新着記事

【夕刊サライ/パラダイス山元】メキシコ:片道7000マイル、半径100メートルの極端にピンポイントの旅(パラダイス山元の旅行コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

べっ甲の耳かき|職人が丹精込めて作った至高の耳かき

伝統工芸のべっ甲細工で作り上げた、耳かきの逸品。べっ甲細工に使われる「タイマイ」(海亀の一種…

まさに「手付かずの自然」!カムチャツカで優美な「高山植物」と「ヒグマ」の聖地を巡る

文/印南敦史北海道沖の千島列島から北へと連なるカムチャツカ半島(ロシア)といえば、雄大な自然…

写真家エバレット・ブラウンが撮り続ける「失われゆく日本」のかたち

幕末に来航したペリー提督の随行写真家の一族で、日本をテーマに写真を撮り続けている写真家のエバレット・…

作家・遠藤周作を終生見守った母の形見のマリア像【文士の逸品No.34】

◎No.34:遠藤周作のマリア像(撮影/高橋昌嗣)文/矢島裕紀彦いくつもの顔…

【夕刊サライ/横山剣】「フォード・コルチナ・ロータスMk1」“クルマは見た目じゃ分からない?!”(横山剣のクルマコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

プリマロフトの軽量ケット|通気性に優れ蒸れにくい夏の快眠肌掛け

寝苦しい熱帯夜にエアコンをつけて眠ると、薄い肌掛け1枚では寒く感じることがある。そんなときは…

「ローマの休日」が田んぼに! 奥深き「田んぼアート」の世界

取材・文/鈴木拓也白や赤の葉の稲や、赤褐色や紫の穂の稲などを組み合わせて水田に植え、高い所か…

大人も楽しめる「字のない絵本」92歳にして現役の絵本作家、安野光雅の世界

取材・文/池田充枝国内外に多くのファンをもつ安野光雅(あんの・み…

【夕刊サライ/川合俊一】川合流「出来高」チェックの投資術に必要なのは根気と早起き(川合俊一の暮らし・家計コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

御年86歳、映画音楽の巨匠ミシェル・ルグランの生演奏を聴く@ブルーノート東京

文/堀けいこ

落ち込んだり、悲しいことに出会ったりしたとき、映画や音楽に接することで、気持ちが前向きになった経験はないだろうか。滅入るような出来事を多く見聞きする今日この頃、だからこそ、素敵なニュースをお知らせしよう。

半世紀以上にわたって数々の名曲を私たちに届けてくれている映画音楽の巨匠ミシェル・ルグランが来日、7月6日から4夜連続で東京・青山のブルーノート東京のステージに登場する。

今年は、1988年11月のスタート以来、世界各国のミュージシャンを迎え、日本の音楽ファンのためにたくさんのステージを企画してきたブルーノート東京にとって、30周年をという記念すべき年。そのアニバーサリー企画「blue note Tokyo 30th anniversary presents」のひとつのとして、ミシェル・ルグランのステージが実現した。

誰もがその名を知るミシェル・ルグランだが、あらためて、そのプロフィールを紹介しておこう。

フランスを代表する指揮者/作曲家であるレイモン・ルグランを父に、楽譜出版社を経営するマルセルを母に、1932年、パリで生まれたミシェル・ルグラン。2歳年上の姉クリスチャンヌ・ルグランは、一世を風靡したジャズ・コーラス・グループ、スウィングル・シンガーズ結成当時のリード・ソプラノだった。

そんな音楽一家の中で幼少時代を過ごしてきたミシェルは、11歳でパリの国立音楽学院に入学。本格的に音楽を学び優秀な成績をおさめる一方で、10代の半ばには父の手伝いで映画音楽に携わっていたという。

そして、フランソワーズ・アルヌール主演のフランス映画『過去をもつ愛情』(1954年)を振り出しに、本格的に映画音楽を書き始める。その才能は見事に花開き、ジャック・ドゥミ監督のミュージカル映画『シェルブールの雨傘』(1964年)の大ヒットとともに、楽曲作者ミシェル・ルグランの名は世界的なものとなった。

その後も、『ロシュフォールの恋人たち』(1967年)、『華麗なる賭け』(1968年)、『思い出の夏』(1970年)をはじめ数え切れないほどの名作映画の音楽を担当した。その一方で、若かりしころに自己のグループを率いてパリのジャズ・クラブで展開していた熱演が話題となり、ピアノ・トリオや楽団名義のレコードも発表。マイルス・デイヴィスやビル・エヴァンスとも親交を結んで録音を残すが、なかでも1958年のリーダー・アルバム『ルグラン・ジャズ』は、歴史的な名盤として知られている。

2013年ライブ 撮影 : 佐藤 拓央

そんなミシェル・ルグランだが、今回のブルーノート東京への登場は5年ぶりとなる。前回のルグランのライブを体験しているブルーノート東京の広報の原澤美穂さんは、そのときの驚きを、こう語っている。

「日本でも『ロシュフォールの恋人たち』のオープニングで流れる「キャラヴァンの到着」がたびたびCMに使用されるなど、エレガントで、人生の喜びと切なさに溢れた彼の音楽は多くの人々を魅了してきましたが、初めてルグランさんの演奏を目の当たりにして衝撃を受けたのは、なんと言っても彼のピアノ演奏。そのタッチとサウンドはパワフルで鋭く、かつ好奇心いっぱいの子供のようでみずみずしく……。私は彼の音楽について何も知らなかったのだと思ったほどです」

2013年ライブ 撮影 : 佐藤 拓央

今年2月に86歳の誕生日を迎えたミシェル・ルグランだが、今なお精力的に活動。最近では、一昨年大ヒットした映画『ラ・ラ・ランド』の監督デイミアン・チャゼルが『シェルブールの雨傘』などのミシェル・ルグランと監督のジャック・ドゥミとのコラボレーション作品に大きな影響を受けたと語ったことで、改めてルグランの音楽作品に触れる若い世代が増えている。

今回のブルーノート東京のステージには、ベースのジェフ・ガスコイン、ドラムスのセバスティアン・デ・クロムを率いた、ミシェル・ルグラン・トリオで登場。客席には、映画史に残る名画のシーンを懐かしく思い浮かべるファンだけでなく、世代を超えて幅広い層のオーディエンスが集まるにちがいない。

いつまでも色褪せないミシェル・ルグランの素晴らしき音楽世界に、時を忘れて浸りたい。

撮影 : 山路 ゆか

【スケジュール】
2018年7月6日(金)、7日(土)、8日(日)、9日(月)
時間、料金などの詳細は
http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/michel-legrand/

【会場】
ブルーノート東京
東京都港区南青山6-3-16
ご予約/お問合せ 電話:03-5485-0088

※6月22日まで、2018年9月以降のブルーノート東京ライブチケット5組10名が当たるミシェル・ルグラン公演キャンペーンを実施中。くわしくは、こちら。
http://www.bluenote.co.jp/jp/event/michellegrand/

文/堀けいこ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【第79回人形町らくだ亭】8月21日開催!柳家さん喬が『福禄寿』…
  2. 巨匠・小津安二郎の不朽の名作が「4Kデジタル修復」され一挙上映
  3. ボサ・ノヴァと現代ジャズと美空ひばりの意外すぎる共通項【ジャズ・…
  4. デューク・エリントン・オーケストラが4年半振りにブルーノート東京…
  5. 時代とともに変わりゆくジャズがなぜ魅力的なのか【ジャズ・ヴォーカ…
PAGE TOP