新着記事

新型コロナウイルスによる「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

新型コロナウイルスの「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

文/晏生莉衣新型コロナウイルス感染拡大防止のための休校という異常事態。子どもたちにとっては、それ…

ストレスが原因なのか、便秘になることが増えてきた人の処方箋【不摂生でも病気にならない人の習慣】

文/小林弘幸「人生100年時代」に向け、ビジネスパーソンの健康への関心が急速に高まっています…

ペットの名前ランキング2020、犬1位は「ココ」、猫1位は「レオ」、犬種別、猫種別の1位は?

ペットを飼われている方は多いかと思いますが、皆さんはペットにどんな名前をつけていますか? ア…

2020年1月26日。東京・丸の内で行なわれた70歳の「バースディ・ライブ」のステージで。『エーゲ海のテーマ~魅せられて』を優雅に熱唱。1979年に200万枚の大ヒットを記録、日本列島を席巻したジュディさんの代表曲だ。真っ白い衣装に透けるシルエットが美しい。

【インタビュー】ジュディ・オング(歌手、女優、木版画家・70歳)「これからは毎日をお正月にしよう」古稀を迎えて、そう決めたんです

【サライ・インタビュー】ジュディ・オングさん(歌手、女優、木版画家)――子役からの芸能歴…

アフターコロナ旅行調査、国内旅行は3か月以内、海外旅行は6か月以内に行きたい人が多数!

新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が5月14日には39県で解除され、残り8都…

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

長引く外出自粛とテレワークで“座りすぎ”の人が増えています。前回は便秘薬のお話をしましたが、便秘の悪…

ジョー・パス『カリフォルニア・ブリーズ』

「驚きの顔合わせ」から見えたフュージョン・ギターの源流【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道55】

文/池上信次今回のテーマは、「顔合わせ」。ジャズの面白いところは、どんなタイプのジャズマンでも共…

アスパラの豆乳レモンクリームスパゲティ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】柔らかくて甘い、旬のアスパラガスを使ったレシピ2品

写真・文/矢崎海里肉巻きやフライ、シンプルに茹でてマヨネーズなど、さまざまな味わいが楽しめる…

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態調査

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態

「自覚症状が出ているのに外出するなんてどうかしてる!」感染者の不用意な外出に憤りを感じる人は全体の8…

樺細工の三段小ダンス|2種の桜の皮を使い豊かな表情。手練の樺細工職人が丹精込めた

樺細工で有名な秋田県仙北市角館町から届いた、職人が仕上げた逸品である。使われるのは、東北地方…

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

展覧会

  1. 横山大観《蓬萊山》昭和23年(1948)足立美術館蔵  

    横山大観と日本画の錚々たる巨匠の作品を一堂に【日本画家のつながり 横山大観をめぐる人物相関図】

         

    取材・文/池田充枝近代の日本画家たちは、画塾だけでなく、美術学校などでも多くの画家と親交を深めています。また、美術団体を結成して同じ目標に向かって熱心に研究を行うほか、政府主催の美術展覧会などに集まった様々な芸術観をもった画家たちと…

  2. ル・コルビュジエ「サヴォワ邸」(1928-31年)  

    国立西洋美術館開館60周年記念 ル・コルビュジエ 絵画から建築へ―ピュリスムの時代

         

    取材・文/池田充枝2016年、国立西洋美術館がユネスコ世界文化遺産に登録されました。…

  3. 「プーとコブタが、狩りに出て…」『クマのプーさん』第3章、E.H.シェパード、ペン画、1926年、V&A所蔵 (C)The Shepard Trust  

    世界で一番有名なクマ【クマのプーさん展】

         

    取材・文/池田充枝食いしん坊でおっちょこちょい、今では誰もが知る世界で一番有名なクマである「…

  4. 二月堂縁起上巻(部分) 奈良・東大寺蔵  

    1200年を超える伝統行事の歴史【特別陳列 お水取り】

         

    取材・文/池田充枝奈良に春を告げる伝統行事「お水取り」。3月1日から14日間にわたって行われ…

  5. 奥村土牛《醍醐》1972(昭和47)年 絹本・彩色 山種美術館蔵  

    80歳にして初心、100歳にして現役【山種美術館 広尾開館10周年記念特別展 生誕130周年 奥村土牛】

         

    取材・文/池田充枝日本画の巨匠・奥村土牛(おくむら・とぎゅう1889-1990)は、画家志望…

  6. 浮世四十八手夜をふかして朝寝の手 溪斎英泉 個人蔵  

    多彩なひろがりをみせた園芸【江戸の園芸熱―浮世絵に見る庶民の草花愛―】

         

    取材・文/池田充枝江戸時代の人々は花や草木で季節の移ろいを感じており、四季折々の花の名所は、…

  7. 葛飾北斎 「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」 大判 天保初期( 1830-34 )頃 島根県立美術館 (新庄コレクション) (展示期間 2月 21 日(木)~ 3月 24 日(日) ※1月 17 日(木)~2月 18 日(月) は日本浮世絵博物館の作品を展示)  

    富士山だけではない! 北斎の多彩さを発見する展覧会【新・北斎展 HOKUSAI UPDATED】

         

    取材・文/藤田麻希遠景の富士山の手前に巨大な浪を描いた、「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏…

  8. 礼冠(玉冠)江戸時代 京都国立博物館蔵  

    興味深い日本の伝統的儀式【特集展示 初公開!天皇の即位図】

         

    取材・文/池田充枝2016(平成29)年8月8日、天皇陛下は「おことば」として譲位の意を表明…

  9. 酒呑童子絵巻(部分) 1巻 紙本着色・墨書 日本・室町時代 16世紀 根津美術館蔵  

    絵本のように絵巻を楽しむ【酒呑童子絵巻―鬼退治のものがたり】展

         

    取材・文/藤田麻希「鬼退治」と聞いて真っ先に思い浮かべるのは、皆さんご存知の「桃太郎」ですが…

  10. 紅葵花蒔絵硯箱 尾形光琳作 江戸時代 畠山記念館蔵 展示期間:2月16日~3月17日  

    美の演出家 光悦と光琳【光悦と光琳―琳派の美】

         

    取材・文/池田充枝琳派の祖とされる本阿弥光悦(1558-1637)と、光悦の100年後に生ま…

  11. 元田久治 《 Indication: Shibuya Center Town》 2005年 リトグラフ 作家蔵  

    廃墟ブームは400年前から!?  廃墟にまつわる絵画を集めた展覧会【終わりのむこうへ : 廃墟の美術史】

         

    取材・文/藤田麻希長崎の軍艦島が世界遺産に登録されたことも記憶に新しいですが、昨今、廃墟をテ…

  12. 掛袱紗(紅縮緬地竹に鶏文刺繡) 德川記念財団蔵 展示期間:2月5日~3月3日  

    春を寿ぐ行事【企画展「春を寿(ことほ)ぐ―徳川将軍家のみやび―」】

         

    取材・文/池田充枝春といえば、花見や雛祭りなどを連想する人は少なくないでしょう。これらは今で…

  13. 《新聞と自画像2008.10.8 毎日新聞》2008年、個人蔵  

    図像を「写す」ことにこだわった、知られざる画家の東京初の回顧展【吉村芳生 超絶技巧を超えて】

         

    取材・文/藤田麻希こちらの絵を御覧ください。新聞紙の上に男の顔を描いた作品に見えるの…

  14. 竹内栖鳳《夏鹿》(右)  

    近代日本画壇を牽引した巨匠【竹内栖鳳展 コレクションを中心に】

         

    取材・文/池田充枝明治以降の近代美術界は、西洋の美術思想や絵画技法の導入と伝統の継承との狭間…

  15. 「春日若宮御祭礼絵巻 上巻」 春日大社蔵  

    奈良の歳末を彩るおん祭【特別陳列 おん祭と春日信仰の美術―特集 大宿所―】

         

    取材・文/池田充枝春日若宮おん祭は、奈良の歳末を飾る祭事として、人々に親しまれています。…

  16. 岡田三郎助《ダイヤモンドの女》1908(明治41)年 福富太郎コレクション資料室蔵  

    新しい美人像を生み出した画家、岡田三郎助【モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい】

         

    取材・文/池田充枝明治から昭和初期にかけて、日本ではファッションや美意識の一大変革が起こりま…

  17. 中之町出土資料 京都市蔵  

    日本陶磁史のターニングポイント、桃山時代のやきものをめぐる展覧会【特別展 新・桃山の茶陶】

         

    取材・文/藤田麻希縄文時代から現代まで10000年以上の歴史を誇る、日本の陶磁。そのなかで最…

  18. 山口蓬春《新宮殿杉戸楓4分の1下絵》  

    山﨑種二と皇室ゆかりの美術【特別展 皇室ゆかりの美術 ―宮殿を彩った日本画家―】

         

    取材・文/池田充枝1968(昭和43)年11月、皇居新宮殿が完成され、竣工式が行われました。…

  19. 重要文化財 「釈迦如来坐像」 行快作 鎌倉時代・13世紀 京都・大報恩寺蔵  

    京都市内に残った貴重な鎌倉彫刻がズラリ【京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ】展

         

    取材・文/藤田麻希京都上京区にある大報恩寺は、鎌倉時代の前期、承久二年(1220)に義空上人…

  20. 国宝「源氏物語絵巻」竹河(二) 絵 〔平安時代 12世紀 徳川美術館蔵〕※展示期間11月20日~12月2日  

    絵画化された源氏物語【源氏物語の世界―王朝の恋物語―】

         

    取材・文/池田充枝紫式部によって著された『源氏物語』は、日本の文学史上もっとも重要な作品とし…

  21.  

    「私の芸術は、自己告白である」【ムンク展―共鳴する魂の叫び】

         

    取材・文/池田充枝世界で最もよく知られる名画「叫び」を描いた巨匠、エドヴァルド・ムン…

  22.  

    現代美術作家・杉本博司の視線で天正少年使節の足跡をたどる展覧会

         

    取材・文/藤田麻希1582年、長崎のキリシタン大名が4人の少年、伊東マンショ、千々石ミゲル、…

  23.  

    醍醐寺の寺宝、選りすぐりの100件【京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-】

         

    取材・文/藤田麻希豊臣秀吉が醍醐の花見を楽しんだことで有名な醍醐寺。京都駅から東南にある笠取…

  24.  

    喪黒福造に「ドーン!!!」される!藤子不二雄(A)展レポート

         

    取材・文/池田充枝漫画家デビューして67年、御年84歳にしていまだ現役の藤子不二雄(…

  25.  

    バロック美術とルーベンス【ルーベンス展―バロックの誕生】

         

    取材・文/池田充枝17世紀ヨーロッパを代表する画家、ぺーテル・パウル・ルーベンス(1…

  26.  

    世界が熱狂するフェルメール【フェルメール展】

         

    取材・文/池田充枝ヨハネス・フェルメールは、1632年、オランダのデルフト生まれ。2…

  27.  

    仏像が、走る・踊る!?仏像の新たな一面を楽しめる展覧会をレポート

         

    取材・文/藤田麻希お寺や展覧会で仏像を間近にしたとき、私たちは「素晴らしい仏像ですね」とか「…

  28.  

    日本画の父・狩野芳崖と、その高弟たちの展覧会【特別展 狩野芳崖と四天王 ―近代日本画、もうひとつの水脈―】

         

    取材・文/藤田麻希「日本画」という言葉が、明治時代以降に誕生したものであることをご存じでしょ…

  29.  

    現代美術の父 マルセル・デュシャン【東京国立博物館・フィラデルフィア美術館交流企画特別展 マルセル・デュシャンと日本美術】

         

    取材・文/池田充枝マルセル・デュシャン(1887-1968)は、伝統的な西洋美術の価…

  30.  

    愛の画家 ジョルジュ・ルオー【開館15周年特別展 ジョルジュ・ルオー 聖なる芸術とモデル二テ】

         

    取材・文/池田充枝ジョルジュ・ルオー(1871-1958)は、パリの下町で生まれ、1…

PAGE TOP