新着記事

藤井聡太の挑戦状!さあこの詰将棋、解けますか?

文/編集部プロにとってもアマチュアにとっても、将棋の棋力アップに欠かせないのが「詰将棋」です…

【懐かしの母校食堂 第3回】武蔵高等学校中学校×好々亭と砂時計(東京・江古田)

文/鈴木隆祐武蔵生のソウルフード!江古田の洋食2大名店『好々亭』と『砂時計』 …

ウォーキングシューズを選ぶ時に気をつけたい3つのポイント

取材・文/わたなべあや春の日差しが温かく感じられる季節、外に出て体を動かしたくなりま…

前田利家の妻・芳春院まつの知られざる素顔【にっぽん歴史夜話3】

文/砂原浩太朗(小説家)加賀百万石の礎をきずいた武将・前田利家(1537?~1599)。その…

【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」一人前になるために、つくり続けたナムル(コウケンテツの料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

巨大な一枚岩「ウルル」を見上げる2つの絶景遊歩道【オーストラリア・ノーザンテリトリーの魅力】[PR]

文/柳沢有紀夫(オーストラリア在住)世界の中心は、どこにあるのか? もちろん地球はほ…

京都・上賀茂神社でクラシック音楽を聴く「都のかなで」コンサートに2000名を招待[PR]

京都で最古のお社といわれ、世界文化遺産に登録されている「賀茂別雷神社(上賀茂神社)」。この由…

病気予防の大ヒント!病気の発症・増悪をもたらす5大要素とは【予防医療の最前線】

文/中村康宏そもそも、どのようにして病気になるのか考えたことはありますか? 病気になる人の体…

【夕刊サライ/角田光代】スペイン・マドリッド:マラソンは旅するいいわけ【旅ラン3】(角田光代の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木…

林忠彦と土門拳、写真界の巨匠2人が作品対決!《昭和の目撃者 林忠彦vs土門拳》展

文/編集部ともに戦前に報道写真家として出発した林忠彦(はやし・ただひこ、1918~1990)…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

旅情をそそる巨匠たちの傑作風景画が来日《プーシキン美術館展―旅するフランス風景画》展

取材・文/池田充枝

モスクワのプーシキン美術館は、サンクトペテルブルクのエルミタージュ美術館と並んで世界的な西洋絵画コレクションを誇る国立美術館です。開館は1912年。現在の名称、国立A.S.プーシキン記念美術館となったのは1937年。ロシアの文豪プーシキンの没後100年を記念したものです。

絵画、版画、彫刻など約70万点を超す収蔵作品のなかでも、同館が誇るのは19世紀後半から20世紀初頭にかけて収集された、印象派からマティス、ピカソまでのフランス近代絵画コレクションです。また同館は、教育的な精神やアヴァンギャルドな精神に貫かれた先進的な展覧会の開催にも定評があります。

ギュスターヴ・クールベ《山の小屋》〔1874年頃 油彩・カンヴァス〕(C)The Pushkin State Museum of Fine Arts,Moscow.

そんなプーシキン美術館が誇るフランス近代絵画のコレクションから、珠玉の風景画が来日、一堂に会する展覧会《プーシキン美術館展――旅するフランス風景画》展が、東京・上野の東京都美術館で開かれています(~2018年7月8日まで)

本展では、17世紀から20世紀の風景画65点が来日します。初来日となるモネの《草上の食卓》はじめ、ブーシェ、コロー、ルノワール、セザンヌ、ゴーガン、ルソーらの名品が揃います。

クロード・モネ《草上の食卓》〔1866年 油彩・カンヴァス〕(C)The Pushkin State Museum of Fine Arts,Moscow.

本展の見どころを、東京都美術館の学芸員、大橋菜都子さんにうかがいました。

「絵画に描かれる自然は、実際にありそうに見える景色であっても、感動や共感、畏怖などのさまざまな画家の感情が込められ、ときに想像も加えられ、現実にはない新たな風景に生まれ変わっています。本展では、現代の日本に暮らすわたしたちから見ても、理想的な美しい大地や、懐かしさを感じさせる田園風景も数多くご覧いただけます。

見どころのひとつは、セザンヌのサント=ヴィクトワール山の作品です。画家が生涯で30点以上の絵画に残した故郷の山ですが、40代半ばの作品と最晩年60代半ばの頃の2点を並べて展示します。一緒にご覧いただくと、彼の表現や山と向き合う姿勢の変化がよく分かります。

ポール・セザンヌ《サント=ヴィクトワール山、レ・ローヴからの眺め》〔1905-06年 油彩・カンヴァス〕(C)The Pushkin State Museum of Fine Arts,Moscow.

また、大きな見どころとなるのは初来日となるモネの《草上の昼食》です。印象派の表現を確立する前、20代半ばに制作されたみずみずしい作品です。舞台は人気の行楽地であったフォンテーヌブローの森のはずれで、恋人や友人をモデルにピクニックを楽しむ若者たちが描かれています。当時の流行のドレスや人物の配置やしぐさ、木の葉に見られる光の効果などにもぜひご注目ください。

このほか、フランスからロシアへ渡り、今年は日本へ旅をしてくる65点には、実際のフランスやイタリアの風景だけではなく、画家の生み出した想像の景色もあります。東京・上野で、ぜひ「旅をする」ように珠玉の風景画をお楽しみいただけますと幸いです」

ポール・ゴーガン《マタモエ、孔雀のいる風景》〔1892年 油彩・カンヴァス〕(C)The Pushkin State Museum of Fine Arts,Moscow.

初来日の《草上の食卓》はじめ巨匠たち渾身の風景画の数々、会場で旅する気分を満喫しませんか。

【開催要項】
プーシキン美術館展――旅するフランス風景画
会期:2018年4月14日~7月8日(日)
会場:東京都美術館 企画展示室
住所:東京都台東区上野公園8-36
電話番号:03・5777・8600(ハローダイヤル)
http://pushkin2018.jp
開室時間:9時30分から17時30分まで、金曜日は20時まで(入室は閉室30分前まで)
休室日:月曜(ただし4月30日は閉室)
※会期後は、大阪・国立国際美術館に巡回します(2018年7月21日~10月14日)

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 林忠彦と土門拳、写真界の巨匠2人が作品対決!《昭和の目撃者 林忠…
  2. 面白すぎる江戸の滑稽絵を集めた展覧会《江戸の戯画-鳥羽絵から北斎…
  3. 戦禍を免れた「奇跡のネガ」277枚に写っていた80年前の沖縄の姿…
  4. 無類の猫好き画家が描いた、愛すべき猫たちの姿《猪熊弦一郎展 猫た…
  5. 上村松園の最高傑作《序の舞》が修理後初公開!「東西美人画の名作《…
PAGE TOP