新着記事

南部鉄器のごはん鍋|蓄熱性と気密性の高い鉄器で新米をおいしく炊き上げる

昭和50年(1975)、国から伝統工芸品第1号の指定を受けたのが、岩手県の南部鉄器だ。17世…

【娘のきもち】娘の離婚にも気丈に振る舞う父。辛い経験を過去のものにできたのは父の言葉だった~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】今まで放任だったのに、専門学校に進みたい私を許さなかった父。父親は会話が成立しない人なんだと認識した学生時代を過ごし~その1~

取材・文/ふじのあやこ 近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中…

ゴルゴ13のすべてが今、明かされる!|連載50周年記念特別展「さいとう・たかを ゴルゴ13」用件を聞こうか…

取材・文/池田充枝孤高の超A級スナイパーとして圧倒的な存在感を放つゴルゴ13。本名、…

5分でわかる!いまさら聞けない「年金制度」基本のキ

文/中村康宏日本の社会保障制度の中核をなす「医療」と「年金」。医療費増加が社会問題になる…

大音楽家バーンスタインの破天荒でカラフルな祈りの音楽を聴く【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)今年はレナード・バーンスタインの生誕100年である。20…

江戸城4代天守はなぜ再建されなかったのか|幻となった不遇の城をCGで再現

家綱の叔父・保科正之が天守無用論を唱えて中止3代将軍家光が没し、嫡男家綱…

純銀製の玉盃|酒を注ぐと球体の中に餅つきうさぎが浮かぶ盃

酒を注ぐと銀盃の真ん中に、レンズのような「玉」が浮かび上がる。玉の中には、餅つきをするうさぎ…

腰痛改善は「お尻」の筋肉から!簡単ストレッチを紹介【川口陽海の腰痛改善教室 第1回】

文/川口陽海人生で誰もが一度は悩まされるという腰痛。もしあなたがなかなか治ら…

缶詰そのままはもう古い|「サバ缶」ブームを支える新しい食べ方

サバの缶詰、通称「サバ缶」の人気がすごい。2年ほど前からサバの人気が高まり始め、同時に手軽で安く…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味

新蕎麦の味わい方【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第14回】

_DSC8424

新蕎麦と聞くと、ぱっと気持ちが明るくなる。淡いうぐいす色の艶やかな麺が目に浮かび、しなやかな食感が舌と喉に、よみがえってくる。
今年も、新蕎麦の季節がやってきた。

今の時期に出てくる新蕎麦は、蕎麦好きの方ならよくご存知の「秋新」だ。秋に収穫される新蕎麦のことで、夏の新蕎麦より風味がしっかり楽しめて、昔から蕎麦好きが首を長くして待った新蕎麦とは、この「秋新」を指す。

蕎麦がおいしいことで知られる、ある名店のご主人と話をしていたとき、こんなことを言われた。

「片山さん、私が修行していた、今から30年くらい前は、新蕎麦の時期になると、色もきれいで香りも立って、うわあっと感動するような蕎麦が出てきたものですが、最近は、ああいう蕎麦に出会うことが、とんとなくなりました。どうしてなのでしょうね」

うーん、どうしてなのでしょうと、お返事するしかないのだが、ほんとうに、どうしてなのだろう。

この蕎麦屋さんが店で使う蕎麦は、信頼のおける農家の方に委託し、「こういう蕎麦が欲しい」という目標を共有して、栽培してもらっている。

長年、そうした関係を続けてきた生産者なので、ご主人の望む蕎麦がどんなものであるかは、重々承知しているのだが、どうしてもご主人が、「うん、これだ」と納得できる蕎麦ができないのだという。

ご主人にとっては不満が残る材料を使って作る蕎麦なのだが、それはすばらしいおいしさで、だからこそ、この店は、遠方からも客が足を運ぶ名店として名を馳せているのだ。

「やっぱり、気候がおかしいせいなのでしょうかね。どこかに、昔のような蕎麦はないものでしょうか?」

ご主人は、当時の蕎麦と、今の蕎麦は、はっきり違うのですと、何度も言った。

新蕎麦については、わからないことがたくさんある。

ソバの実は生き物なので、畑で栽培されている最中も、収穫され、乾燥処理され、保存される段階でも、生物として変化を続けている。だから時間が経つと、香りが変化したり、味や食感が変わってくるのだ。

それは、時間が経つと、すべて悪いほうに変わるということではない。一概には言えないが、良い方に転ぶ要素もある。
だから、それぞれの蕎麦職人の考え方により、新蕎麦を、いつ、どのように麺にするかは様々だ。

今年も、天候は、おかしかった。

産地によっては、全滅に近い被害を被った地域もある。

手塩にかけて育てたソバが、すべて、数時間の豪雨でなぎ倒された生産者の無念さを思うと、胸が詰まる。

私たち、日本蕎麦保存会で栽培しているソバ畑も、収穫量は、通常の3分の1程度しか穫れなかった。

以前は、ただただうれしく食べていた新蕎麦だが、このごろは、うれしさと背中合わせに、不安を覚えることがある。

例年のように異常気象に見舞われ、その程度が年々激しさを増す産地の蕎麦は、来年もまた、食べることができるのだろうかと。

話を終え、供されたご主人の新蕎麦をいただくと、こちらの気持ちが集中したせいか、今年の新蕎麦は、香りも味も、ずいぶん強いような気がする。

気候ばかりでなく、世の中の状況がどんどん変わっていく今の時代、来年の蕎麦は、また違ったものになっているかもしれない。

今年食べる一枚の新蕎麦は、まさに一期一会。

2014年、秋新の味を、おいしく記憶に刻みたい。

文・写真/片山虎之介
世界初の蕎麦専門のWebマガジン『蕎麦Web』(http://sobaweb.com/)編集長。蕎麦好きのカメラマンであり、ライター。伝統食文化研究家。著書に『真打ち登場! 霧下蕎麦』『正統の蕎麦屋』『不老長寿の ダッタン蕎麦』(小学館)、『ダッタン蕎麦百科』(柴田書店)、『蕎麦屋の常識・非常識』(朝日新聞出版)などがある。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 蕎麦好きなら挑戦!「蕎麦にまつわる雑学クイズ」10問
  2. 落語家・柳家小満ん師匠が指南する「もり蕎麦をいただく作法」
  3. 「もり蕎麦」の旨い店7軒に“蕎麦の旨さの秘密”を探った
  4. 西馬音内そば|じわり人気の“冷たいかけそば”【知られざる秋田・羽…
  5. 江戸っ子は蕎麦もうどんもコレで食べてた!滋味深い江戸の味噌つゆ「…
PAGE TOP