新着記事

ポークソテーシャリアピンソース

【管理栄養士が教える減塩レシピ】みじん切り、すりおろしで活性化! 旬のにんにくの栄養を逃さない調理法

写真・文/矢崎海里外国産も多く出回っているにんにくですが、5月~7月に旬を迎える野菜です。…

サンブロックアンブレラ|遮光、遮熱に優れたアウトドア仕様の日傘

野外から日用まで使える、モンベル製の折りたたみ傘をご紹介。遮熱性能が高く、紫外線カット率99…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(6/1~6/7)射手座~魚座編

ニャンコ先生の開運星占い射手座(11月22日~12月21日) きじとら猫今週は、…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(6/1~6/7)獅子座~蠍座編

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(6/1~6/7)牡羊座~蟹座編

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

【ビジネスの極意】IQが高い人が必ずしも成功するわけではない

【ビジネスの極意】IQが高い人が必ずしも成功するわけではない

コンピュータが人間にとって代わる、そんな時代がすぐそこまで来ている、という説がある。AIやロ…

数において劣勢の織田信長(演・染谷将太)は、今川方にいる松平元康を取り込むべく、元康の伯父・水野信元と母・於大の説得工作を試みる。

信長危うし! ついに今川義元が攻めて来た 桶狭間前夜、策謀めぐらす〈女軍師・帰蝶〉が凄かった!【麒麟がくる 満喫リポート】

27歳の織田信長に人生の岐路が訪れた。大国駿河の領主・今川義元が本腰を入れて尾張攻略に乗り込…

カビ専門家に聞く「梅雨時期のカビ対策」3つのポイント

今年も梅雨の時期が近づいてきました。梅雨の間、湿度の高い状態が続くとカビが発生しやすくなり、…

朝倉館跡空撮。

「お屋形さま」と呼ばれていた朝倉義景。室町時代後期の「大名屋形」を知れば『麒麟がくる』をもっと楽しめる【麒麟がくる 満喫リポート】

文/熊谷透(福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館 文化財調査員)NHK大河ドラマ『麒麟がく…

エアコンの故障は冷房の使い始めに起きている! 今年の猛暑を快適に過ごすために今すべきこと

新型コロナウイルスの感染拡大によって、例年より自宅で過ごす時間が長くなっています。気象庁の『…

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

ジャズを聴く技術

  1. ジョー・パス『カリフォルニア・ブリーズ』  

    「驚きの顔合わせ」から見えたフュージョン・ギターの源流【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道55】

         

    文/池上信次今回のテーマは、「顔合わせ」。ジャズの面白いところは、どんなタイプのジャズマンでも共演できること。それがジャズのジャズたるところ。ジャズには世代もスタイルも超えて脈々と受け継がれている共通の土台があるのですね。ですから「珍し…

  2. シンガーズ・アンリミテッド『イン・チューン』  

    ジャズの「リアル」はどこにある?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道54】

         

    文/池上信次「演奏したそのまま」のイメージが強い「ジャズのライヴ盤」であっても、カットはもち…

  3. じつは「ライヴ」ではなかった あの「ライヴ名盤」(その2)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道53】  

    じつは「ライヴ」ではなかった あの「ライヴ名盤」(その2)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道53】

         

    文/池上信次今回は「続・じつはライヴではなかったライヴ盤」です。前回、ライヴ・レコーディング…

  4. ペギー・リー『ビューティ・アンド・ザ・ビート』(キャピトル)  

    じつは「ライヴ」ではなかったあの「ライヴ名盤」【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道52】

         

    文/池上信次前回の流れで「ライヴ盤」ネタです。前回触れたように、ライヴ・アルバムは「記録」で…

  5. ビル・エヴァンス『ザ・コンプリート・ヴィレッジ・ヴァンガード・レコーディングス 1961』  

    CDの「家ライヴ」ががぜん楽しくなる方法【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道51】

         

    文/池上信次「休業要請」「外出自粛」……。ライヴに行けなければ、家(うち)でライヴだ。という…

  6. ジョン・コルトレーン『ブルー・トレイン』(ブルーノート)  

    何回演れば「完成」なのか? 超人たちの「難産セッション」【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道50 】

         

    文/池上信次前回、「ワン・テイク」で知られるマイルス・デイヴィスの「マラソン・セッション」(…

  7. マイルス・デイヴィス『クッキン』  

    最高のコスト・パフォーマンス!? マイルスの「短距離走セッション」【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道49 】

         

    文/池上信次ジャズ・ファンなら、一度はどこかで「マラソン・セッション」という言葉を聞いたこと…

  8. (1)ビル・エヴァンス『自己との対話』(ヴァーヴ) 演奏:ビル・エヴァンス(ピアノ) 録音:1963年2月6、9日、5月20日 最初の試みを「3台」で考えたところがじつに大胆。バラードの「ラウンド・ミッドナイト」などはピアノ3台では少々賑やかすぎる感じも受けますが、どうせやるなら狙いは明確に出そうということでしょう。なお、このアルバムはエヴァンス初のグラミー賞受賞作品となりました。  

    ビル・エヴァンスが3人いる!? 「自己との対話」という挑戦【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道48】

         

    文/池上信次前回の続きで、ビル・エヴァンスの定説の見直しです。エヴァンスはけっして「ピアノ・…

  9. (1)ビル・エヴァンス『フロム・レフト・トゥ・ライト』(MGM) 演奏:ビル・エヴァンス(ピアノ、エレクトリック・ピアノ)、サム・ブラウン(ギター)、エディ・ゴメス(ベース)、ジョン・ビール(エレクトリック・ベース)、マーティ・モレル(ドラムス)、ミッキー・レナード(編曲、指揮)、ストリングス 録音:1969~70年  

    ジャズの「定説」を見直す。ビル・エヴァンスはエレピの名手!?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道47】

         

    文/池上信次ジャズ・ミュージシャンや、そのアルバムを紹介するときに必ず語られる「定説」があり…

  10. (1)ソニー・ロリンズ『サキソフォン・コロッサス』 演奏:ソニー・ロリンズ(テナー・サックス)、トミー・フラナガン(ピアノ)、ダグ・ワトキンス(ベース)、マックス・ローチ(ドラムス) 録音:1956年6月22日  

    あのライヴ名盤が日曜日に生まれた理由とは!?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道46】

         

    文/池上信次前回、ブルーノート・レーベルの名盤は日曜日に生まれると紹介しましたが、同じ時期(…

  11. (1)ジョン・コルトレーン『ブルー・トレイン』  

    名盤は日曜日に生まれる!?~読んで楽しむ録音データ【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道45】

         

    文/池上信次いきなりですが、まず問題です。下記の3枚はいずれも「モダン・ジャズの名盤」として…

  12. 渡辺香津美『MOBO』  

    1曲3分から1曲68分。メディアの進歩がジャズを動かした【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道44】

         

    文/池上信次1940年代末に10インチ(25センチ)と12インチ(30センチ)の2種類の「L…

  13. 『チャーリー・パーカー・ウィズ・ストリングス』  

    再生メディアの進歩はジャズを大きく変えた【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道43】

         

    文/池上信次レコード登場の当初から長らく続いた「3分しばり」ですが、ついにそのしばりが解ける…

  14. チャーリー・パーカー『The Complete Dean Benedetti Recordings Of Charlie Parker』  

    録音技術の進歩はジャズを変えはしなかった【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道42】

         

    文/池上信次前回紹介したSPレコードの「3分しばり」ですが、正確には「再生メディア」の限界が…

  15. 「3分しばり」が名演を生んだ~SPレコードの楽しみ方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道41】  

    「3分しばり」が名演を生んだ~SPレコードの楽しみ方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道41】

         

    文/池上信次ジャズを聴く時、読者のみなさんはどんなメディア(媒体・装置)で聴いていますか? …

  16. ベニー・グッドマン・トリオ『ザ・コンプリート・トリオズ』  

    ピアノ・トリオは「ジャズの基本形」ではない。トリオ編成の元祖とは?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道40】

         

    文/池上信次前回に続いて「編成で聴くジャズ」、今回はひとり増えた3人編成の「トリオ」です。ジャズ…

  17. ジューン・クリスティ&スタン・ケントン『デュエット』  

    「自分を変えない」というインタープレイ【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道39】

         

    文/池上信次「編成で聴くジャズ」の今回はデュオの4回目。「ヴォーカル+ピアノ」のデュオです。ピア…

  18. エラ・フィッツジェラルド&ジョー・パス『エラ&パス・アゲイン』  

    1+1=2にならないデュオの面白さ【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道38】

         

    文/池上信次「編成で聴くジャズ」の今回はデュオの3回目。「ヴォーカル+楽器」のデュオを聴いていき…

  19. チック・コリア&ハービー・ハンコック『デュオ・ライヴ』  

    ピアノは寄り添い、ギターはぶつかる。デュオには性格が出る?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道37】

         

    文/池上信次(1)チック・コリア&ハービー・ハンコック『デュオ・ライヴ(原題:CoreaHanc…

  20. ビル・エヴァンス&ジム・ホール『アンダーカレント』  

    音楽のキャッチボール「デュオ」演奏の楽しみ方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道36】

         

    文/池上信次第30回から紹介している「編成で聴くジャズ」の続きです。「ソロ(独奏)」に続いて…

  21. ビル・エヴァンス『ザ・ソロ・セッションズ Vol. 2』  

    真夏に弾くクリスマス ビル・エヴァンスはサンタ好き!?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道35】

         

    文/池上信次クリスマス・ソングは、本来の意味を考えれば「季節限定」楽曲なのですが、優れたジャ…

  22. ビング・クロスビー『メリー・クリスマス』  

    ジャズ・スタンダードとしてのクリスマス名曲選【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道34】

         

    文/池上信次今回は、前回に続いて代表的クリマスマス・ソング名曲とそのジャズ名演を紹介します。…

  23. ナット・キング・コール『ザ・クリスマス・ソング』  

    「クリスマス・ジャズ」はなぜこんなに楽しいのか【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道33】

         

    文/池上信次今回は「季節ネタ」を。でも、ジャズでは季節ネタとして済ませられないほど重…

  24. (2)キース・ジャレット『ケルン・コンサート』  

    「都市」と共演するキース・ジャレットのソロ・ピアノ【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道32】

         

    文/池上信次今回紹介するのは前回に続いて「ソロ=独奏」です。前回はその中の「枠組みの…

  25. アート・テイタム『ピアノ・ソロズ』  

    「ひけらかし」もジャズの個性。とてつもない技術に圧倒される「ソロ」の快感【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道31】

         

    文/池上信次前回はジャズ・バンドの編成を紹介しましたが、今回は、その最小編成の「ソロ」につい…

  26. ソニー・ロリンズ『ザ・ソロ・アルバム』(マイルストーン)  

    自由すぎるジャズ・バンド。ひとりでも100人でもジャズなのだ【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道30】

         

    文/池上信次ジャズ・バンドにはさまざまな編成があります。ジャズほど多様な編成が当たり前になってる…

  27. ペギー・リー『シュガー・ン・スパイス』  

    相次ぐ相棒の死去で巨匠作曲家が作詞家へ転身?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道29】

         

    文/池上信次第29回ジャズ・スタンダード必聴名曲(18)「ザ・スウィーテスト・サウンズ」…

  28. 『マイ・フェイヴァリット・シングス〜ライヴ・イン・ヨーロッパ1963(アフロ・ブルー・インプレッションズ)』  

    オリジナルを超えてスタンダードになった「改変」ヴァージョン【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道28】

         

    文/池上信次第28回ジャズ・スタンダード必聴名曲(17)「マイ・フェイヴァリット・シングス」…

  29. ジョン・コルトレーン『マイ・フェイヴァリット・シングス~コルトレーン・アット・ニューポート』(インパルス)  

    ミュージカル・ヒット=ジャズ・スタンダードではない。ミュージカルの「革新」はジャズも変えた!?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道27】

         

    文/池上信次第27回ミュージカル・ヒット=ジャズ・スタンダードではない。ミュージカルの「革新」は…

  30. フランク・シナトラ『イン・ザ・ウィー・スモール・アワーズ』  

    またまた作曲者は怒り心頭? ジャズの常識はミュージカルの常識にあらず【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道26】

         

    文/池上信次第26回ジャズ・スタンダード必聴名曲(16)「イット・ネヴァー・エンタード・マイ・マ…

PAGE TOP