新着記事

ポータブル蓄電池|自然災害による停電に備える 電気を備蓄する大容量蓄電池

毎年のように、台風や豪雨で大きな被害が発生するようになった。電気や水道などの社会インフラが機…

葛飾応為「吉原格子先之図」太田記念美術館蔵

この世に一枚の肉筆浮世絵の名品が勢ぞろい【肉筆浮世絵名品展 ―歌麿・北斎・応為】

取材・文/池田充枝浮世絵の大部分を占めるのは、絵師が版下絵を描き、彫師、摺師の手を経…

圧巻のコショウコーナー。何とも言えない爽やかな香りがショップ内に立ち込めて居心地がいい。皆ここでしばし足をとめて、真剣な面持ちでボックス内をのぞき込む。

料理好きがふらり集う、ドイツグルメ王監修のスパイスショップ「シューベック」(ミュンヘン)

文・写真/キュンメル斉藤めぐみ(海外書き人クラブ/ドイツ在住ライター)世界的に著名な政治家や実業…

【義家族との間】8歳上の嫁は「出産タイムリミット」数年扱い。悪意のない過度な期待が一番辛い~その2~

取材・文/ふじのあやこ離婚、再婚などで複雑化する家族関係。血縁のない家族(義家族)との関係で生じ…

【義家族との間】8歳上の嫁は「出産タイムリミット」数年扱い。悪意のない過度な期待が一番辛い~その1~

取材・文/ふじのあやこ家族の中には、血縁のない『義(理の)家族』という間柄がある。結婚相手の親族…

吾妻山の定番カット、菜の花と富士山

JR東海道線二宮駅から歩いて行ける!|湘南の絶景、菜の花満開の吾妻山から富士山を見る(神奈川県二宮町)

文・写真/杉﨑行恭東海道線の下り電車は藤沢から相模湾沿岸に出る。そこから辻堂、茅ヶ崎を経て相…

初めて大河ドラマの主人公になる明智光秀(長谷川博己)。脱「信長史観」のドラマの展開が気になってしょうがない。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】明智光秀が主役の本格戦国大河 オープンセットに持ち込まれた岩の総量が半端ない

大河ドラマを影で支えるのが美術スタッフの存在。美術は、画面に映るすべてを担当しているといっても過…

堀文子 太神楽柄ショール|孤高の日本画家、堀文子の代表作を描いたストール

サライで15年にわたり「命といふもの」を連載した、日本画家の堀文子さん(1918~2019)…

『太平記』以来の大河登板の池端俊策さん。『麒麟がくる』も早くも「伝説の大河」の再来と期待が高まる。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】脚本家・池端俊策氏インタビュー「描きたかったのは、従来のイメージとは異なる光秀と信長」

2020年のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』への期待が高まっている理由のひとつは、名作大河とい…

2020年「開運×絶景スポットランキング」|3位 箱根神社(神奈川県)、2位 高屋神社(香川県)、1位は?

日本には素晴らしい景色に囲まれた場所がたくさんあります。1年の始まりに出かけるという方も多い…

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

ジャズを聴く技術

  1. ビル・エヴァンス『ワルツ・フォー・デビイ』(リヴァーサイド)  

    ビル・エヴァンスはなぜ人名を曲名にするのか~大名曲「ワルツ・フォー・デビイ」がスタンダード化しない理由【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道9】

         

    文/池上信次第9回ジャズ・スタンダード必聴名曲(5)「ワルツ・フォー・デビイ」これまでこの連載では、ポップスが「持ち歌で勝負」とすれば、「ジャズはまずアドリブありき」が基本であると説明してきましたが、「持ち歌」で勝負しているジャズマ…

  2. ジャズマンはなぜみんな同じ曲を演奏するのか?(4)~「ジャズに名曲なし」の真実  

    「ジャズに名曲なし」の真実【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道8】

         

    文/池上信次第8回ジャズマンはなぜみんな同じ曲を演奏するのか?(4)~「ジャズに名曲なし」の真実…

  3. 『チャーリー・パーカー・オン・ダイアル完全盤』(ダイアル)  

    マイケル・ジャクソンも歌ったジャズ名曲「オール・ザ・シングス・ユー・アー」の秘密|【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道7】

         

    第7回ジャズ・スタンダード必聴名曲(4)「オール・ザ・シングス・ユー・アー」文/池上信次今回…

  4. (1)ヘレン・メリル『ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウン』(エマーシー)  

    クインシー・ジョーンズが掘りおこした名曲「ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ」|【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道6】

         

    第6回ジャズ・スタンダード必聴名曲(3)「ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ」…

  5. ジャズマンはなぜみんな同じ曲を演奏するのか?(3)|「アドリブ」とは何か【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道5】  

    ジャズの「アドリブ」とは何か?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道5】

         

    文/池上信次第5回ジャズマンはなぜみんな同じ曲を演奏するのか?(3)~「アドリブ」とは何か…

  6. 「スタンダード」という「共通言語」  

    スタンダード曲はジャズマンの共通言語である【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道4】

         

    文/池上信次第4回ジャズマンはなぜみんな同じ曲を演奏するのか?(2)~「スタンダード」という「共…

  7. キャノンボール・アダレイ『サムシン・エルス』  

    フランスの有名曲「枯葉」がジャズのスタンダードになるまで|【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道3】

         

    ジャズ・スタンダード必聴名曲(2)「枯葉」文/池上信次「枯葉」(原題:Les Feuille…

  8. 「イズント・シー・ラヴリー」のオリジナルが収録されたスティーヴィー・ワンダー『キー・オブ・ライフ』(モータウン)。  

    スティーヴィー・ワンダーの「イズント・シー・ラヴリー」がどうして「ジャズ・スタンダード」となったのか?|【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道2】

         

    ジャズ・スタンダード必聴名曲(1)「イズント・シー・ラヴリー」文/池上信次「イズント・シー・…

  9. ジャズを聴く技術〜ジャズ「プロ・リスナー」への道《第1回》  

    ジャズマンはなぜみんな同じ曲を演奏するのか?|【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道1】

         

    文/池上信次ジャズを聴く技術~ジャズ「プロ・リスナー」への道《第1回》はじめにいきな…

PAGE TOP