新着記事

ピエール・ブーレーズ・ザール ベストな席は天井桟敷?|ベルリン・フィルハーモニーを現地で鑑賞する方法

文・写真/宮本薫(海外書き人クラブ/ドイツ・ベルリン在住ライター)完璧な音楽などというも…

健康オイルブーム! 摂り方を間違えるとシワやくすみの原因にも⁉ 健康オイルブーム! 摂り方を間違えるとシワやくすみの原因にも⁉

文/中村康宏「油」と聞けばカラダに悪いというイメージをお持ちの方もいらっしゃると思い…

枕職人がつくった快眠枕 ジムナストHIDA|快適な眠りもたらす日本製の理想的な枕

1923年、名古屋市中区長者町にて創業した「北村商店」を前身とする「まくらのキタムラ」。「眠…

『男のチャーハン道』 「パラパラ」のチャーハンを目指した男の求道記|『男のチャーハン道』

文/鈴木拓也庶民的な中華料理の代表格である「チャーハン」。家庭でも手軽に作れるが、米…

お伊勢参り犬と同行した愛犬家大名・松浦静山の天晴れな生涯 司馬遼太郎も信じなかった犬の伊勢参り|お伊勢参り犬と同行した愛犬家大名・松浦静山の天晴れな生涯

取材・文/柿川鮎子 写真/木村圭司第九代平戸藩主の松浦清(まつらきよし、号は静山)は…

「働き方改革」では解決できない「人手不足」問題 【ビジネスの極意】「働き方改革」では解決できない「人手不足」問題

仕事の現場で働き方改革が叫ばれている昨今。取り組んでいる職場も多いことだろう。だが、真の意味…

木工房のデスクペン|木のぬくもりにあふれた手作りの卓上ペン

長野県茅野市、八ヶ岳を見晴らす標高1200mの高原に小さな木工房がある。ここで独創的な木製小…

お葬式をどう考えるか|『和尚が教える 極上のお葬式』 「葬式不要論」「直葬」、お葬式をどう考えるか?|『和尚が教える 極上のお葬式』

文/印南敦史好むと好まざるとにかかわらず、人はいつか必ずお葬式にまつわる問題と向き合…

行ってみたい! 東京のホテルのアフタヌーンティー 自分へのご褒美! 東京で人気の「ホテルのアフタヌーンティー」4選

ホテルのラウンジでちょっと優雅にスイーツや軽食が楽しめると、今、ホテルのアフタヌーンティーの…

インパクトの瞬間に噛むことでパワーが最大に!|格闘技と顎の関係 インパクトの瞬間に噛むことでパワーが最大に!|格闘技と顎の関係

文/藤原邦康整顎がサッカーの足さばきに有効だということは、足技が重要とされるキックボクシング…

ピックアップ記事

  1. 角野栄子さん
  2. 松本零士 不滅のアレグレット〈完全版〉

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

オーストラリア

  1. 豪華寝台列車「ザ・ガン号」で1420㎞の荒野を行くオーストラリア大陸縦断の旅【前編】ダーウィン→キャサリン [PR]

    文・写真/櫻井 寛今から90年前の1929年、南オーストラリアの州都アデレードから、大陸のほぼ中央に位置するアリススプリングスまで、全長およそ1500kmの鉄道が開通した。その時の一番列車の名は「アフガン・キャメル・トレイン…

  2. シティのビル群が一望できるビュースポット、カンガルー・ポイント。

    ブリスベンとゴールドコースト、そしてウルルを巡る旅【ブリスベン編】

    写真・文/石津祐介ウルル(エアーズロック)への運航が開始オーストラリアの航空会社ジェットスタ…

  3. マジック

    街を歩けばカフェに当たる!? コーヒーの街メルボルンで極上の一杯を堪能。

    文・写真/南野真琴(海外書き人クラブ/オーストラリア在住ライター)オーストラリア南東部に位置…

  4. 巨大な一枚岩「ウルル」を見上げる2つの絶景遊歩道【オーストラリア・ノーザンテリトリーの魅力】[PR]

    文/柳沢有紀夫(オーストラリア在住)世界の中心は、どこにあるのか? もちろん地球はほ…

  5. オーストラリア横断列車「インディアンパシフィック」で世界最長直線区間を行く

    文・写真/杉﨑行恭オーストラリアを代表する長距離列車「インディアンパシフィック」。列車名を直…

  6. 大自然の桃源郷「カカドゥ国立公園」で野鳥観察を堪能する【オーストラリア・ノーザンテリトリーの魅力】[PR]

PAGE TOP