新着記事

【夕刊サライ/横山剣】「フォード・コルチナ・ロータスMk1」“クルマは見た目じゃ分からない?!”(横山剣のクルマコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

プリマロフトの軽量ケット|通気性に優れ蒸れにくい夏の快眠肌掛け

寝苦しい熱帯夜にエアコンをつけて眠ると、薄い肌掛け1枚では寒く感じることがある。そんなときは…

「ローマの休日」が田んぼに! 奥深き「田んぼアート」の世界

取材・文/鈴木拓也白や赤の葉の稲や、赤褐色や紫の穂の稲などを組み合わせて水田に植え、高い所か…

大人も楽しめる「字のない絵本」92歳にして現役の絵本作家、安野光雅の世界

取材・文/池田充枝国内外に多くのファンをもつ安野光雅(あんの・み…

【夕刊サライ/川合俊一】川合流「出来高」チェックの投資術に必要なのは根気と早起き(川合俊一の暮らし・家計コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

リネン使いの中折れハット|亜麻の感触が心地よいざっくり編みの涼しい帽子

帽子は、いくつあっても邪魔にならない紳士の必須アイテムだ。服装や季節に合わせ、その日に合った…

シニアの白髪染め|やるorやめる「65歳」が分かれ目?

年齢を重ねると共に、増える白髪。実年齢より老けて見える、苦労しているように見える、などの理由…

日本人なら知っていたい「箸」の常識【食いしん坊の作法 第8回】

文/山本益博日本人が一生のうちで最も使う道具と言えば、「箸」ではないでしょうか?とこ…

長谷寺に伝わる“お経の音楽”「声明」が日本橋三越で聴ける特別なイベント

声明(しょうみょう)とは、お経に節をつけて唱える荘厳な仏教音楽の一種である。中でも、真言宗豊…

【夕刊サライ/神取忍】ケガの絶えないプロレス稼業で、神取は検査マニアになった!?(神取忍の健康・スポーツコラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

林忠彦と土門拳、写真界の巨匠2人が作品対決!《昭和の目撃者 林忠彦vs土門拳》展

文/編集部

ともに戦前に報道写真家として出発した林忠彦(はやし・ただひこ、1918~1990)と土門拳(どもん・けん、1909~1990)。戦後は多くの雑誌に連載をもち、人々の記憶に留まる不朽の名作を数多く残しました。

そんな2人の偉大な写真家の作品を集めた写真展《昭和の目撃者 林忠彦vs土門拳》が、山形県酒田市の土門拳記念館で開催されています(~2018年7月17日まで)。

林忠彦「太宰治」1946年

土門拳「梅原龍三郎」1941年

本展は、戦時体制下、そして敗戦の混乱期から力強く立ち上がっていく日本人の姿を活写した2人の写真家の足跡を、対決風に辿るというユニークなもの。昭和の歩みと、昭和を代表する顔、そして各々の個性が溢れる風景写真。カラー34点、モノクロ130点を展示。

2人の代表作とともに、お互いが同じ被写体をどう捉えたかの比較も見られる、大変興味深い展覧会です。

【開催概要】
特別展「昭和の目撃者 林忠彦vs土門拳」
林忠彦 生誕100年

会期:2018年4月19日(木)~7月17日(火)
会場:土門拳記念館
住所:山形県酒田市飯森山2-13 飯森山公園内
電話番号:0234・31・0028
http://www.domonken-kinenkan.jp/
開館時間:9時から17時まで(入館は16時30分まで)

休館日:会期中無休

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 大人も楽しめる「字のない絵本」92歳にして現役の絵本作家、安野光…
  2. 「江戸」から「東京へ」…150年の変遷を辿る企画展
  3. 「作家に正面から向き合った」いわさきちひろ生誕100年展示の裏側…
  4. 幽閉、洗礼、そして死…悲劇の女性 細川ガラシャの生涯を辿る
  5. 吉田博展覧会の見どころをMOA美術館学芸員が解説
PAGE TOP