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第2回】  

    下がらない血圧……医者から「もうひとつ、お薬出しておきましょうか」と言われたら|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第2回】

         

    一生飲んでもその病気は「治らない」「血圧、高めですね。お薬を出しておきましょう」と言われ、処…

  26. 薬と「一生のおつきあい」をしてはならない|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第1回】  

    薬と「一生のおつきあい」をしてはならない|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第1回】

         

    私は子どもの頃から頭痛、肩こりがひどく、薬が手放せませんでした。薬は善きもの、痛みは悪しきものでした…

PAGE TOP