新着記事

快眠セラピスト直伝、快適に眠るための4つの習慣

取材・文/渡辺陽毎日、快適に眠れていますか。厚生労働省の「健康づくりのための睡眠指針…

世界遺産リドー運河と水門を巡る水路クルーズ 【カナダ・オンタリオ州の旅2】

写真・文/石津祐介カナダの首都オタワと、古都キングストンをつなぐリドー運河。その全長は202…

家事代行サービスは、50代の既婚女性が一番利用している!

「家事代行サービス」とは、その名の通り、家主に代わり、水回りの掃除や食事の用意などを行なって…

森茉莉が可愛がっていた犬のぬいぐるみ【文士の逸品No.39】

◎No.39:森茉莉のぬいぐるみ(撮影/高橋昌嗣)文/矢島裕紀彦文豪・森鴎外…

カナリア諸島の真っ白な砂浜、真っ青な空……|地球のエネルギーを感じる火山の島ランサローテ

文・写真/バレンタ愛(海外書き人クラブ/元オーストリア在住、現カナダ在住ライター)7つの島か…

人生の楽園探し|地方移住を考えたら、まず最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

【まんがでわかる地方移住2】地方移住をするために最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

定年世代に注目の新しいキャリア 「顧問」という働き方

文/鈴木拓也企業の「顧問」と聞いて、どんなイメージが思い浮かぶだろうか?多く…

中古品買取で最も人気なのは、やはりあのブランド!?

最近では、整理するための断捨離の一つの手段として、使わないものを単に捨てるのではなく現金化する!…

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・2|アポロが見せた月生活の夢

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

キュビスムの巨匠ブラック晩年の絢爛たる作品群を見る《ジョルジュ・ブラック展 絵画から立体への変容―メタモルフォーシス》

取材・文/池田充枝

フランスの画家ジョルジュ・ブラック(1882-1963)は、20世紀初頭、キュビスムの創始者としてピカソとともに絵画に革新をもたらした重要な画家です。

キュビスムは、ルネサンス以来の西洋絵画の伝統である遠近法や明暗法を用いて現実を描写するという手法をとらず、対象物の立体的な全容を複数の角度で平面上に表現する「分割」と「再構築」という手法を取り入れました。

そんなキュビスムの創始者ブラックが晩年に取り組んだのが「メタモルフォーシス」シリーズです。このシリーズは、ブラックが1961年から63年に制作した一連の平面と立体作品の総称であり、個々のモチーフが素材や技法を変えながら立体作品へ、装飾芸術へと「変容」する作品群です。

ジョルジュ・ブラック ≪青い鳥、ピカソへのオマージュ≫ 1963年 グワッシュ、紙
サン=ディエ=デ=ヴォージュ市立ジョルジュ・ブラック‐メタモルフォーシス美術館蔵 Archives Armand Israël

このブラックのメタモルフォーシス・シリーズの全容を日本で初めて本格的に紹介する展覧会ジョルジュ・ブラック展 絵画から立体への変容―メタモルフォーシス》が、東京のパナソニック 汐留ミュージアムで開かれています(~2018年6月24日まで)。

本展では、絵画から彫刻に始まり、ジュエリー、陶磁器、ステンド・グラスなどの装飾芸術に至るさまざまな形態の作品、画家ブラックの変遷を辿るための貴重な絵画作品が展示されています。

ジョルジュ・ブラック ≪ペルセポネ≫ 陶器
サン=ディエ=デ=ヴォージュ市立ジョルジュ・ブラック‐メタモルフォーシス美術館蔵 Archives Armand Israël

ジョルジュ・ブラック ≪トリプトレモス≫ ブローチ 金、ルビー サン=ディエ=デ=ヴォージュ市立ジョルジュ・ブラック‐メタモルフォーシス美術館蔵 Archives Armand Israël

本展の見どころを、パナソニック 汐留ミュージアムの学芸員、宮内真理子さんにうかがいました。

「ジョルジュ・ブラックの晩年の境地「メタモルフォーシス」シリーズを日本で初めて本格的に展示する展覧会です。これまで日本ではほとんど紹介されてこなかった、ブラックが晩年に取り組んだ一連の作品群がまとまった形で来日します。絵画を含めておよそ100点が一堂に会します。

ブラックの立体への挑戦を、煌びやかなジュエリーや華麗なアメシスト彫刻などを通して紹介します。手に触れられる立体物に惹かれ、また素材としての貴石や貴金属に魅了されていたといわれるブラック。そのジュエリー作品に加え、ガラス彫刻、陶器、タピストリー、ステンド・グラスの他、様々な形態に変化した作品をご覧いただけます。

ジョルジュ・ブラック ≪グラウコス≫ ブロンズ、アメシスト 
サン=ディエ=デ=ヴォージュ市立ジョルジュ・ブラック‐メタモルフォーシス美術館蔵 Archives Armand Israël

また、キュビスム時代の油彩を含む絵画、グワッシュ(ゴムや蜜などで溶解した絵の具で描く水彩画)、版画など平面作品も出品します。貴重なブラックのキュビスム絵画《静物》が出品されるほか、初期のグワッシュ画《モンソー公園》、そして絶筆といわれる《青い鳥、ピカソへのオマージュ》も登場します」

キュビスムの巨匠が到達した「変容」の境地は美麗そのもの。ぜひ間近でご鑑賞ください。

【開催要項】
ジョルジュ・ブラック展 絵画から立体への変容―メタモルフォーシス
会期:2018年4月28日(土)~6月24日(日)
会場:パナソニック 汐留ミュージアム
東京都港区東新橋1-5-1パナソニック東京汐留ビル4階
電話番号:03・5777・8600(ハローダイヤル)
http://panasonic.co.jp/es/museum
開館時間:10時より18時まで(入館は17時30分まで)
休館日:水曜

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 見るものを惹きつけて離さない圧巻の瀧、崖!国際的日本画家・千住博…
  2. ゴルゴ13のすべてが今、明かされる!|連載50周年記念特別展「さ…
  3. 悠々自適で88歳まで生きた「老後の達人」 仙厓。晩年期の作品に注…
  4. 歌麿、写楽、江戸後期浮世絵ブームの立役者の作品が一望できる、大満…
  5. 国民的画家、東山魁夷の大回顧展【生誕110年 東山魁夷】
PAGE TOP