新着記事

40代から70代男女6,511名の運動意識に対する実態調査結果|梅雨明けにおすすめのスポーツは“ウオーキング

「ロコモティブシンドローム」対策していますか?|100歳まで楽しく歩くためにすべきこと

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリストの美学」がわかる宿

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリズム」なライフスタイルを体験できる宿

エラ・フィッツジェラルド『シングス・ザ・アイラ・アンド・ジョージ・ガーシュウィン・ソング・ブック』

ジョージ・ガーシュウィンが残した「メロディ」よりも大切なもの【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道12】

人生100年時代、ボーッと生きてたら老後はピンチ!?|50代会社員夫婦の定年対策

今から準備しないと年金生活はピンチ!?|50代会社員夫婦1000人が考える定年退職後

毛もないが、前臼歯もない不思議な犬種

身体にあてると痛みが止まった! 犬の特殊な能力を信じた人々

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|香ばしいくるみを生かして上手に減塩!

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|良質な脂質で健康に良い「クルミ」料理2品

ポストカード

ボロボロの野良猫から人気者に!「おぷうのきょうだい」が明かす今後の構想|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その3】

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【京都人のお墨付き】綴織職人 伝統工芸士・平野喜久夫さんおすすめ|24時間営業でいつでもくつろげる「ハーバーカフェ北野白梅町店」

二巻-俺、つしま

「猫ってかわいいよね!」それだけでこの物語が生まれた!|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その2】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

多彩なひろがりをみせた園芸【江戸の園芸熱―浮世絵に見る庶民の草花愛―】

取材・文/池田充枝

江戸時代の人々は花や草木で季節の移ろいを感じており、四季折々の花の名所は、行楽の場として賑わっていました。江戸の花の名所は今よりも数多くあり、墨堤、梅屋敷、亀戸天神など花の名所を訪れることは、人々にとって何よりの娯楽でした。
18世紀半ばに植木鉢が普及すると、草花は人々にとってより身近な存在になりました。往来や縁日では植木売りが店を広げ、家の軒先を鉢植で飾ったり、花弁などを変化させた朝顔や、プロの技巧を楽しむ菊細工など、多様な園芸が流行しました。
こうした園芸の流行の様子は浮世絵の格好の画題になりました。

百種接分菊 歌川国芳 個人蔵

百種接分菊 歌川国芳 個人蔵

江戸の園芸熱を描いた浮世絵を一堂に会した展覧会が開かれています。(3月10日まで)

本展は、「花見から鉢植へ(プロローグ)」「身の回りの園芸」「見に行く花々」「役者と園芸」の4つのコーナーで構成し、江戸の人々の草花への愛、そして「園芸熱」を前期・後期合わせて約200点の浮世絵を通して紹介します。

風俗東之錦 鳥居清長 個人蔵

風俗東之錦 鳥居清長 個人蔵

本展の見どころをたばこと塩の博物館の主任学芸員、湯浅淑子さんにうかがいました。

「今回の展示では、鑑賞目的でない浮世絵や芝居絵に焦点を当てたところが見どころとなっています。
浮世絵には、美人、役者、風景などを描いた鑑賞目的のものがありますが、一方、摺物(非売品の配り物の絵)、団扇絵(団扇に貼る目的で制作された絵)、おもちゃ絵など鑑賞のみにとどまらない実用的な用途を持つものもあります。今回は、実用的な浮世絵を集めたコーナーを用意し、これらの主題にも鉢植が多く見られることを紹介しています。

浮世四十八手夜をふかして朝寝の手 溪斎英泉 個人蔵

浮世四十八手夜をふかして朝寝の手 溪斎英泉 個人蔵

夏の夕くれ 歌川国芳 個人蔵

夏の夕くれ 歌川国芳 個人蔵

また、江戸時代には、見世物、歌舞伎などの娯楽が発達していましたが、見世物や歌舞伎と関係ある絵にも江戸の園芸は登場していました。見世物としては菊細工がありますが、そこからは、菊細工の爆発的な流行だけでなく、当時の園芸の技術がたいへん高度であったことがわかります。

菊の細工物 歌川豊国 個人蔵

菊の細工物 歌川豊国 個人蔵

そして、歌舞伎関係の絵としては、園芸を好むことで有名だった人気役者や植木屋が登場する芝居、人気役者が江戸の物売りに扮した絵などを取り上げています。
本展では、想像以上の江戸の園芸熱をお楽しみいただけると思います」

五代目松本幸四郎の福寿草売り 歌川国貞(三代歌川豊国) 個人蔵

五代目松本幸四郎の福寿草売り 歌川国貞(三代歌川豊国) 個人蔵

江戸庶民の熱い園芸趣味が浮世絵を通して伝わる展覧会です。ぜひ会場に足をお運びください。

【開催要項】
江戸の園芸熱―浮世絵に見る庶民の草花愛―
会期:2019年1月31日(木)~3月10日(日)
   前期1月31日(木)~2月17日(日) 後期2月19日(火)~3月10日(日)
   前・後期で展示替えあり
会場:たばこと塩の博物館
住所:東京都墨田区横川1-16-3
電話番号:03・3622・8801
https://www.jti.co.jp/culture/museum/
開館時間:10時から18時まで(入館は17時30分まで)
休館日:月曜日(ただし2月11日は開館)、2月12日(火)

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 国宝「十一面観音菩薩立像」平安時代・9世紀 奈良・室生寺蔵 撮影・三好和義 大和の古刹四寺から国宝・重文の仏像が一堂に【特別企画 大和奈良四…
  2. 源氏物語朝顔図(部分) 土佐光起筆 1幅 日本・江戸時代 17世紀 根津美術館蔵 知っておくと便利! 日本美術の定番の画題を、作品を見ながら学ぶ。…
  3. 重要美術品 藤原定信筆《石山切 (貫之集巻下断簡)》平安時代 12世紀 泉屋博古館蔵 かな文字がつくり出す美の世界【企画展 日本の書―和歌と詩のかたち…
  4. 本来の屏風は和室で座って眺めるもの。あえて低い位置に展示されているので、お座敷にいる気分で作品の鑑賞ができます。 80代になっても進化し続けた「若冲の美」|商人時代に描いた絵から…
  5. 《白紅梅織地朝顔麻葉模様浴衣》昭和時代 20世紀前半 東京都江戸東京博物館蔵 前期展示 ゆかた今昔物語【特別展 ゆかた 浴衣 YUKATA すずしさのデ…
PAGE TOP