新着記事

ほたるいかと菜の花のアーリオオーリオ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】プリプリ&旨味凝縮! 春の味覚ほたるいかを使ったレシピ2品

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(4/6~4/12)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(4/6~4/12)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(4/6~4/12)牡羊座~蟹座編

新型コロナウイルスが4月新入社員研修に与える影

講義型研修はオンライン化進む|新型コロナウイルスで「新入社員研修」どうなる?

信長と帰蝶の関係からも目が離せない。

織田信秀死す! まだ10代の信長・帰蝶夫妻に降りかかる尾張の国難【麒麟がくる 満喫リポート】

【働き手のお財布事情】20代~40代の2割が貯金なし、3割が毎月の貯金をしていない!

【裁判長の説諭】失踪した夫の借金を肩代わり。生活費に困り、子どもたちを育てるために食材を万引きし続けた母。この事件を担当した裁判官は、閉廷後にその母を呼び止めて……。(後編)

【裁判長の説諭】失踪した夫の借金返済を肩代わり。生活費に困り、子どもたちを育てるために食材を万引きし続けた母(後編)

【裁判長の説諭】失踪した夫の借金を肩代わり。生活費に困り、子どもたちを育てるために食材を万引きし続けた母。(前編)

【裁判長の説諭】失踪した夫の借金返済を肩代わり。生活費に困り、子どもたちを育てるために食材を万引きし続けた母(前編)

犬の散歩は犬のためだけに行うのではない。人の健康にも大きな効果。

犬は最高のパーソナルトレーナー。犬の散歩は人の健康寿命を延ばす

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 荒川豊蔵資料館蔵の志野筍絵茶碗 銘「随縁」(荒川豊蔵、1961年)。豊蔵が「再発見」した「美濃桃山陶」の陶片である「筍」と文様が共通する。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

思わず息を呑む四季折々の富士の絶景!富塚晴夫写真展「富士山水紀行」展

赤富士、山中湖

撮影/富塚晴夫

山中湖畔にスタジオを構え、富士山を撮り続けている写真家がいる。富塚晴夫さん、69歳。四季折々、時々刻々に姿を変える雄大な富士山の姿を見事にとらえた富塚さんの写真は、国内外で高い評価を得ている。

米国ロサンゼルスで16年間、広告写真の仕事をした後に帰国。都会の暮らしから一転して、自然と一体になった生活を送りたいと山中湖畔に移住した。

それまで風景写真には無縁だった富塚さんだが、富士山麓のすばらしい環境に触れ、富士山とその周辺の風景を撮り始めた。以来、30年。富塚さんがライフワークとして撮り続けてきた富士の姿は、数え切れないほどの写真となって残された。

そんな富塚さんの富士山の写真展が、いま東京・赤坂の富士フイルムフォトサロン東京で開催されている。

静寂の湖面に映る富士、星降る夜の富士、あでやかな錦秋の富士、そして凍れる冬の朝の富士……。四季折々の美しきにあふれた雄大な富士山の姿を、ぜひ堪能していただきたい。

湖面の彩り,山中湖

撮影/富塚晴夫

星降る夜、十里木高原

撮影/富塚晴夫

錦秋、白糸の滝

撮影/富塚晴夫

雨氷の朝、山中湖

撮影/富塚晴夫

【富塚晴夫写真展 富士山水紀行~湖畔から浜辺へ~】
■会期/2016年10月21日(金)~10月27日(木)
■会場/富士フイルムフォトサロン 東京
■住所/東京都港区赤坂9-7-3
■電話番号/03・6271・3351
■料金/入場無料
■開館時間/10時から19時まで
■休館日/会期中は無休

【山中湖写真ギャラリー/富塚晴夫】
■住所/山梨県山中湖村平野508-389
■電話/0555・62・1701
http://photo-fujisan.com/

文/編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 写真家・長濱治が撮影したアナログレコードのような味わいを持つ ブ…
  2. 《アメリカン・ダゲレオタイプカメラ(ルイス・タイプ)》 1850年代初期 ガラス、鉄、真鍮、木  東京都写真美術館蔵 幕末から明治の日本の姿を伝える貴重な写真の歴史【日本初期写真史 …
  3. C.W.ダウニー《街着姿のサラ・ベルナール》1902年 個人蔵 ミュシャやロートレックのモデルになった、フランスのミューズをめぐ…
  4. 重要文化財 佐竹本三十六歌仙絵 小大君(部分) 鎌倉時代 13世紀 奈良・大和文華館 【展示期間:11月6日~11月24日】 空前絶後! ばらばらになった幻の歌仙絵が京都に集結【[特別展] …
  5. 「黄瀬戸竹花入」 荒川豊蔵 昭和33年(1958) 愛知県陶磁美術館 (川崎音三氏寄贈) 昭和の陶芸家に見いだされて世に広まった、美濃焼の全貌に迫る【黄瀬…
PAGE TOP