新着記事

履きやすい靴は健康に悪い靴⁉  ロコモを防ぐ靴の選び方 履きやすい靴は足に悪い靴!?| 健康寿命を延ばす靴の選び方 本多忠勝像 「徳川四天王」家の幕末~そのとき、名将たちの子孫はどう動いたか【にっぽん歴史夜話13】 江戸切子のぐい呑み|珍しい琥珀色のクリスタルガラスに東西の刻みの技が共演 一生仕事を続ける時代、73歳女性も活躍するユーチューバーという職業[PR] 「ヤフオク!」で検索された「猫」を含むキーワードランキング 夏目漱石の小説「吾輩は猫である」初版本(明治40年発行)は12万円超で落札!|「ヤフオク!」で取引された意外な「猫」グッズ 高所恐怖症の人はクラクラしてしまいそうな天井座敷。 ベストな席は天井桟敷?|ベルリン・フィルハーモニーを現地で鑑賞する方法 健康オイルブーム! 摂り方を間違えるとシワやくすみの原因にも⁉ 健康オイルブーム! 摂り方を間違えるとシワやくすみの原因にも!? 枕職人がつくった快眠枕 ジムナストHIDA|快適な眠りもたらす日本製の理想的な枕 『男のチャーハン道』 「パラパラ」のチャーハンを目指した男の求道記|『男のチャーハン道』 お伊勢参り犬と同行した愛犬家大名・松浦静山の天晴れな生涯 司馬遼太郎も信じなかった犬の伊勢参り|お伊勢参り犬と同行した愛犬家大名・松浦静山の天晴れな生涯

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 角野栄子さん

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

1200年を超える伝統行事の歴史【特別陳列 お水取り】

取材・文/池田充枝

奈良に春を告げる伝統行事「お水取り」。3月1日から14日間にわたって行われるこの法会のクライマックス、13日未明の松明に照らされた神秘でダイナミックな「お水取り」は二月堂を埋め尽くす大観衆で沸きます。

この時季に合わせて、奈良国立博物館ではお水取りの歴史を貴重な絵画や古文書、法具などを展示して紹介する恒例の展覧会が開かれます。(3月14日まで)

二月堂縁起上巻(部分) 奈良・東大寺蔵

二月堂縁起上巻(部分) 奈良・東大寺蔵

本展の見どころを奈良国立博物館の学芸部主任研究員、山口隆介さんにうかがいました。

「お水取りは東大寺の二月堂で行われる仏教法会で、正式には修二会(しゅにえ)といいます。法会の目的は仏の前で罪過を懺悔(さんげ)すること、すなわち悔過(けか)です。現在は3月1日から14日まで行われ、その間、心身を清めた僧(練行衆・れんぎょうしゅう)が十一面観音の前で宝号(ほうごう)を唱え、荒行によって懺悔し、あわせて天下安穏などを祈願します。

重要文化財 十一観音菩薩像(部分) 奈良・東大寺蔵

重要文化財 十一観音菩薩像(部分) 奈良・東大寺蔵

お水取りは、天平勝宝4年(752)に東大寺の実忠和尚(じっちゅうかしょう)が初めて十一面悔過を執行して以来、一度も絶えることなく不退(ふたい)の行法(ぎょうほう)として約1260年にわたって勤め続けられてきました。そこには東大寺が歩んできた長い歴史が刻み込まれています。

重要文化財 二月堂神名帳(部分) 奈良・東大寺蔵

重要文化財 二月堂神名帳(部分) 奈良・東大寺蔵

本展は、毎年、東大寺でお水取りがおこなわれるこの時季にあわせて開催する恒例の企画です。実際に法会で用いられた錫杖(しゃくじょう)や三鈷鐃(さんこにょう)などの法具や、本尊十一面観音像を描いた絵画、お水取りにまつわるさまざまな古文書、二月堂周辺の発掘調査で出土した瓦や土器などを展示いたします。

重要文化財 三鈷鐃〔堂司鈴〕 奈良・東大寺蔵

重要文化財 三鈷鐃〔堂司鈴〕 奈良・東大寺蔵

朱漆塗担台 奈良・東大寺蔵

朱漆塗担台 奈良・東大寺蔵

この機会に、お水取り(修二会)への理解がいっそう深まれば幸いです。」

1200年を超える歴史を知れば、お水取り見が意義深いものになること請けあいです!!

【開催要項】
特別陳列 お水取り
会期:2019年2月8日(金)~3月14日(木)
会場:奈良国立博物館 東新館
住所:奈良市登大路町50(奈良公園内)
電話番号:050・5542・8600(ハローダイヤル)
https://www.narahaku.go.jp/
開館時間:9時30分から17時まで、ただし2月8日(金)・9日(土)は21時まで、2月10日(日)~14日(木)は20時30分まで、2月8日・9日を除く金・土曜日は20時まで、3月3日(日)~7日(木)・10日(日)11日(月)・13日(水)・14日(木)は18時まで(いずれも入館は閉館30分前まで)
休館日:2月18日(月)、25日(月)

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ル・コルビュジエ「サヴォワ邸」(1928-31年) 国立西洋美術館開館60周年記念 ル・コルビュジエ 絵画から建築へ…
  2. 「プーとコブタが、狩りに出て…」『クマのプーさん』第3章、E.H.シェパード、ペン画、1926年、V&A所蔵 (C)The Shepard Trust 世界で一番有名なクマ【クマのプーさん展】
  3. 奥村土牛《醍醐》1972(昭和47)年 絹本・彩色 山種美術館蔵 80歳にして初心、100歳にして現役【山種美術館 広尾開館10周…
  4. 浮世四十八手夜をふかして朝寝の手 溪斎英泉 個人蔵 多彩なひろがりをみせた園芸【江戸の園芸熱―浮世絵に見る庶民の草花…
  5. 葛飾北斎 「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」 大判 天保初期( 1830-34 )頃 島根県立美術館 (新庄コレクション) (展示期間 2月 21 日(木)~ 3月 24 日(日) ※1月 17 日(木)~2月 18 日(月) は日本浮世絵博物館の作品を展示) 富士山だけではない! 北斎の多彩さを発見する展覧会【新・北斎展 …
PAGE TOP