新着記事

病気もなく、美しい形状の収穫直前の洗馬のぶどう。

【日本ワイン生産者の肖像8】小山田幸紀さん(ドメーヌ・オヤマダ)|自分の人生や思想をワインに表現、その高い到達点を目指して~その2~

「自分なりの栽培法をみつけるまではチャレンジの連続でした」と語る。

【日本ワイン生産者の肖像8】小山田幸紀さん(ドメーヌ・オヤマダ)|自分の人生や思想をワインに表現、その高い到達点を目指して~その1~

ふとした瞬間に気づく「オバ見え」! 8割以上の女性が「見た目年齢」が気になる!

Google カレンダーがちょっと便利になる使い方【スマホ基本のき 第12回】

御城印発祥の松本城

お城めぐりの記念に「御城印」を集める! はじめての「御城印」ガイド

40代~50代女性1,015人の第二の人生でしたいこととは…?

40代~50代女性1,015人が考える「第二の人生でしたいこと」

食事を楽しみ健康寿命を延ばす、舌のエクササイズ

食事を楽しみ健康寿命を延ばす「舌のエクササイズ」

人情に厚くスジを通した生き方の役『仁義なき戦い』【面白すぎる日本映画 第38回】

人情に厚くスジを通した生き方の役柄が俳優・梅宮辰夫への信望に『仁義なき戦い』【面白すぎる日本映画 第38回】

家事代行件数20,854件の『家事のプロ』が選ぶ、“本当に使える”商品発表!

家事代行件数20,854件の『家事のプロ』だからわかる! 本当に買うべき「料理」「掃除」「整理収納」アイテム9選

インフルエンザ薬「ゾフルーザ」に早くも耐性ウイルス問題|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第13回】

インフルエンザ薬「ゾフルーザ」に早くも耐性ウイルス問題|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第13回】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

デューク・エリントン・オーケストラが4年半振りにブルーノート東京に登場!

文/堀けいこ

1920年代半ばから半世紀にわたり、自身のオーケストラを率いて精力的に活動し続けたデューク・エリントン。「A列車で行こう」「スイングしなけりゃ意味ないね」「キャラバン」など、すでにスタンダート化し、数多くのミュージシャンにカバーされている有名なナンバーは、デューク・エリントン・オーケストラの演奏で生まれた。

加えて、ジョージ・ガーシュウィンと並ぶ早書きの天才ともいわれたエリントンは、生涯に1500を超えるといわれる多くの楽曲を書き残した。前述の「スイングしなけりゃ意味ないね」「キャラバン」は彼自身の作曲だ。

偉大なるデューク・エリントン本人は1974年に75歳で亡くなっているが、バンドはその後も解散することなく、新たなコンダクターを迎えて演奏活動を続けてきた。そんな世界最長の歴史をもつジャズ・バンド、デューク・エリントン・オーケストラが、4年半振りにブルーノート東京に登場する。

2016年12月コットンクラブ公演ライブ写真 撮影 : 山路 ゆか

デューク・エリントンの本名はエドワード・ケネディ・エリントン。1899年、ワシントンDCの裕福な家庭に生まれたエリントンは、子供の頃から身なりもよく、気品もあり、育ちの良さを感じさせたため、友達からはデューク(公爵)と呼ばれた。そして、それがそのまま芸名になった。

エリントンが絶頂期を迎える以前、1920~30年代のアメリカは、まだまだ人種差別を声高に批判できる時代ではなかった。雑誌『スイングジャーナル』の元編集長で音楽評論家の故・岩浪洋三氏は、著書『これがジャズ史だ~その嘘と真実~』の中で、エリントンについて、「黒人がいかに優れた人間で、いかに穏やかで優雅で、威厳があるかを自分の舞台態度や自分の作曲と卓越した演奏で示そうとした」と書いている。

ステージで指揮を執るときも、ピアノを弾いているときも、笑顔を絶やさず、ときには聴衆に投げキッスまでしてみせたというエリントン。今はもう、その姿を見ることはできないが、前回、2013年のブルーノート東京でのデューク・エリントン・オーケストラのステージを観た長年のファンによると、数々の名曲を演奏する実力はもちろん、品格も風格も、デューク・エリントン在籍時と比べて遜色なかったという。きっと今回のステージでも、偉大なる創設者のオーラを感じることができるに違いない。

2016年12月コットンクラブ公演ライブ写真 撮影 : 山路 ゆか

「ジャズのみならず、そして音楽のみならず、20世紀のアートを代表する存在であるデューク・エリントン。2018年音楽界の先端をいくラッパーのケンドリック・ラマーやタイラー・ザ・クリエイターといったトップ・アーティストたちも、デュークの影響を受けていると思います。彼のアートに接するには、残された音源や映像はもちろんのこと、長年にわたり活動を続けているオーケストラのライブがおすすめです!」(ブルーノート東京 広報・原澤美穂さん)

デューク・エリントンが生みだしたビッグ・バンドのダイナミックでエレガントなサウンドを、ぜひとも生で堪能したいものだ。

【公演スケジュール】
デューク・エリントン・オーケストラ

公演日:2018年5月17日(木)、18日(金)、19日(土)
時間、料金などの詳細はブルーノート東京のWebサイトをご覧ください。
http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/duke-ellington/

【会場】
ブルーノート東京
東京都港区南青山6-3-16
ご予約/お問合せ
電話:03-5485-0088

文/堀けいこ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ベニー・グッドマン・トリオ『ザ・コンプリート・トリオズ』 ピアノ・トリオは「ジャズの基本形」ではない。トリオ編成の元祖とは…
  2. ジューン・クリスティ&スタン・ケントン『デュエット』 「自分を変えない」というインタープレイ【ジャズを聴く技術 〜ジャ…
  3. エラ・フィッツジェラルド&ジョー・パス『エラ&パス・アゲイン』 1+1=2にならないデュオの面白さ【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「…
  4. チック・コリア&ハービー・ハンコック『デュオ・ライヴ』 ピアノは寄り添い、ギターはぶつかる。デュオには性格が出る?【ジャ…
  5. 古今亭志ん輔 【第88回人形町らくだ亭】2月25日開催/古今亭志ん輔が『居残り…
PAGE TOP