新着記事

病気予防の大ヒント!病気の発症・増悪をもたらす5大要素とは【予防医療の最前線】

文/中村康宏そもそも、どのようにして病気になるのか考えたことはありますか? 病気にな…

【夕刊サライ/角田光代】スペイン・マドリッド:マラソンは旅するいいわけ【旅ラン3】(角田光代の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木…

林忠彦と土門拳、写真界の巨匠2人が作品対決!《昭和の目撃者 林忠彦×土門拳》展

文/編集部ともに戦前に報道写真家として出発した林忠彦(はやし・ただひこ、1918~1990)…

老後を自宅で過ごしたいなら「地域包括支援センター」知っておきたい基本のき

取材・文/坂口鈴香前回は有料老人ホームやサ高住など、自宅以外の老後の住まいについて解説し…

【第78回人形町らくだ亭】6月13日開催|五街道雲助が『つづら』を口演します

ベテランの噺家5人をレギュラーに据えた、『サライ』主催の落語会「人形町らくだ亭」。2018年6月の第…

泉鏡花が憑かれたように集めた兎の置物【文士の逸品No.16】

◎No.16:泉鏡花の兎の置物文/矢島裕紀彦神経症と言っていいくらいの、独自…

【インタビュー】横山はる江(青森「はるえ食堂」店主)名物焼きおにぎりの旨さの秘訣は?

【サライ・インタビュー】横山はる江さん(よこやま・はるえ、はるえ食堂店主)――青森の市場…

【夕刊サライ/テリー伊藤】「『ちょいフル中古車』でオトコを奮い立たせろ!」(テリー伊藤のクルマコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

手でつまむか、箸で食べるか?握り寿司の上手な食べ方【食いしん坊の作法 第3回】 

文/山本益博江戸の古川柳に「握られて出来て食いつく鮨の飯」というのがあります。握り鮨…

アニリンバッファローレザー3wayドクターバッグ|堅牢なバッファローレザー製の鞄

日用から1泊程度の旅まで幅広く対応する、バッファローレザー(水牛の革)の上品な3ウェイバッグ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

オーストラリア横断列車「インディアンパシフィック」で世界最長直線区間を行く

文・写真/杉﨑行恭

オーストラリアを代表する長距離列車「インディアンパシフィック」。列車名を直訳すると「インド洋太平洋号」、つまりオーストラリア大陸を太平洋からインド洋まで連絡する寝台列車だ。走行距離は4532km、3泊4日、約65時間かけて走破する。今回はその乗車体験記をお届けしよう。

*  *  *

太平洋側の始発はシドニーセントラル・ステーション、1906年建築のクラシックスタイルの駅舎は必見だ。

「インディアンパシフィック」は同駅の2番線と3番線に停車する。つまりホーム両側に同じ列車が停っているのだ。というのも、列車は長大な26両編成なので、ホームの長さが足らないために、分割して入線していたのだ。

ちなみに今回乗った列車の全長はなんと615mもある。このなかに発電車2両、乗務員車2両、手荷物車1両も含まれる。

さて、シドニーを午後に発車した「インディアンパシフィック」はオーストラリア東部のブルーマウンテン山脈を越え、翌日午後にワインで知られるアデレードに到着する。アデレードは列車を運行するグレートサザンレイルウェイの本拠地で、ここからダーウィンまで南北に連絡する長距離列車「ザ・ガン」も運行している。

今回はアデレードで24両編成となり、先頭に小山のようなディーゼル・エレクトリック機関車が重連で連結。これより「インディアンパシフィック」は、オーストラリア大陸の中央に広がるナラボー平原を真一文字に横断するのだ。

夏には気温が最大48度にもなる過酷な乾燥地帯だが、空調のきいた列車は快適そのもの。ツイン&ダブルの個室があるプラチナクラスと、2段ベッド個室のゴールドクラスが基本の寝台列車には豪華な食堂車と、誰もがくつろげるラウンジカーも連結される。

プラチナクラスの客室

ゴールドクラスの客室

ラウンジカー

さて3日目の朝、車内放送で「世界最長の直線区間に入った」とアナウンスがあった。車窓にはナラボー平原の地平線があるのみ。遠くはゆっくり、近くは流れるようにソルトブッシュという茂みが動く。

感動的というか退屈というか、永遠につづくような殺風景さがブレックファーストを食べても、ビールを飲んでも続いている。

その日の午後にクックという原野の駅に停車。外に出るとアウトバックの乾いた風と、容赦ない小バエの大群に襲われた。こんなところに線路を建設した先人の苦労がしのばれる。蒸気機関車の頃は、このクックで水の補給をしたという。かつては大陸横断列車の積み荷の半分が機関車を走らせる水だったという。

時刻はこのクックで30分繰り上がり、25分ほど走ったところで西オーストラリア州に入る。

約11時間をかけて直線区間を走破した頃はすでに天空に南十字星がまたたいていた。あの惑星探査衛星「はやぶさ」が帰還したのもこのナラボー平原だったことを思い出した。

翌日の午後、「インディアンパシフィック」は終着の東パース駅に到着。

体格のいいオージーの列車らしく、万事大造りの車内で食っちゃ寝していただけなのに、大事業を成し遂げたような感動を覚えた。

【一度は乗りたいオーストラリア横断列車】
インディアンパシフィック

シドニー、パース間を週2往復運転
電話:0066−3361−2151(予約専用ダイヤル)
運行会社グレート・サザン・レイルのWebサイトはこちら
http://www.gsr-japan.com/new/trains/the_indian_pacific/index.html

文・写真/杉﨑行恭
乗り物ジャンルのフォトライターとして時刻表や旅行雑誌を中心に活動。『百駅停車』(新潮社)『絶滅危惧駅舎』(二見書房)『異形のステーション』(交通新聞社)など駅関連の著作多数。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 大自然の桃源郷「カカドゥ国立公園」で野鳥観察を堪能する【オースト…
  2. 【明治の鉄道 廃線跡を歩く】信越本線旧線|急勾配を克服した明治の…
  3. 【明治の鉄道 廃線跡を歩く】篠ノ井線旧線|安曇野から峠にむかう落…
  4. 叡山電鉄で京都洛北の秋景色を堪能する【京都紅葉鉄道 途中下車のす…
  5. 嵯峨野観光鉄道で京都・保津峡の紅葉絶景を満喫する【京都紅葉鉄道 …
PAGE TOP