新着記事

作家・石牟礼道子さんが問いかけた「食」の本来あるべき姿とは

文・撮影/大沼聡子私たちは日々、食べて生きている。昔とは違い、現代の暮らしは…

性欲減少だけじゃない!「男の更年期」が起こす体の不調あれこれ

文/緒方文大「生涯若々しくありたい!」と願う人は多いでしょう。しかし、男性は50代を…

国宝指定の縄文土器・土偶が勢揃い!特別展「縄文―1万年の美の鼓動」

取材・文/藤田麻希今からおよそ1万3000年前から約1万年つづいた縄文時代。氷期が終わり、安…

天然の鰻はどうして「狐うなぎ」と呼ばれるのか?【食いしん坊の作法 第7回】

文/山本益博夏の土用丑の日が近くなると、「鰻の蒲焼」が必ず話題に上ります。「蒲焼」の焼けるに…

あのドレッシング発祥の地!カナダのサウザンアイランド紀行【カナダ・オンタリオ州の旅1】キングストン市内とサウザンアイランドクルーズ

写真・文/石津祐介カナダの中東部に位置し、トロントやオタワといった主要都市を要するオンタリオ…

それでも貴方は寝ないのか?「睡眠不足」の危険すぎる悪影響5つ

文/中村康宏睡眠、足りてますか?睡眠には、身体の状態を一定に保つ(恒常性を維…

戦国の光と影~前田利家のライバル・佐々成政の悲話【にっぽん歴史夜話6】

 文/砂原浩太朗(小説家)武田信玄と上杉謙信、宮本武蔵と佐々木小次郎など、歴史上には…

【夕刊サライ/福澤朗】講演後のビールとつまみが最高!(福澤朗の美味・料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

もし有名高校の野球ユニフォームの文字がこんなだったら…【イシグロ妄想研究所 vol.6】

構想・文・イラスト/石黒謙吾(分類王)画像作成/澤田洋佑高校野球、甲子園の100…

作家・田中英光が自殺前に遺書を書いた太宰治の本【文士の逸品No.29】

◎No.29:田中英光の本文/矢島裕紀彦東京・駒場の日本近代文学館に蔵される…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

ジャズ歌の女王エラが愛した名曲をパティ・オースティンが歌うライブ

撮影 : 山路 ゆか

文/堀けいこ

ジャズの世界には、いつの時代にも人々を魅了する女性ヴォーカリストがいるが、あえてベスト3といえば、ビリー・ホリデー、サラ・ヴォーン、そしてエラ・フィッツジェラルドの3人が、まず挙がるだろう。

その御三家の中でも、最も長い間活躍し、グラミー賞を13回受賞という偉業を成し遂げたのがエラ・フィッツジェラルド。2017年は、彼女の生誕100年に当たる。

紛れもなく20世紀を代表するシンガーであるエラ・フィッツジェラルドは、コール・ポーター、ジョージ・ガーシュウィン、アーヴィング・バーリンなど、アメリカを代表する作曲家たちの作品集を積極的にリリースした他、ルイ・アームストロングとのデュエットの録音など、傑作アルバムを多く世に残した。

そんなエラをリスペクトする後進たちによるトリュビュート・アルバムも多いが、中でも、パティ・オースティンが2001年にレコーディングした『for Ella/エラ・フィッツジェラルドに捧ぐ』は名盤。エラの初めてのヒット曲「ア・ティスケット・ア・タスケット」などが収められ、日本のジャス・ファンにも愛されている。

エラを愛してやまないパティ・オースティンは今年、ニューヨークのアポロ・シアターをはじめ各地でエラに捧げるトリビュート・コンサートを行ってきたが、いよいよ12月に来日し、ブルーノート東京で“エラ・フィッツジェラルドの生誕100年”という記念すべき年の最後を飾るステージを開くことになった。

「クインシー・ジョーンズに才能を見出されて9歳で彼のツアーに参加したのをきっかけに、クインシーの名盤への客演、ソロ・デビューと瞬く間に第一線に躍り出た後、長年にわたって精力的に活躍してきたトップ・ヴォーカリスト、パティ・オースティンが“ジャズのファースト・レディ”エラ・フィッツジェラルドをトリビュートするという夢のステージ。素晴らしいひとときになること、間違いありません!」

ブルーノート東京の広報、原澤美穂さんがそう語るパティのステージは、12月19日から4日間にわたって行われる。

これまでにも2度、年末のクリスマス・シーズンにブルーノート東京のステージに立ち、魅惑のシルキー・ヴォイスで客席の人々を幸せに満ちた豊潤な空気で包んでくれたパティ・オースティン。ジョークを交えたMCに、ナチュラルで美しい笑顔。4歳のときから舞台に立っているという彼女には、生まれながらのエンターテイナーという形容がぴったりだ。

どちらかと言えばブラックコンテンポラリーやAOR、フュージョンのイメージが強いパティだが、今回は、エラ・フィッツジェラルドに捧げるプレミアムなライブ。豊かな声量と卓越したリズム感の持ち主であるパティと、エラの醍醐味である自由奔放なスキャットの融合が、ジャズの真髄を見せてくれるだろう。そして、ホリデイ・シーズンらしいロマンティックなバラードも聴かせてくれるに違いない。期待に胸が膨らむ。

撮影 : 山路 ゆか

つねに一流のエンターテインメントを提供しながら円熟を重ねてきたパティ・オースティンの今を、ライブ(生)で聴くことができる貴重なステージ。ぜひ会場で、その幸せに浸りたい。

【公演情報】
『パティ・オースティン・シングス・エラ・フィッツジェラルド ―生誕100年記念公演―』
■日程:2017年12月19日(火)、20日(水)、21日(木)、22日(金)
■会場:ブルーノート東京(東京都港区南青山6-3-16)
■ご予約/お問合せ:電話 03-5485-0088

※時間、料金などの詳細は下記イベント公式ページをご確認ください。
http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/patti-austin/

ブルーノート東京では、パティ・オースティン公演期間(12/19~12/22)も、年末のプレミアムなライブの夜を彩るスペシャルディナーコース(アミューズ/前菜/メイン/デザート)が用意されています。
http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/patti-austin/#menu

文/堀けいこ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【第79回人形町らくだ亭】8月21日開催!柳家さん喬が『福禄寿』…
  2. 御年86歳、映画音楽の巨匠ミシェル・ルグランの生演奏を聴く@ブル…
  3. 巨匠・小津安二郎の不朽の名作が「4Kデジタル修復」され一挙上映
  4. ボサ・ノヴァと現代ジャズと美空ひばりの意外すぎる共通項【ジャズ・…
  5. デューク・エリントン・オーケストラが4年半振りにブルーノート東京…
PAGE TOP