新着記事

顔剃りのプロ・浅野茂喜さんが教える「正しいうぶ毛剃り」の方法

なんと!サブスクの弱点を補完する電子書籍を私、池上信次が作ってしまいました。プレイリストと連動した「ライナー・ノーツ」的電子書籍が、こちら。『MILES DAVIS絶対名曲20 ~プレイリスト・ウイズ・ライナーノーツ001』

今こそ知りたい「サブスク」音楽の楽しみ方

わかさぎと小じゃがのアヒージョ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】カルシウム豊富!丸ごと食べられる「わかさぎ」を使った「カレーマヨ揚げ」「アヒージョ」

1枚でも重ね履きシルクとウールの折り返し靴下 同色2足組|シルクとウールで重ね履きの保温効果を発揮

【ビジネスの極意】夏目漱石「虞美人草」に学ぶ、働くことの意味

【ビジネスの極意】夏目漱石「虞美人草」に学ぶ、働くことの意味

『チャーリー・パーカー・ウィズ・ストリングス』

再生メディアの進歩はジャズを大きく変えた【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道43】

カードが入る小さな小銭入れ|外出時に必要な機能をコンパクトにまとめた

元気な100歳の3大秘訣「たんぱく質をしっかり摂取」「誰かと食卓を囲む」「世間の出来事に関心あり」

【お詫び】新型コロナウイルス感染症の影響による『サライ』4月号の付録変更について

孫の世話をするのは、当たり前ではない!「ばぁば」の半数以上が「孫育て」にモヤモヤしている

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

蕎麦(そば)

桜の香りがする蕎麦に酔う【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第18回】

1000690

(写真=桜切りと蕎麦がき)

春、三月。
そろそろ日溜まりでは、淡いピンクの花が蕾を開く季節だ。
この季節になると、決まって食べたくなる蕎麦がある。
さらしな蕎麦の「桜切り」。つまり、桜を練り込んだ蕎麦である。
蕎麦の世界では、三月の蕎麦ということになっている。

食べ物と季節を組み合わせて楽しむ行事が、日本にはたくさんある。
七草粥とか、ひな祭りの蛤のお吸い物など。ちょっとした季節の食材が、生活に彩りを添えてくれる。
さらしな蕎麦の「桜切り」は、行事食といえるほどの一般性はないが、春の訪れを感じるには、ぴったりの蕎麦だと思う。
桜を練り込むとはいっても、今咲いている桜の花びらを採ってきて、蕎麦に練り込むわけではない。昨年の若葉の季節に採って、塩漬けにしておいた桜の葉を細かく刻んで、さらしな蕎麦に練り込んで、打つのである。
春の和菓子屋の店頭に並ぶ桜餅に巻かれている、あの葉と同じものが、「桜切り」にも使われるのだ。

桜の香気を放つ、細切りのさらしな蕎麦を手繰ると、またこの季節に巡り会えたという、静かな感動に似た気持ちが胸の中に広がっていく。
食べ終えた後に出される蕎麦湯からも、ほのかに桜の香りが立ちのぼる。
温かい、桜の移り香のする蕎麦湯を唇に流し込むと、なんと風雅な食べ物であることかと、こういう仕掛けを考え出した先人の遊び心に驚嘆せざるを得ない。
毎年、この季節には「桜切り」を味わい、蕎麦湯の香りに目を閉じて、しばし、幸福感にひたるのが、私の春の、ささやかな楽しみである。

【神田錦町 更科】
TEL:03-3294-3669
東京都千代田区神田錦町3-14

文・写真/片山虎之介
世界初の蕎麦専門のWebマガジン『蕎麦Web』(http://sobaweb.com/)編集長。蕎麦好きのカメラマンであり、ライター。伝統食文化研究家。著書に『真打ち登場! 霧下蕎麦』『正統の蕎麦屋』『不老長寿の ダッタン蕎麦』(小学館)、『ダッタン蕎麦百科』(柴田書店)、『蕎麦屋の常識・非常識』(朝日新聞出版)などがある。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 鴨鍋 一年の締めくくりはやはり蕎麦|四代百年の老舗「やぶ久」の絶品蕎麦…
  2. 蕎麦好きなら挑戦!「蕎麦にまつわる雑学クイズ」10問
  3. 落語家・柳家小満ん師匠が指南する「もり蕎麦をいただく作法」
  4. 「もり蕎麦」の旨い店7軒に“蕎麦の旨さの秘密”を探った
  5. 西馬音内そば|じわり人気の“冷たいかけそば”【知られざる秋田・羽…
PAGE TOP