新着記事

大人女子の半数が「イボに悩んだ」経験あり! 30歳以上の女性が選んだ対処法と理想の対策

(1)ビル・エヴァンス『自己との対話』(ヴァーヴ) 演奏:ビル・エヴァンス(ピアノ) 録音:1963年2月6、9日、5月20日 最初の試みを「3台」で考えたところがじつに大胆。バラードの「ラウンド・ミッドナイト」などはピアノ3台では少々賑やかすぎる感じも受けますが、どうせやるなら狙いは明確に出そうということでしょう。なお、このアルバムはエヴァンス初のグラミー賞受賞作品となりました。

ビル・エヴァンスが3人いる!? 「自己との対話」という挑戦【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道48】

【瞑想に興味のある女性1,053人に聞きました!】実際に瞑想したことがある?、ない?

瞑想に興味がある女性1,053人に聞いた「瞑想と出会ったきっかけ」

50歳以上は対策が必要⁉ 免疫力を上げるために効果的なこと

味噌カレー牛乳ラーメン

【管理栄養士が教える減塩レシピ】 食事にも牛乳を取り入れて上手に減塩!「じゃがいもとアスパラのグラタン」「味噌カレー牛乳ラーメン」

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(3/30~4/5)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(3/30~4/5)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(3/30~4/5)牡羊座~蟹座編

【ビジネスの極意】「できない理由」を理路整然と話す人は無視しても良い

【ビジネスの極意】「できない理由」を理路整然と話す人は無視しても良い

片岡愛之助演じる今川義元

修羅場を潜り抜けて、家督を継承。片岡愛之助が好演。本当はやり手の大大名だった今川義元【麒麟がくる 満喫リポート】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 荒川豊蔵資料館蔵の志野筍絵茶碗 銘「随縁」(荒川豊蔵、1961年)。豊蔵が「再発見」した「美濃桃山陶」の陶片である「筍」と文様が共通する。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

満月の光で捉えた神秘的な光景に心洗われる!石川賢治写真展「月光浴 青い星 BLUE PLANET」

「COSMOS」福岡県糸島半島/2016年

満月の光だけをたよりに写真を撮り続ける月光写真家、石川賢治さん(72歳)。その30年間のベストショットに初公開の最新作を加えた写真展「月光浴 青い星 BLUE PLANET」が、東京・品川のキヤノンギャラリーSで開催されている(~2017年6月19日まで)

1984年に広告写真の撮影で訪れたハワイのカウアイ島で、満月の夜に啓示を受けて月光写真を撮り始めたという石川さん。その後サイパン島でのテストを経て世界各地で撮影された月光写真群は、1990年に写真集『月光浴』として発表されると、社会現象となるほどの一大センセーションを巻き起こしました。

その後、今日までに10冊の写真集が刊行し、日本全国で数多くの展示会を開催してきた石川さん。今回の展覧会は、そんな石川さんが月光写真家として取り組んできた30年間のベストショットが一堂に会するとともに、最新作も加えた記念すべき写真展となります。

「岬と波」サイパン/1985年(撮影:石川賢治)

ほの暗く照明が落とされた会場では、石川さんのロケに同行して世界中を旅してきたサウンドクリエイター中田悟さん収録による「満月の夜の自然音」が流され、視覚と聴覚を合わせて月光浴の旅を体験できる場となっています。

「岩と星」オーストラリア/デビルズマーブル/2003年(撮影:石川賢治)

「湖に映るバオバブ」マダガスカル/ムルンダバ/2005年(撮影:石川賢治)

「星とイナズマ」アメリカ/モニュメントバレー/2008年(撮影:石川賢治)

「満月の夜、月光に照らされた原野に立つと、足元に影がくっきりと落ち、野花の色や一帯の風景が見えて、地平線から天体、銀河、宇宙が一繋がりになり、宇宙の中の地球本来の姿が現れます」と語る石川さん。

そんな満月の夜の美しい写真を眺めつつ、青い星・地球と宇宙の神秘的な関係を実感できる展覧会です。

「キリン三兄弟」ケニア/マサイマラ/1999年(撮影:石川賢治)

「悪魔の喉笛」ブラジル・アルゼンチン/イグアスの滝/2007年(撮影:石川賢治)

【石川賢治月光写真展「月光浴 青い星 BLUE PLANET」】
■会期/2017年4月27日(木)~6月19日(月)
■会場/キヤノンギャラリーS
■住所/東京都港区港南2-16-6 キヤノンSタワー1階
■料金/入場無料
■開館時間/10時から17時30分まで
■休館日/日曜・祝日(GW中の4月29日は休館、5月6日は開館)
http://cweb.canon.jp/gallery/archive/ishikawa-blue/index.html
※5月6日(木)にはギャラリートークとサイン会が予定されています。詳しくは上記のHPをご覧ください。

この写真展にあわせて写真集も刊行されました。石川さんの30年間のベストショット約90カットを一冊にまとめた決定版写真集です。

【写真集『月光浴 青い星』】
(石川賢治著、価格:3000円+税、小学館)

文/編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 写真家・長濱治が撮影したアナログレコードのような味わいを持つ ブ…
  2. 《アメリカン・ダゲレオタイプカメラ(ルイス・タイプ)》 1850年代初期 ガラス、鉄、真鍮、木  東京都写真美術館蔵 幕末から明治の日本の姿を伝える貴重な写真の歴史【日本初期写真史 …
  3. C.W.ダウニー《街着姿のサラ・ベルナール》1902年 個人蔵 ミュシャやロートレックのモデルになった、フランスのミューズをめぐ…
  4. 重要文化財 佐竹本三十六歌仙絵 小大君(部分) 鎌倉時代 13世紀 奈良・大和文華館 【展示期間:11月6日~11月24日】 空前絶後! ばらばらになった幻の歌仙絵が京都に集結【[特別展] …
  5. 「黄瀬戸竹花入」 荒川豊蔵 昭和33年(1958) 愛知県陶磁美術館 (川崎音三氏寄贈) 昭和の陶芸家に見いだされて世に広まった、美濃焼の全貌に迫る【黄瀬…
PAGE TOP