新着記事

病気もなく、美しい形状の収穫直前の洗馬のぶどう。

【日本ワイン生産者の肖像8】小山田幸紀さん(ドメーヌ・オヤマダ)|自分の人生や思想をワインに表現、その高い到達点を目指して~その2~

「自分なりの栽培法をみつけるまではチャレンジの連続でした」と語る。

【日本ワイン生産者の肖像8】小山田幸紀さん(ドメーヌ・オヤマダ)|自分の人生や思想をワインに表現、その高い到達点を目指して~その1~

ふとした瞬間に気づく「オバ見え」! 8割以上の女性が「見た目年齢」が気になる!

Google カレンダーがちょっと便利になる使い方【スマホ基本のき 第12回】

御城印発祥の松本城

お城めぐりの記念に「御城印」を集める! はじめての「御城印」ガイド

40代~50代女性1,015人の第二の人生でしたいこととは…?

40代~50代女性1,015人が考える「第二の人生でしたいこと」

食事を楽しみ健康寿命を延ばす、舌のエクササイズ

食事を楽しみ健康寿命を延ばす「舌のエクササイズ」

人情に厚くスジを通した生き方の役『仁義なき戦い』【面白すぎる日本映画 第38回】

人情に厚くスジを通した生き方の役柄が俳優・梅宮辰夫への信望に『仁義なき戦い』【面白すぎる日本映画 第38回】

家事代行件数20,854件の『家事のプロ』が選ぶ、“本当に使える”商品発表!

家事代行件数20,854件の『家事のプロ』だからわかる! 本当に買うべき「料理」「掃除」「整理収納」アイテム9選

インフルエンザ薬「ゾフルーザ」に早くも耐性ウイルス問題|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第13回】

インフルエンザ薬「ゾフルーザ」に早くも耐性ウイルス問題|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第13回】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

ニーナ・シモンの再来!注目の女性歌手「ブイカ」の来日公演【@ブルーノート東京】

Bataclan Theater 2010 by Paul Evrard

Bataclan Theater 2010 by Paul Evrard

誰にでも、心の中には音楽の抽斗(ひきだし)がある。たとえば、ふと立ち寄ったカフェで、店内に流れる昔のヒット曲を耳を傾けた瞬間、しまっておいた街の景色や当時の自分の気持ちが、その抽斗から出てきたりする。そんな貴方の音楽の抽斗の中に、たとえばニーナ・シモンはいるだろうか。

1950年代半ばから半世紀近くにわたり第一線で歌い続けたニーナ・シモン。彼女が伝説的なミュージシャンとされる所以は、奥深い歌声と類い稀なる表現力はもちろん、ジャズ、ポップス、ソウルといった、音楽のジャンルの枠に収まらない柔軟で幅広い演奏で世界の人々を魅了したからだ。

そんな“ニーナ・シモンを彷彿させる”ミュージシャンとして、今注目されているのが、スペイン出身の歌手、ブイカだ。

地中海西部のバレアレス海に浮かぶマジョルカ島で、1972年、ギニア共和国出身の両親の下に生まれたブイカは、地元の音楽であるコプラやカンテ(歌)・フラメンコが聴こえる環境で育った。周りの人々は、幼少のうちから彼女の音楽的な才能とセンスに気づいていたという。

歌手として出発した彼女は、2005年にソロアルバム『ブイカ』を発表、翌年には『ミ・ニーニャ・ローラ』がヒット。2009年発表の『エル・ウルティモ・トラゴ』でラテン・グラミー賞を獲得、13年発表の『ラ・ノーチェ・マス・ラルガ』は第56回グラミー賞のベスト・ラテン・ジャズ部門にノミネートされるなど、充実した作品を残してきている。

数々のアルバムやステージで披露されるブイカの音楽は、心揺さぶるスペインの音楽をベースに、レゲエ、R&B、アフロビート、ゴスペル、そしてジャズと、まさにジャンルを超えた多彩な要素を抱えている。そんなスケールの大きさから、伝説のニーナ・シモンを引き合いに出して讃えられるのも納得がいく。

1244.jpg ARTWORK JAPAN

そんな注目のシンガー、ブイカの待望の来日公演が目前に迫っている。3月4日(土)は、至近距離でブイカの圧倒的な歌唱力と存在感のある佇まいを堪能できるであろう東京・青山「ブルーノート東京」でのライブステージ。3月7日(火)には、東京・錦糸町の「すみだトリフォニーホール」で、オーケストラ(新日本フィルハーモニー交響楽団)をバックに歌う。こちらは壮大なステージが期待できる。

「ブイカが生まれ育ったマジョルカ島の音楽と、両親の出身地であるギニア共和国の文化、そして彼女が聴いて育ったジャズ、レゲエ、ソウルといった音楽が一体となった唯一無二のサウンド、豊かな表現力と素晴らしい歌声を持つ彼女の魅力を、ぜひライブで体験していただきたいです」

そう語るのは「ブルーノート東京」広報の原澤美穂さん。

ブイカの日本での単独公演は、今回が初めて。その歌声は、きっと、貴方の音楽の抽斗にいつまでの残るにちがいない。

【ブルーノート東京 ブイカ公演情報】
■公演日時/3月4日(土)
第1ステージ 開場16時 開演17時
第2ステージ 開場19時 開演20時
■ミュージックチャージ/9,000円(税込)
■会場/ブルーノート東京
東京都港区南青山6-3-16 ライカビル
■予約・問合せ/電話: 03-5485-0088

【すみだトリフォニーホール「ブイカ シンフォニック・スペシャル・ナイト」】
■公演日時/3月7日(火)
開場18時30分 開演19時
■会場/すみだトリフォニーホール
東京都墨田区錦糸1-2-3
■問合せ/電話03・5608・1212(トリフォニーホール・チケットセンター)

※チケットは各プレイガイドにて発売中

文/堀けいこ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ベニー・グッドマン・トリオ『ザ・コンプリート・トリオズ』 ピアノ・トリオは「ジャズの基本形」ではない。トリオ編成の元祖とは…
  2. ジューン・クリスティ&スタン・ケントン『デュエット』 「自分を変えない」というインタープレイ【ジャズを聴く技術 〜ジャ…
  3. エラ・フィッツジェラルド&ジョー・パス『エラ&パス・アゲイン』 1+1=2にならないデュオの面白さ【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「…
  4. チック・コリア&ハービー・ハンコック『デュオ・ライヴ』 ピアノは寄り添い、ギターはぶつかる。デュオには性格が出る?【ジャ…
  5. 古今亭志ん輔 【第88回人形町らくだ亭】2月25日開催/古今亭志ん輔が『居残り…
PAGE TOP