新着記事

現役キャバ嬢1000人に聞いた、お酒の席で好かれる人・嫌われる人

みなさんは、キャバクラに対して、どのようなイメージを抱きますか? キラキラしたイメージもあれ…

おこもり生活に役立つアプリ「dマガジン」の使い方【スマホ基本のき 第19回】

昨今の社会情勢の影響で家での時間が増えている人は多いと思います。でもそのせいで、変化や刺激が…

『まさか!の高脂質食ダイエット』

「高脂質食ダイエット」に学ぶ、食べてよい脂肪、食べてはいけない脂肪

文/印南敦史多くの方は、「脂質は減らすべき」だという考えているのではないだろうか。だからこそ…

新型コロナウイルスによる「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

新型コロナウイルスの「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

文/晏生莉衣新型コロナウイルス感染拡大防止のための休校という異常事態。子どもたちにとっては、それ…

ストレスが原因なのか、便秘になることが増えてきた人の処方箋【不摂生でも病気にならない人の習慣】

文/小林弘幸「人生100年時代」に向け、ビジネスパーソンの健康への関心が急速に高まっています…

ペットの名前ランキング2020、犬1位は「ココ」、猫1位は「レオ」、犬種別、猫種別の1位は?

ペットを飼われている方は多いかと思いますが、皆さんはペットにどんな名前をつけていますか? ア…

2020年1月26日。東京・丸の内で行なわれた70歳の「バースディ・ライブ」のステージで。『エーゲ海のテーマ~魅せられて』を優雅に熱唱。1979年に200万枚の大ヒットを記録、日本列島を席巻したジュディさんの代表曲だ。真っ白い衣装に透けるシルエットが美しい。

【インタビュー】ジュディ・オング(歌手、女優、木版画家・70歳)「これからは毎日をお正月にしよう」古稀を迎えて、そう決めたんです

【サライ・インタビュー】ジュディ・オングさん(歌手、女優、木版画家)――子役からの芸能歴…

アフターコロナ旅行調査、国内旅行は3か月以内、海外旅行は6か月以内に行きたい人が多数!

新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が5月14日には39県で解除され、残り8都…

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

長引く外出自粛とテレワークで“座りすぎ”の人が増えています。前回は便秘薬のお話をしましたが、便秘の悪…

ジョー・パス『カリフォルニア・ブリーズ』

「驚きの顔合わせ」から見えたフュージョン・ギターの源流【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道55】

文/池上信次今回のテーマは、「顔合わせ」。ジャズの面白いところは、どんなタイプのジャズマンでも共…

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

写真

  1.  

    写真家・長濱治が撮影したアナログレコードのような味わいを持つ ブルーズの本「Cotton Fields」

         

    42000カットから厳選した写真と、ピーター・バラカンのテキストとプレイリストの「大人の絵本」最近、アナログ・レコードの持つ深い味わいが、再評価されている。アナログにはデジタルの便利さはないけれど、独特の豊かさと柔らかいニュアンスは、年…

  2. 《アメリカン・ダゲレオタイプカメラ(ルイス・タイプ)》 1850年代初期 ガラス、鉄、真鍮、木  東京都写真美術館蔵  

    幕末から明治の日本の姿を伝える貴重な写真の歴史【日本初期写真史 関東編―幕末明治を撮る】

         

    取材・文/池田充枝幕末の開港とともに西欧からもたらされた写真は、侍たちに驚きをもって迎えられ…

  3. コンデジでも星の軌跡を表現した撮影ができる(本書69pより)  

    カメラ初心者でも夜空の星を撮影できる! 星空写真の写しかた

         

    文/鈴木拓也デジタルカメラもスマホカメラも低廉化・高性能化が進み、これまで難易度が高いと思わ…

  4. 『定年後は「写真」に凝って仲間をつくろう』  

    「とにかく撮ってみる」から始めよう!|『定年後は「写真」に凝って仲間をつくろう』

         

    文/印南敦史『定年後は「写真」に凝って仲間をつくろう』(福田徳郎著、亜紀書房)の初版が発…

  5.  

    万葉集の名歌絶唱の地を写真で巡る展覧会|牧野貞之『万葉写真展』

         

    取材・文/田中昭三万葉集といえば大和(奈良県)を連想する人が多いに違いないが、北陸の富山県に…

  6.  

    林忠彦と土門拳、写真界の巨匠2人が作品対決!《昭和の目撃者 林忠彦vs土門拳》展

         

    文/編集部ともに戦前に報道写真家として出発した林忠彦(はやし・ただひこ、1918~1990)…

  7.  

    満月の光で捉えた神秘的な光景に心洗われる!石川賢治写真展「月光浴 青い星 BLUE PLANET」

         

    満月の光だけをたよりに写真を撮り続ける月光写真家、石川賢治さん(72歳)。その30年間のベス…

  8.  

    鎌倉・長谷寺、年末の美景3つ【風景写真家・原田寛の旬景散歩】

         

    奈良・長谷寺の本尊と同じ木から刻り出されたという伝説がある、鎌倉・長谷寺の観音菩薩像は、木像としては…

  9.  

    ブラジルの大地と家族を捉えた移民写真家「大原治雄」の愛ある眼差し

         

    文/高橋義隆山梨県にある清里フォトアートミュージアムにて「大原治雄 ブラジルの光、家…

  10.  

    【趣味をもう一度!写真編】撮影した会心の一枚を「作品」に仕上げてみる【PR】

         

    サライ世代の暮らしに、もはやパソコンは欠かせないものになってきている。メールやネット検索が生活の「必…

  11.  

    戦後写真史を写し込むオリジナルな世界!牛腸茂雄という写真家の特異な才能

         

    文/高橋義隆写真家・牛腸茂雄(ごちょう・しげお)の名は、時々ゆるやかに浮上する。ちょ…

  12.  

    思わず息を呑む四季折々の富士の絶景!富塚晴夫写真展「富士山水紀行」展

         

    山中湖畔にスタジオを構え、富士山を撮り続けている写真家がいる。富塚晴夫さん、69歳。四季折々…

  13.  

    夜空を埋め尽くす世界一の4尺玉!新潟・小千谷市片貝の『浅原神社秋季例大祭奉納大煙火』【花火を撮りに行く】

         

    談/市川 傳(写真家)越後三大花火大会のひとつが、片貝の花火大会です。柏崎が海の花火…

  14.  

    水上スターマインの華ひらく!長野県・諏訪湖の『第34回全国新作花火競技大会』【花火を撮りに行く】

         

    談/市川 傳(写真家)花火大会といえば夏の風物詩ですが、9月以降も各地で美しい花火の…

  15.  

    アラスカを愛した写真家・星野道夫の魂の軌跡をたどる!没後20年「星野道夫の旅」展

         

    アラスカに魅せられ、かの地を棲家にして、壮大な自然の世界を描写した、たぐいまれな写真家、星野…

  16.  

    ニコン COOLPIX P900|美しい月の写真を簡単に撮れるコンパクトデジタルカメラ

         

    現在、デジタルカメラの市場には各メーカーから多種多様な機種が登場しているが、それらの多くは機…

  17.  

    清流のなかの梅花藻(バイカモ)を撮る/醒井の地蔵川(滋賀県米原市)【とっておきの花景色】

         

    滋賀県米原市の醒井(さめがい)は、中山道第61番目の宿場町として栄えた地です。古代から交通の…

  18.  

    残雪の乗鞍岳とレンゲツツジを撮る/一ノ瀬園地(長野県)【とっておきの花景色】

         

    北アルプス・乗鞍岳の裾野に広がる乗鞍高原。その中央部にある約60万㎡の緑地が、「一ノ瀬園地」…

  19.  

    花の森四十八滝野草花園|野花が織りなす「花の絨毯」を撮る【とっておきの花景色】(岐阜県)

         

    四季折々の花に彩られた日本の風景を撮り続ける写真家・市川 傳(いちかわ・つたえ)さん。花の名…

  20.  

    【とっておきの花景色】奥日光で「花道を流れる滝」を撮る/竜頭の滝((栃木県)

         

    北海道から沖縄まで、四季折々の花に彩られた日本の風景を撮り続けている写真家・市川 傳…

  21.  

    料理の上手な撮り方|誰でもプロカメラマンになれる「美皿撮り」の掟

         

    美味しそうな料理は、つい、写真に撮って他人に見せたくなる。撮影テクニックの基本を身に付ければ、い…

PAGE TOP