新着記事

2日目《苫小牧から札幌へ》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

【夕刊サライ/川合俊一】ニューヨークへ、画家リロイ・ニーマンに会いに行く!(後編)(川合俊一の暮らし・家計コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

日本のそば発祥の地!滋賀県伊吹のそばと湖東の酒蔵をめぐる

取材・文/わたなべあや滋賀県は、県の真ん中に位置する琵琶湖を中心に東西南北4つの地域に分かれ…

高血圧の効果的な対処法は?気づかないうちに進行する「サイレントキラー」の恐怖

取材・文/わたなべあや高血圧は、サイレントキラーの異名を持つ通り、これといった症状が…

【夕刊サライ/神取忍】自分の体で効果検証中! 最近はまった特製ドリンクとラドンガス吸入器(神取忍の健康・スポーツコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

国宝3点が結集!刺繍や綴織で表現された「糸のみほとけ」たちの展覧会

取材・文/池田充枝平面に表された仏の像といえば、絵画を思い浮かべると思いますが、日本では刺繍…

タイ料理の新スター「カオソーイ」を現地チェンマイで味わい尽くす!オススメ店3軒

文・写真/横山忠道(タイ在住ライター)日本ではマッサマンカレーやパクチー料理など、毎年のよう…

奄美を愛した孤高の画家・田中一村の画業を回顧する特別な展覧会

取材・文/池田充枝孤高の画家として知られる田中一村(たなか・いっそん、1908-1977)は…

頭がない剥製標本は何のため?あなたが知らない鳥標本の世界

文/柿川鮎子今年は夏鳥が大変少なく、多くの野鳥観察愛好人をやきもきさせています。鳥を…

日産 スカイライン|誕生から60年を経て進化を続ける国産スポーツセダンの雄【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)かつて4ドアセダンは人気車種だった。SUV全盛の時代になっ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

日本美術史の教科書のような贅沢な展覧会《特別展「名作誕生-つながる日本美術」》

取材・文/藤田麻希

国宝 風俗図屛風(彦根屛風) 江戸時代・17 世紀 滋賀・彦根城博物館蔵【展示期間:5月15日~5月27日】

東京に美術学校が創立され、博物館や美術館が建てられ、文化財の調査や保護が始まるなど、美術をめぐる環境が目まぐるしく変化した明治時代。岡倉天心などによって、『國華(こくか)』という美術雑誌が創刊されました。現在も刊行を続けるものとしては、世界最古の美術雑誌です。一度誌面に掲載した作品は再録しないという編集方針のもと、その時代時代の名だたる研究者が新しい作品を紹介し、論文を世に問うてきました。

そんな『國華』の創刊130周年を記念した大規模な展覧会《名作誕生―つながる日本美術》が、東京・上野の東京国立博物館で開催されています(~2018年5月27日まで)

仏像や仏画などの仏教美術から、長谷川等伯「松林図屛風」、「風俗図屛風(彦根屛風)」、尾形光琳「八橋蒔絵螺鈿硯箱」、伊藤若冲「仙人掌群鶏図襖」、菱川師宣「見返り美人図」、岸田劉生「道路と土手と塀(切通之写生)」にいたるまで、ジャンル、地域、時代を超えた名品が集められ、作品同士、作者同士の関係(=つながり)に着目して紹介しています。

重要文化財 仙人掌群鶏図襖(左) 伊藤若冲筆 江戸時代・18世紀 大阪・西福寺蔵

重要文化財 仙人掌群鶏図襖(右) 伊藤若冲筆 江戸時代・18世紀 大阪・西福寺蔵

見返り美人図 菱川師宣筆 江戸時代・17世紀 東京国立博物館蔵

出品例として、東京国立博物館主任研究員・瀬谷愛さんの説明をもとに、国宝の普賢菩薩について見ていきましょう。

国宝 普賢菩薩像 平安時代・12 世紀 東京国立博物館蔵【展示期間:4月 13日~5月6日】

仏の姿は、経典や儀軌という図像集の決まりに従うことが多いです。普賢菩薩は法華経のなかに、白玉色の宝石のような肌をして、6本の牙が生えた白い象に乗り、東の浄土からやってくると記されています。東京国立博物館が所蔵する平安時代の仏画「普賢菩薩像」は、この決まりのとおりに描かれています。絵画では右を東と定めるため、象は右からやってきています。

大倉集古館が所蔵する「普賢菩薩騎象像」は、立体で表された例です。両作品ともに、鮮やかな彩色や、極細の金箔を細く切って貼り付けた截金が、大変綺麗に残っています。

国宝 普賢菩薩騎象像 平安時代・12 世紀 東京・大倉集古館蔵

 

もう少し話を広げましょう。この2つの例のように、平安時代の普賢菩薩像のほとんどが合掌しているのですが、このポーズについて法華経は触れていません。法隆寺の金堂壁画など古い作例では、左手で蓮華茎を持ち右手を胸前で捻っているのですが、いつからか合掌する姿で表されるようになるのです。

最近の研究で、このイメージソースが明らかになってきました。9世紀の天台宗の高僧・円仁が、唐に留学して持ち帰った資料のなかに、合掌している姿で表した普賢菩薩の図像が含まれていたのです。それをもとに、法華経の見返し絵が描かれ、そこから派生して合掌している普賢菩薩が流行するようになったと考えられています。

本展に出品されている「紺紙金字法華経(開結共)のうち観普賢経」は、そのような法華経見返し絵の例です。紺色に染めた紙に金泥の細い線で、合掌した普賢菩薩像が精緻に描かれています。

紺紙金字法華経(開結共)のうち観普賢経(部分) 平安時代・12 世紀 滋賀・百済寺蔵【展示期間:4月13日~5月6日】

 

このような作品と作品との関係性を、説明とともに現物で確認することができます。展示品約130件のうち、国宝が14件、重要文化財が53件、つまり半分以上は国指定文化財です(会期中、展示替えあり)。日本美術史の教科書のような贅沢な内容の展覧会に、ぜひお出かけください。

【開催概要】
創刊記念『國華』130周年・朝日新聞140周年
特別展「名作誕生-つながる日本美術」

■会期:2018年4月13日(金) ~ 2018年5月27日(日)
■会場:東京国立博物館 平成館
■住所:〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9
■電話番号:03-5777-8600(ハローダイヤル)
■展覧会公式サイト:http://meisaku2018.jp/
■開館時間:9:30~17:00
※ただし、金曜・土曜は21:00まで、日曜および4月30日(月・休)、5月3日(木・祝)は18:00まで開館
※入館は閉館の30分前まで
■休館日:月曜日(ただし4月30日(月・休)は開館)

取材・文/藤田麻希
美術ライター。明治学院大学大学院芸術学専攻修了。『美術手帖』などへの寄稿ほか、『日本美術全集』『超絶技巧!明治工芸の粋』『村上隆のスーパーフラット・コレクション』など展覧会図録や書籍の編集・執筆も担当。

※記事中の画像写真の無断転載を禁じます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 国宝3点が結集!刺繍や綴織で表現された「糸のみほとけ」たちの展覧…
  2. 奄美を愛した孤高の画家・田中一村の画業を回顧する特別な展覧会
  3. ぎえー!背筋が凍るほど怖い幽霊・妖怪画で酷暑の夏に涼しさを
  4. ミステリアスな能面と能衣装の名品を一挙公開!《特別展 金剛宗家の…
  5. まさに机上の小宇宙!日本の文房具・筆と硯の名品がずらり《文房具の…
PAGE TOP