新着記事

インフルエンザ薬「ゾフルーザ」に早くも耐性ウイルス問題|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第13回】

インフルエンザ薬「ゾフルーザ」に早くも耐性ウイルス問題|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第13回】

ベニー・グッドマン・トリオ『ザ・コンプリート・トリオズ』

ピアノ・トリオは「ジャズの基本形」ではない。トリオ編成の元祖とは?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道40】

タクシー乗車時、運転手と会話する人80.5%

タクシー乗車時、運転手と会話しますか? タクシー利用者のリアルな声

滑舌の低下、食べこぼし、飲食時の“むせ”|口の機能の衰えは「オーラルフレイル」の危険性あり!

切り餅を使った「中華おこわ」

【管理栄養士が教える減塩レシピ】余ったお餅をリメイク!切り餅を使った「餅グラタン」「中華おこわ」

バルミューダ ザ・ライト|明るくくっきりした視界を確保。正確な色が見え、影ができにくい

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/20~1/26)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/20~1/26)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/20~1/26)牡羊座~蟹座編

これからの20年、30年で、人生全体の納得度が大きく左右される|『人生のピークを90代にもっていく!』

人生の後半を幸せに生きていくための秘訣|人生のピークを90代にもっていく!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

旅行

ブリスベンとゴールドコースト、そしてウルルを巡る旅【ウルル編】

写真・文/石津祐介

ブリスベンからエアーズロックへ

【前回はこちら

ブリスベン6時発のジェットスター667便で、エアーズロック(ウルル)へは3時間15分のフライトとなる。緑豊かなブリスベンを離陸すると、やがて赤茶けた大地、アウトバックが眼下に広がる。

このフライトは8時15分にエアーズロック空港に到着するので、ほぼ1日を観光に費やす事ができる。

今回は、エアーズロックのある世界遺産のウルル・カタジュタ国立公園を紹介する。

ブリスベンーエアーズロック間は、ジェットスターの直行便で3時間15分のフライト

ブリスベンーエアーズロック間は、ジェットスターの直行便で3時間15分のフライト

眼下に広がる赤茶けたアウトバック

眼下に広がる赤茶けたアウトバック

アボリジニの聖地ウルル

エアーズロックは、比高335メートル、周囲9.4キロメートルの世界最大級の一枚岩として知られている。1873年にイギリスの探検家により発見され、当時のサウス・オーストラリア植民地総督ヘンリー・エアーズにちなんでエアーズロックと名付けられた。エアーズロックは、1985年にオーストラリア政府からこの地に住むアボリジニのアナング族に返還され、植民地以前の呼び名であるウルルという名称に戻された。

世界最大級の一枚岩、エアーズロック

世界最大級の一枚岩、エアーズロック

さまざまな形の奇岩が連なる

さまざまな形の奇岩が連なる

ウルルへの登山

ウルルには世界中から多くの観光客が訪れており、特に登山は人気がある。現在、ウルルはアボリジニからオーストラリア政府に貸し出されているが、この地はアボリジニにとって聖地であり、これまでアナング族は登山の禁止を呼びかけてきており、2019年10月26日から登山が禁止となることが決定した。

ウルルへの登山禁止が決定してから、こぞって旅行会社が「登山の最後のチャンス」とばかりに駆け込み需要を見込んでツアーを組んでいるが、アボリジニの文化を尊重していただきたいと思う。

貴重な水源「カピムティジュル」 アナング族の聖地のひとつ

貴重な水源「カピムティジュル」 アナング族の聖地のひとつ

2019年10月26日から登山が禁止となる

2019年10月26日から登山が禁止となる

巨大な岩が連なるカタ・ジュタ

砂漠の大地に連なるカタ・ジュタ。カタ・ジュタとはアボリジニの言葉で「多くの頭」という意味で、36のドーム状の岩が、20km以上に渡って広がっている。ドイツのヴュルテンベルク王妃、オリガの名前にちなみオルガ山とも呼ばれている。ウルルと同じくアボリジニの聖地の一つで、多くの儀式が執り行われている。ここでは「風の谷」のハイキングが人気で、山の麓を歩きカタ・ジュタのダイナミックな風景を楽しむことができる。

36のドーム状の岩が広がるカタ・ジュタ

36のドーム状の岩が広がるカタ・ジュタ

巨岩の谷間「風の谷」を歩く

巨岩の谷間「風の谷」を歩く

ウルル・キャメルツアー

オーストラリアには、開拓時代にアフガニスタンから荷物運搬のために連れて来られたラクダが生息しており、現在も多数が野生で繁殖している。そのラクダの背に揺られながら、ウルル・カタジュタ国立公園を巡るキャメルツアーが人気だ。

開拓時代に連れて来られたというラクダ

開拓時代に連れて来られたというラクダ

ラクダの背に揺られながら、国立公園を巡るツアー

ラクダの背に揺られながら、国立公園を巡るツアー

空から眺めるウルル

ウルル・カタジュタ国立公園のダイナミックな景観を、空から眺める遊覧飛行も人気のツアーの一つだ。今回参加したツアーはヘリコプターによる約25分の遊覧飛行で、ウルルとカタジュタを上空から拝むことができる。

遊覧飛行のヘリコプター

遊覧飛行のヘリコプター

空から眺めるウルルの全容

空から眺めるウルルの全容

アボリジナルアート

数万年前から、この地に住み続けているアボリジニ。文字を持たない彼らは、独特の文様によってストーリーを形作り、自然崇拝による精霊信仰などスピルチュアルな側面からストーリーを「アボリジナルアート」として紡いでおり、ウルルの洞窟や岩にもその痕跡が残されている。
その文化を体験するツアーでは、アナング族のアーティストから様々なモチーフを学びオリジナルの作品を作ることもできる。

「アボリジナルアート」を描くアナング族のアーティスト

「アボリジナルアート」を描くアナング族のアーティスト

祖先から伝わる独特の文様で描かれている

祖先から伝わる独特の文様で描かれている

ナイト・アット・フィールドライト

ウルルの大地に設置された5万個以上のイルミネーションが、幻想的に映し出す「ナイト・アット・フィールドライト」。世界的なアーティスト、ブルース・ムンロ氏によるこのイベントは、2020年12月31日まで行われる予定となっている。

設置された5万個以上のイルミネーション

設置された5万個以上のイルミネーション

夜空の星々とイルミネーションが幻想的な風景を作り出す

夜空の星々とイルミネーションが幻想的な風景を作り出す

時間によって様々な表情を見せるウルルとカタ・ジュタ。飽きることのないダイナミックな風景と、アボリジニの伝統的な文化に触れられるエアーズロック。ここには訪ねる度に、色々な出会いがある。

次回はクイーンズランド州のビーチリゾート、ゴールドコーストを紹介する。

写真・文/石津祐介
カメラマン・ライター。旅行、アウトドア、野鳥、航空機などを中心に撮影、取材、執筆を行う。現在、埼玉県飯能市で田舎暮らし中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 映画のロケーションガイドブック 映画「第3の男」の舞台ウィーンでミステリーを追う(オーストリア)…
  2. 2016年に増築改装したヴェルダン戦場記念館 第一次世界大戦:700万人の戦争捕虜たちの信じられない生活
  3. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。 【創刊30周年特別紀行】-編集長が行く-長崎からマカオへ。信仰が…
  4. 詩情あふれる銀細工レリーフ(ワット・ムーンサーン) 息をのむほど美しい「タイ銀細工工芸」のヒミツを探る旅(チェンマイ…
  5. ハウスボート オランダ人の憧れ「ハウスボート」|水上のタワマン?究極の水上豪邸…
PAGE TOP