新着記事

関羽像(かんうぞう) 青銅製 明時代・15~16世紀 新郷市博物館蔵

「リアル三国志」の世界を最新の発掘成果と共に体感!【日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」】

岡山県産綿布の雪駄|素足に心地よい伝統の綿布を使用。普段着でさくさく歩きたい

黒くて丸いタイヤの選び方、考え方【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

タイヤは消耗品。黒くて丸いタイヤの選び方、考え方【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

【娘のきもち】母親とぶつかった後に襲われる、後悔と罪悪感。実家で過ごした幼少期が思い出せない~その2~

【娘のきもち】母親とぶつかった後に襲われる、後悔と罪悪感。実家で過ごした幼少期が思い出せない~その2~

【娘のきもち】幾つもの困難を経て生まれた8歳下の弟。母親の溺愛は日常の風景だった~その1~

【娘のきもち】母親とぶつかった後に襲われる、後悔と罪悪感。実家で過ごした幼少期が思い出せない~その1~

法律改正でどう変わる?国家資格制度の導入が決まった動物の看護師さん

法律改正でどう変わる?|国家資格制度の導入が決まった動物の看護師さん

チチャロン・サンド全体の味をぴりっと引き締める、オレンジ色のトウガラシソースを添えて

「世界一の朝食」実は〇〇の残りものだった?|ペルーで愛される「チチャロン」

遠州先染織のしじら小あじろ作務衣|涼しい着心地で使うほどに風合いが増す

シューベルト:ピアノ・ソナタ集Vol.2

シューベルトの名作をフォルテピアノ独特の味わいで楽しむ【林田直樹の音盤ナビ】

【最後の恋】オクテ同士のアラカンカップルが、男女の関係になったのは、彼女のリードから~その2~

【最後の恋】妻以外の女性と関係が進んだのは、自分の話を真剣に聞いてくれる“奥ゆかしい昭和の女”だったから~その2~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味

首里城の絶景を楽しめる!那覇の穴場な沖縄ダイニング【沖縄ぬちぐすい紀行27】

文/鳥居美砂

沖縄の誇る世界遺産、首里城。モノレールの車窓からも、朱塗りの正殿や巧みに積まれた石垣が見えますが、その全景を間近で見られる場所となると案外少ないのです。

今回は、この首里城の絶景とともに、多彩な泡盛と沖縄食材をふんだんに使った料理を味わえる店を紹介します。

*  *  *

その店『首里 東道Dining(トゥンダー・ダイニング)』は、首里の龍譚通り沿いのビルにあります。入口は通りに面しておらず、少々わかりにくいのですが、4階でエレベーターのドアが開いた瞬間、目の前に首里城が現れます。

お店からは、夜空にライトアップされた首里城の厳かな姿が見られます。

「このビルから先は世界遺産エリアに指定され、高い建物を建てられません。ですから、このように遮るものなく首里城が見られるのです。夜はライトアップされて、漆黒の天空に浮かび上がる姿は荘厳で気品に溢れています」

こう話すのは、オーナーシェフの伊波良子さんです。“隠れ家のような”という表現がありますが、まさに知る人ぞ知る立地です。

シェフの伊波さんは『NPO法人食の風』による検定制度「沖縄食材スペシャリスト」資格を持ち、島野菜や地元食材を使った料理でもてなしてくれます。そして、バーテンダーを務めるのはご主人の盛人さん。県内のホテルをはじめ、東京・銀座でも腕を振るってきました。

お酒は沖縄の全酒造所の泡盛を揃え、中でも地元首里の泡盛にはとくに力を入れ、希少な古酒や珍しい限定商品も用意しています。

首里の赤田、崎山、鳥堀の3つの地域は「首里三箇(さんか)」と呼ばれ、琉球王朝時代は唯一泡盛の製造が許されていました。往時は40ほどの蔵元があったそうですが、現在は「識名酒造」(赤田)、「瑞泉酒造」(崎山)、「咲元酒造」(鳥堀)がその歴史を守り継いでいます。

琉球漆器の酒器を用いた各蔵元の飲み比べコースもあるので、王朝時代に想いを馳せ、じっくり味わってみてはいかがでしょう。

首里三箇の歴史を引き継ぐ「瑞泉酒造」、現在は首里末吉町に蔵を構える「瑞穂酒造」、そして「山川酒造」(本部町)の限定秘蔵酒、いずれも20年ものの古酒飲み比べコース。琉球漆器の老舗「角萬漆器」の酒器で味わう。

ミントやシークァーサーを使った、オリジナルの泡盛カクテルもおすすめです。泡盛はラムやジンなどと同じ蒸留酒。カクテルのベースにもなり得るのです。爽やかな飲み口で、泡盛の世界を広げてくれます。

ちなみに、その製造工程については第20回の記事で詳しく紹介しているので、ご覧ください。

首里城の夜景とともに泡盛カクテルを味わう、まさに至福の時間です。オリジナルの泡盛カクテルは864円~。

料理はアラカルトで注文でき、コース料理も楽しめます。バー感覚でも、食事主体のレストランとしても幅広く利用できます。

「コースのお料理は電話で問い合わせくだされば、食材の好みや希望、ご予算などをお聞きして、その方だけのオリジナルコースをご用意いたします。食材は地元、沖縄のものを基本にしていて、旬の島野菜は主人の実家の菜園から届きます。お義父さんが丹精込めて栽培してくれる無農薬野菜は新鮮そのもの、甘みがあってそれは美味しいんですよ。」(伊波良子さん)

この自家菜園の島野菜をはじめ、肉や魚介も地元産の質のよいものを厳選。家庭的な沖縄料理から、宮廷料理をモダンにアレンジした琉球料理まで、丁寧な仕事の上に伊波さんのセンスが光ります。

オリジナルのコース料理は4320円〜、沖縄の銘柄和牛、山城牛を入れるコースは6480円〜が目安です。

沖縄のブランド牛、山城(やましろ)牛のステーキ。赤身とサシのバランスがよいA5ランクを厳選。見た目に鮮やかなソースは、ドラゴンフルーツを使用。

テーブル2卓に小さなカウンターのみの小体な店ですが、温かな雰囲気で、ふたりのお宅に招かれたような気分になります。

夕刻、寛ぎながらグラスを傾け、首里城がライトアップされるのを待つひと時は、旅人にとって忘れがたい思い出になるでしょう。

『首里 東道Dining』(トゥンダー・ダイニング)
住所/沖縄県那覇市首里当蔵町2−13 キャッスルビュー4階
電話/098-887-5656
営業/11:30〜15:00(LO14:30)ランチは完全予約制。2日前までに電話予約。
18:00〜21:00
席数が少ないので電話予約が望ましい。コース料理は要予約。
休日/日曜、第1・第3月曜
https://www.tuunda-bar-dining.com

文/鳥居美砂
ライター・消費生活アドバイザー。『サライ』記者として25年以上、取材にあたる。12年余りにわたって東京〜沖縄を往来する暮らしを続け、2015年末本拠地を沖縄・那覇に移す。沖縄に関する著書に『沖縄時間 美ら島暮らしは、でーじ上等』(PHP研究所)がある。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. タンカン|冬の沖縄を代表するフルーツを楽しむ【沖縄ぬちぐすい紀行…
  2. 滋味深き琉球料理!冬の沖縄で味わいたい旬の味覚案内【冬の沖縄おと…
  3. 菜飯(セーファン)|宮廷料理の流れを組む首里の伝統料理【沖縄ぬち…
  4. 沖縄特産のスーパーフードやフルーツをたっぷり使ったスムージー【沖…
  5. 真夏の島野菜「モーウイ」を使った沖縄伝統のイリチー料理【沖縄ぬち…
PAGE TOP