新着記事

2日目《苫小牧から札幌へ》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

【夕刊サライ/川合俊一】ニューヨークへ、画家リロイ・ニーマンに会いに行く!(後編)(川合俊一の暮らし・家計コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

日本のそば発祥の地!滋賀県伊吹のそばと湖東の酒蔵をめぐる

取材・文/わたなべあや滋賀県は、県の真ん中に位置する琵琶湖を中心に東西南北4つの地域に分かれ…

高血圧の効果的な対処法は?気づかないうちに進行する「サイレントキラー」の恐怖

取材・文/わたなべあや高血圧は、サイレントキラーの異名を持つ通り、これといった症状が…

【夕刊サライ/神取忍】自分の体で効果検証中! 最近はまった特製ドリンクとラドンガス吸入器(神取忍の健康・スポーツコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

国宝3点が結集!刺繍や綴織で表現された「糸のみほとけ」たちの展覧会

取材・文/池田充枝平面に表された仏の像といえば、絵画を思い浮かべると思いますが、日本では刺繍…

タイ料理の新スター「カオソーイ」を現地チェンマイで味わい尽くす!オススメ店3軒

文・写真/横山忠道(タイ在住ライター)日本ではマッサマンカレーやパクチー料理など、毎年のよう…

奄美を愛した孤高の画家・田中一村の画業を回顧する特別な展覧会

取材・文/池田充枝孤高の画家として知られる田中一村(たなか・いっそん、1908-1977)は…

頭がない剥製標本は何のため?あなたが知らない鳥標本の世界

文/柿川鮎子今年は夏鳥が大変少なく、多くの野鳥観察愛好人をやきもきさせています。鳥を…

日産 スカイライン|誕生から60年を経て進化を続ける国産スポーツセダンの雄【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)かつて4ドアセダンは人気車種だった。SUV全盛の時代になっ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

神秘的かつ優美な中国磁器の真髄を見る《宋磁 神秘のやきもの》展

取材・文/池田充枝

悠久の歴史を有する中国陶磁のなかで、宋時代(960-1279)にはその美しさが頂点に達したとも評されます。

宋時代を代表する陶磁器である「宋磁(そうじ)」は、官窯、景徳鎮窯、定窯などにみられるように、白磁、青磁、黒釉磁などの単色の釉薬をまとった簡素で研ぎ澄まされた造形美が美しく、神秘的ともいえる格調の高い陶磁器です。

重要文化財「青磁袴腰香炉」〔中国 南宋時代 龍泉窯 出光美術館蔵〕

 

一方で磁州窯、吉州窯などの搔き落としや、五彩(宋赤絵)などの色彩に変化を凝らした絵付陶磁も生み出され、活気あふれるユーモラスな意匠も展開しています。

宋時代から長い年月を経た後世の人々もまた、宋磁に畏敬の念を抱き続け、日本でも古くから唐物として知られる作品があり、近代以降には鑑賞陶器としても愛でられてきました。

「青磁碗」〔中国 南宋時代 龍泉窯 出光美術館蔵〕※新収蔵品

そんな宋磁の多様な世界を一望できる展覧会宋磁 神秘のやきもの》が、東京の出光美術館で開かれています(~2018年6月10日まで)。

本展では、重要文化財、重要美術品を含む約110件を展観。宋時代前後のやきものの様相と合わせて紹介します。

重要文化財「青磁輪花鉢」〔中国 南宋時代 南宋官窯 東京国立博物館蔵〕展示期間:5月15日~6月10日 Image:TNM Image Archives

本展の見どころを、出光美術館の担当学芸員、徳留大輔さんにうかがいました。

「今回の展覧会は、当館における約40年ぶりの「宋磁」展です。拝借する作品をあわせ、重要文化財6件(うち絵画作品1件)、重要美術品2件を含む約110件を通して、中国陶磁の真髄である宋磁の世界へ皆様を誘います。

見どころは、それぞれの窯(系)の様式を比較しながらお楽しみいただけるコーナーです。官窯を頂点に、定窯、磁州窯、耀州窯などの各地の窯(系)で、独特の様式美が確立した宋磁の多様な世界をご覧いただきます。

重要文化財「白磁銹花牡丹唐草文瓶」〔中国 金時代 定窯 大阪市立東洋陶磁美術館蔵〕

ほかにも興味深いテーマをトピック展示として、いくつか紹介します。

たとえば、絵画に描かれた宋磁。宋磁は実物だけでなく、絵画の中にも描かれました。そこにはどのような宋磁が描かれ、なぜ描かれたのか? 思いを馳せていただければと思います。また宋磁と茶碗というテーマも設けています。類例が少なく珍しい釉調が魅力の、龍泉窯の砧青磁で天目形の茶碗や、吉州窯の玳玻天目(たいひてんもく)などを厳選して展示します。

いつの時代の人にとっても魅力的で、神秘的なものであり続ける宋磁。この機会に、ぜひ会場まで足をお運びいただければ幸いです」

神秘的かつ優美。中国陶磁の真髄ともいえる宋磁の名品を、じっくりご堪能ください。

【開催要項】
『宋磁 神秘のやきもの』
会期:2018年4月21日(土)~6月10日(日)会期中、一部展示替えあり
会場:出光美術館
東京都千代田区丸の内3-1-1 帝劇ビル9階(出光専用エレベーター9階)
電話:03・5777・8600(ハローダイヤル)
http://idemitsu-museum.or.jp/
開館時間:10時から17時まで、金曜日は19時まで(入館は閉館30分前まで)
休館日:月曜(ただし4月30日は開館)

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 国宝3点が結集!刺繍や綴織で表現された「糸のみほとけ」たちの展覧…
  2. 奄美を愛した孤高の画家・田中一村の画業を回顧する特別な展覧会
  3. ぎえー!背筋が凍るほど怖い幽霊・妖怪画で酷暑の夏に涼しさを
  4. ミステリアスな能面と能衣装の名品を一挙公開!《特別展 金剛宗家の…
  5. まさに机上の小宇宙!日本の文房具・筆と硯の名品がずらり《文房具の…
PAGE TOP