新着記事

スペリオダウン コンバーチブルジャケット|軽く暖かい高級羽毛を採用。半袖にもなるダウン

クリスマスマーケットの本場ドイツ。画像はボン。

一生に一度は訪れたい! クリスマス市の「屋台グルメ」の食べ歩き方(ドイツ)

シニア層でも利用率の高いSNSアプリはLINEと判明!

【シニアのスマホ利用事情】SNSをしている60代以上の9割は「LINE」

せりのとろろ昆布にぎり

【管理栄養士が教える減塩レシピ】鍋の具材以外でも楽しめる!「せりとあさりのかき揚げ」「せりのとろろ昆布にぎり」

酒燗器 ゆめここち|好みの温度で酒の燗がつけられる美濃焼の酒器

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)牡羊座~蟹座編

迫力ある場面が展開された第2話の合戦シーン。市街戦が描写されるのは珍しい。

「リアルな戦国」を描写する『麒麟がくる』 やがてくる「本能寺の変」への伏線【麒麟がくる 満喫リポート】

体圧分散マットレス フィベールエアー|好みの面で使い分け。バランスのよい寝姿勢で安眠に誘う

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

ジャズ歌の女王エラが愛した名曲をパティ・オースティンが歌うライブ

撮影 : 山路 ゆか

文/堀けいこ

ジャズの世界には、いつの時代にも人々を魅了する女性ヴォーカリストがいるが、あえてベスト3といえば、ビリー・ホリデー、サラ・ヴォーン、そしてエラ・フィッツジェラルドの3人が、まず挙がるだろう。

その御三家の中でも、最も長い間活躍し、グラミー賞を13回受賞という偉業を成し遂げたのがエラ・フィッツジェラルド。2017年は、彼女の生誕100年に当たる。

紛れもなく20世紀を代表するシンガーであるエラ・フィッツジェラルドは、コール・ポーター、ジョージ・ガーシュウィン、アーヴィング・バーリンなど、アメリカを代表する作曲家たちの作品集を積極的にリリースした他、ルイ・アームストロングとのデュエットの録音など、傑作アルバムを多く世に残した。

そんなエラをリスペクトする後進たちによるトリュビュート・アルバムも多いが、中でも、パティ・オースティンが2001年にレコーディングした『for Ella/エラ・フィッツジェラルドに捧ぐ』は名盤。エラの初めてのヒット曲「ア・ティスケット・ア・タスケット」などが収められ、日本のジャス・ファンにも愛されている。

エラを愛してやまないパティ・オースティンは今年、ニューヨークのアポロ・シアターをはじめ各地でエラに捧げるトリビュート・コンサートを行ってきたが、いよいよ12月に来日し、ブルーノート東京で“エラ・フィッツジェラルドの生誕100年”という記念すべき年の最後を飾るステージを開くことになった。

「クインシー・ジョーンズに才能を見出されて9歳で彼のツアーに参加したのをきっかけに、クインシーの名盤への客演、ソロ・デビューと瞬く間に第一線に躍り出た後、長年にわたって精力的に活躍してきたトップ・ヴォーカリスト、パティ・オースティンが“ジャズのファースト・レディ”エラ・フィッツジェラルドをトリビュートするという夢のステージ。素晴らしいひとときになること、間違いありません!」

ブルーノート東京の広報、原澤美穂さんがそう語るパティのステージは、12月19日から4日間にわたって行われる。

これまでにも2度、年末のクリスマス・シーズンにブルーノート東京のステージに立ち、魅惑のシルキー・ヴォイスで客席の人々を幸せに満ちた豊潤な空気で包んでくれたパティ・オースティン。ジョークを交えたMCに、ナチュラルで美しい笑顔。4歳のときから舞台に立っているという彼女には、生まれながらのエンターテイナーという形容がぴったりだ。

どちらかと言えばブラックコンテンポラリーやAOR、フュージョンのイメージが強いパティだが、今回は、エラ・フィッツジェラルドに捧げるプレミアムなライブ。豊かな声量と卓越したリズム感の持ち主であるパティと、エラの醍醐味である自由奔放なスキャットの融合が、ジャズの真髄を見せてくれるだろう。そして、ホリデイ・シーズンらしいロマンティックなバラードも聴かせてくれるに違いない。期待に胸が膨らむ。

撮影 : 山路 ゆか

つねに一流のエンターテインメントを提供しながら円熟を重ねてきたパティ・オースティンの今を、ライブ(生)で聴くことができる貴重なステージ。ぜひ会場で、その幸せに浸りたい。

【公演情報】
『パティ・オースティン・シングス・エラ・フィッツジェラルド ―生誕100年記念公演―』
■日程:2017年12月19日(火)、20日(水)、21日(木)、22日(金)
■会場:ブルーノート東京(東京都港区南青山6-3-16)
■ご予約/お問合せ:電話 03-5485-0088

※時間、料金などの詳細は下記イベント公式ページをご確認ください。
http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/patti-austin/

ブルーノート東京では、パティ・オースティン公演期間(12/19~12/22)も、年末のプレミアムなライブの夜を彩るスペシャルディナーコース(アミューズ/前菜/メイン/デザート)が用意されています。
http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/patti-austin/#menu

文/堀けいこ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ベニー・グッドマン・トリオ『ザ・コンプリート・トリオズ』 ピアノ・トリオは「ジャズの基本形」ではない。トリオ編成の元祖とは…
  2. ジューン・クリスティ&スタン・ケントン『デュエット』 「自分を変えない」というインタープレイ【ジャズを聴く技術 〜ジャ…
  3. エラ・フィッツジェラルド&ジョー・パス『エラ&パス・アゲイン』 1+1=2にならないデュオの面白さ【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「…
  4. チック・コリア&ハービー・ハンコック『デュオ・ライヴ』 ピアノは寄り添い、ギターはぶつかる。デュオには性格が出る?【ジャ…
  5. 古今亭志ん輔 【第88回人形町らくだ亭】2月25日開催/古今亭志ん輔が『居残り…
PAGE TOP