新着記事

趙雲~「全身これ胆」の名将【中国歴史夜話 12】

趙雲~「全身これ胆」の名将【中国歴史夜話 12】

クリップオン偏光サングラス|日常使いのメガネがそのまま高機能サングラスに

南部以外ではなかなかお目にかかれないグリッツ。これはインスタント商品

『ザリガニの鳴くところ』のトウモロコシ粥(グリッツ)ってどんな味?【物語のアメリカ料理】

【娘のきもち】「その歳で親離れできていなさ過ぎて怖い」と終わった結婚生活。親を過剰に心配しすぎる娘の成長過程~その2~

【娘のきもち】「その歳で親離れできていなさ過ぎて怖い」と終わった結婚生活。親を過剰に心配しすぎる娘の成長過程~その1~

右側は煮溶かしたばかりのため、サラサラで飲みやすい。 左側は、冷めてかたまってからカットしたもの。プリッとしてボリュームがある。

おこもり生活で便秘が気になるなら、水溶性食物繊維たっぷりスープを!「あったか寒天スープ」でウィルス対策!

前列左から時計回りに、ご飯、キンカンの甘煮、梅干し、スクランブルエッグ、ウィンナーソーセージ、野菜サラダ(トマト・パセリ・サラダ菜・胡瓜・セロリ)、塩、フレンチドレッシング、煎茶・味噌汁(豆腐・油揚げ・長葱)。キンカンの甘煮は姉の手作りで、箸休めにつまむ。梅干しは塩分3%と低塩。野菜サラダには塩とフレンチドレッシングをかける。

【朝めし自慢】山本龍香(カラー魚拓作家・76歳)「赤、白、緑と彩りのいい野菜が並びます」

現役キャバ嬢1000人に聞いた、お酒の席で好かれる人・嫌われる人

おこもり生活に役立つアプリ「dマガジン」の使い方【スマホ基本のき 第19回】

『まさか!の高脂質食ダイエット』

「高脂質食ダイエット」に学ぶ、食べてよい脂肪、食べてはいけない脂肪

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

いま聴きどきの女性ジャズ歌手!ステイシー・ケントのバレンタイン公演【@ブルーノート東京】

Photo by Yuka Yamaji 撮影 : 山路 ゆか

Photo by Yuka Yamaji

「ニューヨークのため息」と呼ばれたヘレンメリルのハスキーな歌声。バラードが胸に染み入るカーメン・マクレエの深みのある歌声……。いつの時代にも、その歌声が人々を酔わせた魅力的な女性ヴォーカリストがいた。お気に入りのアルバムから流れ出る彼女たちの歌声は、歳月を経ても色褪せない。が、その魅力に酔えば酔うほど「ああ、この声を、息づかいを、生で聴きたかったな」とも思う。

そして、今こそ聴いておきたい、そう思わせる現役の女性ヴォーカリストの一人がステイシー・ケントだ。

Photo by Yuka Yamaji 撮影 : 山路 ゆか

Photo by Yuka Yamaji

ステイシー・ケントは、アメリカのニュージャージーで生まれ、イギリスに渡った後、ロンドンを拠点に活動し始めたジャズ系のヴォーカリスト。1997年のデビュー以来、10枚を超えるオリジナル・アルバムをリリースしており、2009年には北野たけしが受賞したことでも知られるフランスの芸術文化勲章など、母国アメリカだけでなく、ヨーロッパ各国で多くの賞を受賞している。英語以外に、フランス語、ポルトガルト語も堪能で、文字通り世界規模で活躍するヴォーカリストといえる。

日本にも熱心なファンが多い彼女は、これまでに3度、ブルーノート東京のステージに立っている。ジャズのスタンダード・ナンバーに限らず、歌声が優しく心に届くフランス語のオリジナル・ナンバーや、14歳の頃にスタン・ゲッツとジョアン・ジルベルトの競演盤を聞いてから虜になってしまったというボサ・ノヴァも、たっぷりと披露してくれた。

Photo by Yuka Yamaji 撮影 : 山路 ゆか

Photo by Yuka Yamaji

そんなステイシー・ケントが、日本のファンの期待に応えて再び来日、来春2月12日から3夜連続でブルーノート東京のステージに立つ。

「シンガーとしての実力は言うまでもなく、佇まいがとても素敵なステイシー。知的でエレガント、かつキュートな一面も。彼女の歌声やサウンドと同様に“さり気ないけれどセンス抜群”なファッションも、ライブの楽しみの一つです。クリント・イーストウッドやカズオ・イシグロも、好きなシンガーとしてステイシーの名を挙げていたそうです」と、ブルーノート東京 広報の原澤美穂さん。

Photo by Yuka Yamaji 撮影 : 山路 ゆか

Photo by Yuka Yamaji

夫であり、彼女の作品のプロデューサーでもある、サックス&フルート奏者のジム・トムリンソンをはじめとする、実力派プレイヤーたちも、もちろん帯同。充実したパフォーマンスへの期待が高まる。

「とてもナチュラルで、チャーミングで、穏やか」「なんともいえない品の良さと温かみを感じる」「ドラマチックさを強調するのではなく、とても素直で、いい感じの力の抜け方が魅力的」……ライブ(生)で彼女の歌声を聴き、心を打たれたファンたちの感じ方は、こんなふう。

ジャズ・シーンをリードするトップ・アーティストたちが、ディズニーゆかりの名曲をカバーした新作CD『ジャズ・ラヴズ・ディズニー』(ユニバーサルミュージック)にも参加して、新たな話題を呼んでいるステイシー。まさに、今、生でその歌声を聞きたいヴォーカリスト、ステイシー・ケント。その歌声を、ブルーノート東京で、心行くまで堪能したい。

【ステイシー・ケント公演情報】
■公演日時/
2月12日(日)
[第1ステージ]開場16時、開演17時
[第2ステージ]開場19時、開演20時

2月13日(月)、14日(火)
[第1ステージ]開場17時30分、開演18時30分
[第2ステージ]開場20時20分、開演21時

■出演/
ステイシー・ケント(ヴォーカル、ギター)
ジム・トムリンソン(サックス、フルート)
ジェレミー・ブラウン(ベース)
ジョシュ・モリソン(ドラムス)
グラハム・ハーヴィー(ピアノ、キーボード)

■ミュージックチャージ/8,500円(税込)

■会場/ブルーノート東京
東京都港区南青山6-3-16 ライカビル
ご予約・お問合せ : 03-5485-0088
http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/stacey-kent/

course

今回のステイシー・ケントのステージは「バレンタイン公演」ということで、本公演限定の食事&飲物の企画も用意されている。コースからデザートまで、全てに旬のベリーをあしらった写真のバレンタイン・スペシャル・ディナー・コースは8,316円(税サ込)。

文/堀けいこ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ジョー・パス『カリフォルニア・ブリーズ』 「驚きの顔合わせ」から見えたフュージョン・ギターの源流【ジャズを…
  2. シンガーズ・アンリミテッド『イン・チューン』 ジャズの「リアル」はどこにある?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プ…
  3. じつは「ライヴ」ではなかった あの「ライヴ名盤」(その2)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道53】 じつは「ライヴ」ではなかった あの「ライヴ名盤」(その2)【ジャ…
  4. 新型コロナウイルスに倒れたジャズ・レジェンドたち 新型コロナウイルスに倒れたジャズ・レジェンドたち
  5. サブスク音楽を「聞き流し」専門スタイルからヴァージョン・アップす…
PAGE TOP