新着記事

幹が太い、マスカット・ベーリーAの見事な古木。「父が小学生の時の写真にすでに写っているから、樹齢は少なくとも80年以上」。その前に佇む岸平典子さん。 【日本ワイン生産者の肖像6】岸平典子さん(タケダワイナリー)|創業100年の歴史を持つ老舗で、日本ワインの王道を突き進む女性醸造家。 【娘のきもち】「医者になったことが一番の親孝行」稼げるようになった今もお金を一切受け取ってくれず……~その2~ 【娘のきもち】「医者になったことが一番の親孝行」稼げるようになった今も両親はお金を一切受け取ってくれず……~その2~ 【娘のきもち】お酒の力を借りて勉強の邪魔をしてくる父親。その姿が苦手だった~その1~ 【娘のきもち】中高一貫校に入ったことで勉強が好きに。お酒の力を借りて勉強の邪魔をしてくる父親が苦手だった~その1~ 履きやすい靴は健康に悪い靴⁉  ロコモを防ぐ靴の選び方 履きやすい靴は足に悪い靴!?| 健康寿命を延ばす靴の選び方 本多忠勝像 「徳川四天王」家の幕末~そのとき、名将たちの子孫はどう動いたか【にっぽん歴史夜話13】 江戸切子のぐい呑み|珍しい琥珀色のクリスタルガラスに東西の刻みの技が共演 一生仕事を続ける時代、73歳女性も活躍するユーチューバーという職業[PR] 「ヤフオク!」で検索された「猫」を含むキーワードランキング 夏目漱石の小説「吾輩は猫である」初版本(明治40年発行)は12万円超で落札!|「ヤフオク!」で取引された意外な「猫」グッズ 高所恐怖症の人はクラクラしてしまいそうな天井座敷。 ベストな席は天井桟敷?|ベルリン・フィルハーモニーを現地で鑑賞する方法 健康オイルブーム! 摂り方を間違えるとシワやくすみの原因にも⁉ 健康オイルブーム! 摂り方を間違えるとシワやくすみの原因にも!?

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 角野栄子さん

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

御年86歳、映画音楽の巨匠ミシェル・ルグランの生演奏を聴く@ブルーノート東京

文/堀けいこ

落ち込んだり、悲しいことに出会ったりしたとき、映画や音楽に接することで、気持ちが前向きになった経験はないだろうか。滅入るような出来事を多く見聞きする今日この頃、だからこそ、素敵なニュースをお知らせしよう。

半世紀以上にわたって数々の名曲を私たちに届けてくれている映画音楽の巨匠ミシェル・ルグランが来日、7月6日から4夜連続で東京・青山のブルーノート東京のステージに登場する。

今年は、1988年11月のスタート以来、世界各国のミュージシャンを迎え、日本の音楽ファンのためにたくさんのステージを企画してきたブルーノート東京にとって、30周年をという記念すべき年。そのアニバーサリー企画「blue note Tokyo 30th anniversary presents」のひとつのとして、ミシェル・ルグランのステージが実現した。

誰もがその名を知るミシェル・ルグランだが、あらためて、そのプロフィールを紹介しておこう。

フランスを代表する指揮者/作曲家であるレイモン・ルグランを父に、楽譜出版社を経営するマルセルを母に、1932年、パリで生まれたミシェル・ルグラン。2歳年上の姉クリスチャンヌ・ルグランは、一世を風靡したジャズ・コーラス・グループ、スウィングル・シンガーズ結成当時のリード・ソプラノだった。

そんな音楽一家の中で幼少時代を過ごしてきたミシェルは、11歳でパリの国立音楽学院に入学。本格的に音楽を学び優秀な成績をおさめる一方で、10代の半ばには父の手伝いで映画音楽に携わっていたという。

そして、フランソワーズ・アルヌール主演のフランス映画『過去をもつ愛情』(1954年)を振り出しに、本格的に映画音楽を書き始める。その才能は見事に花開き、ジャック・ドゥミ監督のミュージカル映画『シェルブールの雨傘』(1964年)の大ヒットとともに、楽曲作者ミシェル・ルグランの名は世界的なものとなった。

その後も、『ロシュフォールの恋人たち』(1967年)、『華麗なる賭け』(1968年)、『思い出の夏』(1970年)をはじめ数え切れないほどの名作映画の音楽を担当した。その一方で、若かりしころに自己のグループを率いてパリのジャズ・クラブで展開していた熱演が話題となり、ピアノ・トリオや楽団名義のレコードも発表。マイルス・デイヴィスやビル・エヴァンスとも親交を結んで録音を残すが、なかでも1958年のリーダー・アルバム『ルグラン・ジャズ』は、歴史的な名盤として知られている。

2013年ライブ 撮影 : 佐藤 拓央

そんなミシェル・ルグランだが、今回のブルーノート東京への登場は5年ぶりとなる。前回のルグランのライブを体験しているブルーノート東京の広報の原澤美穂さんは、そのときの驚きを、こう語っている。

「日本でも『ロシュフォールの恋人たち』のオープニングで流れる「キャラヴァンの到着」がたびたびCMに使用されるなど、エレガントで、人生の喜びと切なさに溢れた彼の音楽は多くの人々を魅了してきましたが、初めてルグランさんの演奏を目の当たりにして衝撃を受けたのは、なんと言っても彼のピアノ演奏。そのタッチとサウンドはパワフルで鋭く、かつ好奇心いっぱいの子供のようでみずみずしく……。私は彼の音楽について何も知らなかったのだと思ったほどです」

2013年ライブ 撮影 : 佐藤 拓央

今年2月に86歳の誕生日を迎えたミシェル・ルグランだが、今なお精力的に活動。最近では、一昨年大ヒットした映画『ラ・ラ・ランド』の監督デイミアン・チャゼルが『シェルブールの雨傘』などのミシェル・ルグランと監督のジャック・ドゥミとのコラボレーション作品に大きな影響を受けたと語ったことで、改めてルグランの音楽作品に触れる若い世代が増えている。

今回のブルーノート東京のステージには、ベースのジェフ・ガスコイン、ドラムスのセバスティアン・デ・クロムを率いた、ミシェル・ルグラン・トリオで登場。客席には、映画史に残る名画のシーンを懐かしく思い浮かべるファンだけでなく、世代を超えて幅広い層のオーディエンスが集まるにちがいない。

いつまでも色褪せないミシェル・ルグランの素晴らしき音楽世界に、時を忘れて浸りたい。

撮影 : 山路 ゆか

【スケジュール】
2018年7月6日(金)、7日(土)、8日(日)、9日(月)
時間、料金などの詳細は
http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/michel-legrand/

【会場】
ブルーノート東京
東京都港区南青山6-3-16
ご予約/お問合せ 電話:03-5485-0088

※6月22日まで、2018年9月以降のブルーノート東京ライブチケット5組10名が当たるミシェル・ルグラン公演キャンペーンを実施中。くわしくは、こちら。
http://www.bluenote.co.jp/jp/event/michellegrand/

文/堀けいこ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【第83回人形町らくだ亭】3月27日開催/柳家小満んが『盃の殿様…
  2. 笈田ヨシ 新国立劇場が世界に放つ新作オペラ『紫苑物語』|世界の演劇界で活躍…
  3. マーカス・ミラー マイルス・デイヴィスなどのトップ・アーティストに愛されてきたスー…
  4. 【第82回人形町らくだ亭】1月29日開催/志ん生に捧ぐ孫弟子3人…
  5. 新国立劇場「カルメン」2017年公演より 撮影:寺司正彦 人気のオペラ『カルメン』|メトロポリタン歌劇場やパリ・オペラ座で…
PAGE TOP