新着記事

「桶狭間の戦い」異聞。たったひとりで出陣した信長を追った5人の側近たちの悲しきその後。【麒麟がくる 満喫リポート】

朝倉義景画像(心月寺蔵、福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館写真提供)

ユースケ・サンタマリア演じる朝倉義景は、作法・礼法にこだわり、細やかな気配りをする大大名だった!?【麒麟がくる 満喫リポート】

【夫婦の距離】役職定年×自粛生活。早朝サーフィンは現実逃避? ~その2

【夫婦の距離】役職定年と新型コロナのダブルパンチで存在感を失った夫。早朝サーフィンは現実逃避?~その2~

【夫婦の距離】役職定年×自粛生活。早朝サーフィンは現実逃避? ~その1

【夫婦の距離】役職定年と新型コロナのダブルパンチで存在感を失った夫。早朝サーフィンは現実逃避?~その1~

医療ジャーナリストが教える、がん治療の偽情報に惑わされないための処方箋

医療ジャーナリストが教える「やってはいけない がん治療 」

エイシンガのプラネタリウム

天文学者の自宅に作られた世界最古のプラネタリウム(オランダ)

弁護士・司法書士・税理士への報酬は高い?「相続」にかかる費用の実状

【義家族との間】夫の嫌いな部分はすべて義父譲り。どこでもタバコを吸う、マナーが悪い義父を生理的に受け付けない~その2~

【義家族との間】夫の嫌いな部分はすべて義父譲り。どこでもタバコを吸う、マナーが悪い義父を生理的に受け付けない~その1~

疲れがとれないのは加齢のせいではない!?|『疲れがとれない原因は副腎が9割』

いくら寝てもとれない疲れ。その原因は「副腎」が9割!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

ジャズ歌の女王エラが愛した名曲をパティ・オースティンが歌うライブ

撮影 : 山路 ゆか

文/堀けいこ

ジャズの世界には、いつの時代にも人々を魅了する女性ヴォーカリストがいるが、あえてベスト3といえば、ビリー・ホリデー、サラ・ヴォーン、そしてエラ・フィッツジェラルドの3人が、まず挙がるだろう。

その御三家の中でも、最も長い間活躍し、グラミー賞を13回受賞という偉業を成し遂げたのがエラ・フィッツジェラルド。2017年は、彼女の生誕100年に当たる。

紛れもなく20世紀を代表するシンガーであるエラ・フィッツジェラルドは、コール・ポーター、ジョージ・ガーシュウィン、アーヴィング・バーリンなど、アメリカを代表する作曲家たちの作品集を積極的にリリースした他、ルイ・アームストロングとのデュエットの録音など、傑作アルバムを多く世に残した。

そんなエラをリスペクトする後進たちによるトリュビュート・アルバムも多いが、中でも、パティ・オースティンが2001年にレコーディングした『for Ella/エラ・フィッツジェラルドに捧ぐ』は名盤。エラの初めてのヒット曲「ア・ティスケット・ア・タスケット」などが収められ、日本のジャス・ファンにも愛されている。

エラを愛してやまないパティ・オースティンは今年、ニューヨークのアポロ・シアターをはじめ各地でエラに捧げるトリビュート・コンサートを行ってきたが、いよいよ12月に来日し、ブルーノート東京で“エラ・フィッツジェラルドの生誕100年”という記念すべき年の最後を飾るステージを開くことになった。

「クインシー・ジョーンズに才能を見出されて9歳で彼のツアーに参加したのをきっかけに、クインシーの名盤への客演、ソロ・デビューと瞬く間に第一線に躍り出た後、長年にわたって精力的に活躍してきたトップ・ヴォーカリスト、パティ・オースティンが“ジャズのファースト・レディ”エラ・フィッツジェラルドをトリビュートするという夢のステージ。素晴らしいひとときになること、間違いありません!」

ブルーノート東京の広報、原澤美穂さんがそう語るパティのステージは、12月19日から4日間にわたって行われる。

これまでにも2度、年末のクリスマス・シーズンにブルーノート東京のステージに立ち、魅惑のシルキー・ヴォイスで客席の人々を幸せに満ちた豊潤な空気で包んでくれたパティ・オースティン。ジョークを交えたMCに、ナチュラルで美しい笑顔。4歳のときから舞台に立っているという彼女には、生まれながらのエンターテイナーという形容がぴったりだ。

どちらかと言えばブラックコンテンポラリーやAOR、フュージョンのイメージが強いパティだが、今回は、エラ・フィッツジェラルドに捧げるプレミアムなライブ。豊かな声量と卓越したリズム感の持ち主であるパティと、エラの醍醐味である自由奔放なスキャットの融合が、ジャズの真髄を見せてくれるだろう。そして、ホリデイ・シーズンらしいロマンティックなバラードも聴かせてくれるに違いない。期待に胸が膨らむ。

撮影 : 山路 ゆか

つねに一流のエンターテインメントを提供しながら円熟を重ねてきたパティ・オースティンの今を、ライブ(生)で聴くことができる貴重なステージ。ぜひ会場で、その幸せに浸りたい。

【公演情報】
『パティ・オースティン・シングス・エラ・フィッツジェラルド ―生誕100年記念公演―』
■日程:2017年12月19日(火)、20日(水)、21日(木)、22日(金)
■会場:ブルーノート東京(東京都港区南青山6-3-16)
■ご予約/お問合せ:電話 03-5485-0088

※時間、料金などの詳細は下記イベント公式ページをご確認ください。
http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/patti-austin/

ブルーノート東京では、パティ・オースティン公演期間(12/19~12/22)も、年末のプレミアムなライブの夜を彩るスペシャルディナーコース(アミューズ/前菜/メイン/デザート)が用意されています。
http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/patti-austin/#menu

文/堀けいこ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 『Norman Granz' Jazz At The Philharmonic Vol.6』 「好き勝手」を楽しむ ジャム・セッションの聴き方【ジャズを聴く技…
  2. ジョー・パス『カリフォルニア・ブリーズ』 「驚きの顔合わせ」から見えたフュージョン・ギターの源流【ジャズを…
  3. シンガーズ・アンリミテッド『イン・チューン』 ジャズの「リアル」はどこにある?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プ…
  4. じつは「ライヴ」ではなかった あの「ライヴ名盤」(その2)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道53】 じつは「ライヴ」ではなかった あの「ライヴ名盤」(その2)【ジャ…
  5. 新型コロナウイルスに倒れたジャズ・レジェンドたち 新型コロナウイルスに倒れたジャズ・レジェンドたち
PAGE TOP