サライ.jp

【ひと皿の歳時記~第69回】

神楽坂「東白庵かりべ」の「そばがき」

01_かりべ1
 

若きご主人苅部さんは柏の名店「竹やぶ」の阿部孝雄さんのもとで10年以上研鑽をつみ、六本木ヒルズの「竹やぶ」東京店の店長をつとめあげた後、神楽坂の横町を入った露地に「東白庵かりべ」を立ち上げて、もう何年も前に独立を果たしました。

いま、東京でそばがきをいただくのであれば「かりべ」にとどめをさすのではないでしょうか。「そばがき」はそば粉と水のみで作り出す、シンプル極まりない料理で「蕎麦掻き」と書くようにそば粉をかき混ぜるだけ。
それに対して、細くて長いそばは「そば切り」と呼ばれてきました。

「竹やぶ」の阿部さん直伝の、空気がいっぱい詰まった「そばがき」はまるでムースやスフレの口当たりです。新そばが年を越したちょうど今頃が「そば」が1年で最も美味しい季節です。

 02_かりべ2

店舗情報

店名 東白庵かりべ
住所 東京都新宿区若宮町11-7
TEL 03-6317-0951
営業時間 【平日】11:30~14:30(LO)/18:00~22:00時(LO)
【日・祝】11:30~21:00(LO)
定休日 水曜日
URL http://touhakuan.jp

1 2

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
10月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア