新着記事

マカオ往復航空券が当たる!Twitterキャンペーンのお知らせ マジック 街を歩けばカフェに当たる!? コーヒーの街メルボルンで極上の一杯を堪能。 マカオ美味紀行|東西文明の出合いが生んだ比類なき味覚を旅する[PR] 【ビジネスの極意】思惑通りに動いてくれない部下と、どうコミュニケーションをとる? 【ビジネスの極意】思惑通りに動いてくれない部下と、どうコミュニケーションをとる? 知っておきたい医療にかかるお金 大きな手術などの医療費負担が抑えられる「高額療養費制度」|知っておきたい医療にかかるお金 サライ1月号|特集は日本酒とかけ蕎麦、付録は光琳ブランケットです 「春日若宮御祭礼絵巻 上巻」 春日大社蔵 奈良の歳末を彩るおん祭【特別陳列 おん祭と春日信仰の美術―特集 大宿所―】 越前がにだけじゃない!食べに行きたい福井県の美味いもの5つ ポルトギーゼ クロノグラフ 一生使える高級腕時計|スイス時計の伝統と技術が息づく「IWC」5選 今年のヒット商品を発表!|全国のスーパー、ドラッグストア約5,000万人分のPOSデータから集計 「サバ缶」を超えた「イワシ缶」、本格志向の第3のビールが急上昇!|全国のドラッグストア、 スーパーで今年一番売れた商品ランキング

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 徳川園/名古屋市

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

催し物

旅情をそそる巨匠たちの傑作風景画が来日《プーシキン美術館展―旅するフランス風景画》展

取材・文/池田充枝

モスクワのプーシキン美術館は、サンクトペテルブルクのエルミタージュ美術館と並んで世界的な西洋絵画コレクションを誇る国立美術館です。開館は1912年。現在の名称、国立A.S.プーシキン記念美術館となったのは1937年。ロシアの文豪プーシキンの没後100年を記念したものです。

絵画、版画、彫刻など約70万点を超す収蔵作品のなかでも、同館が誇るのは19世紀後半から20世紀初頭にかけて収集された、印象派からマティス、ピカソまでのフランス近代絵画コレクションです。また同館は、教育的な精神やアヴァンギャルドな精神に貫かれた先進的な展覧会の開催にも定評があります。

ギュスターヴ・クールベ《山の小屋》〔1874年頃 油彩・カンヴァス〕(C)The Pushkin State Museum of Fine Arts,Moscow.

そんなプーシキン美術館が誇るフランス近代絵画のコレクションから、珠玉の風景画が来日、一堂に会する展覧会《プーシキン美術館展――旅するフランス風景画》展が、東京・上野の東京都美術館で開かれています(~2018年7月8日まで)

本展では、17世紀から20世紀の風景画65点が来日します。初来日となるモネの《草上の食卓》はじめ、ブーシェ、コロー、ルノワール、セザンヌ、ゴーガン、ルソーらの名品が揃います。

クロード・モネ《草上の食卓》〔1866年 油彩・カンヴァス〕(C)The Pushkin State Museum of Fine Arts,Moscow.

本展の見どころを、東京都美術館の学芸員、大橋菜都子さんにうかがいました。

「絵画に描かれる自然は、実際にありそうに見える景色であっても、感動や共感、畏怖などのさまざまな画家の感情が込められ、ときに想像も加えられ、現実にはない新たな風景に生まれ変わっています。本展では、現代の日本に暮らすわたしたちから見ても、理想的な美しい大地や、懐かしさを感じさせる田園風景も数多くご覧いただけます。

見どころのひとつは、セザンヌのサント=ヴィクトワール山の作品です。画家が生涯で30点以上の絵画に残した故郷の山ですが、40代半ばの作品と最晩年60代半ばの頃の2点を並べて展示します。一緒にご覧いただくと、彼の表現や山と向き合う姿勢の変化がよく分かります。

ポール・セザンヌ《サント=ヴィクトワール山、レ・ローヴからの眺め》〔1905-06年 油彩・カンヴァス〕(C)The Pushkin State Museum of Fine Arts,Moscow.

また、大きな見どころとなるのは初来日となるモネの《草上の昼食》です。印象派の表現を確立する前、20代半ばに制作されたみずみずしい作品です。舞台は人気の行楽地であったフォンテーヌブローの森のはずれで、恋人や友人をモデルにピクニックを楽しむ若者たちが描かれています。当時の流行のドレスや人物の配置やしぐさ、木の葉に見られる光の効果などにもぜひご注目ください。

このほか、フランスからロシアへ渡り、今年は日本へ旅をしてくる65点には、実際のフランスやイタリアの風景だけではなく、画家の生み出した想像の景色もあります。東京・上野で、ぜひ「旅をする」ように珠玉の風景画をお楽しみいただけますと幸いです」

ポール・ゴーガン《マタモエ、孔雀のいる風景》〔1892年 油彩・カンヴァス〕(C)The Pushkin State Museum of Fine Arts,Moscow.

初来日の《草上の食卓》はじめ巨匠たち渾身の風景画の数々、会場で旅する気分を満喫しませんか。

【開催要項】
プーシキン美術館展――旅するフランス風景画
会期:2018年4月14日~7月8日(日)
会場:東京都美術館 企画展示室
住所:東京都台東区上野公園8-36
電話番号:03・5777・8600(ハローダイヤル)
http://pushkin2018.jp
開室時間:9時30分から17時30分まで、金曜日は20時まで(入室は閉室30分前まで)
休室日:月曜(ただし4月30日は閉室)
※会期後は、大阪・国立国際美術館に巡回します(2018年7月21日~10月14日)

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「春日若宮御祭礼絵巻 上巻」 春日大社蔵 奈良の歳末を彩るおん祭【特別陳列 おん祭と春日信仰の美術―特集 …
  2. 岡田三郎助《ダイヤモンドの女》1908(明治41)年 福富太郎コレクション資料室蔵 新しい美人像を生み出した画家、岡田三郎助【モダン美人誕生-岡田三…
  3. 中之町出土資料 京都市蔵 日本陶磁史のターニングポイント、桃山時代のやきものをめぐる展覧会…
  4. 山口蓬春《新宮殿杉戸楓4分の1下絵》 山﨑種二と皇室ゆかりの美術【特別展 皇室ゆかりの美術 ―宮殿を彩…
  5. 重要文化財 「釈迦如来坐像」 行快作 鎌倉時代・13世紀 京都・大報恩寺蔵 京都市内に残った貴重な鎌倉彫刻がズラリ【京都 大報恩寺 快慶・定…
PAGE TOP