新着記事

ファミリーレッグシェイカー|高速の振動が心地よく血行を促進、リラックスできる

数あるフットマッサージ機の中で、ユニークな仕掛けを持つのが本機である。その仕掛けとは「貧乏ゆ…

【義家族との間】離婚後も娘のように接してくれる義両親。その深い愛に救われた~その2~

取材・文/ふじのあやこ離婚、再婚などで複雑化する家族関係。血縁のない家族(義家族)との関係で生じ…

【義家族との間】離婚後も娘のように接してくれる義両親。その深い愛に救われた~その1~

取材・文/ふじのあやこ家族の中には、血縁のない『義(理の)家族』という間柄がある。結婚相手の親族…

まだ荒れた都時代の本能寺門前で。

将軍足利義輝、松永久秀、細川藤孝・・・・・。やがて来る過酷な戦国、それぞれの運命【麒麟がくる 満喫リポート】

ライターI(以下I):『麒麟がくる』って鉄砲の場面が多いですね。第5話では光秀が道三に鉄砲を…

認知症の親との日々のコミュニケーションで疲れ果てないためのコツ|『認知症の親へのイラッとする気持ちがスーッと消える本』

認知症の親へのイラッとする気持ちが消える3つの処方箋

文/鈴木拓也日本国内の認知症の患者数はいまや約500万人。社会の高齢化によって、その…

皇帝専用駅ヒーツィング

謎の地下礼拝堂から皇帝専用駅舎まで、ウィーンのユニークな地下鉄の駅と路線(オーストリア)

文・写真/御影実(オーストリア在住ライター/海外書き人クラブ)120年の歴史を誇る、ウィーンの地…

【医学部受験経験者1,004人への調査で判明】受験勉強法と必勝ツール

受験生の皆さんは、入試に向けて、毎日必死に勉強していることでしょう。しかしながら、医学部合格…

愛犬の終活を迎える時に、準備しておきたい大切なこと

最後の日々を後悔しないために「愛犬の終活」で準備したい大切なこと

取材・文/柿川鮎子お散歩友達の8歳のゴールデン・レトリーバーが、がんを宣告されてしまいました…

親と心を通わせ合うために|『精神科医が教える 親のトリセツ』

親と心を通わせ合うためのヒント|精神科医が教える「親のトリセツ」

高齢の親に対してはつい、「頑固・わがまま・融通が効かない」などというようなイメージを持ってし…

室内の「隠れダスト」に要注意! 花粉症患者の約7割がオフィスでも花粉症の影響を体感している

春が近づいてくると、花粉症の方々は憂鬱な気分になるのかもしれません。ソフトバンクロボティ…

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

ブルーノート東京

  1. レジェンダリー・カウント・ベイシー・オーケストラ  

    カウント・ベイシーの意志を受け継ぐ伝説のオーケストラ・ジャズ

         

    文/堀けいこオーケストラを日本語で言うと、管弦楽団。クラシック音楽の編成では、管楽器、弦楽器、それに打楽器の3つのグループからなる演奏家の集まり。では、いったい何人いたらオーケストラと呼ぶのか。とくに決まりはないが、一般にイメージさ…

  2. ジョン・スコフィールド  

    ジャズ界の最前線で活躍し続けるギタリスト、ジョン・スコフィールド|炸裂するパワーと円熟味のある演奏は、聴衆の心をわしづかみにする!

         

    文/堀けいこ学生時代にギターをやっていた人は? サライ世代にこんな質問をしたら、きっと、あち…

  3. マーカス・ミラー  

    マイルス・デイヴィスなどのトップ・アーティストに愛されてきたスーパー・ベーシスト、マーカス・ミラーがカウントダウン・ライブに登場!

         

    文/堀けいこその曲を耳にすると、あのときを思い出す‥‥。誰にでも、そんな心に刻まれたミュージシャ…

  4.  

    ラテン・ジャズ界のスーパー・トランぺッター、アルトゥーロ・サンドヴァルの熱いライブを堪能する

         

    文/堀けいこ音楽に限らず、様々な芸術分野で活躍する優れたアーティストを語るときに使わ…

  5.  

    御年86歳、映画音楽の巨匠ミシェル・ルグランの生演奏を聴く@ブルーノート東京

         

    文/堀けいこ落ち込んだり、悲しいことに出会ったりしたとき、映画や音楽に接することで、気持ちが…

  6.  

    デューク・エリントン・オーケストラが4年半振りにブルーノート東京に登場!

         

    文/堀けいこ1920年代半ばから半世紀にわたり、自身のオーケストラを率いて精力的に活動し続け…

  7.  

    弾き語りの名手ジョン・ピザレリの『シナトラ&ジョビン』ライブ

         

    文/堀けいこ映画で、ラジオで、喫茶店で……。サライ世代は、長い時間をかけて、様々なシ…

  8.  

    ジャズ歌の女王エラが愛した名曲をパティ・オースティンが歌うライブ

         

    文/堀けいこジャズの世界には、いつの時代にも人々を魅了する女性ヴォーカリストがいるが…

  9.  

    祝80歳!ベースの巨匠ロン・カーターの円熟の極みを聴くライブ

         

    文/堀けいこ今年5月に80歳の誕生日を迎えたロン・カーター。最も有名なジャズ・ベーシ…

  10.  

    古き佳きジャズを洒脱に奏でる『ザ・ホット・サーディンズ』来日公演@ブルーノート東京

         

    文/堀けいこ「現代のニューヨークで、最高のジャズバンドのひとつ」(『フォーブス』)と…

  11.  

    静謐なギター&ヴォーカルで映画音楽を堪能!ビル・フリゼール来日公演@ブルーノート東京

         

    ギタリストのビル・フリゼールは、1970年代にジャズシーンに登場し、1983年のアルバム・デ…

  12.  

    ついにラストステージへ!名歌手ヘレン・メリルの「さよならコンサート」@ブルーノート東京

         

    不朽の名盤として音楽ファンに愛され続けるアルバムがある。1954年にニューヨークのスタジオで…

  13.  

    ニーナ・シモンの再来!注目の女性歌手「ブイカ」の来日公演【@ブルーノート東京】

         

    誰にでも、心の中には音楽の抽斗(ひきだし)がある。たとえば、ふと立ち寄ったカフェで、店内に流…

  14.  

    いま聴きどきの女性ジャズ歌手!ステイシー・ケントのバレンタイン公演【@ブルーノート東京】

         

    「ニューヨークのため息」と呼ばれたヘレンメリルのハスキーな歌声。バラードが胸に染み入るカーメ…

  15.  

    特別ゲストが参加決定!ジャズ界最高峰バンド「フォープレイ」年末カウントダウン・ライブ【@ブルーノート東京】

         

    「フォープレイ」はその名の通り、4人の名ジャズプレイヤーが集結したドリームバンド。 1990…

PAGE TOP