新着記事

病気もなく、美しい形状の収穫直前の洗馬のぶどう。

【日本ワイン生産者の肖像8】小山田幸紀さん(ドメーヌ・オヤマダ)|自分の人生や思想をワインに表現、その高い到達点を目指して~その2~

「自分なりの栽培法をみつけるまではチャレンジの連続でした」と語る。

【日本ワイン生産者の肖像8】小山田幸紀さん(ドメーヌ・オヤマダ)|自分の人生や思想をワインに表現、その高い到達点を目指して~その1~

ふとした瞬間に気づく「オバ見え」! 8割以上の女性が「見た目年齢」が気になる!

Google カレンダーがちょっと便利になる使い方【スマホ基本のき 第12回】

御城印発祥の松本城

お城めぐりの記念に「御城印」を集める! はじめての「御城印」ガイド

40代~50代女性1,015人の第二の人生でしたいこととは…?

40代~50代女性1,015人が考える「第二の人生でしたいこと」

食事を楽しみ健康寿命を延ばす、舌のエクササイズ

食事を楽しみ健康寿命を延ばす「舌のエクササイズ」

人情に厚くスジを通した生き方の役『仁義なき戦い』【面白すぎる日本映画 第38回】

人情に厚くスジを通した生き方の役柄が俳優・梅宮辰夫への信望に『仁義なき戦い』【面白すぎる日本映画 第38回】

家事代行件数20,854件の『家事のプロ』が選ぶ、“本当に使える”商品発表!

家事代行件数20,854件の『家事のプロ』だからわかる! 本当に買うべき「料理」「掃除」「整理収納」アイテム9選

インフルエンザ薬「ゾフルーザ」に早くも耐性ウイルス問題|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第13回】

インフルエンザ薬「ゾフルーザ」に早くも耐性ウイルス問題|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第13回】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

祝80歳!ベースの巨匠ロン・カーターの円熟の極みを聴くライブ

2015年11月のブルーノート東京でのライブより。撮影 : 山路 ゆか

文/堀けいこ

今年5月に80歳の誕生日を迎えたロン・カーター。最も有名なジャズ・ベーシストとしての存在感は、さらに輝かしいものになっている。

1950年代後半から活動を始め、63年にはマイルス・デイヴィスのバンドに参加、黄金のクインテットと呼ばれる画期的なグループとして一時代を築く。70年以降は、自身のグループはもちろん、様々なプロジェクトに参加して精力的に演奏、常に第一線でジャズの世界を生き抜いてきた。

そうしたジャズの王道を歩みながらも、一方で、バッハなどクラシックをテーマにした楽曲やボサノバの作品なども発表、その豊かな才能とチャレンジ精神は、ファンを驚かせ続けた。重鎮、巨匠、神様、王者、等々、彼に冠する呼び名が限りなく増え続けるのも頷けるところだ。

日本にも数多くのファンがいるミスター・ベースことロン・カーターが、うれしいことに日本で祝80歳のアニバーサリー・ツアーを行ってくれる。東京では、11月27日から4夜連続でブルーノート東京に登場する。

これまでも様々な編成による多彩なステージを見せてきてくれたロン・カーター。今回も新プロジェクトを引き連れての来日だ。その選りすぐりのメンバーを紹介しよう。

もちろん、ベースはロン・カーター。

ロン・カーター

ピアノは、ケニー・バロン。1943年、フィラデルフィア生れ。10代の頃からディジー・ガレスピーのバンド等で活躍してきた重鎮だ。カーターとは60年代初頭に出会い、76年に彼のクァルテットで初代ピアニストを務めた盟友でもある。

ケニー・バロン

ドラムスはビリー・ドラモンド。1959年、ヴァージニア州 ニューポート・ニューズ生まれ。ドラムスを始めたのは8歳のとき。ソニー・ロリンズやハンク・ジョーンズなど数多くのレジェンドと共演。昨年にはロン・カーター、ジャヴォン・ジャクソンとのユニット、スリーズ・カンパニーによる第一弾アルバム「We’ll Be Together Again」を発表している。

ビリー・ドラモンド

アルト・サックスはアントニオ・ハート。1968年、ボルティモア生れ。バークリー音楽大学等を経て、80年代後半から活動を本格的に開始。ディジー・ガレスピーやマッコイ・タイナー等、数々のジャズ・レジェンドと共演してきた。カーターとは、ピアノ奏者ベニー・グリーンのアルバム「Kaleidoscope」で共演している。

アントニオ・ハート

そして、アルト・サックスがもうひとり。ドナルド・ハリソンは1960年、ニューオリンズ生まれ。80年代初頭にアート・ブレーキー&ジャズ・メッセンジャーズの一員として脚光を浴び、その後の活躍も目覚ましい名手だ。リーダー・アルバムも数多く、「Heroes」「New York Cool」にはロン・カーターが参加している。

ドナルド・ハリソン

そう、今回はツイン・アルトサックスをフィーチャーしたクインテット編成なのだ。メンバーの顔ぶれからは、世代を超えて多くのミュージシャンから慕われているロン・カーターの人柄が感じられる。

なんとも楽しみなブルーノート東京でのステージ。演奏が白熱してくる頃には、モダン・ジャズの真髄に触れた心が、いつしか熱くなっているだろう。

【ライブスケジュール】
『ロン・カーター 80th バースデイ : クインテット featuring ケニー・バロン、アントニオ・ハート、ドナルド・ハリソン、ビリー・ドラモンド』

■開催日程:2017年11月27日(月)、28日(火)、29日(水)、30日(木)
■会場:ブルーノート東京(東京都港区南青山6-3-16 ライカビル)

※時間、料金などの詳細は下記Webサイトにてご確認ください。
http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/ron-carter/
■予約と問合せ/電話 03-5485-0088(ブルーノート東京)

※「ブルーノート東京」以外での公演もあります。
■11月26日(日)【茨城 つくば】ノバホール
http://www.tcf.or.jp/novahall/
■12月1日(金)【東京 丸の内】コットンクラブ
http://www.cottonclubjapan.co.jp/jp/sp/artists/ron-carter/
■12月3日(日)【愛知 名古屋】名古屋ブルーノート
http://www.nagoya-bluenote.com/schedule/201712.html#1203

文/堀けいこ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ベニー・グッドマン・トリオ『ザ・コンプリート・トリオズ』 ピアノ・トリオは「ジャズの基本形」ではない。トリオ編成の元祖とは…
  2. ジューン・クリスティ&スタン・ケントン『デュエット』 「自分を変えない」というインタープレイ【ジャズを聴く技術 〜ジャ…
  3. エラ・フィッツジェラルド&ジョー・パス『エラ&パス・アゲイン』 1+1=2にならないデュオの面白さ【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「…
  4. チック・コリア&ハービー・ハンコック『デュオ・ライヴ』 ピアノは寄り添い、ギターはぶつかる。デュオには性格が出る?【ジャ…
  5. 古今亭志ん輔 【第88回人形町らくだ亭】2月25日開催/古今亭志ん輔が『居残り…
PAGE TOP