新着記事

マイルス・デイヴィス「ジャズ・ブルー・インク」をめぐる冒険

(前回より続く)さて、「Miles Davis Jazz Blue Ink」(30mlボ…

「苔」が美しい京都の寺4選

取材・文/末原美裕「苔むす」という言葉もあるように、長い歳月をかけて京都に息付いてい…

標本と剥製の違いとは? 鳥標本が教えてくれるたくさんの知の世界

文/柿川鮎子文京区教育センターでは10月20日土曜日まで、東京大学が世界中から集めた…

【編集長レポート】新館オープンの日本橋髙島屋S.C.に「オジさんの楽園」があった!

取材・文・写真/小坂眞吾(『サライ』編集長)日本橋髙島屋は9月25日に新館がオープンし、都市…

犬も猫も1位は雑種?|最新ペット人気ランキング

ストレスの多い現代人を癒す存在、ペット。かわいい犬や猫の動画や画像は、テレビ、ウェブ、SNS、な…

快眠セラピスト直伝、快適に眠るための4つの習慣

取材・文/渡辺陽毎日、快適に眠れていますか。厚生労働省の「健康づくりのための睡眠指針…

世界遺産リドー運河と水門を巡る水路クルーズ 【カナダ・オンタリオ州の旅2】

写真・文/石津祐介カナダの首都オタワと、古都キングストンをつなぐリドー運河。その全長は202…

家事代行サービスは、50代の既婚女性が一番利用している!

「家事代行サービス」とは、その名の通り、家主に代わり、水回りの掃除や食事の用意などを行なって…

森茉莉が可愛がっていた犬のぬいぐるみ【文士の逸品No.39】

◎No.39:森茉莉のぬいぐるみ(撮影/高橋昌嗣)文/矢島裕紀彦文豪・森鴎外…

カナリア諸島の真っ白な砂浜、真っ青な空……|地球のエネルギーを感じる火山の島ランサローテ

文・写真/バレンタ愛(海外書き人クラブ/元オーストリア在住、現カナダ在住ライター)7つの島か…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

旅情をそそる巨匠たちの傑作風景画が来日《プーシキン美術館展―旅するフランス風景画》展

取材・文/池田充枝

モスクワのプーシキン美術館は、サンクトペテルブルクのエルミタージュ美術館と並んで世界的な西洋絵画コレクションを誇る国立美術館です。開館は1912年。現在の名称、国立A.S.プーシキン記念美術館となったのは1937年。ロシアの文豪プーシキンの没後100年を記念したものです。

絵画、版画、彫刻など約70万点を超す収蔵作品のなかでも、同館が誇るのは19世紀後半から20世紀初頭にかけて収集された、印象派からマティス、ピカソまでのフランス近代絵画コレクションです。また同館は、教育的な精神やアヴァンギャルドな精神に貫かれた先進的な展覧会の開催にも定評があります。

ギュスターヴ・クールベ《山の小屋》〔1874年頃 油彩・カンヴァス〕(C)The Pushkin State Museum of Fine Arts,Moscow.

そんなプーシキン美術館が誇るフランス近代絵画のコレクションから、珠玉の風景画が来日、一堂に会する展覧会《プーシキン美術館展――旅するフランス風景画》展が、東京・上野の東京都美術館で開かれています(~2018年7月8日まで)

本展では、17世紀から20世紀の風景画65点が来日します。初来日となるモネの《草上の食卓》はじめ、ブーシェ、コロー、ルノワール、セザンヌ、ゴーガン、ルソーらの名品が揃います。

クロード・モネ《草上の食卓》〔1866年 油彩・カンヴァス〕(C)The Pushkin State Museum of Fine Arts,Moscow.

本展の見どころを、東京都美術館の学芸員、大橋菜都子さんにうかがいました。

「絵画に描かれる自然は、実際にありそうに見える景色であっても、感動や共感、畏怖などのさまざまな画家の感情が込められ、ときに想像も加えられ、現実にはない新たな風景に生まれ変わっています。本展では、現代の日本に暮らすわたしたちから見ても、理想的な美しい大地や、懐かしさを感じさせる田園風景も数多くご覧いただけます。

見どころのひとつは、セザンヌのサント=ヴィクトワール山の作品です。画家が生涯で30点以上の絵画に残した故郷の山ですが、40代半ばの作品と最晩年60代半ばの頃の2点を並べて展示します。一緒にご覧いただくと、彼の表現や山と向き合う姿勢の変化がよく分かります。

ポール・セザンヌ《サント=ヴィクトワール山、レ・ローヴからの眺め》〔1905-06年 油彩・カンヴァス〕(C)The Pushkin State Museum of Fine Arts,Moscow.

また、大きな見どころとなるのは初来日となるモネの《草上の昼食》です。印象派の表現を確立する前、20代半ばに制作されたみずみずしい作品です。舞台は人気の行楽地であったフォンテーヌブローの森のはずれで、恋人や友人をモデルにピクニックを楽しむ若者たちが描かれています。当時の流行のドレスや人物の配置やしぐさ、木の葉に見られる光の効果などにもぜひご注目ください。

このほか、フランスからロシアへ渡り、今年は日本へ旅をしてくる65点には、実際のフランスやイタリアの風景だけではなく、画家の生み出した想像の景色もあります。東京・上野で、ぜひ「旅をする」ように珠玉の風景画をお楽しみいただけますと幸いです」

ポール・ゴーガン《マタモエ、孔雀のいる風景》〔1892年 油彩・カンヴァス〕(C)The Pushkin State Museum of Fine Arts,Moscow.

初来日の《草上の食卓》はじめ巨匠たち渾身の風景画の数々、会場で旅する気分を満喫しませんか。

【開催要項】
プーシキン美術館展――旅するフランス風景画
会期:2018年4月14日~7月8日(日)
会場:東京都美術館 企画展示室
住所:東京都台東区上野公園8-36
電話番号:03・5777・8600(ハローダイヤル)
http://pushkin2018.jp
開室時間:9時30分から17時30分まで、金曜日は20時まで(入室は閉室30分前まで)
休室日:月曜(ただし4月30日は閉室)
※会期後は、大阪・国立国際美術館に巡回します(2018年7月21日~10月14日)

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 見るものを惹きつけて離さない圧巻の瀧、崖!国際的日本画家・千住博…
  2. ゴルゴ13のすべてが今、明かされる!|連載50周年記念特別展「さ…
  3. 悠々自適で88歳まで生きた「老後の達人」 仙厓。晩年期の作品に注…
  4. 歌麿、写楽、江戸後期浮世絵ブームの立役者の作品が一望できる、大満…
  5. 国民的画家、東山魁夷の大回顧展【生誕110年 東山魁夷】
PAGE TOP