新着記事

新型コロナウイルスによる「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

新型コロナウイルスの「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

ストレスが原因なのか、便秘になることが増えてきた人の処方箋【不摂生でも病気にならない人の習慣】

ペットの名前ランキング2020、犬1位は「ココ」、猫1位は「レオ」、犬種別、猫種別の1位は?

2020年1月26日。東京・丸の内で行なわれた70歳の「バースディ・ライブ」のステージで。『エーゲ海のテーマ~魅せられて』を優雅に熱唱。1979年に200万枚の大ヒットを記録、日本列島を席巻したジュディさんの代表曲だ。真っ白い衣装に透けるシルエットが美しい。

【インタビュー】ジュディ・オング(歌手、女優、木版画家・70歳)「これからは毎日をお正月にしよう」古稀を迎えて、そう決めたんです

アフターコロナ旅行調査、国内旅行は3か月以内、海外旅行は6か月以内に行きたい人が多数!

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

ジョー・パス『カリフォルニア・ブリーズ』

「驚きの顔合わせ」から見えたフュージョン・ギターの源流【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道55】

アスパラの豆乳レモンクリームスパゲティ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】柔らかくて甘い、旬のアスパラガスを使ったレシピ2品

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態調査

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態

樺細工の三段小ダンス|2種の桜の皮を使い豊かな表情。手練の樺細工職人が丹精込めた

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

催し物

空海発案の立体曼荼羅21体のうち、15体が集合【特別展「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」】

取材・文/藤田麻希

京都の玄関口として馴染み深い東寺(正式名称は教王護国寺)。五重塔が見えると「京都に着たのだな」と実感するかたも多いでしょう。そんな東寺は、平安京遷都にともなって建てられたお寺です。創建当時、平安京の入り口だった羅城門の東側にあったため、東寺と言います。当初はさまざまな宗派の僧侶が集まっていましたが、嵯峨天皇が、中国で密教を学んだ空海に運営を任せたことによって、823年に真言密教寺院となりました。

東寺五重塔

東寺五重塔

空海は、密教は大変難解であって、言葉だけではなく、造形作品の力をかりなければ伝えることはできないと言っています。そのため東寺には数多くの密教美術に関する優れた作品が残されています。そんな東寺の文化財を紹介する展覧会が、現在、上野の東京国立博物館で開かれています。

●曼荼羅とは

国宝 両界曼荼羅図(西院曼荼羅〈伝真言院曼荼羅〉)のうち胎蔵界 平安時代・9世紀 東寺蔵 展示期間:4月23日(火)~5月6日(月・休)

国宝 両界曼荼羅図(西院曼荼羅〈伝真言院曼荼羅〉)のうち胎蔵界 平安時代・9世紀 東寺蔵 展示期間:4月23日(火)~5月6日(月・休)

曼荼羅は仏の悟りの世界を表した図で、大日如来等の本尊を中心に、関連ある諸尊を定められた方式に従って幾何学的に配置しています。曼荼羅にはさまざまな種類がありますが、とくに有名なのは、『大日経』という密教の経典に基づいて描かれる「胎蔵界曼荼羅」と、『金剛頂経』に基づいて描かれる「金剛界曼荼羅」をセットにした両界曼荼羅です。東寺にも、文化財指定を受けているものだけで5件あります。

国宝 両界曼荼羅図(西院曼荼羅〈伝真言院曼荼羅〉)のうち金剛界 平安時代・9世紀 東寺蔵 展示期間:4月23日(火)~5月6日(月・休)

国宝 両界曼荼羅図(西院曼荼羅〈伝真言院曼荼羅〉)のうち金剛界 平安時代・9世紀 東寺蔵 展示期間:4月23日(火)~5月6日(月・休)

こちらは、現存最古の彩色の「両界曼荼羅図」。平安時代につくられたものですが、美しい色がよく残っています。胎蔵界曼荼羅では、大日如来を中心に、外周に行くにしたがって、諸尊の大きさが小さくなり、大日如来の力が全方位に広がるさまをあらわしています。金剛界曼荼羅は大日如来の知恵と実践をあらわしており、1000を超える仏が描かれます。肉身には朱色のグラーションが施され、インドからの影響が伺えます。

●立体曼荼羅とは

仏像曼荼羅イメージ 東寺蔵

仏像曼荼羅イメージ 東寺蔵

空海は嵯峨天皇から東寺を賜った後、それまで信仰の中心であった金堂とは別に講堂をつくり、そこに21体の密教尊像を安置しました。中央に大日如来、そのまわりを4躯の如来像が囲み、さらに右側に五菩薩、左側に五大明王、両脇に梵天・帝釈天、四天王が囲んでいます。『金剛頂経』の世界観を仏像で表したと考えられ、立体曼荼羅と呼ばれています。空海は立体曼荼羅の完成を見ずに入定しましたが、各仏像の作風には空海の希望が反映されている、と言われています。今回の展覧会には21体あるうちの、15体が東京にやってきます。

東京国立博物館広報室長の丸山士郎さんは、つぎのように立体曼荼羅を説明します。

「空海は密教を言葉で理解することは無理なので、絵や彫刻をふくめた造形作品を使う必要があると言っています。密教のお坊さんの修法のときに、変わった手の形をしますよね、立体曼荼羅の仏像も見慣れない手のかたちをしていて、それぞれに重要な意味があるそうです。それを一つ一つ言葉では説明できませんが、その形をイメージすることで修行は進めることができます。密教の教えは我々俗人にはわからないことが多いと思いますが、空海が伝えたかった密教の雰囲気は伝わるかと思います。それを味わっていただけましたら幸いです」

国宝 降三世明王像 平安時代・承和6年(839) 東寺蔵

国宝 降三世明王像 平安時代・承和6年(839) 東寺蔵

手や顔のたくさんある明王像は、密教らしい仏像です。密教はインドで仏教がヒンドゥー教の勢力におされていたときに、それに抵抗しようとできた宗派で、ヒンドゥー教の神々を取り入れています。そのため、明王像には、手や顔がたくさんあります。

国宝 帝釈天騎象像 平安時代・承和6年(839) 東寺蔵

国宝 帝釈天騎象像 平安時代・承和6年(839) 東寺蔵

仏像界きっての「イケメン」と呼び声が高い、帝釈天騎象像も会場にお出ましです。東大寺法華堂などに、奈良時代の帝釈天像がありますが、象には乗っていません。象に乗る姿は、空海が中国で学んだ知識が影響しているだろうと言われています。

東寺の講堂を拝観しても、なかなか奥の仏像をじっくり見ることは叶いませんが、今回の展覧会では、それぞれの像に近づいて拝見することができます。仏像曼荼羅以外にも、空海の書や密教法具など、国宝を含めた寺宝が勢揃いしていますので、ぜひお出かけください。

【特別展「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」】
■会期:2019年3月26日(火) ~ 2019年6月2日(日)
■会場:東京国立博物館 平成館 特別展示室
■住所:〒110-8712 東京都台東区上野公園13−9
■電話番号:03-5777-8600 (ハローダイヤル)
■展覧会公式サイト:https://toji2019.jp
■開室時間:9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
(ただし、会期中の金曜・土曜は21:00まで)
■休館日:月曜日、5月7日(火)
(ただし4月29日(月・祝)、5月6日(月・休)は開館)

取材・文/藤田麻希
美術ライター。明治学院大学大学院芸術学専攻修了。『美術手帖』などへの寄稿ほか、『日本美術全集』『超絶技巧!明治工芸の粋』『村上隆のスーパーフラット・コレクション』など展覧会図録や書籍の編集・執筆も担当。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. C.W.ダウニー《街着姿のサラ・ベルナール》1902年 個人蔵 ミュシャやロートレックのモデルになった、フランスのミューズをめぐ…
  2. 重要文化財 佐竹本三十六歌仙絵 小大君(部分) 鎌倉時代 13世紀 奈良・大和文華館 【展示期間:11月6日~11月24日】 空前絶後! ばらばらになった幻の歌仙絵が京都に集結【[特別展] …
  3. 「黄瀬戸竹花入」 荒川豊蔵 昭和33年(1958) 愛知県陶磁美術館 (川崎音三氏寄贈) 昭和の陶芸家に見いだされて世に広まった、美濃焼の全貌に迫る【黄瀬…
  4. 《麗子肖像(麗子五歳之像)》1918年10月8日 東京国立近代美術館 制作年順に並べることで発見できる、岸田劉生の新たな魅力【没後90…
  5. 「円山・四条派」とは何か? その全貌に迫る【円山応挙から近代京都…
PAGE TOP