新着記事

2日目《苫小牧から札幌へ》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

【夕刊サライ/川合俊一】ニューヨークへ、画家リロイ・ニーマンに会いに行く!(後編)(川合俊一の暮らし・家計コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

日本のそば発祥の地!滋賀県伊吹のそばと湖東の酒蔵をめぐる

取材・文/わたなべあや滋賀県は、県の真ん中に位置する琵琶湖を中心に東西南北4つの地域に分かれ…

高血圧の効果的な対処法は?気づかないうちに進行する「サイレントキラー」の恐怖

取材・文/わたなべあや高血圧は、サイレントキラーの異名を持つ通り、これといった症状が…

【夕刊サライ/神取忍】自分の体で効果検証中! 最近はまった特製ドリンクとラドンガス吸入器(神取忍の健康・スポーツコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

国宝3点が結集!刺繍や綴織で表現された「糸のみほとけ」たちの展覧会

取材・文/池田充枝平面に表された仏の像といえば、絵画を思い浮かべると思いますが、日本では刺繍…

タイ料理の新スター「カオソーイ」を現地チェンマイで味わい尽くす!オススメ店3軒

文・写真/横山忠道(タイ在住ライター)日本ではマッサマンカレーやパクチー料理など、毎年のよう…

奄美を愛した孤高の画家・田中一村の画業を回顧する特別な展覧会

取材・文/池田充枝孤高の画家として知られる田中一村(たなか・いっそん、1908-1977)は…

頭がない剥製標本は何のため?あなたが知らない鳥標本の世界

文/柿川鮎子今年は夏鳥が大変少なく、多くの野鳥観察愛好人をやきもきさせています。鳥を…

日産 スカイライン|誕生から60年を経て進化を続ける国産スポーツセダンの雄【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)かつて4ドアセダンは人気車種だった。SUV全盛の時代になっ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

キュビスムの巨匠ブラック晩年の絢爛たる作品群を見る《ジョルジュ・ブラック展 絵画から立体への変容―メタモルフォーシス》

取材・文/池田充枝

フランスの画家ジョルジュ・ブラック(1882-1963)は、20世紀初頭、キュビスムの創始者としてピカソとともに絵画に革新をもたらした重要な画家です。

キュビスムは、ルネサンス以来の西洋絵画の伝統である遠近法や明暗法を用いて現実を描写するという手法をとらず、対象物の立体的な全容を複数の角度で平面上に表現する「分割」と「再構築」という手法を取り入れました。

そんなキュビスムの創始者ブラックが晩年に取り組んだのが「メタモルフォーシス」シリーズです。このシリーズは、ブラックが1961年から63年に制作した一連の平面と立体作品の総称であり、個々のモチーフが素材や技法を変えながら立体作品へ、装飾芸術へと「変容」する作品群です。

ジョルジュ・ブラック ≪青い鳥、ピカソへのオマージュ≫ 1963年 グワッシュ、紙
サン=ディエ=デ=ヴォージュ市立ジョルジュ・ブラック‐メタモルフォーシス美術館蔵 Archives Armand Israël

このブラックのメタモルフォーシス・シリーズの全容を日本で初めて本格的に紹介する展覧会ジョルジュ・ブラック展 絵画から立体への変容―メタモルフォーシス》が、東京のパナソニック 汐留ミュージアムで開かれています(~2018年6月24日まで)。

本展では、絵画から彫刻に始まり、ジュエリー、陶磁器、ステンド・グラスなどの装飾芸術に至るさまざまな形態の作品、画家ブラックの変遷を辿るための貴重な絵画作品が展示されています。

ジョルジュ・ブラック ≪ペルセポネ≫ 陶器
サン=ディエ=デ=ヴォージュ市立ジョルジュ・ブラック‐メタモルフォーシス美術館蔵 Archives Armand Israël

ジョルジュ・ブラック ≪トリプトレモス≫ ブローチ 金、ルビー サン=ディエ=デ=ヴォージュ市立ジョルジュ・ブラック‐メタモルフォーシス美術館蔵 Archives Armand Israël

本展の見どころを、パナソニック 汐留ミュージアムの学芸員、宮内真理子さんにうかがいました。

「ジョルジュ・ブラックの晩年の境地「メタモルフォーシス」シリーズを日本で初めて本格的に展示する展覧会です。これまで日本ではほとんど紹介されてこなかった、ブラックが晩年に取り組んだ一連の作品群がまとまった形で来日します。絵画を含めておよそ100点が一堂に会します。

ブラックの立体への挑戦を、煌びやかなジュエリーや華麗なアメシスト彫刻などを通して紹介します。手に触れられる立体物に惹かれ、また素材としての貴石や貴金属に魅了されていたといわれるブラック。そのジュエリー作品に加え、ガラス彫刻、陶器、タピストリー、ステンド・グラスの他、様々な形態に変化した作品をご覧いただけます。

ジョルジュ・ブラック ≪グラウコス≫ ブロンズ、アメシスト 
サン=ディエ=デ=ヴォージュ市立ジョルジュ・ブラック‐メタモルフォーシス美術館蔵 Archives Armand Israël

また、キュビスム時代の油彩を含む絵画、グワッシュ(ゴムや蜜などで溶解した絵の具で描く水彩画)、版画など平面作品も出品します。貴重なブラックのキュビスム絵画《静物》が出品されるほか、初期のグワッシュ画《モンソー公園》、そして絶筆といわれる《青い鳥、ピカソへのオマージュ》も登場します」

キュビスムの巨匠が到達した「変容」の境地は美麗そのもの。ぜひ間近でご鑑賞ください。

【開催要項】
ジョルジュ・ブラック展 絵画から立体への変容―メタモルフォーシス
会期:2018年4月28日(土)~6月24日(日)
会場:パナソニック 汐留ミュージアム
東京都港区東新橋1-5-1パナソニック東京汐留ビル4階
電話番号:03・5777・8600(ハローダイヤル)
http://panasonic.co.jp/es/museum
開館時間:10時より18時まで(入館は17時30分まで)
休館日:水曜

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 国宝3点が結集!刺繍や綴織で表現された「糸のみほとけ」たちの展覧…
  2. 奄美を愛した孤高の画家・田中一村の画業を回顧する特別な展覧会
  3. ぎえー!背筋が凍るほど怖い幽霊・妖怪画で酷暑の夏に涼しさを
  4. ミステリアスな能面と能衣装の名品を一挙公開!《特別展 金剛宗家の…
  5. まさに机上の小宇宙!日本の文房具・筆と硯の名品がずらり《文房具の…
PAGE TOP