新着記事

戦国の光と影~前田利家のライバル・佐々成政の悲話【にっぽん歴史夜話6】

 文/砂原浩太朗(小説家)武田信玄と上杉謙信、宮本武蔵と佐々木小次郎など、歴史上には…

【夕刊サライ/福澤朗】講演後のビールとつまみが最高!(福澤朗の美味・料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

もし有名高校の野球ユニフォームの文字がこんなだったら…【イシグロ妄想研究所 vol.6】

構想・文・イラスト/石黒謙吾(分類王)画像作成/澤田洋佑高校野球、甲子園の100…

作家・田中英光が自殺前に遺書を書いた太宰治の本【文士の逸品No.29】

◎No.29:田中英光の本文/矢島裕紀彦東京・駒場の日本近代文学館に蔵される…

『半分、青い。』ロケ地の“昭和レトロの町”で話題! 岐阜県“東美濃”へ出かけませんか?【シリーズ東美濃の魅力その3】[PR]

素朴な味わいで「うんま!」(うまい!)と人気を集める五平餅や、日本三大山城に数えられる岩村城などがあ…

【夕刊サライ/パラダイス山元】デンマーク:ヨーロッパ大陸最北端の岬で“餃子石”を拾い集める(パラダイス山元の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

おいしさ倍増!覚えておきたいビールの「ペアリング」3つのコツ

文/鈴木拓也ワインと相性のいい料理を組み合わせる「ペアリング」(マリアージュとも)が…

一生聞かないレコードを「箱買い」してしまう病【オーディオ小僧のアナログ日誌 第20回】

文・絵/牧野良幸ずっと「箱買い」が止まらない。「箱買い」とは箱入りのアナログ…

【夕刊サライ/横山剣】「BMW2002」 過ぎ去った“彼女”と“あのときの想い出”をもう一度(横山剣のクルマコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

意外な由来!「江戸前」という言葉はウナギから生まれた【食いしん坊の作法 第6回】

文/山本益博「江戸前のにぎりずし」という言葉が人口に膾炙されていて、「江戸前」という…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

デューク・エリントン・オーケストラが4年半振りにブルーノート東京に登場!

文/堀けいこ

1920年代半ばから半世紀にわたり、自身のオーケストラを率いて精力的に活動し続けたデューク・エリントン。「A列車で行こう」「スイングしなけりゃ意味ないね」「キャラバン」など、すでにスタンダート化し、数多くのミュージシャンにカバーされている有名なナンバーは、デューク・エリントン・オーケストラの演奏で生まれた。

加えて、ジョージ・ガーシュウィンと並ぶ早書きの天才ともいわれたエリントンは、生涯に1500を超えるといわれる多くの楽曲を書き残した。前述の「スイングしなけりゃ意味ないね」「キャラバン」は彼自身の作曲だ。

偉大なるデューク・エリントン本人は1974年に75歳で亡くなっているが、バンドはその後も解散することなく、新たなコンダクターを迎えて演奏活動を続けてきた。そんな世界最長の歴史をもつジャズ・バンド、デューク・エリントン・オーケストラが、4年半振りにブルーノート東京に登場する。

2016年12月コットンクラブ公演ライブ写真 撮影 : 山路 ゆか

デューク・エリントンの本名はエドワード・ケネディ・エリントン。1899年、ワシントンDCの裕福な家庭に生まれたエリントンは、子供の頃から身なりもよく、気品もあり、育ちの良さを感じさせたため、友達からはデューク(公爵)と呼ばれた。そして、それがそのまま芸名になった。

エリントンが絶頂期を迎える以前、1920~30年代のアメリカは、まだまだ人種差別を声高に批判できる時代ではなかった。雑誌『スイングジャーナル』の元編集長で音楽評論家の故・岩浪洋三氏は、著書『これがジャズ史だ~その嘘と真実~』の中で、エリントンについて、「黒人がいかに優れた人間で、いかに穏やかで優雅で、威厳があるかを自分の舞台態度や自分の作曲と卓越した演奏で示そうとした」と書いている。

ステージで指揮を執るときも、ピアノを弾いているときも、笑顔を絶やさず、ときには聴衆に投げキッスまでしてみせたというエリントン。今はもう、その姿を見ることはできないが、前回、2013年のブルーノート東京でのデューク・エリントン・オーケストラのステージを観た長年のファンによると、数々の名曲を演奏する実力はもちろん、品格も風格も、デューク・エリントン在籍時と比べて遜色なかったという。きっと今回のステージでも、偉大なる創設者のオーラを感じることができるに違いない。

2016年12月コットンクラブ公演ライブ写真 撮影 : 山路 ゆか

「ジャズのみならず、そして音楽のみならず、20世紀のアートを代表する存在であるデューク・エリントン。2018年音楽界の先端をいくラッパーのケンドリック・ラマーやタイラー・ザ・クリエイターといったトップ・アーティストたちも、デュークの影響を受けていると思います。彼のアートに接するには、残された音源や映像はもちろんのこと、長年にわたり活動を続けているオーケストラのライブがおすすめです!」(ブルーノート東京 広報・原澤美穂さん)

デューク・エリントンが生みだしたビッグ・バンドのダイナミックでエレガントなサウンドを、ぜひとも生で堪能したいものだ。

【公演スケジュール】
デューク・エリントン・オーケストラ

公演日:2018年5月17日(木)、18日(金)、19日(土)
時間、料金などの詳細はブルーノート東京のWebサイトをご覧ください。
http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/duke-ellington/

【会場】
ブルーノート東京
東京都港区南青山6-3-16
ご予約/お問合せ
電話:03-5485-0088

文/堀けいこ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【第79回人形町らくだ亭】8月21日開催!柳家さん喬が『福禄寿』…
  2. 御年86歳、映画音楽の巨匠ミシェル・ルグランの生演奏を聴く@ブル…
  3. 巨匠・小津安二郎の不朽の名作が「4Kデジタル修復」され一挙上映
  4. ボサ・ノヴァと現代ジャズと美空ひばりの意外すぎる共通項【ジャズ・…
  5. 時代とともに変わりゆくジャズがなぜ魅力的なのか【ジャズ・ヴォーカ…
PAGE TOP