新着記事

バルミューダ ザ・ライト|明るくくっきりした視界を確保。正確な色が見え、影ができにくい

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/20~1/26)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/20~1/26)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/20~1/26)牡羊座~蟹座編

これからの20年、30年で、人生全体の納得度が大きく左右される|『人生のピークを90代にもっていく!』

人生の後半を幸せに生きていくための秘訣|人生のピークを90代にもっていく!

龍爪梅花皮の酒器|優美な白の縮れはこの世にひとつ

国宝 銅剣・銅鐸・銅矛(部分) 島根県出雲市 荒神谷遺跡出土 弥生時代・前2~前1世紀 文化庁蔵(島根県立古代出雲歴史博物館保管)

出雲と大和の名品を一堂に集めた展覧会【日本書紀成立1300年 特別展 出雲と大和】

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その2~

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その2~

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その1~

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その1~

明智光秀謀反の陰に病あり??

明智光秀謀反の陰に病あり??|現役医師が「光秀のカルテ」を作る!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

静謐なギター&ヴォーカルで映画音楽を堪能!ビル・フリゼール来日公演@ブルーノート東京

撮影 : 佐藤 拓央

ギタリストのビル・フリゼールは、1970年代にジャズシーンに登場し、1983年のアルバム・デビュー以来、近年のジャズを発展させてきたミュージシャンである。加えて、エルヴィス・コステロやポール・サイモン、ジンジャー・ベイカーなど、ジャズというジャンルの境界にこだわらず、多くのミュージシャンとのコラボレーションを展開し、現代ミュージック・シーンの重鎮ギタリストとしての座を不動のものにしている。

そんなビル・フリゼールが、来たる6月に来日し、東京・南青山の「ブルーノート東京」にて「星に願いを~When You Wish Upon A Star」と題するライブを行う。

ライブのタイトルは、フリゼールの新作アルバム『星に願いを』にちなむ。タイトル・ナンバーの他、「ゴッドファーザー愛のテーマ」「ムーン・リバー」「007は二度死ぬ」などの映画音楽や、「ボナンザ」といったテレビ番組のテーマ曲をカバーした映像名曲集だ。

「星に願いを」と言えばルイ・アームストロングやビル・エバンスといった多くの歌手や演奏家たちにカバーされ、ジャンルを越えて愛されてきたスタンダード・ナンバーだが、アルバムに収められている同曲のカバーは、フリゼールらしい静謐な解釈の演奏に乗って、ぺトラ・ヘイデンが味わい深い歌声を聴かせている。

撮影 : 山路 ゆか

ペトラ・ヘイデンは、2014年にこの世を去った名ベーシスト、チャーリー・ヘイデンの娘さんだ。昨年の春、ノラ・ジョーンズのグラミー受賞曲「Don’t Know Why」の作者としても知られるシンガーソングライター、ジェシ・ハリスと共にブルーノート東京のステージに立ち、多くの観客を魅了した。

今回のビル・フリゼールのステージでは、ヴォーカルにペトラ・ヘイデン、ドラムスにルディ・ロイストン、ベースにトーマス・モーガンと名手が揃う。みなアルバム「星に願いを」の中心メンバーでもある。

撮影 : 佐藤 拓央

「1951年生まれのビル・フリゼールは、ジャズをベースに、フォーク、即興音楽と独自のサウンドを追及し、さまざまなアーティストたちとコラボレートしてきた大物ギタリスト。ペトラをヴォーカルに迎えて、50〜60年代の映画、テレビ音楽を取り上げる今回のステージ。アルバムでは未来とレトロが入り混じった魅惑的な世界が繰り広げられていましたが、ライブはどんな雰囲気になるのでしょうか」

そう語るブルーノート東京の原澤美穂さんのコメントのように、どんなライブになるのかを楽しみに待つファンも多い。アルバム「星に願いを」でのすばらしい競演を、ライブで体感できる絶好の機会となるだろう。

【ライブ情報】
ビル・フリゼール「星に願いを~When You Wish Upon A Star」
■公演日時/2017年6月15日(木)、16日(金)、17日(土)、18日(日)
■会場/ブルーノート東京
東京都港区南青山6-3-16 ライカビル

■時間、料金などの詳細は下記ページを参照のこと
http://www.bluenote.co.jp/jp/sp/artists/bill-frisell/
■予約・お問合せ/電話 03-5485-0088

文/堀けいこ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ジューン・クリスティ&スタン・ケントン『デュエット』 「自分を変えない」というインタープレイ【ジャズを聴く技術 〜ジャ…
  2. エラ・フィッツジェラルド&ジョー・パス『エラ&パス・アゲイン』 1+1=2にならないデュオの面白さ【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「…
  3. チック・コリア&ハービー・ハンコック『デュオ・ライヴ』 ピアノは寄り添い、ギターはぶつかる。デュオには性格が出る?【ジャ…
  4. 古今亭志ん輔 【第88回人形町らくだ亭】2月25日開催/古今亭志ん輔が『居残り…
  5. ビル・エヴァンス&ジム・ホール『アンダーカレント』 音楽のキャッチボール「デュオ」演奏の楽しみ方【ジャズを聴く技術 …
PAGE TOP