新着記事

【日本ワイン生産者の肖像4】近藤良介さん(KONDOヴィンヤード)北海道・空知でジョージアの古式グベヴェヴリ製法に挑む

取材・文/鳥海美奈子そのワインには、スケール感がある。伸びやかで、ダイナミックで、香気が漂う…

【夕刊サライ/川合俊一】株を始めると時事ネタに強くなる、話題がデカくなる!(川合俊一の暮らし・家計コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

唯一無二の音楽集団ピンク・マティーニが5年ぶりに来日公演@ブルーノート東京

20世紀のあらゆる時代や国のポピュラー・ソングを、ハリウッド映画黄金時代のジャズ・バンドを思…

サカナイフ|魚をさばくために生まれた特別なナイフ

魚の一尾ぐらいは手際よくおろせるようになりたい。そう思ってはみても、なかなか実践に踏み出せず…

知っていればちょっと威張れる!プロサッカー面白トリビア5連発

文/鈴木拓也いよいよ開幕した2018 FIFAワールドカップ ロシア大会。日本代表の…

【夕刊サライ/神取忍】毎日の心がけ、目線を上げて体を動かせば気持ちも前向きに!(神取忍の健康・スポーツコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

ボルガ河クルーズ、ロシアの原風景を堪能する魅惑の船旅

文/印南敦史古くからヨーロッパ諸国と肩を並べ、日本の45倍もの国土を持つ「北の大国」として君…

災害時、愛するペットと避難するため用意しておくもの

6月18日の朝、大阪北部を震源とする最大震度6弱の地震が近畿地方一円を襲いました。事態は予断を許さな…

大人のデニムキャップ|経年変化が楽しめる落ち着いたデニムの帽子

デニムのキャップというと子ども用のイメージもあるが、本品は、年齢を重ねた大人にお薦めすべく、…

なんとそんな効果も!あなたが知らないビタミンCの7つの働き

文/緒方文大昨今の「アンチエイジングブーム」により、老化を防ぐ作用のある「抗酸化物質…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味

新蕎麦が出回るこの時期に、あえて「ひね蕎麦」を求める理由は?【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第24回】

ひね蕎麦_DSC5887
長野・松本市の名店『そばカフェ ぐりんでる』の「ひね蕎麦」。

 

新蕎麦がどっと出回ると、まだ店の保冷庫の奥に仕舞われている去年の古い蕎麦、いわゆる「ひねの蕎麦」は、ちょっと隅に追いやられた感がある。米でいえば、古米にあたる蕎麦だ。古いとか、ひねとかいう言葉は、誉め言葉として使われることはあまり多くない。

しかし、蕎麦好きの中には、この時期に新蕎麦ではなく、ひね蕎麦をあえて求める人もいる。「新蕎麦始めました」の張り紙のない、なじみの蕎麦店の暖簾を嬉しそうにくぐるのだ。
そして、こう注文する。

「盛り蕎麦一枚、お願いします」

その横では、後から入ってきた別の客が店主に問いかける。
「もう、新蕎麦になっているんですね?」

店主は、ちょっと言いにくそうに答える。
「いえ、うちは新蕎麦は、やってないです」
「あ、そうなの…?」
「すみません」

客は仕方なしに、メニューを見ながら蕎麦を選んで頼むのだが、表情には落胆の色が漂う。その問答を聞きながら、最初の客の顔には笑みが浮かぶのだ。

新蕎麦を使わないという蕎麦店は、数は少ないが各地にある。なぜ、新蕎麦を使わないのか。
その理由を店主は次のように言う。

「うちでは新蕎麦は、“もったいない”から出さないのです。収穫して間もない新蕎麦は、まだ若くて、香りは弱いし、味ものっていません。そんな状態で、せっかくの新蕎麦を使ってしまったら、本当にもったいない。2月か3月になると、香りも味もしっかり感じられるようになるので、そうなってからお客様に召し上がっていただきたいのです」

新蕎麦を、このように扱っている蕎麦店もあるのだ。栽培や収穫の状況により、すべての蕎麦がそうであるとはいえないが、収穫してから2〜3か月経ったころ、飛躍的においしくなる例も確かに見受けられるのだ。

新蕎麦を客に出してもいいと主人が判断するまで、この蕎麦店では去年のひね蕎麦を供するのだが、食べてみると、これがじつに旨い。新蕎麦の若々しい香りとは、少々おもむきを異にするが、蕎麦本来の穀物を感じさせる風味を豊かに備えた蕎麦に仕上がっている。

ひね蕎麦を目当てにしてきた最初の客は、運ばれてきた蕎麦を旨そうに食べ終わると、主人に聞く。
「おいしいねえ。いつごろまで、この蕎麦あるの?」
「3月くらいまでは大丈夫ですよ」

そう答える主人に、満足そうにうなずき、笑顔で席を立つのである。

今の時期、新蕎麦を供する店と、新蕎麦は出しませんという店と、両方の店をまわることができる。
実際に、これらの店を訪ねて、新蕎麦、ひね蕎麦、それぞれの魅力を味わってみれば、蕎麦の奥深さをまたひとつ感じることができるに違いない。

【そばカフェ ぐりんでる】
長野県松本市安曇3365-1
電話0263-94-2825
営業 11:00~15:00
水曜定休

文・写真/片山虎之介
世界初の蕎麦専門のWebマガジン『蕎麦Web』(http://sobaweb.com/)編集長。蕎麦好きのカメラマンであり、ライター。伝統食文化研究家。著書に『真打ち登場! 霧下蕎麦』『正統の蕎麦屋』『不老長寿の ダッタン蕎麦』(小学館)、『ダッタン蕎麦百科』(柴田書店)、『蕎麦屋の常識・非常識』(朝日新聞出版)などがある。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 京都の老舗花屋「花政」主人が薦める夏の山野草6種
  2. 一輪の花が迎えてくれる大人の京都路地裏バー『文久』(京都・三条)…
  3. 叡山ケーブルと八瀬もみじの小径で夜の絶景散歩を楽しむ【京都、初夏…
  4. 愛宕街道・古道に佇む「平野屋」で京都の“旬”を味わう【京都、初夏…
  5. “神の気”満ちる青もみじの貴船神社で心身ともにリフレッシュ【京都…
PAGE TOP