新着記事

川中島にある信玄と謙信像。川中島合戦はお互いにとって不毛な戦いだった。

大河ドラマ『麒麟がくる』満喫リポート|【戦国史のおさらい(1)】「桶狭間合戦」のきっかけを作った 武田×今川×北条の「三国軍事同盟」

乾燥シーズンに増える手指のお悩み…「あかぎれ」「さかむけ」「切りキズ」に悩む人が多い都道府県はどこ?

既婚女性 4,700名に聞いた「あかぎれ」「さかむけ」「切りキズ」に悩む人が多い都道府県はどこ?

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。妻に離婚を切り出した~その2~

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。退職した翌日、妻に離婚を切り出した~その2~

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。妻に離婚を切り出した~その1~

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。退職した翌日、妻に離婚を切り出した~その1~

塾に通う小学生・中学生の子どもをもつ保護者に聞いた「塾への満足度調査」

塾に通う小学生・中学生の保護者に聞いた「退塾の原因」

リードが外れた!いざという時のために今しておくこと

ペットのリードが外れた!いざという時のために今しておくこと

特製おせち三段重

「サライ・オリジナル 特製おせち」試食会で大好評!|お酒とともに味わう大人の味覚が満載 ご注文受付中

【インタビュー】保科正(家具会社顧問、デザイナー・77歳)「一日一日を思いっ切り生きてきたのでいつ最期を迎えても悔いはありません」

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

蕎麦(そば)

桜の香りがする蕎麦に酔う【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第18回】

1000690

(写真=桜切りと蕎麦がき)

春、三月。
そろそろ日溜まりでは、淡いピンクの花が蕾を開く季節だ。
この季節になると、決まって食べたくなる蕎麦がある。
さらしな蕎麦の「桜切り」。つまり、桜を練り込んだ蕎麦である。
蕎麦の世界では、三月の蕎麦ということになっている。

食べ物と季節を組み合わせて楽しむ行事が、日本にはたくさんある。
七草粥とか、ひな祭りの蛤のお吸い物など。ちょっとした季節の食材が、生活に彩りを添えてくれる。
さらしな蕎麦の「桜切り」は、行事食といえるほどの一般性はないが、春の訪れを感じるには、ぴったりの蕎麦だと思う。
桜を練り込むとはいっても、今咲いている桜の花びらを採ってきて、蕎麦に練り込むわけではない。昨年の若葉の季節に採って、塩漬けにしておいた桜の葉を細かく刻んで、さらしな蕎麦に練り込んで、打つのである。
春の和菓子屋の店頭に並ぶ桜餅に巻かれている、あの葉と同じものが、「桜切り」にも使われるのだ。

桜の香気を放つ、細切りのさらしな蕎麦を手繰ると、またこの季節に巡り会えたという、静かな感動に似た気持ちが胸の中に広がっていく。
食べ終えた後に出される蕎麦湯からも、ほのかに桜の香りが立ちのぼる。
温かい、桜の移り香のする蕎麦湯を唇に流し込むと、なんと風雅な食べ物であることかと、こういう仕掛けを考え出した先人の遊び心に驚嘆せざるを得ない。
毎年、この季節には「桜切り」を味わい、蕎麦湯の香りに目を閉じて、しばし、幸福感にひたるのが、私の春の、ささやかな楽しみである。

【神田錦町 更科】
TEL:03-3294-3669
東京都千代田区神田錦町3-14

文・写真/片山虎之介
世界初の蕎麦専門のWebマガジン『蕎麦Web』(http://sobaweb.com/)編集長。蕎麦好きのカメラマンであり、ライター。伝統食文化研究家。著書に『真打ち登場! 霧下蕎麦』『正統の蕎麦屋』『不老長寿の ダッタン蕎麦』(小学館)、『ダッタン蕎麦百科』(柴田書店)、『蕎麦屋の常識・非常識』(朝日新聞出版)などがある。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 鴨鍋 一年の締めくくりはやはり蕎麦|四代百年の老舗「やぶ久」の絶品蕎麦…
  2. 蕎麦好きなら挑戦!「蕎麦にまつわる雑学クイズ」10問
  3. 落語家・柳家小満ん師匠が指南する「もり蕎麦をいただく作法」
  4. 「もり蕎麦」の旨い店7軒に“蕎麦の旨さの秘密”を探った
  5. 西馬音内そば|じわり人気の“冷たいかけそば”【知られざる秋田・羽…
PAGE TOP