新着記事

1枚でも重ね履きシルクとウールの折り返し靴下 同色2足組|シルクとウールで重ね履きの保温効果を発揮

寒さが足元から上がってくる季節は、靴下を重ね履きをするとほっこりと暖かい。そこで本品では、シ…

【ビジネスの極意】夏目漱石「虞美人草」に学ぶ、働くことの意味

【ビジネスの極意】夏目漱石「虞美人草」に学ぶ、働くことの意味

生きていく上で必要な、労働すること、そしてその結果である報酬を得ること。この2つの意味を考え…

『チャーリー・パーカー・ウィズ・ストリングス』

再生メディアの進歩はジャズを大きく変えた【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道43】

文/池上信次レコード登場の当初から長らく続いた「3分しばり」ですが、ついにそのしばりが解ける…

カードが入る小さな小銭入れ|外出時に必要な機能をコンパクトにまとめた

胸ポケットにもすんなり収まる牛革のとてもコンパクトな小銭入れだ。小型サイズながら、ちょっとし…

元気な100歳の3大秘訣「たんぱく質をしっかり摂取」「誰かと食卓を囲む」「世間の出来事に関心あり」

日本では65歳以上の高齢者の人口は年々増加傾向にあり、総人口に占める割合は世界1位です。また…

【お詫び】新型コロナウイルス感染症の影響による『サライ』4月号の付録変更について

平素より『サライ』をご愛読いただき、誠にありがとうございます。新型コロナウイルス感染…

孫の世話をするのは、当たり前ではない!「ばぁば」の半数以上が「孫育て」にモヤモヤしている

共働き家族が急増している現在、忙しいパパ・ママのサポートのために、「孫育て」に関わるじぃじや…

【嫌な部屋干しの臭い】生乾きの臭いを解消する有効な対策とは?

季節は冬から春に移り変わりつつあり、花粉が増える時期になりました。洗濯物も夏場に比べて外に干…

電動フルオートアンブレラ|開閉の途中で止められる、完全自動の電動傘

ワンタッチで開閉する傘は特段珍しくはないが、本品はそれを電動で行なう。電動開閉の利点はふたつ…

【京都人のお墨付き】「京料理 貴与次郎」店主・堀井哲也さんおすすめの和菓子「中村軒」

取材・文/末原美裕京都で長年活躍している目の肥えた方々が足繁く通うお店は、間違いなく感動と出…

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

写真

  1. コンデジでも星の軌跡を表現した撮影ができる(本書69pより)  

    カメラ初心者でも夜空の星を撮影できる! 星空写真の写しかた

         

    文/鈴木拓也デジタルカメラもスマホカメラも低廉化・高性能化が進み、これまで難易度が高いと思われてきた被写体にも気軽にチャレンジしやすくなった。それでも、なかなか敷居が高いのが、満天の夜空にきらめく星々の写真。「高価な機材…

  2. 『定年後は「写真」に凝って仲間をつくろう』  

    「とにかく撮ってみる」から始めよう!|『定年後は「写真」に凝って仲間をつくろう』

         

    文/印南敦史『定年後は「写真」に凝って仲間をつくろう』(福田徳郎著、亜紀書房)の初版が発…

  3.  

    万葉集の名歌絶唱の地を写真で巡る展覧会|牧野貞之『万葉写真展』

         

    取材・文/田中昭三万葉集といえば大和(奈良県)を連想する人が多いに違いないが、北陸の富山県に…

  4.  

    林忠彦と土門拳、写真界の巨匠2人が作品対決!《昭和の目撃者 林忠彦vs土門拳》展

         

    文/編集部ともに戦前に報道写真家として出発した林忠彦(はやし・ただひこ、1918~1990)…

  5.  

    満月の光で捉えた神秘的な光景に心洗われる!石川賢治写真展「月光浴 青い星 BLUE PLANET」

         

    満月の光だけをたよりに写真を撮り続ける月光写真家、石川賢治さん(72歳)。その30年間のベス…

  6.  

    鎌倉・長谷寺、年末の美景3つ【風景写真家・原田寛の旬景散歩】

         

    奈良・長谷寺の本尊と同じ木から刻り出されたという伝説がある、鎌倉・長谷寺の観音菩薩像は、木像としては…

  7.  

    ブラジルの大地と家族を捉えた移民写真家「大原治雄」の愛ある眼差し

         

    文/高橋義隆山梨県にある清里フォトアートミュージアムにて「大原治雄 ブラジルの光、家…

  8.  

    【趣味をもう一度!写真編】撮影した会心の一枚を「作品」に仕上げてみる【PR】

         

    サライ世代の暮らしに、もはやパソコンは欠かせないものになってきている。メールやネット検索が生活の「必…

  9.  

    戦後写真史を写し込むオリジナルな世界!牛腸茂雄という写真家の特異な才能

         

    文/高橋義隆写真家・牛腸茂雄(ごちょう・しげお)の名は、時々ゆるやかに浮上する。ちょ…

  10.  

    思わず息を呑む四季折々の富士の絶景!富塚晴夫写真展「富士山水紀行」展

         

    山中湖畔にスタジオを構え、富士山を撮り続けている写真家がいる。富塚晴夫さん、69歳。四季折々…

  11.  

    夜空を埋め尽くす世界一の4尺玉!新潟・小千谷市片貝の『浅原神社秋季例大祭奉納大煙火』【花火を撮りに行く】

         

    談/市川 傳(写真家)越後三大花火大会のひとつが、片貝の花火大会です。柏崎が海の花火…

  12.  

    水上スターマインの華ひらく!長野県・諏訪湖の『第34回全国新作花火競技大会』【花火を撮りに行く】

         

    談/市川 傳(写真家)花火大会といえば夏の風物詩ですが、9月以降も各地で美しい花火の…

  13.  

    アラスカを愛した写真家・星野道夫の魂の軌跡をたどる!没後20年「星野道夫の旅」展

         

    アラスカに魅せられ、かの地を棲家にして、壮大な自然の世界を描写した、たぐいまれな写真家、星野…

  14.  

    ニコン COOLPIX P900|美しい月の写真を簡単に撮れるコンパクトデジタルカメラ

         

    現在、デジタルカメラの市場には各メーカーから多種多様な機種が登場しているが、それらの多くは機…

  15.  

    清流のなかの梅花藻(バイカモ)を撮る/醒井の地蔵川(滋賀県米原市)【とっておきの花景色】

         

    滋賀県米原市の醒井(さめがい)は、中山道第61番目の宿場町として栄えた地です。古代から交通の…

  16.  

    残雪の乗鞍岳とレンゲツツジを撮る/一ノ瀬園地(長野県)【とっておきの花景色】

         

    北アルプス・乗鞍岳の裾野に広がる乗鞍高原。その中央部にある約60万㎡の緑地が、「一ノ瀬園地」…

  17.  

    花の森四十八滝野草花園|野花が織りなす「花の絨毯」を撮る【とっておきの花景色】(岐阜県)

         

    四季折々の花に彩られた日本の風景を撮り続ける写真家・市川 傳(いちかわ・つたえ)さん。花の名…

  18.  

    【とっておきの花景色】奥日光で「花道を流れる滝」を撮る/竜頭の滝((栃木県)

         

    北海道から沖縄まで、四季折々の花に彩られた日本の風景を撮り続けている写真家・市川 傳…

  19.  

    料理の上手な撮り方|誰でもプロカメラマンになれる「美皿撮り」の掟

         

    美味しそうな料理は、つい、写真に撮って他人に見せたくなる。撮影テクニックの基本を身に付ければ、い…

PAGE TOP