新着記事

衝動的に東海道新幹線に飛び乗ってでかけたくなる、ニッチな一冊|『名古屋の酒場』

飲み屋が少ない、そもそも酒に弱い、知られざる「名古屋の酒場」事情

毎日出勤しても仕事が無い…「社内失業者」にならないために必要なこと

【ビジネスの極意】名門会社を失った、40代で働き盛りだった三代目の失敗から学ぶこと

【ビジネスの極意】名門会社を失った、40代で働き盛りだった三代目の失敗から学ぶこと

年収1000万円以上の保護者が子どもにしている「マネー教育」の中身

PTA活動はみんなやりたくない? 年齢別にみると明らかな結果が。生の声をそのまま公開します!

ボスママ、マウント、利権争い、「PTA活動」参加したくない意外な理由

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

『Norman Granz' Jazz At The Philharmonic Vol.6』

「好き勝手」を楽しむ ジャム・セッションの聴き方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道56】

“ながら視聴”でBGM化したテレビ。2人に1人が“聞き逃し”でストレス

新型コロナウイルスの影響で進路が変わる受験生多数!?|受験生への新型コロナウイルスの影響に関する調査

新型コロナの影響で進路が変わる? 入試を控える高校3年生の不安

ポークソテーシャリアピンソース

【管理栄養士が教える減塩レシピ】みじん切り、すりおろしで活性化! 旬のにんにくの栄養を逃さない調理法

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

祝80歳!ベースの巨匠ロン・カーターの円熟の極みを聴くライブ

2015年11月のブルーノート東京でのライブより。撮影 : 山路 ゆか

文/堀けいこ

今年5月に80歳の誕生日を迎えたロン・カーター。最も有名なジャズ・ベーシストとしての存在感は、さらに輝かしいものになっている。

1950年代後半から活動を始め、63年にはマイルス・デイヴィスのバンドに参加、黄金のクインテットと呼ばれる画期的なグループとして一時代を築く。70年以降は、自身のグループはもちろん、様々なプロジェクトに参加して精力的に演奏、常に第一線でジャズの世界を生き抜いてきた。

そうしたジャズの王道を歩みながらも、一方で、バッハなどクラシックをテーマにした楽曲やボサノバの作品なども発表、その豊かな才能とチャレンジ精神は、ファンを驚かせ続けた。重鎮、巨匠、神様、王者、等々、彼に冠する呼び名が限りなく増え続けるのも頷けるところだ。

日本にも数多くのファンがいるミスター・ベースことロン・カーターが、うれしいことに日本で祝80歳のアニバーサリー・ツアーを行ってくれる。東京では、11月27日から4夜連続でブルーノート東京に登場する。

これまでも様々な編成による多彩なステージを見せてきてくれたロン・カーター。今回も新プロジェクトを引き連れての来日だ。その選りすぐりのメンバーを紹介しよう。

もちろん、ベースはロン・カーター。

ロン・カーター

ピアノは、ケニー・バロン。1943年、フィラデルフィア生れ。10代の頃からディジー・ガレスピーのバンド等で活躍してきた重鎮だ。カーターとは60年代初頭に出会い、76年に彼のクァルテットで初代ピアニストを務めた盟友でもある。

ケニー・バロン

ドラムスはビリー・ドラモンド。1959年、ヴァージニア州 ニューポート・ニューズ生まれ。ドラムスを始めたのは8歳のとき。ソニー・ロリンズやハンク・ジョーンズなど数多くのレジェンドと共演。昨年にはロン・カーター、ジャヴォン・ジャクソンとのユニット、スリーズ・カンパニーによる第一弾アルバム「We’ll Be Together Again」を発表している。

ビリー・ドラモンド

アルト・サックスはアントニオ・ハート。1968年、ボルティモア生れ。バークリー音楽大学等を経て、80年代後半から活動を本格的に開始。ディジー・ガレスピーやマッコイ・タイナー等、数々のジャズ・レジェンドと共演してきた。カーターとは、ピアノ奏者ベニー・グリーンのアルバム「Kaleidoscope」で共演している。

アントニオ・ハート

そして、アルト・サックスがもうひとり。ドナルド・ハリソンは1960年、ニューオリンズ生まれ。80年代初頭にアート・ブレーキー&ジャズ・メッセンジャーズの一員として脚光を浴び、その後の活躍も目覚ましい名手だ。リーダー・アルバムも数多く、「Heroes」「New York Cool」にはロン・カーターが参加している。

ドナルド・ハリソン

そう、今回はツイン・アルトサックスをフィーチャーしたクインテット編成なのだ。メンバーの顔ぶれからは、世代を超えて多くのミュージシャンから慕われているロン・カーターの人柄が感じられる。

なんとも楽しみなブルーノート東京でのステージ。演奏が白熱してくる頃には、モダン・ジャズの真髄に触れた心が、いつしか熱くなっているだろう。

【ライブスケジュール】
『ロン・カーター 80th バースデイ : クインテット featuring ケニー・バロン、アントニオ・ハート、ドナルド・ハリソン、ビリー・ドラモンド』

■開催日程:2017年11月27日(月)、28日(火)、29日(水)、30日(木)
■会場:ブルーノート東京(東京都港区南青山6-3-16 ライカビル)

※時間、料金などの詳細は下記Webサイトにてご確認ください。
http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/ron-carter/
■予約と問合せ/電話 03-5485-0088(ブルーノート東京)

※「ブルーノート東京」以外での公演もあります。
■11月26日(日)【茨城 つくば】ノバホール
http://www.tcf.or.jp/novahall/
■12月1日(金)【東京 丸の内】コットンクラブ
http://www.cottonclubjapan.co.jp/jp/sp/artists/ron-carter/
■12月3日(日)【愛知 名古屋】名古屋ブルーノート
http://www.nagoya-bluenote.com/schedule/201712.html#1203

文/堀けいこ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 『Norman Granz' Jazz At The Philharmonic Vol.6』 「好き勝手」を楽しむ ジャム・セッションの聴き方【ジャズを聴く技…
  2. ジョー・パス『カリフォルニア・ブリーズ』 「驚きの顔合わせ」から見えたフュージョン・ギターの源流【ジャズを…
  3. シンガーズ・アンリミテッド『イン・チューン』 ジャズの「リアル」はどこにある?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プ…
  4. じつは「ライヴ」ではなかった あの「ライヴ名盤」(その2)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道53】 じつは「ライヴ」ではなかった あの「ライヴ名盤」(その2)【ジャ…
  5. 新型コロナウイルスに倒れたジャズ・レジェンドたち 新型コロナウイルスに倒れたジャズ・レジェンドたち
PAGE TOP