新着記事

ダイエット

「食事制限ダイエット」で目標を達成した人が明かす成功の秘訣

【ビジネスの極意】現代のリーダーに必要な、心の知能指数「EQ」を知っていますか?

【ビジネスの極意】現代のリーダーに必要な、心の知能指数「EQ」を知っていますか?

イニシャル入りロックグラス|いつもの一杯を極上の一杯にするマイグラス

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|『定年ごはん』

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|定年ごはんの作り方

【家事に関するアンケート調査】普段行う家事で女性より男性の方が上位なのは「ゴミだし・分別」「風呂掃除」など。

30代から50代の女性の6割以上が日常の家事を負担に感じている

オーダースーツ

経営者はなぜ「オーダースーツ」を着るのか?

BLACK LAGOONラベル シングルモルト・ウイスキー|9月19日12:00 発売開始!

マイルス・デイヴィス『クッキン』

「イケメンでなくても好き」という大ヒット・ラブソング【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道24】

シニアライダーの8割以上がバイクマナーに自信アリ!!|シニアライダーに関する実態調査

シニアライダーは孤独を好む!? 約9割はソロツーリング派

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

ジャズ歌の女王エラが愛した名曲をパティ・オースティンが歌うライブ

撮影 : 山路 ゆか

文/堀けいこ

ジャズの世界には、いつの時代にも人々を魅了する女性ヴォーカリストがいるが、あえてベスト3といえば、ビリー・ホリデー、サラ・ヴォーン、そしてエラ・フィッツジェラルドの3人が、まず挙がるだろう。

その御三家の中でも、最も長い間活躍し、グラミー賞を13回受賞という偉業を成し遂げたのがエラ・フィッツジェラルド。2017年は、彼女の生誕100年に当たる。

紛れもなく20世紀を代表するシンガーであるエラ・フィッツジェラルドは、コール・ポーター、ジョージ・ガーシュウィン、アーヴィング・バーリンなど、アメリカを代表する作曲家たちの作品集を積極的にリリースした他、ルイ・アームストロングとのデュエットの録音など、傑作アルバムを多く世に残した。

そんなエラをリスペクトする後進たちによるトリュビュート・アルバムも多いが、中でも、パティ・オースティンが2001年にレコーディングした『for Ella/エラ・フィッツジェラルドに捧ぐ』は名盤。エラの初めてのヒット曲「ア・ティスケット・ア・タスケット」などが収められ、日本のジャス・ファンにも愛されている。

エラを愛してやまないパティ・オースティンは今年、ニューヨークのアポロ・シアターをはじめ各地でエラに捧げるトリビュート・コンサートを行ってきたが、いよいよ12月に来日し、ブルーノート東京で“エラ・フィッツジェラルドの生誕100年”という記念すべき年の最後を飾るステージを開くことになった。

「クインシー・ジョーンズに才能を見出されて9歳で彼のツアーに参加したのをきっかけに、クインシーの名盤への客演、ソロ・デビューと瞬く間に第一線に躍り出た後、長年にわたって精力的に活躍してきたトップ・ヴォーカリスト、パティ・オースティンが“ジャズのファースト・レディ”エラ・フィッツジェラルドをトリビュートするという夢のステージ。素晴らしいひとときになること、間違いありません!」

ブルーノート東京の広報、原澤美穂さんがそう語るパティのステージは、12月19日から4日間にわたって行われる。

これまでにも2度、年末のクリスマス・シーズンにブルーノート東京のステージに立ち、魅惑のシルキー・ヴォイスで客席の人々を幸せに満ちた豊潤な空気で包んでくれたパティ・オースティン。ジョークを交えたMCに、ナチュラルで美しい笑顔。4歳のときから舞台に立っているという彼女には、生まれながらのエンターテイナーという形容がぴったりだ。

どちらかと言えばブラックコンテンポラリーやAOR、フュージョンのイメージが強いパティだが、今回は、エラ・フィッツジェラルドに捧げるプレミアムなライブ。豊かな声量と卓越したリズム感の持ち主であるパティと、エラの醍醐味である自由奔放なスキャットの融合が、ジャズの真髄を見せてくれるだろう。そして、ホリデイ・シーズンらしいロマンティックなバラードも聴かせてくれるに違いない。期待に胸が膨らむ。

撮影 : 山路 ゆか

つねに一流のエンターテインメントを提供しながら円熟を重ねてきたパティ・オースティンの今を、ライブ(生)で聴くことができる貴重なステージ。ぜひ会場で、その幸せに浸りたい。

【公演情報】
『パティ・オースティン・シングス・エラ・フィッツジェラルド ―生誕100年記念公演―』
■日程:2017年12月19日(火)、20日(水)、21日(木)、22日(金)
■会場:ブルーノート東京(東京都港区南青山6-3-16)
■ご予約/お問合せ:電話 03-5485-0088

※時間、料金などの詳細は下記イベント公式ページをご確認ください。
http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/patti-austin/

ブルーノート東京では、パティ・オースティン公演期間(12/19~12/22)も、年末のプレミアムなライブの夜を彩るスペシャルディナーコース(アミューズ/前菜/メイン/デザート)が用意されています。
http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/patti-austin/#menu

文/堀けいこ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. マイルス・デイヴィス『クッキン』 「イケメンでなくても好き」という大ヒット・ラブソング【ジャズを聴…
  2. チャーリー・パーカー『プレイズ・コール・ポーター』 ミュージカルだけではない、コール・ポーターとパリの関係【ジャズを…
  3. レジェンダリー・カウント・ベイシー・オーケストラ カウント・ベイシーの意志を受け継ぐ伝説のオーケストラ・ジャズ
  4. エラ・フィッツジェラルド『シングス・ザ・コール・ポーター・ソング・ブック』 「炎上商法」で名を上げた? コール・ポーターのヤバい名曲【ジャズ…
  5. トリを勤める柳家小満ん(77歳)。昭和36年、八代目桂文楽に入門。文楽没後、五代目柳家小さん門下に。昭和の名人ふたりから受けた薫陶を、令和の新時代へと語り継ぐ名匠。 【第86回人形町らくだ亭】『サライ』創刊30周年記念特別公演
PAGE TOP