新着記事

コンプライアンス 【ビジネスの極意】もし、あなたの部下が「道頓堀ダイブ」したら、どうする?

最近、コンプライアンスという言葉が取り沙汰される機会が多い。企業においては法令や規則を守る、…

日本の美術館 日本の美術館ランキング2018 トップ20

現在、東京・上野の森美術館で開催中の「フェルメール展」が好評だ。来場者もすでに10万人を突破した。今…

JAZZ遺言状 寺島靖国氏が語るジャズ7箇条|『JAZZ遺言状』

文/印南敦史サライ世代の音楽ファン、とりわけジャズが好きな人であるなら、寺島靖国氏は…

死亡率は1割ほど 「10数えてズドン!」は大間違い。アメリカのリアルな「決闘」ルールとは?

文・写真/大井美紗子(海外書き人クラブ/アメリカ在住ライター)アメリカ映画――特に南北戦争か…

隣り合っていながら絶対に負けられない「犬猿県」の終わりなき戦い 静岡vs山梨、千葉vs埼玉|絶対に負けられない「犬猿県」の終わりなき戦い

文/鈴木拓也日本には、県境が未確定なところが14か所もあるという。その1つが…

山本益博|「江戸前」の握り鮨は、「まぐろ」がないと始まらない。【食いしん坊の作法 第13回】

写真・文/山本益博今は、「おまかせ」の握りになると、鮨職人が白身のひらめやかれいから…

快適に過ごせる靴との出会い 実践!正しい靴の履き方講座【快適に過ごせる靴との出会い vol.1】

文・イラスト/小池美波日常生活の様々なシーンで欠かせない靴ですが、足に合わないと思いながらも…

家の中の危険をチェック! ほとんどの事故は家庭内で起きている 家の中の危険をチェック!高齢者事故の8割は家庭内で起きている

取材・文/坂口鈴香平成29年の高齢社会白書によれば、65歳以上の高齢者の事故の77%…

サライ世代に聞いた「読み直したい古典」ランキング

文/編集部シニア世代に支持されている大人の生活誌『サライ』の愛読者のみなさんに、「い…

パワハラ上司、クラッシャー上司のトリセツ 【ビジネスの極意】パワハラ上司、クラッシャー上司のトリセツ

サライ世代に役立つビジネスの極意を紹介する本連載。会社という組織において、上司との関係は自分の人…

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

ブルーノート東京

  1. ラテン・ジャズ界のスーパー・トランぺッター、アルトゥーロ・サンドヴァルの熱いライブを堪能する

    文/堀けいこ音楽に限らず、様々な芸術分野で活躍する優れたアーティストを語るときに使われる言葉がいくつかある。天才、鬼才、名手……。キューバ生まれのアルトゥーロ・サンドヴァルを呼ぶとすれば、ラテン・ジャズ・トランぺッターの“重…

  2. 御年86歳、映画音楽の巨匠ミシェル・ルグランの生演奏を聴く@ブルーノート東京

    文/堀けいこ落ち込んだり、悲しいことに出会ったりしたとき、映画や音楽に接することで、気持ちが…

  3. デューク・エリントン・オーケストラが4年半振りにブルーノート東京に登場!

    文/堀けいこ1920年代半ばから半世紀にわたり、自身のオーケストラを率いて精力的に活動し続け…

  4. 弾き語りの名手ジョン・ピザレリの『シナトラ&ジョビン』ライブ

    文/堀けいこ映画で、ラジオで、喫茶店で……。サライ世代は、長い時間をかけて、様々なシ…

  5. ジャズ歌の女王エラが愛した名曲をパティ・オースティンが歌うライブ

    文/堀けいこジャズの世界には、いつの時代にも人々を魅了する女性ヴォーカリストがいるが…

  6. 祝80歳!ベースの巨匠ロン・カーターの円熟の極みを聴くライブ

  7. 古き佳きジャズを洒脱に奏でる『ザ・ホット・サーディンズ』来日公演@ブルーノート東京

  8. 静謐なギター&ヴォーカルで映画音楽を堪能!ビル・フリゼール来日公演@ブルーノート東京

  9. ついにラストステージへ!名歌手ヘレン・メリルの「さよならコンサート」@ブルーノート東京

  10. ニーナ・シモンの再来!注目の女性歌手「ブイカ」の来日公演【@ブルーノート東京】

  11. いま聴きどきの女性ジャズ歌手!ステイシー・ケントのバレンタイン公演【@ブルーノート東京】

  12. 特別ゲストが参加決定!ジャズ界最高峰バンド「フォープレイ」年末カウントダウン・ライブ【@ブルーノート東京】

PAGE TOP