新着記事

常備したい冬の定番「味の浜藤」のおでんセット【サライのお取り寄せ】

湯気の立ち上る熱々のおでんとともに一杯やるのは、寒い季節の格別な楽しみだ。家で本格的なおでん…

オタワからキングストンまでを結ぶ202kmの運河 カナダ最大のアツモリソウ群生地と世界遺産リドー運河の終着地・首都オタワ 【カナダ・オンタリオ州の旅3】

写真・文/石津祐介カナダの首都オタワと、古都キングストンをつなぐリドー運河。その全長は202…

顎関節症はこうして改善!|原因と予防・対策 スマホの使いすぎ、ストレス過多は要注意!|顎関節症の原因と対策

文/藤原邦康前回の記事では、顎関節症をいかに早期発見したら良いかを解説しました。今回から…

トヨタ センチュリー|匠の技が磨き上げた美と品格をまとう国産車【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家) 初代の登場は1967年。お抱え運転手が運転することを前提…

マカオ往復航空券が当たる!Twitterキャンペーンのお知らせ

発売中の『サライ』1月号で掲載している「マカオ美味紀行」の記事について、記事のご感想、もしくはマカオ…

マジック 街を歩けばカフェに当たる!? コーヒーの街メルボルンで極上の一杯を堪能。

文・写真/南野真琴(海外書き人クラブ/オーストラリア在住ライター)オーストラリア南東部に位置…

マカオ美味紀行|東西文明の出合いが生んだ比類なき味覚を旅する[PR]

約500年前の大航海時代が繁栄をもたらしたマカオ。2005年にユネスコの世界文化遺産となり、2017…

【ビジネスの極意】思惑通りに動いてくれない部下と、どうコミュニケーションをとる? 【ビジネスの極意】思惑通りに動いてくれない部下と、どうコミュニケーションをとる?

部下が思ったような結果を出してくれない。それは部下とのコミュニケーションに問題があるのかもし…

知っておきたい医療にかかるお金 大きな手術などの医療費負担が抑えられる「高額療養費制度」|知っておきたい医療にかかるお金

60代、70代ともなると、多かれ少なかれ体調面での心配事が出てくるものです。これから増えるかもし…

サライ1月号|特集は日本酒とかけ蕎麦、付録は光琳ブランケットです

文/編集部今号のサライは創刊29周年特大号の第4弾。毎年恒例「日本酒」の大特集に、「かけ蕎麦…

ピックアップ記事

  1. 徳川園/名古屋市

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

蕎麦談義

  1. 旨い蕎麦は、どこが違うのか【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第12回】

    片倉康雄さんという名人が、蕎麦の歴史に名を残している。蕎麦好きの方なら、だいたいご存知の、『一茶庵』の創業者である。この片倉さんの味覚の原点ともいえる蕎麦は、「おふくろ」が打ってくれた蕎麦だったという。片倉さんは著書に、「お…

  2. 奈良、鎌倉、江戸時代の蕎麦の味【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第11回】

    「昔の蕎麦と今の蕎麦は、どこかが違っているのですか」と、聞かれることがある。昔の時代…

  3. なぜ信州蕎麦は美味しいのか?【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第10回】

    昔の蕎麦はおいしかったと、経験豊富な蕎麦職人は言う。では昔の蕎麦と今の蕎麦では、何が違うのだろう…

  4. 蕎麦は昔のままがいい【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第9回】

    現代は、江戸の昔と比べたらいろいろな技術が進歩して、食材の管理もコントロールが自在にできる時代になっ…

  5. 薬味で生きる蕎麦の味【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第7回】

    蕎麦の脇に置かれた小さな薬味皿。この少量の薬味の使い方次第で、蕎麦の世界は、大きく広がることをご…

  6. 寒い季節の蕎麦の旅【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第6回】

  7. 「自宅蕎麦屋」の楽しみ方【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第5回】

  8. 蕎麦打ちのすすめ【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第4回】

  9. 越前蟹おろし蕎麦、解禁に【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第3回】

  10. 蕎麦の個性が客を呼ぶ【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第2回】

PAGE TOP