新着記事

【ビジネスの極意】社長がトッププレイヤーであってはいけない理由

【ビジネスの極意】社長がトッププレイヤーであってはいけない理由

スカイポイントからゴールドコーストを一望

ブリスベンとゴールドコースト、そしてウルルを巡る旅【ゴールドコースト編】

危険なドライバーの行為

愛犬を乗せて運転する人の危険な行為【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

「令和」の宴をともにした二人の万葉歌人~大伴旅人と山上憶良にっぽん歴史夜話16】

「令和」の宴をともにした二人の万葉歌人~大伴旅人と山上憶良【にっぽん歴史夜話16】

秦始皇兵馬俑博物館に立つ始皇帝像(秦始皇彫像)

始皇帝の「キングダム」への想いを偲ぶ|「世界三大墳墓」秦始皇帝陵を囲む城壁跡を歩く(西安)

多彩な情報が詰まった焼酎の魅力が伝わる入門書|『本格焼酎マニアックBOOK』

焼酎について、どれぐらいのことを知っていますか?|『本格焼酎マニアックBOOK』

【娘のきもち】比べられることを嫌い、妹とは絶縁状態に。2人を再び結び付けてくれたのは家族の危機だった~その2~

【娘のきもち】比べられることを嫌い、妹とは絶縁状態に。2人を再び結び付けたのは家族の危機だった~その2~

【娘のきもち】家族仲はよくていつでもみんな一緒だった。でも、「双子のかわいくないほう」と周りから呼ばれるようになって~その1~

【娘のきもち】家族仲は良く、いつでもみんな一緒だった。でも、「双子のかわいくないほう」と周りから呼ばれるようになって……~その1~

榎本武揚ら旧幕府軍が拠点とした五稜郭

戊辰戦争は「近代的な新政府軍vs古臭い旧幕府軍」ではなかった!【検証 「徳川近代」 原田伊織氏インタビュー4】

重文「無学祖元坐像」鎌倉時代 円覚寺

師の息遣いをも伝える、頂相(ちんそう)彫刻に注目! 【円覚寺の至宝 鎌倉禅林の美】展

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

シニア住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

ブリスベンとゴールドコースト、そしてウルルを巡る旅【ウルル編】

写真・文/石津祐介

ブリスベンからエアーズロックへ

【前回はこちら

ブリスベン6時発のジェットスター667便で、エアーズロック(ウルル)へは3時間15分のフライトとなる。緑豊かなブリスベンを離陸すると、やがて赤茶けた大地、アウトバックが眼下に広がる。

このフライトは8時15分にエアーズロック空港に到着するので、ほぼ1日を観光に費やす事ができる。

今回は、エアーズロックのある世界遺産のウルル・カタジュタ国立公園を紹介する。

ブリスベンーエアーズロック間は、ジェットスターの直行便で3時間15分のフライト

ブリスベンーエアーズロック間は、ジェットスターの直行便で3時間15分のフライト

眼下に広がる赤茶けたアウトバック

眼下に広がる赤茶けたアウトバック

アボリジニの聖地ウルル

エアーズロックは、比高335メートル、周囲9.4キロメートルの世界最大級の一枚岩として知られている。1873年にイギリスの探検家により発見され、当時のサウス・オーストラリア植民地総督ヘンリー・エアーズにちなんでエアーズロックと名付けられた。エアーズロックは、1985年にオーストラリア政府からこの地に住むアボリジニのアナング族に返還され、植民地以前の呼び名であるウルルという名称に戻された。

世界最大級の一枚岩、エアーズロック

世界最大級の一枚岩、エアーズロック

さまざまな形の奇岩が連なる

さまざまな形の奇岩が連なる

ウルルへの登山

ウルルには世界中から多くの観光客が訪れており、特に登山は人気がある。現在、ウルルはアボリジニからオーストラリア政府に貸し出されているが、この地はアボリジニにとって聖地であり、これまでアナング族は登山の禁止を呼びかけてきており、2019年10月26日から登山が禁止となることが決定した。

ウルルへの登山禁止が決定してから、こぞって旅行会社が「登山の最後のチャンス」とばかりに駆け込み需要を見込んでツアーを組んでいるが、アボリジニの文化を尊重していただきたいと思う。

貴重な水源「カピムティジュル」 アナング族の聖地のひとつ

貴重な水源「カピムティジュル」 アナング族の聖地のひとつ

2019年10月26日から登山が禁止となる

2019年10月26日から登山が禁止となる

巨大な岩が連なるカタ・ジュタ

砂漠の大地に連なるカタ・ジュタ。カタ・ジュタとはアボリジニの言葉で「多くの頭」という意味で、36のドーム状の岩が、20km以上に渡って広がっている。ドイツのヴュルテンベルク王妃、オリガの名前にちなみオルガ山とも呼ばれている。ウルルと同じくアボリジニの聖地の一つで、多くの儀式が執り行われている。ここでは「風の谷」のハイキングが人気で、山の麓を歩きカタ・ジュタのダイナミックな風景を楽しむことができる。

36のドーム状の岩が広がるカタ・ジュタ

36のドーム状の岩が広がるカタ・ジュタ

巨岩の谷間「風の谷」を歩く

巨岩の谷間「風の谷」を歩く

ウルル・キャメルツアー

オーストラリアには、開拓時代にアフガニスタンから荷物運搬のために連れて来られたラクダが生息しており、現在も多数が野生で繁殖している。そのラクダの背に揺られながら、ウルル・カタジュタ国立公園を巡るキャメルツアーが人気だ。

開拓時代に連れて来られたというラクダ

開拓時代に連れて来られたというラクダ

ラクダの背に揺られながら、国立公園を巡るツアー

ラクダの背に揺られながら、国立公園を巡るツアー

空から眺めるウルル

ウルル・カタジュタ国立公園のダイナミックな景観を、空から眺める遊覧飛行も人気のツアーの一つだ。今回参加したツアーはヘリコプターによる約25分の遊覧飛行で、ウルルとカタジュタを上空から拝むことができる。

遊覧飛行のヘリコプター

遊覧飛行のヘリコプター

空から眺めるウルルの全容

空から眺めるウルルの全容

アボリジナルアート

数万年前から、この地に住み続けているアボリジニ。文字を持たない彼らは、独特の文様によってストーリーを形作り、自然崇拝による精霊信仰などスピルチュアルな側面からストーリーを「アボリジナルアート」として紡いでおり、ウルルの洞窟や岩にもその痕跡が残されている。
その文化を体験するツアーでは、アナング族のアーティストから様々なモチーフを学びオリジナルの作品を作ることもできる。

「アボリジナルアート」を描くアナング族のアーティスト

「アボリジナルアート」を描くアナング族のアーティスト

祖先から伝わる独特の文様で描かれている

祖先から伝わる独特の文様で描かれている

ナイト・アット・フィールドライト

ウルルの大地に設置された5万個以上のイルミネーションが、幻想的に映し出す「ナイト・アット・フィールドライト」。世界的なアーティスト、ブルース・ムンロ氏によるこのイベントは、2020年12月31日まで行われる予定となっている。

設置された5万個以上のイルミネーション

設置された5万個以上のイルミネーション

夜空の星々とイルミネーションが幻想的な風景を作り出す

夜空の星々とイルミネーションが幻想的な風景を作り出す

時間によって様々な表情を見せるウルルとカタ・ジュタ。飽きることのないダイナミックな風景と、アボリジニの伝統的な文化に触れられるエアーズロック。ここには訪ねる度に、色々な出会いがある。

次回はクイーンズランド州のビーチリゾート、ゴールドコーストを紹介する。

写真・文/石津祐介
カメラマン・ライター。旅行、アウトドア、野鳥、航空機などを中心に撮影、取材、執筆を行う。現在、埼玉県飯能市で田舎暮らし中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. スカイポイントからゴールドコーストを一望 ブリスベンとゴールドコースト、そしてウルルを巡る旅【ゴールドコー…
  2. ボスニア・ヘルツェゴヴィナ サラエヴォ市民の命をつないだ「希望のトンネル」|ボスニア・ヘルツ…
  3. トルコで18件目の世界遺産に登録 ピラミッドよりも古い!世界最古の神殿「ギョベクリ・テペ」の謎(ト…
  4. オーストリア国鉄のシティジェット 世界で初めて世界遺産に認定された鉄道| センメリング鉄道を満喫す…
  5. メープルシロップ カナダの名産品「メープルシロップ」はどうやってできる?| 首都オ…
PAGE TOP