新着記事

マイルス・デイヴィス「ジャズ・ブルー・インク」をめぐる冒険

(前回より続く)さて、「Miles Davis Jazz Blue Ink」(30mlボ…

「苔」が美しい京都の寺4選

取材・文/末原美裕「苔むす」という言葉もあるように、長い歳月をかけて京都に息付いてい…

標本と剥製の違いとは? 鳥標本が教えてくれるたくさんの知の世界

文/柿川鮎子文京区教育センターでは10月20日土曜日まで、東京大学が世界中から集めた…

【編集長レポート】新館オープンの日本橋髙島屋S.C.に「オジさんの楽園」があった!

取材・文・写真/小坂眞吾(『サライ』編集長)日本橋髙島屋は9月25日に新館がオープンし、都市…

犬も猫も1位は雑種?|最新ペット人気ランキング

ストレスの多い現代人を癒す存在、ペット。かわいい犬や猫の動画や画像は、テレビ、ウェブ、SNS、な…

快眠セラピスト直伝、快適に眠るための4つの習慣

取材・文/渡辺陽毎日、快適に眠れていますか。厚生労働省の「健康づくりのための睡眠指針…

世界遺産リドー運河と水門を巡る水路クルーズ 【カナダ・オンタリオ州の旅2】

写真・文/石津祐介カナダの首都オタワと、古都キングストンをつなぐリドー運河。その全長は202…

家事代行サービスは、50代の既婚女性が一番利用している!

「家事代行サービス」とは、その名の通り、家主に代わり、水回りの掃除や食事の用意などを行なって…

森茉莉が可愛がっていた犬のぬいぐるみ【文士の逸品No.39】

◎No.39:森茉莉のぬいぐるみ(撮影/高橋昌嗣)文/矢島裕紀彦文豪・森鴎外…

カナリア諸島の真っ白な砂浜、真っ青な空……|地球のエネルギーを感じる火山の島ランサローテ

文・写真/バレンタ愛(海外書き人クラブ/元オーストリア在住、現カナダ在住ライター)7つの島か…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

上村松園の最高傑作《序の舞》が修理後初公開!「東西美人画の名作《序の舞》への系譜」展

取材・文/池田充枝

上村松園(うえむら・しょうえん)の作品の中で最も人気の高い《序の舞》は、昭和11年(1965)の文展招待展に出品され政府の買い上げとなり、当時の東京美術学校(現東京藝術大学)に収蔵されました。松園みずから「この絵は、私の理想の女性の最高のものと言っていい、自分でも気に入っている女性の姿であります」と語るほど、作者にとって渾身の作であり、また、平成12年(2000)年には国の重要文化財に指定されています。

しかしながら本作は、制作から80年近くが経過し、全体的に本紙と絵具との接着力が低下し、絵具層の粉状化が進行するなど、作品の保存状態に問題が生じてきていました。これ以上の劣化を防ぐため、平成27年(2015)にバンクオブアメリカ・メリルリンチ文化財保護プロジェクトの協力を得て、本格修理を行うこととなりました。修理後は、作品保存の見地から、これまでの掛軸装から額装へと表装変更が行われました。

装いも新たになった《序の舞》の、修理後初公開となる展覧会東西美人画の名作《序の舞》への系譜》が、東京・上野の東京藝術大学大学美術館で開かれています(~2018年5月6日まで)。

上村松園《序の舞》〔重要文化財 昭和11年(1936) 東京藝術大学蔵〕

 

本展は、このほど修理が完成した《序の舞》の初公開を機に、江戸時代からの風俗画や浮世絵に近代美人画の源流を探りながら、《序の舞》に至る美人画の系譜を辿るとともに、明治中期から昭和戦前期までの、東京と関西における美人画の展開を俯瞰します。

上村松園《母子》〔重要文化財 昭和9年(1934) 東京国立近代美術館蔵〕

本展の見どころを、主催者にうかがいました。

「本展は、《序の舞》にいたる美人画の源流を江戸時代初期の風俗画にまでさかのぼり、歴史的な流れをたどれるよう構成されています。

第1章では松園も影響を受けた江戸時代の浮世絵、西川祐信、三畠上龍、喜多川歌麿などの作品を紹介。第2章、第3章では明治以降に確立していく近代美人画の展開を、《序の舞》が制作された昭和戦前期までたどります。上村松園をはじめ鏑木清方や山川秀峰、菊池契月、北野恒富ら著名作家たちの名品や、松園とともに三園と称せられた島成園、池田蕉園の秀作、知られざる東京美術学校卒業制作の異色作にもご注目ください。

また本展では、音声ガイド機器によるギャラリーツアーを無料でお楽しみいただけます。従来の一点ごとの作品解説に加えて、まるで学芸員が寄り添って一緒に会場を巡りながらガイドしてくれるような、ギャラリー型の音声ガイドです。俳優の竹下景子さんが出演します。」

《舞踊図》六面のうちの一面〔重要美術品 江戸時代(17世紀)サントリー美術館蔵〕展示期間3月31日~4月15日

修復された《序の舞》は、まさに息をのむ美しさ。松園が描いた最高峰の美人に会いに、ぜひ会場に足をお運びください。

【開催要項】
東西美人画の名作《序の舞》への系譜
会期:2018年3月31日(土)~5月6日(日)
会場:東京藝術大学大学美術館
住所:東京都台東区上野公園12-8
電話番号:03・5777・8600(ハローダイヤル)
開館時間:10時から17時まで(入館は16時30分まで)
休館日:月曜(ただし4月30日、5月1日は開館)
http://bijinga2018.jp

本展をより楽しめる、特別講座付きのチケットもある。講師は本展の担当学芸員である、東京藝術大学大学美術館准教授の古田亮氏です

特別講座「《序の舞》美人画の系譜」
日時:4月14日(土)13:00~14:30、
場所:読売新聞東京本社3F、
受講料:2700円(展覧会チケット1枚付)、
お問い合わせ:よみうり大手町スクール事務局(03・3642・4301)

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 見るものを惹きつけて離さない圧巻の瀧、崖!国際的日本画家・千住博…
  2. ゴルゴ13のすべてが今、明かされる!|連載50周年記念特別展「さ…
  3. 悠々自適で88歳まで生きた「老後の達人」 仙厓。晩年期の作品に注…
  4. 歌麿、写楽、江戸後期浮世絵ブームの立役者の作品が一望できる、大満…
  5. 国民的画家、東山魁夷の大回顧展【生誕110年 東山魁夷】
PAGE TOP