新着記事

専門家と歩く江戸城特別ツアー、江戸時代の幻の菓子に参加者驚く!

家康が作った江戸城をCGで完全再現したサライ・ムック『サライの江戸 江戸城と大奥』の発売にあ…

ほとんどの日本人が知らない「老眼」最新治療トレーニング

文/鈴木拓也多くの人が40~50代にかけて老眼にかかる。そして、大半の人は「年だから…

シチリア料理の定番中の定番!本格「イワシのパスタ」の作り方

取材・文/わたなべあやイタリア南部、地中海に囲まれたシチリア島。オリーブオイルやワイ…

ダイナミックすぎる『オメガパーク』で体重約1トンの巨大野生動物に出会う

文・写真/藤木 香(カナダ在住ライター)いつかこの目で本物のカリブー(トナカイ)を見…

キリシタン大名・高山右近と加賀前田家との意外な深イイ関係とは【にっぽん歴史夜話5】

 文/砂原浩太朗(小説家)キリシタン大名として著名な高山右近(たかやま・うこん、1552~1…

【夕刊サライ/福澤朗】カレーに合う日本酒!? 知る人ぞ知る「貴醸酒」に脱帽(福澤朗の美味・料理コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

軽症うつ病の治療にも効果的な「不眠解消」の具体的方法【名医に聞く健康の秘訣】

取材・文/わたなべあや人生、どうしても壁にぶち当たることがあります。離婚や介護、過労…

白洲次郎夫妻の旧邸「武相荘」を味わい尽くす写真イベント《Art of Life(日常の美)》

終戦直後、GHQとの折衝を担った実業家・白洲次郎と、日本の美意識を探究しつづけた稀代の随筆家…

【夕刊サライ/パラダイス山元】突き抜けた、極端なことだらけの生まれ故郷への旅(パラダイス山元の旅行コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

レストランでちょうどいいワインを頼める“魔法の言葉”とは?【食いしん坊の作法 第5回】

文/山本益博「フランス料理が苦手です」という方に、その理由を聞くと、一昔前は、食事の…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

知られざる日本画家・木島櫻谷の徹底した写生の技に瞠目《木島櫻谷 近代動物画の冒険》展

取材・文/藤田麻希

明治から昭和にかけて、京都を拠点に活動した日本画家・木島櫻谷(このしまおうこく/1877~1938)をご存知でしょうか。

櫻谷は、第1回文展(現・日展)で最高賞を受賞した優れた画家で、美術学校の教授や審査員なども務めていましたが、晩年に画壇と距離を置いたことや、まとまって作品を見られる美術館がなかったことから、「知られざる日本画家」になっていました。

しかし近年、展覧会が開催されたり、テレビ番組で取り上げられるなどして、再評価の兆しが高まっています。そして今、櫻谷の生誕140年を記念した展覧会が、東京・六本木の泉屋博古館分館で開催されています(~2018年4月8日まで)。

木島櫻谷「かりくら」(右幅)明治43年(1910) 櫻谷文庫蔵

木島櫻谷「かりくら」(左幅)明治43年(1910) 櫻谷文庫蔵

1877年(明治10)、京都の三条室町で生まれた櫻谷は、曽祖父が画家で、父も絵や和歌、茶の湯などの文化に精通した人物だったためか、いつしか絵に興味を抱くようになり、16歳のときに、円山応挙を祖とする円山四条派の画家・今尾景年に弟子入りしました。

櫻谷が生涯に渡って徹底してこだわったのが写生でした。今尾塾に入門してから晩年までの間に、じつに600冊もの写生帖を残しています。塾友たちと写生会に出かけ風景や建物をスケッチしたり、猫や鶏などの身近な生き物を題材にしたり、1903年にできた京都市記念動物園(現京都市動物園)にも通いつめました。

そうした写生の成果がもっとも発揮されているのが、動物画のジャンルです。「獅子虎図屏風」は、一般的な日本画で重視される輪郭線を用いず、円山応挙が確立した付立法(濃淡二種の墨または絵の具を筆に付け、立体感や陰影を出す技法)を駆使して描かれています。

木島櫻谷「獅子虎図屏風(右隻)」明治37 年(1904) 個人蔵

少ない筆数で無駄なく体の構造を捉え、たてがみの部分には濃い黄土色や白、墨で幾重にも毛を描き、ふわっとした質感を表しています。決して厚塗りではありませんが、立体感に富んでいます。

『熊鷲図屏風』の右隻には、雪原を歩く熊が描かれています。動物はふとした瞬間に突然立ち止まることがありますが、そんな一瞬の様子が、遠くをぼーっと見つめる熊の視線から伝わってきます。この作品にも輪郭線はありません。かすれたような筆使いで、熊のごわついた毛を的確に表しています。

木島櫻谷「熊鷲図屏風(右隻)」明治時代 個人蔵

「寒月」は、第6回文展で日本画の最高賞を受けた作品です。下弦の月が辺りを照らす冬の夜に、キツネが沢に向かって歩いて行きます。

木島櫻谷「寒月」(右隻)大正元年(1912) 京都市美術館蔵

木島櫻谷「寒月」(左隻)大正元年(1912) 京都市美術館蔵

この絵を特徴づけているのが、奥へ奥へと広がっていく竹林です。一見、モノクロームで描かれたように見えますが、よく見ると青、緑、茶色などの顔料が重ねられ、複雑な色味を帯びています。しんと静まり返った、冬の夜の空気感まで伝わってきます。

これらの作品を残した櫻谷の生誕140年を記念した展覧会が、東京・六本木の泉屋博古館分館で開催されています(~2018年4月8日まで)。

じつは同館は櫻谷の展覧会を2014年にも開催し、予想外の好評を得たそうです。その後、展覧会の反響を受け、これまで知られていなかった貴重な作品が発見されるなどして研究が進展し、わずか4年しか経っていませんが、新たに櫻谷展を開催する運びになりました。

なぜこれほどまでに、櫻谷の作品が現代を生きる我々の興味を引いているのでしょうか。泉屋博古館学芸課長の実方葉子さんに伺いました。

「この反響は、正直言って展覧会担当者の私自身が一番驚いています。その理由をなんとかあげれば、その作品が日本絵画本来のよさを備えているからではないでしょうか。心地よい筆運び、明澄で上品な色彩、適度な装飾性、そして円山応挙以来受け継がれた確かな写生力。京都で育まれた穏和な美しさ、わかりやすさは、かつて退屈で古臭いとされた時期もあったかもしれませんが、刺激的な映像が氾濫する今日、かえってそれが新鮮に映るのではないでしょうか。

加えて動物など対象への深い共感も読み取れます。そこには文化の壁をも越えるような普遍性があるようにも思われるのです。なかでも《寒月》は特別で、櫻谷の名を知らなくても、これだけは記憶に残っているという声を少なからず聞きました」

櫻谷の技量がいかんなく発揮されている、動物画を中心に集めた展覧会です。東京ではなかなか見る機会のない櫻谷の作品をお見逃しなく。

【生誕140年記念特別展 木島櫻谷 PartⅠ 近代動物画の冒険】
会期:2018年2月24日(土)~4月8日(日)
会場:住友コレクション 泉屋博古館分館
東京都港区六本木1-5-1
電話番号:03-5777-8600(ハロ-ダイヤル)
公式サイト:https://www.sen-oku.or.jp/
開室時間:10時~17時(入場は閉館の30分前まで)
休館日:月曜

取材・文/藤田麻希
美術ライター。明治学院大学大学院芸術学専攻修了。『美術手帖』などへの寄稿ほか、『日本美術全集』『超絶技巧!明治工芸の粋』『村上隆のスーパーフラット・コレクション』など展覧会図録や書籍の編集・執筆も担当。

※記事中の画像写真の無断転載を禁じます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 歌聖・柿本人麿像から和歌と古筆の世界へ誘う《人麿影供900年 歌…
  2. これが西郷隆盛の真の顔!? 維新の英雄・西郷どんの全てがわかる特…
  3. M.C.エッシャーの目眩く不思議世界を堪能!《ミラクル エッシャ…
  4. 漆蒔絵の多彩な技を実物から学べる展覧会《はじめての古美術鑑賞 漆…
  5. 竹久夢二の多彩すぎる才能にあっと驚かされる展覧会《夢二繚乱》
PAGE TOP