新着記事

「スポーツの祭典は、文化の祭典!」をテーマにした「Culture NIPPON シンポジウム2018 東北大会」が行なわれました 文化庁主催「Culture NIPPON シンポジウム2018」東北大会が行なわれました プラモデルの歴史を振り返ると、昭和の記憶が蘇る『日本プラモデル六〇年史』 プラモデルの歴史を振り返ると、昭和の記憶が蘇る『日本プラモデル六〇年史』 『君たちはどう生きるのか』に学ぶ同調圧力に負けないリーダーの決断 【ビジネスの極意】『君たちはどう生きるか』に学ぶ同調圧力に負けないリーダーの決断 誰でもできる簡単ヒップリフトエクササイズ 1日10回で腰痛・坐骨神経痛を改善!|誰でもできる簡単ヒップリフトエクササイズ【川口陽海の腰痛改善教室 第10回】 「スポーツの祭典は、文化の祭典!」をテーマにした「Culture NIPPON シンポジウム2018」が行なわれました 文化庁主催「Culture NIPPON シンポジウム2018」京都大会が行なわれました 自宅で「小鯵の南蛮漬け」を上手に作るコツ【プロ直伝の技とコツ】 アゴの問題が姿勢に影響⁉|歩くための筋肉とアゴの意外な関係 アゴの問題が姿勢に影響⁉|歩くための筋肉とアゴの意外な関係 春風亭昇太さんの定番・朝めし自慢 落語家・春風亭昇太さんの朝めし自慢「週2〜3回は自分で調える純和風の献立です」 サライ読者に聞いた「好きな美術展のジャンル」ランキング 親の終の棲家をどう選ぶ?| 任せて大丈夫? 信頼できる老人ホーム紹介センターを探すには 親の終の棲家をどう選ぶ?| 任せて大丈夫? 信頼できる「老人ホーム紹介センター」を探すには

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 松本零士 不滅のアレグレット〈完全版〉

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

林忠彦と土門拳、写真界の巨匠2人が作品対決!《昭和の目撃者 林忠彦vs土門拳》展

文/編集部

ともに戦前に報道写真家として出発した林忠彦(はやし・ただひこ、1918~1990)と土門拳(どもん・けん、1909~1990)。戦後は多くの雑誌に連載をもち、人々の記憶に留まる不朽の名作を数多く残しました。

そんな2人の偉大な写真家の作品を集めた写真展《昭和の目撃者 林忠彦vs土門拳》が、山形県酒田市の土門拳記念館で開催されています(~2018年7月17日まで)。

林忠彦「太宰治」1946年

土門拳「梅原龍三郎」1941年

本展は、戦時体制下、そして敗戦の混乱期から力強く立ち上がっていく日本人の姿を活写した2人の写真家の足跡を、対決風に辿るというユニークなもの。昭和の歩みと、昭和を代表する顔、そして各々の個性が溢れる風景写真。カラー34点、モノクロ130点を展示。

2人の代表作とともに、お互いが同じ被写体をどう捉えたかの比較も見られる、大変興味深い展覧会です。

【開催概要】
特別展「昭和の目撃者 林忠彦vs土門拳」
林忠彦 生誕100年

会期:2018年4月19日(木)~7月17日(火)
会場:土門拳記念館
住所:山形県酒田市飯森山2-13 飯森山公園内
電話番号:0234・31・0028
http://www.domonken-kinenkan.jp/
開館時間:9時から17時まで(入館は16時30分まで)

休館日:会期中無休

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 元田久治 《 Indication: Shibuya Center Town》 2005年 リトグラフ 作家蔵 廃墟ブームは400年前から!?  廃墟にまつわる絵画を集めた展覧…
  2. 掛袱紗(紅縮緬地竹に鶏文刺繡) 德川記念財団蔵 展示期間:2月5日~3月3日 春を寿ぐ行事【企画展「春を寿(ことほ)ぐ―徳川将軍家のみやび―」…
  3. 《新聞と自画像2008.10.8 毎日新聞》2008年、個人蔵 図像を「写す」ことにこだわった、知られざる画家の東京初の回顧展【…
  4. 竹内栖鳳《夏鹿》(右) 近代日本画壇を牽引した巨匠【竹内栖鳳展 コレクションを中心に】
  5. 「春日若宮御祭礼絵巻 上巻」 春日大社蔵 奈良の歳末を彩るおん祭【特別陳列 おん祭と春日信仰の美術―特集 …
PAGE TOP