新着記事

【第85回人形町らくだ亭】8月27日開催「納涼公演」春風亭一朝が『野ざらし』を口演します

ベテランの噺家5人をレギュラーに据えた、『サライ』主催の古典落語の会「人形町らくだ亭」。8月の納涼公…

「姓→名」へ変更は必要?「名→姓」ローマ字表記は、実はとても日本的【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編15】

「姓→名」へ変更は必要?「名→姓」ローマ字表記は、実はとても日本的【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編15】

文/晏生莉衣ラグビーワールドカップ、東京オリンピック・パラリンピックと、世界中から多くの外国人が…

7位:ANA機体工場見学【東京都】

行ってみたい「工場見学」ランキングTOP10|人気スポットは、「お菓子」「ビール」「飛行機」

小学生の時には誰しも行ったことのある、工場見学。大人になって訪れると、より深い視点から見るこ…

【ビジネスの極意】「報酬」それとも「やりがい」? あなたの働くモチベーションは何ですか?

【ビジネスの極意】「報酬」それとも「やりがい」? あなたの働くモチベーションは何ですか?

あなたはなぜ働いているのですか? そんな問いにあなたはどう答えるのだろうか? 多くの人は「報酬」…

西京漬けは焼いて食す。魚の旨みと味噌床の旨みが溶け合う。手前は食用菊の酢漬け。西京焼きには、酸味のあるあしらいが合う。

「鯛の西京漬け」と「鯛の松前漬け」の作り方【プロ直伝の技とコツ】

甘酒を用いて味噌床を作り魚は塩をして酒をくぐらせる東京・神宮前にある『日本料理一凛』の店主・…

40代から70代男女6,511名の運動意識に対する実態調査結果|梅雨明けにおすすめのスポーツは“ウオーキング

「ロコモティブシンドローム」対策していますか?|100歳まで楽しく歩くためにすべきこと

いくつになってもスポーツに取り組むことが健康寿命延伸の秘訣とはよく言われることだ。今回、「100…

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリストの美学」がわかる宿

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリズム」なライフスタイルを体験できる宿

世界中の旅行者の34%*が「ミニマリズムは最も魅力的なインテリアデザインである」と回答し、世…

エラ・フィッツジェラルド『シングス・ザ・アイラ・アンド・ジョージ・ガーシュウィン・ソング・ブック』

ジョージ・ガーシュウィンが残した「メロディ」よりも大切なもの【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道12】

文/池上信次第12回ジャズ・スタンダード必聴名曲(7)「アイ・ガット・リズム」今回は…

人生100年時代、ボーッと生きてたら老後はピンチ!?|50代会社員夫婦の定年対策

今から準備しないと年金生活はピンチ!?|50代会社員夫婦1000人が考える定年退職後

人生100年時代と言われる現代。定年退職後の生活に不安を感じている人も少なくないだろう。…

毛もないが、前臼歯もない不思議な犬種

身体にあてると痛みが止まった! 犬の特殊な能力を信じた人々

取材・文/柿川鮎子 写真/木村圭司民俗学者の柳田國男(1875~1962年)は日本人…

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

沖縄

  1.  

    タンカン|冬の沖縄を代表するフルーツを楽しむ【沖縄ぬちぐすい紀行34】

         

    文/鳥居美砂沖縄本島北部に位置する本部町伊豆味は、みかんの里として知られています。数多くの柑橘類が栽培されていますが、冬場の主役は何といってもタンカンです。ポンカンとネーブルオレンジの自然交雑でできた柑橘で、糖度が高…

  2.  

    滋味深き琉球料理!冬の沖縄で味わいたい旬の味覚案内【冬の沖縄おとな旅】[PR]

         

    取材・文/鳥居美砂(那覇在住)常夏のように思われがちな沖縄にも四季があります。10月…

  3.  

    菜飯(セーファン)|宮廷料理の流れを組む首里の伝統料理【沖縄ぬちぐすい紀行33】

         

    文/鳥居美砂首里の士族や上流家庭では、祝い事があると一の膳から三の膳に及ぶ「三献の料…

  4.  

    沖縄特産のスーパーフードやフルーツをたっぷり使ったスムージー【沖縄ぬちぐすい紀行32】

         

    文/鳥居美砂「スーパーフード」という言葉を聞いたことはありませんか?「日本スーパーフード協会…

  5.  

    真夏の島野菜「モーウイ」を使った沖縄伝統のイリチー料理【沖縄ぬちぐすい紀行31】

         

    文/鳥居美砂沖縄の真夏の市場は葉野菜がめっきり少なくなり、ゴーヤー、ナーベーラー(へ…

  6.  

    チャタンビール|沖縄生まれのクラフトビールで乾杯【沖縄ぬちぐすい紀行30】

         

    文/鳥居美砂1994年の酒税法の改正により、小規模でもビール醸造ができるようになりました。日…

  7.  

    沖縄の魚にぴったりの調理法!『糸満漁民食堂』の「イマイユのバター焼」【沖縄ぬちぐすい紀行29】

         

    文/鳥居美砂沖縄本島南部の糸満は、古くから漁師町として知られています。ところが、この…

  8.  

    伊江島地粉の力強い風味!那覇『しまぶくろ』の「ヒラヤーチ」【沖縄ぬちぐすい紀行28】

         

    文/鳥居美砂伊江島は沖縄本島北部、本部半島沖に浮かぶ離島です。本部港からフェリーで約…

  9.  

    首里城の絶景を楽しめる!那覇の穴場な沖縄ダイニング【沖縄ぬちぐすい紀行27】

         

    文/鳥居美砂沖縄の誇る世界遺産、首里城。モノレールの車窓からも、朱塗りの正殿や巧みに積まれた…

  10.  

    簡単シンプル奥深い!ソーミン(素麺)を使った沖縄料理2つ【沖縄ぬちぐすい紀行26】

         

    文/鳥居美砂沖縄料理店の献立に「ゴーヤーチャンプルー」と並んで「ソーミン(ソーメン)…

  11.  

    沖縄の伝統焼き菓子ポーポーとチンビンの作り方【沖縄ぬちぐすい紀行25】

         

    文/鳥居美砂旧暦の5月4日は「ユッカヌフィー」と呼ばれ、各地の漁港では豊漁と航海安全を祈願す…

  12.  

    生もずくの旬が到来!沖縄が誇る美味なる海の健康食材「もずく」【沖縄ぬちぐすい紀行24】

         

    文/鳥居美砂古くから全国各地で食べられてきたもずくですが、じつは沖縄県の生産量は日本…

  13.  

    沖縄の島野菜「島らっきょう」で美味しいチャンプルーを作るコツ【沖縄ぬちぐすい紀行23】

         

    文/鳥居美砂沖縄県では“戦前から導入され、伝統的に食されてきた地域固有の野菜”を「伝…

  14.  

    野武士の如き剛健なる豆腐!沖縄伝統の「島豆腐」の作り方&味わい方【沖縄ぬちぐすい紀行22】

         

    文/鳥居美砂中国の明時代に編集された『本草綱目(ほんぞうこうもく)』(1596年刊)…

  15.  

    サクサクした食感で後引く美味しさ!沖縄の伝統菓子「三月菓子」の作り方【沖縄ぬちぐすい紀行21】

         

    文/鳥居美砂旧暦の3月3日は、女の節句です。沖縄ではこの日、女性は浜に下りて手足を海…

  16.  

    本来の自分を取り戻せる島!沖縄の伝統工芸に新風を吹き込む3人の作り手を訪ねた【PR】

         

    取材・文/鳥居美砂琉球王朝時代からの伝統文化が、今も大切に受け継がれている沖縄。陶芸…

  17.  

    圧巻の城壁!沖縄のマイナーだけど魅力的なグスク4つ

         

    写真・文/佐竹敦沖縄で「グスク」といえば、かつての琉球王国時代の城塞のこと。現在、世…

  18.  

    沖縄はもう春!桜の名所の途中に立ち寄れる泡盛の蔵元【沖縄ぬちぐすい紀行20】

         

    文/鳥居美砂沖縄に、ひと足早い春が訪れました。本島北部から桜の便りが届き、1月下旬か…

  19.  

    沖縄の旧正月にかかせない!具だくさんの汁物「イナムドゥチ」の作り方【沖縄ぬちぐすい紀行19】

         

    文/鳥居美砂お正月といえば雑煮。日本各地には、その土地土地の食文化を映す雑煮がありま…

  20.  

    沖縄で冬至に食べる伝統料理「トゥンジージューシー」の作り方【沖縄ぬちぐすい紀行18】

         

    冬至は二十四節気のひとつで、1年で最も昼が短い日。ここ沖縄では「トゥンジー」と呼び、夕方5時…

  21.  

    味噌と醤油ふたつの味わい!旨いラフテーの作り方【沖縄ぬちぐすい紀行17】

         

    鳴き声以外は全部食べる−−。沖縄で豚との付き合い方を表す言葉ですが、ミミガー(耳皮)、チラガ…

  22.  

    星のや竹富島で味わう優雅な島時間!東シナ海に浮かぶ「夢の島」沖縄・竹富島紀行

         

    東京から南西に2000キロという遙けき彼方、沖縄本島からもさらに400キロ離れた波濤の先に、…

  23.  

    安眠効果もある沖縄伝統の薬草!「クワンソウ」の花畑を訪ねる【沖縄ぬちぐすい紀行16】

         

    沖縄県では、戦前から導入され伝統的に食されてきた沖縄固有の野菜を「伝統的農産物」と定めていま…

  24.  

    沖縄そばマスターが絶対の自信をもって推薦する「沖縄そば屋」3軒!【沖縄ぬちぐすい紀行15】

         

    前回に引き続き、沖縄そばについてお伝えします。今回は、沖縄そばを語るなら、この人!といわれている“オ…

  25.  

    琉球料理と沖縄料理は違う!沖縄についてあなたが知らない10の事実

         

    沖縄は日本でも有数の観光地。沖縄の魅力にとりつかれて、何度も訪れているという人も多いでしょう…

  26.  

    本格レシピを大公開!沖縄きってのソウルフード「沖縄そば」の実態に迫る【沖縄ぬちぐすい紀行14】

         

    沖縄に来たら、まず外せない食べ物が「沖縄そば」でしょう。ウチナーンチュ(沖縄の人)のソウルフ…

  27.  

    沖縄の季節の味をゆっくり楽しめる奇跡の一軒!那覇『ままや』【沖縄ぬちぐすい紀行13】

         

    沖縄を旅した知人から、こんな声を聞きます。「海はキレイし、人は温かくて親切だけど、食…

  28.  

    あの世とこの世をつなぐご馳走!沖縄・季節の「重詰」料理【沖縄ぬちぐすい紀行12】

         

    沖縄には、季節ごとにさまざまな行事があります。なかでも先祖崇拝の思想が強いため、先祖を供養す…

  29.  

    古都・首里の伝統の味噌を味わう!「玉那覇味噌」と食堂『まるたま』【沖縄ぬちぐすい紀行11】

         

    沖縄の古都、首里にある『玉那覇(たまなは)味噌醤油』。琉球王朝最後の王、尚泰(しょうたい)の…

  30.  

    那覇の穴場食堂『あじまあ』昼バイキングで沖縄食材を堪能【沖縄ぬちぐすい紀行10】

         

    沖縄観光でほとんどの人が訪れる場所のひとつが、那覇の台所・牧志公設市場です。そのカオス然としている光…

PAGE TOP