新着記事

白菜と春雨の中華炒め

【管理栄養士が教える減塩レシピ】甘みを感じる「旬の白菜」をたっぷり使ったご飯が進むおかず2品

ドクターエルCC|骨盤を立たせて疲労軽減。ほどよい硬さが心地よい

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(2/17~2/23)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(2/17~2/23)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(2/17~2/23)牡羊座~蟹座編

指を動かすだけで健康効果がある「指ヨガ」|『全身ポーズと同じ効果!! 指だけヨガ』

指を動かすだけで健康効果がある「指だけヨガ」のやり方

10号帆布のかぶせショルダーバッグ|ものの出し入れがしやすい、使い勝手がよく練られた帆布鞄

スタイルドライブエス|疲れやすい腰まわりをサポート。正しい運転姿勢に導く

【もう君はいない】専業主婦だった妻の異変に気付いた夫。妻の身辺調査を依頼された探偵が出した報告書の衝撃~その2~

【もう君はいない】専業主婦だった妻の異変に気付いた夫。妻の身辺調査を依頼された探偵が出した報告書の衝撃~その1~

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年
  2. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

催し物

多彩なひろがりをみせた園芸【江戸の園芸熱―浮世絵に見る庶民の草花愛―】

取材・文/池田充枝

江戸時代の人々は花や草木で季節の移ろいを感じており、四季折々の花の名所は、行楽の場として賑わっていました。江戸の花の名所は今よりも数多くあり、墨堤、梅屋敷、亀戸天神など花の名所を訪れることは、人々にとって何よりの娯楽でした。
18世紀半ばに植木鉢が普及すると、草花は人々にとってより身近な存在になりました。往来や縁日では植木売りが店を広げ、家の軒先を鉢植で飾ったり、花弁などを変化させた朝顔や、プロの技巧を楽しむ菊細工など、多様な園芸が流行しました。
こうした園芸の流行の様子は浮世絵の格好の画題になりました。

百種接分菊 歌川国芳 個人蔵

百種接分菊 歌川国芳 個人蔵

江戸の園芸熱を描いた浮世絵を一堂に会した展覧会が開かれています。(3月10日まで)

本展は、「花見から鉢植へ(プロローグ)」「身の回りの園芸」「見に行く花々」「役者と園芸」の4つのコーナーで構成し、江戸の人々の草花への愛、そして「園芸熱」を前期・後期合わせて約200点の浮世絵を通して紹介します。

風俗東之錦 鳥居清長 個人蔵

風俗東之錦 鳥居清長 個人蔵

本展の見どころをたばこと塩の博物館の主任学芸員、湯浅淑子さんにうかがいました。

「今回の展示では、鑑賞目的でない浮世絵や芝居絵に焦点を当てたところが見どころとなっています。
浮世絵には、美人、役者、風景などを描いた鑑賞目的のものがありますが、一方、摺物(非売品の配り物の絵)、団扇絵(団扇に貼る目的で制作された絵)、おもちゃ絵など鑑賞のみにとどまらない実用的な用途を持つものもあります。今回は、実用的な浮世絵を集めたコーナーを用意し、これらの主題にも鉢植が多く見られることを紹介しています。

浮世四十八手夜をふかして朝寝の手 溪斎英泉 個人蔵

浮世四十八手夜をふかして朝寝の手 溪斎英泉 個人蔵

夏の夕くれ 歌川国芳 個人蔵

夏の夕くれ 歌川国芳 個人蔵

また、江戸時代には、見世物、歌舞伎などの娯楽が発達していましたが、見世物や歌舞伎と関係ある絵にも江戸の園芸は登場していました。見世物としては菊細工がありますが、そこからは、菊細工の爆発的な流行だけでなく、当時の園芸の技術がたいへん高度であったことがわかります。

菊の細工物 歌川豊国 個人蔵

菊の細工物 歌川豊国 個人蔵

そして、歌舞伎関係の絵としては、園芸を好むことで有名だった人気役者や植木屋が登場する芝居、人気役者が江戸の物売りに扮した絵などを取り上げています。
本展では、想像以上の江戸の園芸熱をお楽しみいただけると思います」

五代目松本幸四郎の福寿草売り 歌川国貞(三代歌川豊国) 個人蔵

五代目松本幸四郎の福寿草売り 歌川国貞(三代歌川豊国) 個人蔵

江戸庶民の熱い園芸趣味が浮世絵を通して伝わる展覧会です。ぜひ会場に足をお運びください。

【開催要項】
江戸の園芸熱―浮世絵に見る庶民の草花愛―
会期:2019年1月31日(木)~3月10日(日)
   前期1月31日(木)~2月17日(日) 後期2月19日(火)~3月10日(日)
   前・後期で展示替えあり
会場:たばこと塩の博物館
住所:東京都墨田区横川1-16-3
電話番号:03・3622・8801
https://www.jti.co.jp/culture/museum/
開館時間:10時から18時まで(入館は17時30分まで)
休館日:月曜日(ただし2月11日は開館)、2月12日(火)

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. C.W.ダウニー《街着姿のサラ・ベルナール》1902年 個人蔵 ミュシャやロートレックのモデルになった、フランスのミューズをめぐ…
  2. 重要文化財 佐竹本三十六歌仙絵 小大君(部分) 鎌倉時代 13世紀 奈良・大和文華館 【展示期間:11月6日~11月24日】 空前絶後! ばらばらになった幻の歌仙絵が京都に集結【[特別展] …
  3. 「黄瀬戸竹花入」 荒川豊蔵 昭和33年(1958) 愛知県陶磁美術館 (川崎音三氏寄贈) 昭和の陶芸家に見いだされて世に広まった、美濃焼の全貌に迫る【黄瀬…
  4. 《麗子肖像(麗子五歳之像)》1918年10月8日 東京国立近代美術館 制作年順に並べることで発見できる、岸田劉生の新たな魅力【没後90…
  5. 「円山・四条派」とは何か? その全貌に迫る【円山応挙から近代京都…
PAGE TOP