新着記事

越後亀田縞ハンチング|伝統織物で仕立てた小粋な木綿ハンチング帽

失敗を恐れずに進むことが特効薬|『「感情の老化」を防ぐ本』

40代から始まる「感情の老化」を食い止める方法|『「感情の老化」を防ぐ本』

春の体調管理の鍵を握るのは免疫力を上げる「たんぱく質」!

春の体調管理の鍵を握るのは免疫力を上げる「たんぱく質」!

「褒められると伸びるタイプなんです」と言う部下への接し方

【ビジネスの極意】「褒められると伸びるタイプなんです」と言う部下への接し方

ペーパーグラス|眼鏡作りの聖地が生んだ驚異の薄型軽量読書眼鏡

仏像曼荼羅イメージ 東寺蔵

空海発案の立体曼荼羅21体のうち、15体が集合【特別展「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」】

災害時に愛猫がPTSDに陥ったら!|知っておきたい「猫のPTSD」治療法

竹製のスタンドにヤシの葉のうちわを常備。和室はエアコンを設置せずに、うちわや扇風機で涼をとります。網戸がなく、窓を開けっ放しにしているため、家中のいたるところに置いている蚊取り線香入れは、バリ島でつくられたもの。

春過ぎて夏を待つ日に葉山の家へ【桐島かれん『KAREN’s』】

50代夫婦1000名に聞いた定年対策 実態調査!|「定年退職後も夫には外で働いてほしい」は9割近く!!

妻の9割は「定年退職後も夫には外で働いてほしい」|50代夫婦1000名に聞いた「定年後のライフスタイル」

SIWA長財布|障子紙の里から生まれた優しい手触りの軽量財布

サライ本誌最新号

住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。
  2. アウトサイド・ジャパン展

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

高綱・行光の古備前刀工から一文字・長船など各流派まで|「刀剣王国」備前の在銘作32振コレクション【日本刀の華 備前刀】

取材・文/池田充枝

日本刀の主要製作地(山城・大和・備前・相模・美濃)のうち、備前(岡山県南東部)は、上質な原料や水運の利に恵まれ、平安時代より優れた刀工を輩出し、圧倒的な生産量を誇ったことから、今日「刀剣王国」と称されています。

備前刀の特徴は、「腰反(こしぞ)り」の力強い姿と杢目(もくめ)を主体とした精緻な地鉄(ぢがね)に、「丁子乱(ちょうじみだ)れ」と呼ばれる変化に富んだ刀文とされています。その豪壮にして華やかな作風は、鎌倉武士や戦国武将をはじめ多くの人々を魅了してきました。

重要文化財 古備前高綱太刀 鎌倉時代(12~13世紀)  静嘉堂文庫美術館蔵

重要文化財 古備前高綱太刀 鎌倉時代(12~13世紀)  静嘉堂文庫美術館蔵

朱塗鞘打刀拵(古備前高綱太刀付属) 桃山時代(16世紀)  静嘉堂文庫美術館蔵

朱塗鞘打刀拵(古備前高綱太刀付属) 桃山時代(16世紀)  静嘉堂文庫美術館蔵

古備前と呼ばれる備前刀初期の刀工群から一文字・長船・畠田・吉井・鵜飼など備前刀各流派の作風の展開を見ることができる展覧会が開かれています。(6月13日まで)

本展は、「備前刀の宝庫」として知られる静嘉堂の蔵刀を中心に、重要文化財4振、重要美術品11振を含む在銘作32振を精選して展観します。併せて、江戸時代に幕府の御用をつとめた後藤家歴代とその門流(脇後藤)による刀装具も紹介します。さらに国宝「曜変天目(稲葉天目)」が特別出品されます。

重要文化財 嘉禎友成太刀 鎌倉時代・嘉禎3年(1237)  静嘉堂文庫美術館蔵

重要文化財 嘉禎友成太刀 鎌倉時代・嘉禎3年(1237)  静嘉堂文庫美術館蔵

本展の見どころを、静嘉堂文庫美術館の学芸員、山田正樹さんにうかがいました。

「本展第1の見どころは、出品される32振の備前刀がすべて貴重な在銘作品であること、つまり刀工の名前や作られた時代の分かるサインが彫り込まれていることです。また、重文に指定される高綱(たかつな)・行光(ゆきみつ)など現存稀有な古備前刀工の作をはじめ、それに続く一文字(いちもんじ)派、長船(おさふね)派の歴代、直宗(なおむね)派の備前三郎国宗(びぜんさぶろうくにむね)や畠田派、鵜飼派、吉井派など備前物を総覧するような系統だったコレクションを一挙に堪能できる展示になっています。

重要文化財 長船真長小太刀 鎌倉時代(12~13世紀)  静嘉堂文庫美術館蔵

重要文化財 長船真長小太刀 鎌倉時代(12~13世紀)  静嘉堂文庫美術館蔵

黒糸巻柄突兵拵(長船真長小太刀付属) 明治時代(19世紀)  静嘉堂文庫美術館蔵

黒糸巻柄突兵拵(長船真長小太刀付属) 明治時代(19世紀)  静嘉堂文庫美術館蔵

第2の見どころは、室町時代中期以来、幕末までの約400年間、17代にわたって時の権力者に重用され、武家の腰元を飾る金工品のなかで最高の格式をもつものとされた後藤家歴代の刀装具の特集です。後藤宗家の3代目、乗真の作品と考えられる「十二支図三所物(じゅうにしずみところもの)」は、目貫・笄・小柄のそれぞれ小さな画面の中に十二支の動物たちを美しく掘り込んだ、室町時代の「超絶技巧」と呼ぶにふさわしい作品です。この他、宗家歴代に加え、分家でありながら幕末に幕府や皇室の御用を勤め、斬新で洒脱なデザインの刀装具を生み出した後藤一乗の作品をご紹介します。

十二支図三所物 伝 後藤乗真 室町時代(16世紀)  静嘉堂文庫美術館蔵

十二支図三所物 伝 後藤乗真 室町時代(16世紀)  静嘉堂文庫美術館蔵

黄石公張良図鐔(表) 後藤 江戸時代(17世紀)  静嘉堂文庫美術館蔵

黄石公張良図鐔(表) 後藤 江戸時代(17世紀)  静嘉堂文庫美術館蔵

黄石公張良図鐔(裏) 後藤 江戸時代(17世紀)  静嘉堂文庫美術館蔵

黄石公張良図鐔(裏) 後藤 江戸時代(17世紀)  静嘉堂文庫美術館蔵

第3の見どころ、特別出品の国宝・曜変天目(「稲葉天目」)は、今回、自然光のもとでご鑑賞いただけるよう、当館の庭園を望むラウンジでの展示となります。朝・昼・夕方と変化していく曜変の景色をお楽しみいただけます。」

国宝 曜変天目 中国南宋時代(12~13世紀)  静嘉堂文庫美術館蔵

国宝 曜変天目 中国南宋時代(12~13世紀)  静嘉堂文庫美術館蔵

鍛え抜かれた刀身は長い年月を経ても、今なお静謐な光を放ちます。会場でじっくりご鑑賞ください。

【開催要項】
日本刀の華 備前刀
会期:2019年4月13日(土)~6月2日(日)
会場:静嘉堂文庫美術館
住所:東京都世田谷区岡本2-23-1
電話番号:03・5777・8600(ハローダイヤル)
http://www.seikado.or.jp
開館時間:10時から16時30分まで(入館は16時まで)
休館日:月曜日(ただし4月29日、5月6日は開館)、5月7日(火)

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 仏像曼荼羅イメージ 東寺蔵 空海発案の立体曼荼羅21体のうち、15体が集合【特別展「国宝 東…
  2. 歌川国芳「たとゑ尽の内」個人蔵 猫、猫、猫。江戸時代の「猫ブーム」を垣間見る【特別展 いつだって…
  3. 徳川家光 《兎図》 個人蔵 夏目漱石、伊藤若冲、徳川家光が描いた脱力系の問題作を見よ!【へそ…
  4. アウトサイド・ジャパン展 ヤンキー人類学から老人芸術まで、70名以上の作品が揃う大規模展覧…
  5. トーベ・ヤンソン《イースターカード原画》1950年代 ムーミンキャラクターズ社蔵 家族そろってムーミンに会いに行こう【ムーミン展】
PAGE TOP