新着記事

特製おせち三段重

「サライ・オリジナル 特製おせち」試食会で大好評!|お酒とともに味わう大人の味覚が満載 ご注文受付中

【インタビュー】保科正(家具会社顧問、デザイナー・77歳)「一日一日を思いっ切り生きてきたのでいつ最期を迎えても悔いはありません」

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

【義家族との間】情は一切なし。息子に向けられた敵意を敵意で返してきた義母~その2~

【義家族との間】情は一切なし。息子に向けられた敵意を敵意で返してきた義母~その1~

江戸城・松の大廊下跡

「吉良上野介」は悪人だったのか~「忠臣蔵」敵役の真実【にっぽん歴史夜話23】【にっぽん歴史夜話23】

明智光秀が葬られたとされる桔梗塚。今も荒深一族が管理している。

光秀ゆかりの地・岐阜県山県市発 明智光秀生存伝説|関ケ原合戦参陣で溺死した老光秀と墓地を守り続ける光秀の末裔

古今亭志ん輔

【第88回人形町らくだ亭】2月25日開催/古今亭志ん輔が『居残り佐平次』を演じます

シニアに聞いた「祖父母と孫の関係」|孫へ想いや言葉を伝えたいシニアは約8割

約8割のシニアが、お盆や年末年始以外も、孫と会うためのきっかけ作りを行なっている

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

カメラ初心者でも夜空の星を撮影できる! 星空写真の写しかた

文/鈴木拓也

デジタルカメラもスマホカメラも低廉化・高性能化が進み、これまで難易度が高いと思われてきた被写体にも気軽にチャレンジしやすくなった。

それでも、なかなか敷居が高いのが、満天の夜空にきらめく星々の写真。
「高価な機材が必要」「特別な知識・技術の習得が大変」と思って、二の足を踏んでいる方は多いのではないだろうか?

確かに、日中の撮影では使わない三脚は必要になるし、新たに知っておくべきポイントもある。
とはいえ、最初の一歩は意外と簡単だ。
今回は、入門書の『星を楽しむ 星空写真の写しかた』から、星空撮影の基本の「キ」を、かいつまんで紹介しよう。

■星空撮影に必需品の「三脚」選び

これは星空に限らない話だが、夜景を撮る際は露出時間が増えるため、手ぶれの影響をなくす三脚が必需となる。
カメラショップを覗くと多種多様な三脚があって迷うが、すすめられているのは「中型三脚」。「このクラスであれば広角レンズでの星空の風景写真や、ポータブル赤道義に広角レンズを装着したカメラでガイド撮影も可能」というのが、その理由。ちょっとの風では揺れず、かといって重すぎないという点でも、このクラスがいい。

■スマホで星空を撮る

「スマホのカメラはおもちゃみたいなもの」というのは、もはや過去の話。最近の機種に搭載されているスマホには、星空の撮影に堪える性能を持ったものがある。

スマホで撮影するにも三脚は必要だが、あいにくスマホ本体には雲台に取り付けるネジ穴はないので、スマホ用三脚アダプターを用意する。また、シャッターを切った時のカメラブレを避けるため、リモコンやスマホ用のレリーズが必要で、これらは100均でも入手できる。あるいは、セルフタイマー機能を使ってブレを回避する手もある。

三脚を設置し、スマホを固定して空に向けたら、以下のとおりスマホ画面で一連の設定をする。

・撮影モードを(オートではなく)マニュアルにして各種設定ができるようにする。
・マニュアルフォーカスを選んでピントを無限遠に設定。
・シャッタースピードを長め(30秒など)に設定。
・感度を最高感度(3200)に、ホワイトバランスは太陽光に設定。
・構図を決めて試し撮りし、露出を調整。

三脚に固定したら幾つかの設定を行う(本書63pより)

三脚に固定したら幾つかの設定を行う(本書63pより)

スマホでも夕暮れの月がこれほど綺麗に撮れる。(本書65pより)

スマホでも夕暮れの月がこれほど綺麗に撮れる。(本書65pより)

■コンパクトデジタルカメラで星空を撮る

入門者向けカメラとみなされることもあるコンデジだが、機能が豊富なものだと、夜景モード、星空モード、星空タイムラプスモードなどが付いている。こうしたモードがあれば、星空の撮影も手軽にできる。ない場合は、スマホと同様にマニュアルモードにして、以下の設定を行う。

・感度を高めに設定。
・絞り(F値)を開放にし、シャッタースピードを設定。
・ピントを無限遠に設定。
・構図を決め、ライブビューを見ながらピントを合わせ、まずは試し撮り。露出を調整したら、撮影に臨む。

コンデジでも星の軌跡を表現した撮影ができる(本書69pより)

コンデジでも星の軌跡を表現した撮影ができる(本書69pより)

上の写真は、インターバル撮影機能を使い、比較明合成という画像処理で得られたものだ。この比較明合成機能がなくても、「フリーソフトや、スマートフォンのカメラアプリ」で同じことができるという(詳細は本書参照)。こうした「プロじゃないと無理でしょう?」と思っていた撮影テクニックも、割と容易にマスターできる。応用編として、月食の連続写真、人工衛星、さらにはオーロラの撮影法まで記されているし、赤道義を用いたガイド撮影にも詳しい。

*  *  *

本書は、天文台の台長とベテランの天体写真家の共著だが、小難しい解説は一切なく、ISO感度やピントの合わせ方など、大半のカメラ入門者が漠然としか把握していないポイントも懇切丁寧に教えてくれる。定年を機にカメラの「学び直し」を考える方にも役立つ内容なので、チェックしておくとよいだろう。

【今日の学び直しに役立つ1冊】
『星を楽しむ 星空写真の写しかた』

http://www.seibundo-shinkosha.net/products/detail.php?product_id=6204

(大野裕明・榎本司著、本体1,800円+税、誠文堂新光社)『星を楽しむ 星空写真の写しかた』

文/鈴木拓也
老舗翻訳会社役員を退任後、フリーライター兼ボードゲーム制作者となる。趣味は散歩で、関西の神社仏閣を巡り歩いたり、南国の海辺をひたすら散策するなど、方々に出没している。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 『定年後は「写真」に凝って仲間をつくろう』 「とにかく撮ってみる」から始めよう!|『定年後は「写真」に凝って…
  2. 万葉集の名歌絶唱の地を写真で巡る展覧会|牧野貞之『万葉写真展』
  3. 林忠彦と土門拳、写真界の巨匠2人が作品対決!《昭和の目撃者 林忠…
  4. 満月の光で捉えた神秘的な光景に心洗われる!石川賢治写真展「月光浴…
  5. 鎌倉・長谷寺、年末の美景3つ【風景写真家・原田寛の旬景散歩】
PAGE TOP