新着記事

常滑焼の炭化焼成の急須と湯呑み2客組|コクがあり柔らかな味が楽しめる炭化焼成のセット

急須といえば常滑焼(愛知県常滑市)といわれるくらい、朱色の茶器はお馴染みの日用品だ。ところが…

佐世保鎮守府関連の日本遺産を巡る特別な徒歩ツアー|長崎県佐世保・日本近代化の躍動を体感できる街【1】

構成・文/山津京子 佐世保市内に点在する、迫力満点の遺構27群2019年7月発行の『サライ8…

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする? 両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合【後編】

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする?|両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合【後編】

取材・文/坂口鈴香「親の終の棲家をどう選ぶ? 壊れていく母、追い詰められる父」で紹介…

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする? 両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする?|両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合【前編】

取材・文/坂口鈴香「親の終の棲家をどう選ぶ? 壊れていく母、追い詰められる父」で紹介…

同窓会で気になること第1位は「友人のおばさん化」!?

高校時代、あんなにキレイだったのに……|同窓会で気になったこと第1位は「友人のおばさん化」

学生時代の友人や恩師と会える同窓会。当時の楽しかった出来事や、淡い恋愛の思い出などがプレイバ…

八幡堀に沿って白壁の土蔵や旧家が立ち並び、往時の賑わいが偲ばれる

水運で潤う城下町を全国に残す|三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆかりの城【田中吉政編】

写真・文/藪内成基戦国時代から全国統一へと進んだ織田信長、豊臣秀吉、徳川家康。いわゆる「三英…

関羽像(かんうぞう) 青銅製 明時代・15~16世紀 新郷市博物館蔵

「リアル三国志」の世界を最新の発掘成果と共に体感!【日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」】

取材・文/池田充枝日本が弥生時代といわれた、遥か1800年も昔の中国に起こった「三国志」は、…

岡山県産綿布の雪駄|素足に心地よい伝統の綿布を使用。普段着でさくさく歩きたい

綿布の感触が、素足になんとも心地よい雪駄をご案内。使われる綿布はジーンズ生地などで定評のある…

黒くて丸いタイヤの選び方、考え方【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

タイヤは消耗品。黒くて丸いタイヤの選び方、考え方【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

文/鈴木珠美タイヤは消耗品。車検では1.6mm以上タイヤの溝があれば合格しますが、それはイコ…

【娘のきもち】母親とぶつかった後に襲われる、後悔と罪悪感。実家で過ごした幼少期が思い出せない~その2~

【娘のきもち】母親とぶつかった後に襲われる、後悔と罪悪感。実家で過ごした幼少期が思い出せない~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

ジャズの巨人

  1.  

    チェット・ベイカー|ウエスト・コーストの光と影を体現したトランペッター【ジャズの巨人】第26巻より

         

    文/後藤雅洋イメージを喚起する言葉というものがあります。日本では1969年に公開された映画の邦題『青春の光と影』などは、その最たるものではないでしょうか。ロック歌手ジョニ・ミッチェルの主題歌も有名ですよね。原題は『C…

  2.  

    キャノンボール・アダレイ|明朗豪快なアルト・サックスでビ・バップを継承しファンキーを牽引【ジャズの巨人】第25巻より

         

    文/後藤雅洋「ジャズの巨人」シリーズでは、たびたび冒頭にジャズ・ファンの抱く一般的ミ…

  3.  

    ウェイン・ショーター|“ジャズとは何か”を追求しジャズを拡大しつづける巨人【ジャズの巨人】第24巻より

         

    文/後藤雅洋いままで「ジャズの巨人」を紹介してきましたが、残念なことに、多くの「巨人…

  4.  

    ジャッキー・マクリーン|ビ・バップにもフリーにも溢れ出る個性!生々しい“肉声”アルト・サックス【ジャズの巨人】第23巻より

         

    文/後藤雅洋長年ジャズを聴いてきましたが、最近になってようやく気がついたことがありま…

  5.  

    ソニー・クラーク|どんな曲もこなす万能型ジャズピアニスト【ジャズの巨人】第22巻より

         

    文/後藤雅洋以前、アート・ペッパーの記事で「日本人好み」という話をしましたが、本来の…

  6.  

    アート・ペッパー|哀感のサウンドから激情のブロウへ!アルト・サックスに激動の人生が表れる【ジャズの巨人】第21巻

         

    文/後藤雅洋おそらく日本でいちばん人気の高いアルト・サックス奏者は、アート・ペッパー…

  7.  

    ウェス・モンゴメリー|革新的テクニックと魅力溢れる個性でジャズの中心に立ったギタリスト【ジャズの巨人】第20巻より

         

    文/後藤雅洋およそ半世紀も昔、私がジャズを聴き始めたころ最初に好きになったアルバムの…

  8.  

    エリック・ドルフィー|伝統的なジャズの文脈に連なりながら前衛的個性を表現【ジャズの巨人】第19巻より

         

    文/後藤雅洋ジャズの巨人たちのうち、いちばん謎めいたジャズマンは誰でしょうか?…

  9.  

    リー・モーガン|やんちゃなストリート感覚で“ファンキー・ジャズ”を牽引したヒーロー【ジャズの巨人】第18巻より

         

    文/後藤雅洋今ではごくふつうに親しまれているジャズも、日本でジャズが少しずつ知られだ…

  10.  

    ホレス・シルヴァー|“黒さ”とラテンが融合した独特の“ファンキー・ジャズ”【ジャズの巨人】第17巻より

         

    文/後藤雅洋大多数のジャズ・ファンのみなさんは、ホレス・シルヴァーといえ ば「ああ、…

  11.  

    スタン・ゲッツ|常に輝き続けた天才インプロヴァイザー【ジャズの巨人】第16巻より

         

    文/後藤雅洋前回、ハービー・ハンコックの紹介記事で、ファンの世代によるミュージシャン…

  12.  

    ハービー・ハンコック|「時代の感受性」と並走しジャズを拡大した変容するピアニスト【ジャズの巨人】第15巻より

         

    文/後藤雅洋「ジャズマン」「ミュージシャン」「音楽家」、どれも似たような意味で、私は…

  13.  

    セロニアス・モンク|「ジャズは個性の音楽」を体現した唯一無二のスタイルと存在感【ジャズの巨人】第14巻より

         

    文/後藤雅洋ジャズを聴き始めたばかりのころ、私がジャズマンに抱いたイメージは、とにか…

  14.  

    クリフォード・ブラウン|完璧なテクニックと最高の歌心で音楽を表現した努力の天才【ジャズの巨人】第13巻より

         

    文/後藤雅洋ジャズ・トランペッターの中で誰が一番トランペットが巧いのかと聞かれたらな…

  15.  

    ジョン・コルトレーン|情念をも音楽の一部にして孤高の道を驀進した改革者【ジャズの巨人】第12巻より

         

    文/後藤雅洋ジャズマンを大きくふたつに分けると、デビュー時からほとんどスタイルが変わ…

  16.  

    モダン・ジャズ・カルテット|クラシックの香り漂う典雅な〝室内楽ジャズ〟【ジャズの巨人】第11巻より

         

    文/後藤雅洋「モダン・ジャズ・カルテット」略称MJQは、ジャズ界でも珍しい長寿グルー…

  17.  

    ビル・エヴァンス|「ピアノ音楽としてのジャズ」を確立した鍵盤の詩人【ジャズの巨人】第10巻より

         

    文/後藤雅洋1950年代の後半から頭角を現し、惜しくも亡くなってしまう80年に至るほ…

  18.  

    オスカー・ピーターソン|圧倒的な演奏技術でジャズの魅力を伝えたピアニスト【ジャズの巨人】第9巻より

         

    文/後藤雅洋ジャズの楽しさをもっともわかりやすく伝えてくれるミュージシャン、それが多…

  19.  

    チャーリー・パーカー|アドリブに命をかけたモダンジャズの創造主【ジャズの巨人】第8巻より

         

    文/後藤雅洋およそ100年に及ぶジャズの歴史の中で、もっとも重要な人物は誰かと尋ねら…

  20.  

    バド・パウエル|内なる炎が燃えるピアノ・トリオの開祖【ジャズの巨人】第7巻より

         

    文/後藤雅洋ジャズ史上もっとも偉大なピアニスト、バド・パウエルは、眺める角度によって…

  21.  

    アート・ブレイキー |燃えるドラムで世界を熱狂させたジャズの“親分”【ジャズの巨人】第6巻より

         

    文/後藤雅洋ある世代のみなさんにとっては、ドラマー、アート・ブレイキーのほうが、トラ…

  22.  

    マイルス・デイヴィス|常に次代のジャズを奏で続けた革命家【ジャズの巨人】第5巻より

         

    文/後藤雅洋ジャズという音楽ジャンルは本来の黒人音楽としての発祥と、白人文化の影響が…

  23.  

    ソニー・ロリンズ|豪放磊落なアドリブ・ジャイアント【ジャズの巨人】第4巻より

         

    文/後藤雅洋私もそうでしたが、ジャズを聴き始めのころは外見のイメージでジャズマンを捉…

  24.  

    ジョン・コルトレーン|ジャズの究極を追い続けた求道者【ジャズの巨人】第3巻より

         

    文/後藤雅洋テナー・サックス奏者、ジョン・コルトレーンの演奏をひとことで言い表すと、…

  25.  

    ビル・エヴァンス|繊細で大胆なピアノ・トリオの改革者【ジャズの巨人】第2巻より

         

    文/後藤雅洋ビル・エヴァンスの本名はウィリアム・ジョン・エヴァンスで、1929年(昭…

  26.  

    マイルス・デイヴィス|ジャズを創り、ジャズを超えた「帝王」【ジャズの巨人】第1巻より

         

    文/後藤雅洋1926年にイリノイ州のオールトンで生まれたマイルス・デイヴィスは、赤ん…

PAGE TOP