新着記事

一生聞かないレコードを「箱買い」してしまう病【オーディオ小僧のアナログ日誌 第20回】

文・絵/牧野良幸ずっと「箱買い」が止まらない。「箱買い」とは箱入りのアナログ…

【夕刊サライ/横山剣】「BMW2002」 過ぎ去った“彼女”と“あのときの想い出”をもう一度(横山剣のクルマコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

意外な由来!「江戸前」という言葉はウナギから生まれた【食いしん坊の作法 第6回】

文/山本益博「江戸前のにぎりずし」という言葉が人口に膾炙されていて、「江戸前」という…

2日目《苫小牧から札幌へ》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

【夕刊サライ/川合俊一】ニューヨークへ、画家リロイ・ニーマンに会いに行く!(後編)(川合俊一の暮らし・家計コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

日本のそば発祥の地!滋賀県伊吹のそばと湖東の酒蔵をめぐる

取材・文/わたなべあや滋賀県は、県の真ん中に位置する琵琶湖を中心に東西南北4つの地域に分かれ…

高血圧の効果的な対処法は?気づかないうちに進行する「サイレントキラー」の恐怖

取材・文/わたなべあや高血圧は、サイレントキラーの異名を持つ通り、これといった症状が…

【夕刊サライ/神取忍】自分の体で効果検証中! 最近はまった特製ドリンクとラドンガス吸入器(神取忍の健康・スポーツコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

国宝3点が結集!刺繍や綴織で表現された「糸のみほとけ」たちの展覧会

取材・文/池田充枝平面に表された仏の像といえば、絵画を思い浮かべると思いますが、日本では刺繍…

タイ料理の新スター「カオソーイ」を現地チェンマイで味わい尽くす!オススメ店3軒

文・写真/横山忠道(タイ在住ライター)日本ではマッサマンカレーやパクチー料理など、毎年のよう…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

旅情をそそる巨匠たちの傑作風景画が来日《プーシキン美術館展―旅するフランス風景画》展

取材・文/池田充枝

モスクワのプーシキン美術館は、サンクトペテルブルクのエルミタージュ美術館と並んで世界的な西洋絵画コレクションを誇る国立美術館です。開館は1912年。現在の名称、国立A.S.プーシキン記念美術館となったのは1937年。ロシアの文豪プーシキンの没後100年を記念したものです。

絵画、版画、彫刻など約70万点を超す収蔵作品のなかでも、同館が誇るのは19世紀後半から20世紀初頭にかけて収集された、印象派からマティス、ピカソまでのフランス近代絵画コレクションです。また同館は、教育的な精神やアヴァンギャルドな精神に貫かれた先進的な展覧会の開催にも定評があります。

ギュスターヴ・クールベ《山の小屋》〔1874年頃 油彩・カンヴァス〕(C)The Pushkin State Museum of Fine Arts,Moscow.

そんなプーシキン美術館が誇るフランス近代絵画のコレクションから、珠玉の風景画が来日、一堂に会する展覧会《プーシキン美術館展――旅するフランス風景画》展が、東京・上野の東京都美術館で開かれています(~2018年7月8日まで)

本展では、17世紀から20世紀の風景画65点が来日します。初来日となるモネの《草上の食卓》はじめ、ブーシェ、コロー、ルノワール、セザンヌ、ゴーガン、ルソーらの名品が揃います。

クロード・モネ《草上の食卓》〔1866年 油彩・カンヴァス〕(C)The Pushkin State Museum of Fine Arts,Moscow.

本展の見どころを、東京都美術館の学芸員、大橋菜都子さんにうかがいました。

「絵画に描かれる自然は、実際にありそうに見える景色であっても、感動や共感、畏怖などのさまざまな画家の感情が込められ、ときに想像も加えられ、現実にはない新たな風景に生まれ変わっています。本展では、現代の日本に暮らすわたしたちから見ても、理想的な美しい大地や、懐かしさを感じさせる田園風景も数多くご覧いただけます。

見どころのひとつは、セザンヌのサント=ヴィクトワール山の作品です。画家が生涯で30点以上の絵画に残した故郷の山ですが、40代半ばの作品と最晩年60代半ばの頃の2点を並べて展示します。一緒にご覧いただくと、彼の表現や山と向き合う姿勢の変化がよく分かります。

ポール・セザンヌ《サント=ヴィクトワール山、レ・ローヴからの眺め》〔1905-06年 油彩・カンヴァス〕(C)The Pushkin State Museum of Fine Arts,Moscow.

また、大きな見どころとなるのは初来日となるモネの《草上の昼食》です。印象派の表現を確立する前、20代半ばに制作されたみずみずしい作品です。舞台は人気の行楽地であったフォンテーヌブローの森のはずれで、恋人や友人をモデルにピクニックを楽しむ若者たちが描かれています。当時の流行のドレスや人物の配置やしぐさ、木の葉に見られる光の効果などにもぜひご注目ください。

このほか、フランスからロシアへ渡り、今年は日本へ旅をしてくる65点には、実際のフランスやイタリアの風景だけではなく、画家の生み出した想像の景色もあります。東京・上野で、ぜひ「旅をする」ように珠玉の風景画をお楽しみいただけますと幸いです」

ポール・ゴーガン《マタモエ、孔雀のいる風景》〔1892年 油彩・カンヴァス〕(C)The Pushkin State Museum of Fine Arts,Moscow.

初来日の《草上の食卓》はじめ巨匠たち渾身の風景画の数々、会場で旅する気分を満喫しませんか。

【開催要項】
プーシキン美術館展――旅するフランス風景画
会期:2018年4月14日~7月8日(日)
会場:東京都美術館 企画展示室
住所:東京都台東区上野公園8-36
電話番号:03・5777・8600(ハローダイヤル)
http://pushkin2018.jp
開室時間:9時30分から17時30分まで、金曜日は20時まで(入室は閉室30分前まで)
休室日:月曜(ただし4月30日は閉室)
※会期後は、大阪・国立国際美術館に巡回します(2018年7月21日~10月14日)

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 国宝3点が結集!刺繍や綴織で表現された「糸のみほとけ」たちの展覧…
  2. 奄美を愛した孤高の画家・田中一村の画業を回顧する特別な展覧会
  3. ぎえー!背筋が凍るほど怖い幽霊・妖怪画で酷暑の夏に涼しさを
  4. ミステリアスな能面と能衣装の名品を一挙公開!《特別展 金剛宗家の…
  5. まさに机上の小宇宙!日本の文房具・筆と硯の名品がずらり《文房具の…
PAGE TOP